ヤマレコ

記録ID: 1251141 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

御岳山ロックガーデン

日程 2017年07月16日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
1時間45分
合計
8時間30分
S御嶽駅07:4008:04御岳苑地駐車場08:0508:14中野バス停08:1508:21光仙橋 北尾根登山口08:2210:56御岳山11:1611:17長尾平分岐11:2311:24御岳山11:2811:29長尾平分岐11:3911:58七代の滝12:1612:35天狗岩12:4612:52ロックガーデン12:5513:18綾広の滝13:3713:57長尾平分岐14:0415:50光仙橋 北尾根登山口15:52中野バス停15:5416:08御嶽駅16:1016:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

感想/記録

【御嶽山「ロックガーデン」】

一種間後に職場の人たちと奥多摩御嶽山の滝巡りをするので、下見へ出掛けることにした。

下見とはいえ、8月には富士登山を控えているので、バスとケーブルカーは使わずに、青梅線の御嶽駅から歩く予定だ。

御嶽駅の改札を出ると、川沿いの遊歩道に降りて、ゆっくりと歩き始める。渓流沿いの道は涼しくて気持ちがいい。いきなり道を間違え、一本手前の橋を渡ってしまう。あずまやでコンビニで買ったお握りを食べながら、地図を検討する。左岸にも遊歩道があるようだ。発電所の横を抜け、湿度の高そうな森の小道へ分け入る。道は多少ぬかるんでおり、今日も暑くなるのかと思うと気が滅入るが、右方から聞こえる川の流れに慰められる。

本来渡るはずであった橋と合流し、谷底から上へと向かう。鳥居がある交差点を渡り、バスも通る舗装された山道を登っていく。途中から尾根沿いの登山道を登るために自動車道を離れ、砂利道を登っていく。すぐの小道に入るが、民家が行く手を遮っている。この道は使われていないのだろう。砂利道に戻り、先の登山道へ向かう。赤布が登山道の存在を示しているようだが、完全に木々と藪に埋もれ、道も確かではない。仕方がないので、自動車道へ戻ることにした。

だらだらとした舗装道路を登っていくと、ケーブルカーの駅が見えてくる。ケーブルカーの発車のベルを後にして、参道へと向かう。鳥居をくぐれば、静かな山道。ゆっくりと登り始める。日光のいろは坂のように折り返しの多い山道だ。スピードの遅い私の横を多くの人達が追い抜いていく。しかも、みなランニング姿で走っている。なんと、女性が多い。コーチとおぼしき逞しい男性コーチが爽やかな声で若い女性たちを励ましている。

「いいよ、さよちゃん、その走り!」
「今が一番苦しんだよね。でも、ゆきちゃんなら、大丈夫!」
「次は、450番ね。みかちゃん、見える?」
「そこまで休まずに、行ってみよう!」

いやはや、みんな美容のためなのか、健康のためなのか、目的が分からないけど、ホントすごいや!

こちらは、とりあえず、自分のペースで歩いていく。ふと、気づく。大きな杉の木の一本一本に番号札が付けられている。

512、511、510

さっきの450番というのは、この番号のことだった。数字が小さくなっていくということは、どこかで1番になるはずだ。きっとそこが、参道の終点なのだろう。

ケーブルカーの下をくぐると、道は折り返さなくなり、まっすぐに高度を稼いでいく。数字は1番となり、ケーブルカーからの参道と合流する。道はまだまだ続く。人も多くなるが、ペースの遅い私は道の端により、どんどん追い抜いてもらう。とにかく、石の階段がきつい。日頃の運動不足がたたり、疲労困憊も甚だしい。奥の院を拝める場所にたどり着き、ようやく本気の休憩。

昨年の11月にも職場の人たちと訪れた場所だが、もうぐったりだ。正直なところ、「お腹いっぱい、ご馳走様でした」という気分。「もう、帰ってもいいんじゃないか?」という気持ちすらする。滝へ降りたら、登り返さないといけない。それで、次の一歩が踏み出せない。でも、まあ、何とかなるだろう。ゆっくりと歩きさえすれば。

ロックガーデンに向かう遊歩道を歩くと、大勢の人が集まる休憩所があった。ここから、いろいろな方面へ向かう道が延びており、ジャンクションともいうべき中継点となっている。広場のようになっているので、大きめの石の上に座り、早くも昼食とする。

七代の滝へ行くには、急坂を降りなければならない。ヘロヘロな状態のまま、細い階段に沿って岩場の谷底へと降りていく。小さな滝があった。長野県の木曽谷で名滝を見慣れいるせいか、あまりにも貧弱な滝だ。湿っぽいが、涼しさだけが取り柄の場所のようだ。

あれだけ、下ったのだから、登り返しは本当にきつい。鉄梯子をヒイヒイ言いながら登る。あまりの運動量に呼吸が追いつかない。登りきると、ここも合流点となっている。七代の滝への道は、枝道のようだ。ここには二十メートルほどの大きな岩があり、天狗岩と名付けられていた。鎖が付けられていて、岩の上の祠まで行けるようになっている。何人かの勇者たちが鎖に掴まりながら挑戦している。いやいや、とても登る気にはならない。私は、「ロックガーデン」と書かれた指導標に従って、先へと進んだ。

ロックガーデンという名も頷けるような場所だ。私なら「岩のゲーム盤」と名付けたい。一メートルほどの大きさ岩が、そのまま遊歩道となるように並べられている。しかも、岩の上部がすべて水平に切り取られており、さまざまな多角形を形作っている。その岩を一マスずつ伝えば、渓流沿いに回遊できるようになっている。ところどころにもうけられた大きな岩場で1回休みができるので、ゲーム盤のように見えるという次第だ。

しばらく渓流沿いに、ゆっくりと遊覧する。上流に向かっているので、負担なく登り返すことができ、大いに助かる。頭上は木々が生い茂り、太陽の光をやさしく遮ってくれている。岩も密生する苔に覆われ、緑一色に染まろうとしているようだ。渓流の水量も少なくなり、崖が見えてくる。一筋の滝が流れていた。綾広の滝だ。いかにも、修験僧が滝に打たれるような場所だ。キャンディを口に入れ、エネルギー補給に努める。

折り返し地点に到着。先にも道は続いているが、もう進めない。先程のジャンクションへと向かう遊歩道を歩き出す。登り道だが傾斜が緩いので歩きやすい。すぐに、ジャンクションとなる。後は来た道を引き返すだけだ。結局、ケーブルカーも使わず、バスも使わず、御嶽駅までどうにか歩き通した。

訪問者数:12人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ