ヤマレコ

記録ID: 1243813 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

阿蘇山 仙酔峡尾根往復

日程 2017年08月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴後曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
10分
合計
3時間30分
Sスタート地点09:2009:50阿蘇山東駅09:50仙酔峡駐車場10:50仙酔尾根分岐11:00阿蘇山11:1011:20仙酔尾根分岐12:30仙酔峡登山口12:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昨年の震災の影響で、道路が崩落して通行止めであったり、火山の警戒レベルがレベル1に2月に引き下げられているとは言え、立入禁止区域があったりで、登れるか心配でした。地元の方の情報で、仙酔峡からの仙酔峡尾根ルートで高岳往復をするのであれば、立ち入り禁止区域以外との情報を得ることができました。
コース状況/
危険箇所等
仙酔峡手前の道路は崩落していて、復旧工事中。徒歩でなら、通行可能。
阿蘇山ロープウェー運休中 阿蘇公園道路(有料)通行止め

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 計画書 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ

写真

阿蘇山ロープウェー・阿蘇山公園道路へ向かう道路は、昨年の地震で崩落しているために通行止めの箇所がある。
(阿蘇ファームランド・建学の森の前を通る道路の先)
2017年08月21日 07:02撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇山ロープウェー・阿蘇山公園道路へ向かう道路は、昨年の地震で崩落しているために通行止めの箇所がある。
(阿蘇ファームランド・建学の森の前を通る道路の先)
引き返して、別ルートで阿蘇山公園道路・阿蘇山ロープウェーを目指す。
2017年08月21日 07:29撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返して、別ルートで阿蘇山公園道路・阿蘇山ロープウェーを目指す。
阿蘇山公園道路入口に着いたが、通行止め
2017年08月21日 08:27撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇山公園道路入口に着いたが、通行止め
通行止めでしたが、料金は示されています。普通車は600円
2017年08月21日 08:27撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行止めでしたが、料金は示されています。普通車は600円
ロープウェー西駅
阿蘇山ロープウェーも運休中
2017年08月21日 08:15撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェー西駅
阿蘇山ロープウェーも運休中
仙酔峡からは登れるという情報を得て、仙酔峡方面へ
仙酔峡の手前で通行止め(工事車両通行可)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙酔峡からは登れるという情報を得て、仙酔峡方面へ
仙酔峡の手前で通行止め(工事車両通行可)
通行止めを少し入ったところにある駐車スペースに車を停める
9:20出発(12時から雨予報なので急ぐ)
2017年08月21日 09:20撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行止めを少し入ったところにある駐車スペースに車を停める
9:20出発(12時から雨予報なので急ぐ)
仙酔峡までは、アスファルトを歩く
2017年08月21日 09:22撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙酔峡までは、アスファルトを歩く
所々、山が崩れていますが、これは昨年の震災で起きたそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々、山が崩れていますが、これは昨年の震災で起きたそうです。
震災で崩れた道路では復旧工事が行われています。
もちろん、仙酔峡までは車では行かれません。
工事の方にあいさつをして、仙酔峡を目指します
2017年08月21日 09:28撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
震災で崩れた道路では復旧工事が行われています。
もちろん、仙酔峡までは車では行かれません。
工事の方にあいさつをして、仙酔峡を目指します
道路の上の方はまだまだ復旧しそうもありません。
2017年08月21日 09:35撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路の上の方はまだまだ復旧しそうもありません。
仙酔峡の手前ですが、崩落してしまって、やっと人一人が通れるだけです。
2017年08月21日 09:37撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙酔峡の手前ですが、崩落してしまって、やっと人一人が通れるだけです。
仙酔峡着
阿蘇山の山頂は雲の中
午後は雨予報だから、先を急ぐ。
2017年08月21日 09:46撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙酔峡着
阿蘇山の山頂は雲の中
午後は雨予報だから、先を急ぐ。
仙酔峡駐車場
シェルターがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙酔峡駐車場
シェルターがあります。
山頂は雲の中
山頂まで登っても、景色は見られないでしょう。
雨で雷の心配もありましたが、「登る」と決断して前へ進む。
2017年08月21日 09:48撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は雲の中
山頂まで登っても、景色は見られないでしょう。
雨で雷の心配もありましたが、「登る」と決断して前へ進む。
案内板で見ると、情報を得てきた通り、仙酔峡尾根ルートから高岳往復は立入禁止区域に含まれていないようです。
2017年08月21日 09:51撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板で見ると、情報を得てきた通り、仙酔峡尾根ルートから高岳往復は立入禁止区域に含まれていないようです。
仙酔峡駐車場左方向に登山口があり、橋を渡って行きます。
2017年08月21日 09:52撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙酔峡駐車場左方向に登山口があり、橋を渡って行きます。
阿蘇山で亡くなられた方々が祀られています
多くは火山の犠牲者でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇山で亡くなられた方々が祀られています
多くは火山の犠牲者でしょうか?
ルートの最初は草だらけ
規制により登山客が少なく、整備されていないようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートの最初は草だらけ
規制により登山客が少なく、整備されていないようです。
頭を下げて、草のトンネルを抜けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭を下げて、草のトンネルを抜けます
少し登ったところで後ろを振るかえる。
もちろん、仙酔峡駐車場に、車は1台もありません。
(下の駐車場にはナンバーが外された車が2台残っていましたが、道路が使えなくて動かせないから廃車手続きをとったようです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ったところで後ろを振るかえる。
もちろん、仙酔峡駐車場に、車は1台もありません。
(下の駐車場にはナンバーが外された車が2台残っていましたが、道路が使えなくて動かせないから廃車手続きをとったようです)
登山道の矢印
ここは赤色ではなく、黄色です。
2017年08月21日 10:03撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の矢印
ここは赤色ではなく、黄色です。
登山道には矢印や印が付けられていて、わかりやすい。
2017年08月21日 10:12撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道には矢印や印が付けられていて、わかりやすい。
歩き始めて、1時間半余り。相変わらず、山頂は雲の中
2017年08月21日 10:47撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて、1時間半余り。相変わらず、山頂は雲の中
仙酔峡尾根ルートは1750mで、ここは1000m地点
ここまでは登りやすく、順調に進めました。
この先は、上級者レベルと言われるだけあって、難しいコースとなる。
2017年08月21日 10:13撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙酔峡尾根ルートは1750mで、ここは1000m地点
ここまでは登りやすく、順調に進めました。
この先は、上級者レベルと言われるだけあって、難しいコースとなる。
コース場には黄色い印の付けられた棒が立てられていて、わかりやすい目印となっていました。
2017年08月21日 10:44撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース場には黄色い印の付けられた棒が立てられていて、わかりやすい目印となっていました。
赤い土が見られるようになる。
登山道の印が黄色であるわけがわかりました。赤では、地表と同色になってしまい、判りにくいからですね。
2017年08月21日 10:53撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い土が見られるようになる。
登山道の印が黄色であるわけがわかりました。赤では、地表と同色になってしまい、判りにくいからですね。
仙酔尾根分岐
分岐点に到達すると霧がかかっていて、風も強い。
2017年08月21日 10:55撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙酔尾根分岐
分岐点に到達すると霧がかかっていて、風も強い。
阿蘇山頂がうっすらと見えてきた。
2017年08月21日 10:59撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇山頂がうっすらと見えてきた。
山頂着
強風で霧、景色は皆無
2017年08月21日 11:03撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着
強風で霧、景色は皆無
山頂標識
カメムシだらけでした。
2017年08月21日 11:01撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識
カメムシだらけでした。
三角点タッチ
2017年08月21日 11:01撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ
山頂は寒いので、少し戻ってきたところでおやつ
2017年08月21日 11:25撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は寒いので、少し戻ってきたところでおやつ
下に降りてくると、視界が開けます。
2017年08月21日 11:49撮影 by COOLPIX S3500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に降りてくると、視界が開けます。
無事、下山して、外輪山の二重峠にて
はやり、阿蘇山山頂は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、下山して、外輪山の二重峠にて
はやり、阿蘇山山頂は雲の中
撮影機材:

感想/記録

昨年の震災の影響により、通行止めや立ち入り禁止区域があったり、火山ガスの風向きの心配だったりで、登れるか心配でした。また、通行止めなどで登山口に到着するのに時間がかかり、出発が遅くなってしまったことで、午後は雨という天気予報も出ていて、何度か今回は諦めようかと心が折れそうになりましたが、結果的に登ることができ、熊本阿蘇に来たことが無駄足にならず、良かったです。
訪問者数:142人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ