また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1246318 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

ウマジのぼっち登山日記【剱岳】(早月尾根日帰りピストン!立ちはだかる3つの試練 いざ、憧れの頂へ 《馬場島荘⇔松尾平⇔早月小屋⇔カニのハサミ⇔剱岳》) 

日程 2017年09月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
《馬場島荘前の公共駐車場》(無料)
・隣接するキャンプ場に水場とトイレがあります。
・付近に自販機は設置されておりません。(馬場荘内にもなし)
・携帯は常に圏外です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間49分
休憩
53分
合計
8時間42分
S馬場島03:1903:51松尾平06:24早月小屋06:4508:23カニのハサミ08:2708:37剱岳08:5208:56カニのハサミ09:0010:07早月小屋10:1611:38松尾平12:01馬場島12:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆早月尾根登山口〜剱岳山頂
全般的に踏み跡明瞭、標識多し。基本的に一本道なので道迷いの心配はありません。ヘルメット装着のタイミングとしては早月小屋がベスト。岩稜帯では滑落、落石等に細心の注意を。
その他周辺情報馬場島荘(日帰り入浴¥500/12:00〜17:00)
https://www.town.kamiichi.toyama.jp/hp/kanko_turugi/babajimasou.htm

上市町や滑川市にも日帰り入浴施設多数。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます。本日は馬場島荘前にある公共駐車場からスタートします。先日37歳になりましたのでいい加減アホなことは書かないよう心掛けていきます(決意)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。本日は馬場島荘前にある公共駐車場からスタートします。先日37歳になりましたのでいい加減アホなことは書かないよう心掛けていきます(決意)
11
馬場島荘の入口で登山届を提出。ここでタバコを吸っていた登山者風のおじさんに「…ねえ剱岳?…ねえ剱岳?」などと執拗に迫られて非常に怖い思いをしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬場島荘の入口で登山届を提出。ここでタバコを吸っていた登山者風のおじさんに「…ねえ剱岳?…ねえ剱岳?」などと執拗に迫られて非常に怖い思いをしました。
7
本日は早月尾根から頂上を目指します。何でも北アルプス三大急登のひとつだとか。他の二つ(ブナ立尾根、合戦尾根)を登ってないのでそのつらさは完全に未知数。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は早月尾根から頂上を目指します。何でも北アルプス三大急登のひとつだとか。他の二つ(ブナ立尾根、合戦尾根)を登ってないのでそのつらさは完全に未知数。
15
ついにこの時がやってきたか。「試練と憧れ」この言葉の組み合わせにときめかない登山者はいないと思う。僕はやればできる子なので今日は頑張りたいと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついにこの時がやってきたか。「試練と憧れ」この言葉の組み合わせにときめかない登山者はいないと思う。僕はやればできる子なので今日は頑張りたいと思います。
11
いきなりの急登スタート。第一歩目から急登という清々しいまでのドМルート早月尾根。噂通りのえげつなさです。帰りはここを下ってこなければならないのか(絶望)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの急登スタート。第一歩目から急登という清々しいまでのドМルート早月尾根。噂通りのえげつなさです。帰りはここを下ってこなければならないのか(絶望)
5
この写真、地面を撮ってるとか思うじゃないですか。そうではないんです。直立して進行方向を撮影したものです。部分的に「坂」というか「壁」が出現するらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真、地面を撮ってるとか思うじゃないですか。そうではないんです。直立して進行方向を撮影したものです。部分的に「坂」というか「壁」が出現するらしい。
9
待ちに待った夜明け到来。写真は毛勝三山方面。僕は鳥目なので未だヘッデンに頼っています。人間の目が光る仕様であればヘッデンなんかいらないのにさ←(超理論)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待ちに待った夜明け到来。写真は毛勝三山方面。僕は鳥目なので未だヘッデンに頼っています。人間の目が光る仕様であればヘッデンなんかいらないのにさ←(超理論)
20
早月尾根では標高を200m上げるごとにこのような看板を目にします。思ったより標高を稼げていない現実を突きつけられるという意味ではつらい。(個人の感想です)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月尾根では標高を200m上げるごとにこのような看板を目にします。思ったより標高を稼げていない現実を突きつけられるという意味ではつらい。(個人の感想です)
6
赤谷山の稜線が見える頃、風が強まってきました。急登と戦ってる真っ最中なのでとても涼しく感じます。暑さに弱い(寒さにも弱い)僕にとってはまさに追い風。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷山の稜線が見える頃、風が強まってきました。急登と戦ってる真っ最中なのでとても涼しく感じます。暑さに弱い(寒さにも弱い)僕にとってはまさに追い風。
8
急登と戯れることおよそ2時間。標高1800m地点に到達。写真左から奥大日岳、中大日岳、大日岳。こちらもいつか縦走してみたいです。もちろん日帰りで(←ドM)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登と戯れることおよそ2時間。標高1800m地点に到達。写真左から奥大日岳、中大日岳、大日岳。こちらもいつか縦走してみたいです。もちろん日帰りで(←ドM)
6
朝日を受けて毛勝山が輝きを放ちます。その光景はとても美しく僕は何度もため息をつきました。ついでに延々と続く終わりの見えない急登にもため息をつきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を受けて毛勝山が輝きを放ちます。その光景はとても美しく僕は何度もため息をつきました。ついでに延々と続く終わりの見えない急登にもため息をつきました。
25
ヤマレコで「この池塘まで来れば早月小屋はすぐです」みたいな記事を幾つか見掛けましたが割と遠いので注意が必要です。早歩きで20分かかりました。(遺憾の意)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコで「この池塘まで来れば早月小屋はすぐです」みたいな記事を幾つか見掛けましたが割と遠いので注意が必要です。早歩きで20分かかりました。(遺憾の意)
8
遠くに富山湾が(*'▽') 富山県って山あり海ありで本当に素晴らしいところです。僕の住む埼玉県なんてよく「ださいたま」とか言われるしみんな埼玉県を何だと思ってるの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに富山湾が(*'▽') 富山県って山あり海ありで本当に素晴らしいところです。僕の住む埼玉県なんてよく「ださいたま」とか言われるしみんな埼玉県を何だと思ってるの。
29
早月小屋が見えてきました。奥大日岳から別山方面へと伸びる稜線がまた美しいです。その奥に見えるのは浄土山?国見岳かな。地図を見てもよく分かりません(ぐぬぬ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋が見えてきました。奥大日岳から別山方面へと伸びる稜線がまた美しいです。その奥に見えるのは浄土山?国見岳かな。地図を見てもよく分かりません(ぐぬぬ)
7
早月小屋は大盛況(@[email protected]) たくさんのテントが見えます。いま僕が立っている場所は早月小屋の手前にあるビュースポット。ここからは360°の大展望が堪能できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋は大盛況(@[email protected]) たくさんのテントが見えます。いま僕が立っている場所は早月小屋の手前にあるビュースポット。ここからは360°の大展望が堪能できます。
6
大日岳方面。空気が澄んでいるので歩いているハイカーまで確認できますね!(←嘘です) この感じなら頂上での展望も期待できると思っていました。まだこの時までは。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳方面。空気が澄んでいるので歩いているハイカーまで確認できますね!(←嘘です) この感じなら頂上での展望も期待できると思っていました。まだこの時までは。
11
早月小屋に到着。ずっと黙ってたんですけどものすごく寒いです。挙句の果てに手がかじかんで感覚が無くなるという事案が発生。装備変更も兼ねてしばし休憩(*'ω'*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋に到着。ずっと黙ってたんですけどものすごく寒いです。挙句の果てに手がかじかんで感覚が無くなるという事案が発生。装備変更も兼ねてしばし休憩(*'ω'*)
8
憧れの剱岳に挑戦するということで慎重になりすぎた僕のザックには大量の食料(菓子パン×4 おにぎり×4 行動食いっぱい)と飲料(6ℓ)が。日帰りロングでこの重量は苦行。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
憧れの剱岳に挑戦するということで慎重になりすぎた僕のザックには大量の食料(菓子パン×4 おにぎり×4 行動食いっぱい)と飲料(6ℓ)が。日帰りロングでこの重量は苦行。
11
休憩と言っても、お腹も空いてないし喉も渇いていません。(←結局ザックの中身減らないパターン) することが特にないので景色を眺めていたら猫ちゃんを発見っ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩と言っても、お腹も空いてないし喉も渇いていません。(←結局ザックの中身減らないパターン) することが特にないので景色を眺めていたら猫ちゃんを発見っ!!
17
装備変更完了。トレラン風の出で立ち(走らないくせに)からモコモコ防寒着へ。西部劇のガンマンを思わせるウエスタンハットからヘルメットへ。第二ラウンド開始!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
装備変更完了。トレラン風の出で立ち(走らないくせに)からモコモコ防寒着へ。西部劇のガンマンを思わせるウエスタンハットからヘルメットへ。第二ラウンド開始!
10
小窓尾根の遥か向こうに見えているのは白馬岳かな? 早月尾根を出発してからというもの、常に先行者がいる状態で歩く速度は非常にゆっくり。景色は眺め放題です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小窓尾根の遥か向こうに見えているのは白馬岳かな? 早月尾根を出発してからというもの、常に先行者がいる状態で歩く速度は非常にゆっくり。景色は眺め放題です。
11
ご覧の通り、登山道はとても狭いです。先行者に近づきすぎると変なプレッシャーを与えてしまうのでこれくらいの距離を保って歩きます。道幅が広がるまでの辛抱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご覧の通り、登山道はとても狭いです。先行者に近づきすぎると変なプレッシャーを与えてしまうのでこれくらいの距離を保って歩きます。道幅が広がるまでの辛抱。
13
カワイイ(*'ω'*) 以前「ひまわりをスモールライトで小さくしたような花」などと意味不明なことを書いた覚えがあるのですが「ウサギギク」というお花みたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワイイ(*'ω'*) 以前「ひまわりをスモールライトで小さくしたような花」などと意味不明なことを書いた覚えがあるのですが「ウサギギク」というお花みたいです。
14
立山方面。地獄谷から風に乗って硫黄臭が漂ってきます。硫黄臭は子供の頃から大好きです。あとガソリンのにおいとホームセンターのにおいも好きです←(変人)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面。地獄谷から風に乗って硫黄臭が漂ってきます。硫黄臭は子供の頃から大好きです。あとガソリンのにおいとホームセンターのにおいも好きです←(変人)
11
標高2400m。いつの間にか早月小屋があんなに小さくなり、遠くには早月川が見えます。あの辺りから地道にコツコツ登ってきたと思うと非常に感慨深いです(涙目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2400m。いつの間にか早月小屋があんなに小さくなり、遠くには早月川が見えます。あの辺りから地道にコツコツ登ってきたと思うと非常に感慨深いです(涙目)
11
富山湾にぽっかり浮かぶ島影はおそらく能登半島です。何だかすごい所に来てしまいました。埼玉県から日帰りで剱岳とか強行日程にも程があると思います←(自爆系)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山湾にぽっかり浮かぶ島影はおそらく能登半島です。何だかすごい所に来てしまいました。埼玉県から日帰りで剱岳とか強行日程にも程があると思います←(自爆系)
11
トリカブトっぽいけど何か違うような…。食べてみればハッキリすると思うのですが、他の登山者にご迷惑をお掛けする事態を招きかねないのでここはグッと堪える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトっぽいけど何か違うような…。食べてみればハッキリすると思うのですが、他の登山者にご迷惑をお掛けする事態を招きかねないのでここはグッと堪える。
14
振り返っての一枚(・ω・) 気分爽快。いちいち急登ではあるものの、まだこの辺りでは岩の露出が少なくお散歩気分。剱が本気で牙をむき始めるのはこの後まもなく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての一枚(・ω・) 気分爽快。いちいち急登ではあるものの、まだこの辺りでは岩の露出が少なくお散歩気分。剱が本気で牙をむき始めるのはこの後まもなく。
6
大迫力の北方稜線(@[email protected]) 的確なルートファインディング能力を持ち合わせた玄人でなければ踏破することができない最難関ルート。僕もいつかは…(←身の程知らず)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大迫力の北方稜線(@[email protected]) 的確なルートファインディング能力を持ち合わせた玄人でなければ踏破することができない最難関ルート。僕もいつかは…(←身の程知らず)
6
標高2600m地点を通過。山肌の緑は著しく減少し山道もその険しさを増していきます。注意すべきは滑落よりも頻繁に起こりうる落石。これが何よりも怖かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2600m地点を通過。山肌の緑は著しく減少し山道もその険しさを増していきます。注意すべきは滑落よりも頻繁に起こりうる落石。これが何よりも怖かったです。
11
上を歩いているハイカーさんの姿がものすごくカッコ良く映るポイント K佑眩瓩あの地点まで登ろう。きっと山ガールが写真に収めてくれるはずだ←(歪んだ願望)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を歩いているハイカーさんの姿がものすごくカッコ良く映るポイント K佑眩瓩あの地点まで登ろう。きっと山ガールが写真に収めてくれるはずだ←(歪んだ願望)
13
標高2800m地点。いよいよ核心部に突入していきますが、ここで恐れていた事態が発生。谷側を不気味にうごめいていたガスが突然急上昇を始め、天候が急変。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2800m地点。いよいよ核心部に突入していきますが、ここで恐れていた事態が発生。谷側を不気味にうごめいていたガスが突然急上昇を始め、天候が急変。
6
辺りはあっという間に真っ白。視界不良と強風で身動きが取れず不安感丸出しの僕に、後ろを歩いていた山屋さんは優しく言いました。「大丈夫、すぐに過ぎ去るよ」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りはあっという間に真っ白。視界不良と強風で身動きが取れず不安感丸出しの僕に、後ろを歩いていた山屋さんは優しく言いました。「大丈夫、すぐに過ぎ去るよ」
7
とてつもない強風に体を揺すられながらも何とか岩陰に退避。カメラ越しに見えた剱岳の姿は本当に恐ろしく、針山地獄と呼ばれた姿そのもの。剱が牙を見せた瞬間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてつもない強風に体を揺すられながらも何とか岩陰に退避。カメラ越しに見えた剱岳の姿は本当に恐ろしく、針山地獄と呼ばれた姿そのもの。剱が牙を見せた瞬間。
19
山屋さんの言った通り、数分のあいだ岩陰で待機していると天候は急速に回復。山屋さんは何事もなかったかのように涼しい顔で歩きだしました。僕は茫然自失状態。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山屋さんの言った通り、数分のあいだ岩陰で待機していると天候は急速に回復。山屋さんは何事もなかったかのように涼しい顔で歩きだしました。僕は茫然自失状態。
15
振り返ると小さな虹が(´▽`) 戦意喪失しかけていた僕にとって、この儚くも美しい虹は大きな勇気となりました。目標を再び剱の頂に据え、山屋さんを追いかけます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると小さな虹が(´▽`) 戦意喪失しかけていた僕にとって、この儚くも美しい虹は大きな勇気となりました。目標を再び剱の頂に据え、山屋さんを追いかけます。
20
上を歩いているハイカーさんの姿がものすごくカッコ良く映るポイント◆A阿鯤發い討い詈が例の山屋さんです。まるで映画のワンシーン。久々に胸が震えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を歩いているハイカーさんの姿がものすごくカッコ良く映るポイント◆A阿鯤發い討い詈が例の山屋さんです。まるで映画のワンシーン。久々に胸が震えました。
23
早月尾根終盤の難易度は気象条件によって大きく左右されます。これはもちろん早月尾根に限った話ではありませんが、悪天候の場合は通行不可となる箇所も多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月尾根終盤の難易度は気象条件によって大きく左右されます。これはもちろん早月尾根に限った話ではありませんが、悪天候の場合は通行不可となる箇所も多いです。
7
ご存知「カニのハサミ」。別山尾根の「カニのタテバイ(ヨコバイ)」ほど有名ではありませんが、ご覧の通り落ちたら一巻の終わりです。ステップはあるので慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご存知「カニのハサミ」。別山尾根の「カニのタテバイ(ヨコバイ)」ほど有名ではありませんが、ご覧の通り落ちたら一巻の終わりです。ステップはあるので慎重に。
57
急峻な岩稜帯をよじ登りグングン標高を上げていきます。辺りは再びガスに巻かれてしまいましたが風は弱くほぼ無風様態。視界も比較的良好。今がチャンスです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急峻な岩稜帯をよじ登りグングン標高を上げていきます。辺りは再びガスに巻かれてしまいましたが風は弱くほぼ無風様態。視界も比較的良好。今がチャンスです。
6
いよいよ別山尾根との分岐点が見えてきました。別山尾根を見下ろすと多くの登山者が頂上を目指して奮闘中。これは山頂の混雑が非常に心配される展開(・ω・)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ別山尾根との分岐点が見えてきました。別山尾根を見下ろすと多くの登山者が頂上を目指して奮闘中。これは山頂の混雑が非常に心配される展開(・ω・)
8
合流地点からは一列に並んで山頂を目指します。暇だったので「セブンイレブンの看板で使用されている3色を当てるゲーム」を開催。正解は上からオレンジ、みど(以下略)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流地点からは一列に並んで山頂を目指します。暇だったので「セブンイレブンの看板で使用されている3色を当てるゲーム」を開催。正解は上からオレンジ、みど(以下略)
10
剱岳の山頂に到着(*‘∀‘) 思えば、登山を始めてもうすぐ一年。その大事な節目をここ剱岳で迎えられたこと。そしてここまで怪我なくたどりつけたこと。圧倒的感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳の山頂に到着(*‘∀‘) 思えば、登山を始めてもうすぐ一年。その大事な節目をここ剱岳で迎えられたこと。そしてここまで怪我なくたどりつけたこと。圧倒的感謝。
58
あまりにも嬉しいのでもう一枚…ち、ちょっとちょっとオジサマ、僕まだ撮ってるんですけどっ。←(僕はとても存在感が薄い人間なのでこういうことは日常茶飯事です)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりにも嬉しいのでもう一枚…ち、ちょっとちょっとオジサマ、僕まだ撮ってるんですけどっ。←(僕はとても存在感が薄い人間なのでこういうことは日常茶飯事です)
13
山頂は予想通りの大混雑。僕はとても存在感が薄い人間なので人口密度の高い場所ではガンガンぶつかられます。迷惑をかけたくないので今日も安定の端っこ休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は予想通りの大混雑。僕はとても存在感が薄い人間なので人口密度の高い場所ではガンガンぶつかられます。迷惑をかけたくないので今日も安定の端っこ休憩。
14
この先が噂の北方稜線。看板には多言語で文字が記されています。僕の知能は猿以下なので文字が理解できないため挿絵から判断するにたぶん…立ち入り禁止?(←正解)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が噂の北方稜線。看板には多言語で文字が記されています。僕の知能は猿以下なので文字が理解できないため挿絵から判断するにたぶん…立ち入り禁止?(←正解)
7
20分粘ってみたもののガスが晴れる気配なし。この夏は山頂での景色を何度ガスに潰されたことか。それでもって、下山を始めると晴れだすんですよ(←登山あるある)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分粘ってみたもののガスが晴れる気配なし。この夏は山頂での景色を何度ガスに潰されたことか。それでもって、下山を始めると晴れだすんですよ(←登山あるある)
5
さて、そろそろ出発しましょう。下山後は埼玉県まで5時間超のロングドライブというビッグイベント、最大にして最強の試練が待っています。世界は残酷だ。(無慈悲)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、そろそろ出発しましょう。下山後は埼玉県まで5時間超のロングドライブというビッグイベント、最大にして最強の試練が待っています。世界は残酷だ。(無慈悲)
6
さらば剱。次来るときは北方稜s(ピーーー)←(放送禁止用語) それにしても幻想的な風景です。薄日も射してきて何だか今にも晴れてしまいそう。 ふふ、まさかね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば剱。次来るときは北方稜s(ピーーー)←(放送禁止用語) それにしても幻想的な風景です。薄日も射してきて何だか今にも晴れてしまいそう。 ふふ、まさかね。
7
やっぱり晴れるのねっ!(*´Д`)!山頂方面はピーカンですよ。またいつものパターンですよ。何で僕ってこうなんだ。今ごろ山頂ではどんな景色が見えてるかなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり晴れるのねっ!(*´Д`)!山頂方面はピーカンですよ。またいつものパターンですよ。何で僕ってこうなんだ。今ごろ山頂ではどんな景色が見えてるかなあ。
30
下山開始からおよそ1時間、早くも早月小屋が見えてきました。改めてみるとすごい所に建ってますね。往路では中まで入らなかったのでちょっと寄り道していきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始からおよそ1時間、早くも早月小屋が見えてきました。改めてみるとすごい所に建ってますね。往路では中まで入らなかったのでちょっと寄り道していきます。
9
早月小屋。先ほど挨拶を交わしたスタッフらしきお兄さんに「無事に帰りました!」と報告したら「え?」みたい顔されたので完全に忘れ去られたなって思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋。先ほど挨拶を交わしたスタッフらしきお兄さんに「無事に帰りました!」と報告したら「え?」みたい顔されたので完全に忘れ去られたなって思いました。
9
まあこんなことはよくあることなので気にしませんけどね(涙目)。気を取り直してコーラ(¥500)を購入。疲れた体にはコーラ、これはもう譲れない。最強の特効薬。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあこんなことはよくあることなので気にしませんけどね(涙目)。気を取り直してコーラ(¥500)を購入。疲れた体にはコーラ、これはもう譲れない。最強の特効薬。
14
劇薬コーラを決め込んで完全復活を遂げた僕は転がり落ちるように下山。その途中で見つけた小さな幼虫。つぶらな瞳がたまらなく可愛かった。色もすごく美しくて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劇薬コーラを決め込んで完全復活を遂げた僕は転がり落ちるように下山。その途中で見つけた小さな幼虫。つぶらな瞳がたまらなく可愛かった。色もすごく美しくて。
13
早月尾根関連の記事に必ずと言っていいほど登場する超有名木「立山杉」さんです。雪で圧縮され過ぎたその風貌はもはやモンスター。幼児に見せたら泣くと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月尾根関連の記事に必ずと言っていいほど登場する超有名木「立山杉」さんです。雪で圧縮され過ぎたその風貌はもはやモンスター。幼児に見せたら泣くと思う。
17
登山道終了。今回の山行で消費した水は1ℓ、固形物は食べずゼリー飲料2袋のみ摂取。ザックの中身が出発時とほとんど変わらず終始重たいままでした。肩こりが酷い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道終了。今回の山行で消費した水は1ℓ、固形物は食べずゼリー飲料2袋のみ摂取。ザックの中身が出発時とほとんど変わらず終始重たいままでした。肩こりが酷い。
15
「試練と憧れ」剱岳登山を表現する上でこれほどしっくりくる言葉があるだろうか。でもね、僕にとって一番の試練はこれから始まる5時間超のロングドライブね(←日帰りな人)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「試練と憧れ」剱岳登山を表現する上でこれほどしっくりくる言葉があるだろうか。でもね、僕にとって一番の試練はこれから始まる5時間超のロングドライブね(←日帰りな人)
18
剱岳と書いて「やま」と読ませるこのセンス。いやはや素晴らしいですね。この辺りに設置してある石碑の文言がいちいちカッコいいので僕はもう萌えっぱなしでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳と書いて「やま」と読ませるこのセンス。いやはや素晴らしいですね。この辺りに設置してある石碑の文言がいちいちカッコいいので僕はもう萌えっぱなしでした。
15
ゴーール(*‘∀‘) 時刻は12:00ジャスト!何かいいことあるかしら?(←ない)。さて、どこかのお風呂で汗でも流して埼玉県まで帰りますか。何時間かかるのやら(白目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーール(*‘∀‘) 時刻は12:00ジャスト!何かいいことあるかしら?(←ない)。さて、どこかのお風呂で汗でも流して埼玉県まで帰りますか。何時間かかるのやら(白目)
14

感想/記録

今回は剱岳に行ってまいりました。

剱岳を選んだ理由は2つ。

【理由その 
私事ですが、先日37歳の誕生日を迎え、37年目の人生最初の山行としてふさわしい山はどこだろうと考えました。

いやいや、そりゃもう剱岳しかないだろうと。

【理由その◆
私事ですが、平成29年9月6日で山デビューから一周年を迎えるにあたり、その大事な記念日に花を添えるような名峰に登りたいと考えました。

いやいや、そりゃもう剱岳しかないだろうと。



今回の山行で、山の神様は僕に3つの試練を課しました。

【試練その 
早月尾根の鬼のような急登っぷりとその長さ。早月尾根から剱岳を目指すということは累積標高差2259mへの挑戦を意味します。覚悟はしていたつもりですがやっぱりキツイぞ早月尾根。

【試練その◆
天候の急変。あんなにも激しく天候が変わるという経験をしたことがなく、とても恐ろしい思いをしました。濃霧で数メートル先も見えず、台風並みの強風にさらされしかもそこは、両端の切れ落ちた岩稜帯の上。もうダメかと思った。

【試練その】
自宅(埼玉)〜馬場島(富山)までのロングドライブ。(往復750km) 日帰りでこんなことやるもんじゃない。何とかなるだろうと甘く見ていたら全然何とかならなかった。帰りなんてもうつらくて泣きながら運転してましたからね。



まあ今回もいろいろありましたが、無事に帰ってこられて良かったです。

山の神様に感謝、感謝。圧倒的感謝。



山行記録の詳細は写真付きのコメント欄に記載してあります。

お時間がございましたら、ご一読いただければ幸いです。

〜umaji0205〜
訪問者数:697人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ