また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1252607 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

大月・御前山:夏の低山は灼熱地獄

情報量の目安: B
-拍手
日程 2017年09月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、にわか雨
アクセス
利用交通機関
電車
往路:〜JR中央本線 大月駅
復路:JR中央本線 猿橋駅〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間58分
休憩
52分
合計
3時間50分
Sスタート地点10:2711:06菊花山11:1111:51沢井沢ノ頭12:03八五郎岩12:18御前山(厄王山)13:0513:16神楽山13:51御前山登山口14:17猿橋駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
神楽山から猿橋駅に下る途中、あまり傾斜もないような道にロープが掛けられています。この箇所は非常に滑りやすいので、素直にロープに頼った方が良いでしょう。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ヘッドランプ 地図 コンパス スマートフォン バッテリー 昼食 プラティパス ジェットボイル エマージェンシーセット レインウェア フリース 靴下 Tシャツ カメラ 着替え タオル

写真

大月駅から登山口へ。ちょっとわかりづらい所にあります。
2017年09月10日 10:28撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月駅から登山口へ。ちょっとわかりづらい所にあります。
森の中に鳥居が。
2017年09月10日 10:32撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中に鳥居が。
序盤はこんな感じの薄暗い樹林帯。
2017年09月10日 10:34撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤はこんな感じの薄暗い樹林帯。
鉄塔をSTFで撮る!!
2017年09月10日 10:37撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔をSTFで撮る!!
雑草(ツユクサ?
2017年09月10日 10:38撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑草(ツユクサ?
1
ちょっと岩混じりの登山道。
2017年09月10日 10:48撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと岩混じりの登山道。
クサリもあるぞ!(そこまで危険な場所ではないです
2017年09月10日 10:53撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリもあるぞ!(そこまで危険な場所ではないです
針葉樹と登山道
2017年09月10日 11:04撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹と登山道
展望スポット!
2017年09月10日 11:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望スポット!
低山の尾根を歩く。なかなか良い道です
2017年09月10日 11:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低山の尾根を歩く。なかなか良い道です
菊花山の山頂。狭いけど展望は良いですね
2017年09月10日 11:13撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菊花山の山頂。狭いけど展望は良いですね
2
御前山へ向かう道。
2017年09月10日 11:29撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山へ向かう道。
迷うほどではないですが、道はやや荒れ気味。
2017年09月10日 11:30撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷うほどではないですが、道はやや荒れ気味。
毒キノコ。めっちゃ毒らしい
2017年09月10日 11:34撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毒キノコ。めっちゃ毒らしい
2
木漏れ日に照らされる登山道。
2017年09月10日 12:07撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日に照らされる登山道。
植林中?山頂までもう少し。
2017年09月10日 12:12撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林中?山頂までもう少し。
1
今日はこの子がいっぱい咲いてました。
2017年09月10日 12:14撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はこの子がいっぱい咲いてました。
1
ロープもあるぞ!
2017年09月10日 12:15撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープもあるぞ!
御前山の山頂に着きました。
2017年09月10日 12:57撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山の山頂に着きました。
1
すぐ横は断崖絶壁。
2017年09月10日 13:01撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ横は断崖絶壁。
2
このまま駅に向かってもいいのですが…、ちょっと寄り道。
2017年09月10日 13:16撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま駅に向かってもいいのですが…、ちょっと寄り道。
山頂何もねえ…
2017年09月10日 13:19撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂何もねえ…
1
ちょっとかわいい
2017年09月10日 13:28撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとかわいい
写真ではなかなか伝わらない急坂。
2017年09月10日 13:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではなかなか伝わらない急坂。
既に御前山の文字はなく…
2017年09月10日 13:44撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に御前山の文字はなく…
車道が見えてきた!
2017年09月10日 13:52撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道が見えてきた!
登山道はここまで。
2017年09月10日 13:54撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道はここまで。
1
栗の実はまだまだ。
2017年09月10日 13:57撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗の実はまだまだ。
2
撮影機材:

感想/記録

雨続きの8月でしたが、今月の週末は好天、絶好の山日和が続きます。

次の連休でまたアルプスに行きたくて、そのために少し大きめのザックを新しく購入。
慣らしも兼ねて、あまりお金の掛からなくて行動時間も短い山に登りたいなぁと。

前から登りたいと思っていた岩殿山に行こうかと思いましたが、今回の趣旨からはちょっと外れそう。
ということで、お隣の御前山を目指すことにしました。

ちなみに岩殿山は、先月の大雨の影響で未だに入山禁止の状態が続いているそうな。

行動時間が短いのをいいことに、大月駅への到着は10時。完全に山を舐めてますね。
それでも日没より前に下山できる…、それでいてじっくり山道を楽しめる。それが大月周辺の山の良いところ。今日もそれに甘えてユル登山です。

しかしユル登山といっても山は山。残暑厳しい9月半ば、予想以上の急坂に体力ゲージを消耗しながらの山歩きとなりました。

いざ登ってみると山は山。行動時間が短かい分、傾斜はやや急でした。
急登、岩場、あまり整備されていない登山道。すごくキツくはないけど、でも決して楽な道でもない。そんな山道を、地図を頼りに一つひとつ制覇してゆく低山ならではのアプローチ。
大月の御前山はそんな山でした。

加えて残暑厳しい9月の低山。気温はほとんど真夏、しかも出発が遅いために真上からの日差しに熱せられながら登ることに。
携帯した水分のほとんどを消費しながら登ったのは久々です。

秋や冬なら、道の厄介さよりもバリエーションの方に方に惹かれることでしょう。
まだまだ残暑の厳しい今の時期は、少し早かったのかもしれませんね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:448人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック アプローチ 急登 ツユクサ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ