また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1240781 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

鷲羽岳・三俣蓮華岳・双六岳 新穂高温泉より。

日程 2017年08月24日(木) 〜 2017年08月28日(月)
メンバー
天候雨→晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉駐車場より。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間0分
休憩
0分
合計
1時間0分
Sスタート地点15:3015:30登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)16:00お助け風穴16:20笠新道登山口16:30わさび平小屋
2日目
山行
6時間30分
休憩
2時間0分
合計
8時間30分
わさび平小屋06:3006:50小池新道入口07:50秩父沢出合08:10チボ岩08:40イタドリが原09:30シシウドヶ原10:20鏡池10:30鏡平山荘12:3013:30弓折乗越14:00花見平14:20くろゆりベンチ14:50双六池15:00双六小屋
3日目
山行
7時間30分
休憩
1時間30分
合計
9時間0分
双六小屋08:3008:50双六岳巻道分岐13:30三俣峠14:00三俣山荘15:2016:30鷲羽岳16:4017:30三俣山荘
4日目
山行
5時間30分
休憩
40分
合計
6時間10分
三俣山荘08:0008:20三俣峠10:00三俣蓮華岳12:00丸山12:1012:10中道分岐12:50双六岳13:2013:40双六岳中道分岐13:50双六岳巻道分岐14:10双六小屋
5日目
山行
7時間0分
休憩
1時間10分
合計
8時間10分
双六小屋06:1006:20双六池07:20くろゆりベンチ07:40花見平07:5008:10弓折乗越08:50鏡平山荘09:0009:00鏡池09:2010:30シシウドヶ原10:50イタドリが原11:00チボ岩11:30秩父沢出合11:4012:40小池新道入口13:00わさび平小屋13:2013:50笠新道登山口14:10お助け風穴14:20登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)14:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
あちこちで立ち止まって写真を撮りながらの山行だったため、コースタイムの5割増しから2倍近くかけて歩いています。
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし。整備の行き届いた道です。
初日は大雨。鏡平小屋では秩父沢が増水して渡れなくなる恐れがあるため、下山予定の人は早く降りるよう注意していました。
その他周辺情報下山後は、新穂高ロープウェイ駅隣の「奥飛騨の湯」へ。
双六小屋に100円割引券がありました。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

雨と雲立ち込める中、登山開始。
2017年08月25日 14:40撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨と雲立ち込める中、登山開始。
稜線まで上がる頃には、雷はおさまり、雨も降り止む。
2017年08月25日 14:58撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まで上がる頃には、雷はおさまり、雨も降り止む。
雨の中でテン泊はいやなので、双六小屋に泊まることに。
2017年08月26日 06:51撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中でテン泊はいやなので、双六小屋に泊まることに。
翌日、朝まで残った雨の後、急速に天候回復。
2017年08月26日 11:54撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、朝まで残った雨の後、急速に天候回復。
三俣蓮華岳の美しいカール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳の美しいカール。
1
表銀座から槍、穂高まで一望。
2017年08月26日 12:43撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座から槍、穂高まで一望。
1
三俣山荘を経由して鷲羽岳へと登ります。
2017年08月26日 15:34撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘を経由して鷲羽岳へと登ります。
1
鷲羽岳、標高2924m、登頂。
2017年08月26日 16:55撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳、標高2924m、登頂。
1
鷲羽岳山頂からの槍ヶ岳と穂高連峰。
日本百名山の深田久弥をして、「槍を望む場所は方々にあるが、ここほど気品高く美しく見える場所は稀だろう」と言わしめた絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳山頂からの槍ヶ岳と穂高連峰。
日本百名山の深田久弥をして、「槍を望む場所は方々にあるが、ここほど気品高く美しく見える場所は稀だろう」と言わしめた絶景。
4
名残惜しいが、頂上を後にします。
2017年08月26日 16:56撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが、頂上を後にします。
本日の別荘。
2017年08月26日 17:57撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の別荘。
1
アーベントロートに染まる槍。
鳥肌ものの美しさでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アーベントロートに染まる槍。
鳥肌ものの美しさでした。
7
三俣蓮華岳からの北アルプス最深部の展望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳からの北アルプス最深部の展望。
1
三俣蓮華岳のカール越しに槍を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳のカール越しに槍を望む。
1
稜線に揺れるチングルマと槍。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に揺れるチングルマと槍。
4
三俣蓮華岳から丸山を経て双六岳へと続く稜線の道。
2017年08月27日 12:22撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳から丸山を経て双六岳へと続く稜線の道。
1
双六岳山頂より。双六台地の向こうに槍を望む。
2017年08月27日 12:53撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳山頂より。双六台地の向こうに槍を望む。
2
槍へと続く道。双六台地からの絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍へと続く道。双六台地からの絶景。
5
遠くなる双六小屋と鷲羽岳。いつかまた!
2017年08月28日 06:44撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くなる双六小屋と鷲羽岳。いつかまた!
1
鏡池に映る「逆さ槍」。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡池に映る「逆さ槍」。
2
撮影機材:

感想/記録

 24日にブナ立尾根から入り、裏銀座を縦走、野口五郎岳、水晶岳を経て雲ノ平に立ち寄り、鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳を経て新穂高温泉に下山する計画でしたが、天気予報は雨に加えて強風と雷が25日まで続く予報。
 ブナ立尾根を烏帽子小屋まで登ったとしても、足止め必至のため、大幅な計画変更を決断。
 雲ノ平までの行程はあきらめ、下山先の新穂高温泉へ移動。予定のルートを逆から進み、ルートの中間に当たる鷲羽岳までとすることに。
 24日のうちに信濃大町から松本を経て新穂高温泉の登山口近くのわさび平小屋まで入って一泊し、翌25日朝、雨の中を鏡平へ。鏡平小屋で2時間待機して雷と雨のピークをやり過ごし、双六小屋へ。
 26日は、朝まで雨が残ったものの急速に天候回復。
 青空の下,双六岳の巻き道から三俣蓮華岳のカールを眺めながら三俣山荘へ。そこでテントを張り、鷲羽岳(標高2924m)に登頂。
 雨上がりの奇跡か、夕方には真っ赤に染まった槍のアーベントロートに感動。
 27日は朝から快晴。三俣山荘から三俣蓮華岳(標高2841m)、双六岳(標高2860m)の稜線を経て、双六小屋へ戻りテント泊。
 最終日の28日は鏡平を経て新穂高温泉へ下山。
 初日こそ雨の中の登山を強いられましたが、その後は素晴らしい好天の下、山行を楽しむことができました。
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/6/22
投稿数: 1
2017/8/30 10:57
 お世話になりました! 感謝・感謝!
こんにちわ〜
お蔭様で楽しく印象に残る山行をしたオヤジです。
「七倉」での大幅コース変更そして「わさび平」「双六」での気象情報。
お世話になりました、本当に有難う御座いました。
そして美しい写真を拝見・・・何とも羨ましい!
こちらも終わり良ければ全て良し! 
《双六から槍までの西鎌尾根の従走路》《槍から大キレットまでの路》を堪能出来ました。
登録日: 2016/2/23
投稿数: 8
2017/8/30 19:13
 Re: お世話になりました! 感謝・感謝!
槍を楽しまれたようですね。良かったです。
特に27日の午前中は風も弱く快晴だったので、槍に登るには絶好のコンディションではなかったかと思います。
こちらも時間的に余裕のある日程となったため、友人と二人、じっくりと撮影を楽しむことができました。
特に印象に残ったのは、真っ赤に染まった26日夕方の槍の姿と、27日の双六台地から見た槍への道ですね。
七倉ではかなり悩みましたが、あそこで計画変更を決断したのは正解でした。
北アは遠いのでそうそう行けませんが、機会をとらえて、今回断念した裏銀座や雲ノ平にもリベンジしたいと思います。
登録日: 2011/6/7
投稿数: 44
2017/9/4 13:05
 楽しい山でしたね!
あ、フェイスブックで見た素敵な赤い槍の写真を再び目にしたので、あれっ!とすぐわかりました
4日間、いろんなところでお会いして、下山後の温泉でも帰りのサービスエリアでも遭遇して(笑)、いろいろお話させてもらえて楽しかったです

また素敵な写真を楽しみにしています!
登録日: 2016/2/23
投稿数: 8
2017/9/4 20:38
 Re: 楽しい山でしたね!
コメントありがとうございます。大幅なコース変更を余儀なくされた山行でしたが、終わってみれば、非常に充実した楽しい旅となりました。もちろん、天候に恵まれ、素晴らしい景色を存分に撮影できたこともありますが、pandapanさんをはじめ、色々な方と出会い、お話ができたことが、また旅を印象深いものにしてくれたと思います。
次は裏銀座や黒部五郎を目指したいです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ