また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1251643 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

八海山 鎖鎖鎖 ハシゴハシゴハシゴ

日程 2017年09月09日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

水量が少ないので沢に下りて渡渉
2017年09月09日 07:04撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量が少ないので沢に下りて渡渉
3
無事をお願いする。
2017年09月09日 07:30撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事をお願いする。
1
渡渉地点より上流
2017年09月09日 07:48撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉地点より上流
1
四合目、屏風が始まる
2017年09月09日 07:57撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目、屏風が始まる
1
五合目より
2017年09月09日 08:24撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目より
1
五合目より
2017年09月09日 08:42撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目より
1
五合目より見える滝
2017年09月09日 09:01撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目より見える滝
1
六合目なのかな?
2017年09月09日 09:07撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目なのかな?
1
七合目の展望台
2017年09月09日 09:26撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目の展望台
1
展望台から見える滝
2017年09月09日 09:32撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から見える滝
1
唯一の沢登り
2017年09月09日 09:45撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一の沢登り
1
沢登り中
2017年09月09日 09:45撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢登り中
1
八合目より
2017年09月09日 10:05撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目より
1
九合目、千本檜小屋に到着、やれやれ。
屏風道は下山禁止です。
2017年09月09日 10:38撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目、千本檜小屋に到着、やれやれ。
屏風道は下山禁止です。
1
ここを降りたのか〜
2017年09月09日 11:54撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを降りたのか〜
3
迂回色の標識
2017年09月09日 12:58撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回色の標識
1
危険なトラバース地帯を抜け一息、まじかに見る凸凹
2017年09月09日 14:09撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険なトラバース地帯を抜け一息、まじかに見る凸凹
1
無事を感謝 真新しいあぶらげが供えてありました。
2017年09月09日 14:39撮影 by IS11S, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事を感謝 真新しいあぶらげが供えてありました。
1

感想/記録

四合目の水場を過ぎると屏風が始まる。手掛り足掛かりをばかり見ていると、間を置いたつもりでも先行する『鎖好き』から石が落ちて来る。九合目の千本檜小屋まで『長い』。

千本檜小屋のテラスで休憩し八つ峰に向かう。ロープウェイからの登山者と合流するので鎖場では滞るのでが小休憩できるので好都合。稜線上の凸凹の鎖場もかなり手強い。特に大日岳からの下りは垂直で鎖の下端も見えない程高く、足掛かりの見極めもし難く恐る恐る下りた。

この先入道岳まではなだらかな稜線だが緊張が緩み過ぎてしまって体が重かった。山頂では晴れるものの、周囲に沸く雲で越後駒、中ノ岳すら最後まで隠れていた。

帰りは新開道を下る。大日岳の手前から八つ峰の迂回路方向に進む。迂回路だから楽そうだが最初から長い々々ハシゴに裏切られた。ハシゴの垂直降下が終わると迂回路と別れて新開道方向に。

いかにも整備が手薄で危なっかしそうで気が引けるが慎重に危険なトラバース地帯に踏み入る。
ここで先行する『鎖好き』は張ってある鎖に体を預けた途端、予想以上に長く伸びてバランスを崩し、足掛かりが外れたと同時に懸垂状態になった。すぐに足場を見つけて浮上したが、もし鎖から手を放しバンザイしてたら深い藪の中に消えて見つからないだろう、腕の軽い肉離れと膝の打撲だけで済み続行。トラバースが終わると激下りで今回も何とか駐車場に戻ることが出来た。
訪問者数:406人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 渡渉 水場 ロープウェイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ