また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1245335 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走芦別・夕張

芦別岳〜新道コース往復〜

日程 2017年09月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候はれ のち くもり(午前中は標高1000mから下は濃霧の下)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新道コース登山口の向かいに10台ほどの駐車場有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
1時間24分
合計
7時間52分
S新道登山口07:1008:24見晴台08:2509:40半面山09:5110:33雲峰山10:3811:13芦別岳12:1012:41雲峰山12:4613:08半面山13:1314:05見晴台15:02新道登山口15:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
熊の落し物はアチコチで見かけたが、本体の気配は無かった。
コース状況/
危険箇所等
コースはほぼ明瞭、良く整備されていますが、鶯谷から上で夫婦岩側の斜面と雲峰山と芦別岳のコル付近の北側はほぼ垂直に切れ落ちた場所あり。半面山から上では根曲り竹のある箇所は少し歩きにくい。今日は濡れていなかったが、濡れると滑りやすいと思われる。
その他周辺情報三笠方面から来ると(私は北の峰線を走るので)最終コンビニは北の峰線に入る手前のセブンイレブン。その手前のセイコマは6時から。新道コース入口を国道38号線に下ると信号左折ですぐセイコマ(朝は6時から)、信号を右折して300mでセブンイレブン。(駐車場かなり広い)登山後は、富良野−三笠国道で帰るので、富良野市島ノ下の「ハイランド ふらの」で日帰り入浴(大人510円)。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 ハイドレーション2Lは700ml残った。

写真

新道コース登山口、記入して鹿柵開いてスタート(鹿柵はカギは無し、チェーン巻きつけるだけ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道コース登山口、記入して鹿柵開いてスタート(鹿柵はカギは無し、チェーン巻きつけるだけ)
7:10 行動開始。気は重いですが、10m先が見えなくなったら降りよう。(晴れ予報なのに雲が低くてローテンション)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:10 行動開始。気は重いですが、10m先が見えなくなったら降りよう。(晴れ予報なのに雲が低くてローテンション)
適度に湿っていて快適。濡れていないので汚れない、乾いていないので埃っぽくない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適度に湿っていて快適。濡れていないので汚れない、乾いていないので埃っぽくない。
1
登って早々に周囲は霧(ガス)のなか。森の中は守られている?ガスの影響はほぼ無し、視界普通。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って早々に周囲は霧(ガス)のなか。森の中は守られている?ガスの影響はほぼ無し、視界普通。
7:58 やっと「序曲」?何坂か読めない・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:58 やっと「序曲」?何坂か読めない・・・。
8:25 見晴台ですが見晴らせないので、すっぱいチュウを!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:25 見晴台ですが見晴らせないので、すっぱいチュウを!
8:37 白樺地帯に来ると青空展開!雲海の予感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:37 白樺地帯に来ると青空展開!雲海の予感。
1
ガスの上に出たか?急に足が軽やかになる、ピッチ上がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの上に出たか?急に足が軽やかになる、ピッチ上がる。
2
振り向くとすごい雲海。十勝連峰方向だと思うけど・・・、よくわからず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くとすごい雲海。十勝連峰方向だと思うけど・・・、よくわからず。
2
雲海と雲に挟まれて、何山かさっぱりわからん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海と雲に挟まれて、何山かさっぱりわからん。
8:56 鶯谷との連絡合流路?字が薄くて詳細不明。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:56 鶯谷との連絡合流路?字が薄くて詳細不明。
オヤジの落し物。適度な緊張感を保てます。(この他3か所は見た)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤジの落し物。適度な緊張感を保てます。(この他3か所は見た)
鶯谷を越えると夫婦岩が励ましてくれるけど、登山道の北側、ほぼ垂直に切れ落ちている箇所もあり、慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶯谷を越えると夫婦岩が励ましてくれるけど、登山道の北側、ほぼ垂直に切れ落ちている箇所もあり、慎重に。
3
9:40 晴れる前は足取り重く、晴れてからピッチ上げてちょっとバテた。ここでザックを下して休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:40 晴れる前は足取り重く、晴れてからピッチ上げてちょっとバテた。ここでザックを下して休憩。
半面山ポイントも良い見晴台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山ポイントも良い見晴台。
1
半面山から先に進むとすぐに2つのピーク。右が手前で雲峰山。左が目的地、芦別岳かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山から先に進むとすぐに2つのピーク。右が手前で雲峰山。左が目的地、芦別岳かな?
2
半面山と雲峰山のコルからはこの花が多かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山と雲峰山のコルからはこの花が多かった。
振り返ると屏風岩の向こう、雲海が流れて平地も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると屏風岩の向こう、雲海が流れて平地も見えてきた。
1
10:33 標識は(たぶん)ないけど雲峰山ピーク。いよいよ芦別岳の全容が見えた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:33 標識は(たぶん)ないけど雲峰山ピーク。いよいよ芦別岳の全容が見えた!
6
10:38 体制整えて、イザ、本峰へ。それにしてもエグイ谷だこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:38 体制整えて、イザ、本峰へ。それにしてもエグイ谷だこと。
3
いよいよ、頂上が目前に。頂上直下で道がYの字に分かれていて、斜度の無い左側を選択。頂上岩稜の裏側を回るが少しやぶコギ。(間違い)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ、頂上が目前に。頂上直下で道がYの字に分かれていて、斜度の無い左側を選択。頂上岩稜の裏側を回るが少しやぶコギ。(間違い)
ここかと登れば、北側に標識っぽいもの発見。(こちらはケルンだけ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここかと登れば、北側に標識っぽいもの発見。(こちらはケルンだけ)
11:13 芦別岳頂上に到達!しかし、その瞬間に雲が張り出してきた〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:13 芦別岳頂上に到達!しかし、その瞬間に雲が張り出してきた〜
9
頂上からの旧道コース。しびれるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの旧道コース。しびれるらしい。
2
西側、奥のギザギザは幻の崕山(昔、渓流釣りで沢に入り死にかけた)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側、奥のギザギザは幻の崕山(昔、渓流釣りで沢に入り死にかけた)
3
南側は何でしょう?ずっと奥におぼっちゃま君のようなピーク有り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は何でしょう?ずっと奥におぼっちゃま君のようなピーク有り。
1
雲に覆われたので、山頂ランチ。自作のミニトマトドリア、セブンPのチーズハンバーグ、イタリアンローストコーヒー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に覆われたので、山頂ランチ。自作のミニトマトドリア、セブンPのチーズハンバーグ、イタリアンローストコーヒー。
4
おこげも良い感じ。青とうがらしを入れてチリトマト風なのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おこげも良い感じ。青とうがらしを入れてチリトマト風なのです。
2
12:00 雲が切れないので下山開始・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:00 雲が切れないので下山開始・・・
と思ったら、雲が切れてきた。少し様子見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、雲が切れてきた。少し様子見。
1
これから戻る方向(新道コース)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから戻る方向(新道コース)
1
山頂南方面(おぼっちゃま君山、気になる〜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂南方面(おぼっちゃま君山、気になる〜)
雲がまた沸いてきたので下山します、12:10
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がまた沸いてきたので下山します、12:10
1
下山する駐車場前の温水池(四角い人工池)が見える、遠い・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山する駐車場前の温水池(四角い人工池)が見える、遠い・・・。
1
頂上直下にチングルマの綿毛、風に揺れている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下にチングルマの綿毛、風に揺れている。
雲峰山にも秋の気配、少々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲峰山にも秋の気配、少々。
芦別岳と雲峰山のコル、ほぼ垂直に切れ落ちていて足すくむ。ずっと下流に雪渓か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦別岳と雲峰山のコル、ほぼ垂直に切れ落ちていて足すくむ。ずっと下流に雪渓か?
1
12:41 雲峰山から。頂上にも雲が掛かりだした。今日もツイていた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:41 雲峰山から。頂上にも雲が掛かりだした。今日もツイていた!
登りと違って雲が抜けて平地が見える。楽しい〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りと違って雲が抜けて平地が見える。楽しい〜。
1
平野の向こうにいろいろなピークが見えているけど、全然わからん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平野の向こうにいろいろなピークが見えているけど、全然わからん。
雲が増えてきた、風も少し強くなってきた。でも心地よい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が増えてきた、風も少し強くなってきた。でも心地よい。
14:05 見晴台。こうでなくちゃ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:05 見晴台。こうでなくちゃ!
15:00 最後は疲れてペース落ちたけど、予定時間通りにゴール!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:00 最後は疲れてペース落ちたけど、予定時間通りにゴール!
1
15:02 今日も一日頑張りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:02 今日も一日頑張りました。
1
帰りに「ハイランド ふらの」で日帰り入浴。大人510円。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに「ハイランド ふらの」で日帰り入浴。大人510円。
1
晩御飯は家の近くで「味軒スペシャル」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩御飯は家の近くで「味軒スペシャル」
2

感想/記録

前回のニペソツ途中撤退で違和感のあった左足の付け根は下山時には解消。
新しい靴での靴ずれも皮一枚むけただけで、問題無いようなので今週は日帰り登山。

台風が東に逸れて、富良野界隈は晴れ予報。
風も弱いようだが、山ではどうか?十勝連峰のどこかを考えていたけど、風が強かったら吹きさらし。では、前から気になっていたけど、森歩きが主体の芦別岳はどうか?森だと風が多少強くとも和らげてくれるかな?ということで芦別岳。

6時に到着。しかし低い雲に覆われ、今週も天気ハズレたかと意気消沈。
一旦、国道まで降りて3Km南富良野側にある駐車帯のトイレまで。
ここのトイレ、循環方式の水で流すので、ちょっと心許ない。

前置きが長くなりましたが、7時過ぎに行動開始。
ガスが濃く、途中で10m先が見えなくなったら降りようと何となく考え、黙々とスローペースで登る。ある地点を越えると少し空が明るくなった。ペースいきなり上がる。

そこから上は雲(ガス)のうえ、晩夏のそよ風に揺られ、念願の山頂へ。
ちょうど同じときに旧道から登ってきた方あり。しかし、途端に周囲は雲で覆われ始めた。旧道から来た方は先に降りた。

自分は、昼食を取って雲が晴れそうもないので12時に降りようとしたら、ちょっとだけ雲が切れた。おおよそ10分。束の間の大パノラマを満喫。

芦別岳新道コースは、ニペソツの杉沢コースの縮小版みたいな感じで良いトレーニングになった。気に入ったのでまた違う季節に来てみようと思った。旧道コースから登って、新道コースから降りる人も多いようだけど、ちょっと自分には無理だね。
訪問者数:403人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/29
投稿数: 5
2017/9/4 13:52
 お久しぶりです!!!
といっても「誰?」って感じだと思いますが、屈斜路ニジマスむーしゃまです^^/
屈斜路フライ&雌阿寒岳なんて旅行をしてみようかなと情報収集していて、ブログからここにたどり着きました。笑

もう5年以上フライはやってませんけど、登山は毎週のように行っておりまして、一昨日は羊蹄山でヘロヘロしてました。
また一緒にデカニジ釣るの楽しみにしています。登山もネ^^
登録日: 2014/8/10
投稿数: 5
2017/9/4 21:02
 Re: お久しぶりです!!!
なんと、お久しぶりです!当時と変わらずアクティブですね〜。
私は釣りの方は激減して、8月中旬から9月は体脂肪削減目的での山歩き。

屈斜路湖も一時期低調でしたが、ここ数年賑わっているようですよ。
当時と違うのは、ワカサギが増えて引っ張りの釣りに分があるようですが・・・。

私も10月になったら湖とかに出掛けますが、近年は阿寒湖、朱鞠内湖、時間なくて支笏湖など彷徨っています。ニジマスからは遠ざかっていますが、阿寒のアメマス以外はシーズン1匹といった感じで厳しいです。

釣りもしくは登山、ご一緒出来たら楽しいでしょうね〜、当時のメンバーに声掛けて屈斜路キャンプとか。登山は藻琴山くらいでご勘弁を・・・、かな?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ