また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1248508 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

杣添尾根から横岳へ

日程 2017年09月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴 → 曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
海ノ口登山口の駐車場はほぼ満車でした。
早めに着かないと駐車できない可能性があります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
1時間22分
合計
6時間29分
S海ノ口自然郷 横岳登山口10:0010:22東屋11:22「ここが中間点」標識12:07横岳展望地点12:0812:52横岳(三叉峰)12:5313:05無名峰13:0613:12横岳(奥ノ院)14:2614:32無名峰14:3414:36横岳(三叉峰)14:3815:00横岳展望地点16:07沢の木橋16:0816:29海ノ口自然郷 横岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありません
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 ストック カメラ
備考 もっと早く出発すれば良かった・・・

写真

東屋の少し手前からの景色
2017年09月03日 10:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋の少し手前からの景色
1
このコースの一番の難所
橋の先の階段が非常に滑ります
2017年09月03日 10:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースの一番の難所
橋の先の階段が非常に滑ります
森の中のキノコ
2017年09月03日 10:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中のキノコ
苔のある樹林帯
2017年09月03日 11:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔のある樹林帯
ようやく杣添尾根の終点
2017年09月03日 12:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく杣添尾根の終点
奥ノ院へ向かう道
2017年09月03日 13:01撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ノ院へ向かう道
1
硫黄岳はガスの中
2017年09月03日 13:27撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳はガスの中
1
岩登りをしている人を撮りました
2017年09月03日 13:31撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩登りをしている人を撮りました
3
赤岳もガスの中
2017年09月03日 13:35撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳もガスの中
昼からはガスが湧いてきました
2017年09月03日 13:36撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼からはガスが湧いてきました
1
硫黄岳方面
2017年09月03日 13:37撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳方面
1
何の花だろうか?
2017年09月03日 13:38撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の花だろうか?
帰路の夏道はガスの中でした
2017年09月03日 14:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路の夏道はガスの中でした
幻想的な霧
2017年09月03日 14:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的な霧
2

感想/記録
by yatchi

7月の北岳以来の山歩きになった。
8月はひたすら悪天候が続きどこにも行けなかった。

この日は前日仕事が忙しく出発が遅れて途中の仮眠で熟睡してしまい出発が遅れた。

天気は上々!
急いで登山口に向かう!
海ノ口登山口の駐車場は広くなくほぼ満車だった。
なんとか隙間に入れて急いで出発した。

杣添尾根は樹林帯の中をひたすら登るコースの為か日差しが無く苔が綺麗に生えている。写真を撮ろうと思ったが暗くて三脚を使用しなければ厳しい。
キノコもそこらじゅうに生えていた。

無雪期の杣添尾根は初めて来たが、岩がゴロゴロしていた冬よりも大変!
冬は岩が全て隠れていてとても歩き易かった。
北八ヶ岳の樹林帯を急登にした感じ。

1ヶ月振りの山歩きなので結構キツイ!
少しペースを落としてゆっくりと登っていく。
標高2400m辺りから巻道に入っていく。
冬と違って尾根道はハイマツが繁っていて歩けない。

標高2600m辺りまで来ると三叉峰が見えてくる。
ココから見ると山はハイマツに覆われていてハイマツの山のよう。
ココは結構斜度がありなかなかシンドイ。

縦走路に出ると人が一気に増える。
あとはほぼ水平移動で登りは少ししか無い。
天気は少し前から悪化してきてガスがモクモク湧いてきている。

せっかく来たのに展望は期待出来無さそう・・・
久々の山歩きなのでトレーニングだと思えば良いのだけど・・・
早い時間に出発できていたら硫黄岳にも行きたかったが流石に時間が無い!
硫黄岳は次回にして横岳山頂でノンビリする事にした。

ふと大同心の方を見ると岩登りをしている人が居る。
荒々しい岩場を登る様はカッコイイ!
望遠レンズで写真を撮ったりもした。
久々に山に登ったのでゆっくりと山頂を楽しむことにした。
とは言え、遅くに出発したので1時間程で帰路に着くことにした。

下りは距離も短いのでノンビリ歩く。
岩についた苔が滑るので転ばないように注意しながら霧の登山道を歩く。
やはり2時間程で駐車場に着いた。

1ヶ月振りの山歩きだったので少々キツかったが、楽しむ事が出来た。
お天気次第だが、もっとちょくちょく山にきたいなぁと思う。
訪問者数:164人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ハイマツ ガス 急登 東屋
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ