また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1253198 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂奥穂縦走 〜ついに禁断のエリアへ〜

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月10日(日)
メンバー
天候晴れ(朝の内は高層雲多し)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高第三駐車場に運よく空きスペース有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
45分
休憩
0分
合計
45分
S西穂高口(千石平)15:0515:20旧ボッカ道分岐15:50西穂山荘
2日目
山行
9時間48分
休憩
1時間10分
合計
10時間58分
西穂山荘03:2303:36西穂丸山04:12西穂独標04:2304:43ピラミッドピーク04:56チャンピオンピーク4峰05:36西穂高岳05:4005:45P105:4706:03赤岩岳06:25間ノ岳06:2706:43逆層スラブ07:00天狗岩07:15天狗のコル07:1708:31ジャンダルム08:3808:51ロバの耳08:5709:13馬の背09:39穂高岳09:4310:30穂高岳山荘11:0212:23白出大滝12:32重太郎橋13:09白出小屋13:37穂高平小屋13:56小鍋谷ゲート14:06新穂高温泉駅14:21新穂高温泉登山者無料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

今年は本当に雲がかかるのが早くて、午前中、下手すると9時くらいから雲がかかってしまう笠ヶ岳でした
2017年09月09日 14:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は本当に雲がかかるのが早くて、午前中、下手すると9時くらいから雲がかかってしまう笠ヶ岳でした
空きスペースほとんど無し
2017年09月09日 17:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空きスペースほとんど無し
1
狭いところに無理やり設営
2017年09月09日 16:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いところに無理やり設営
3
翌朝
丸山スルー
2017年09月10日 03:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝
丸山スルー
独標写真撮影のみ
2017年09月10日 04:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標写真撮影のみ
ピラミッドピーク スルー
2017年09月10日 04:45撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク スルー
チャンピオンピーク スルー
ようやく周りが見えるようになってきました
2017年09月10日 05:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャンピオンピーク スルー
ようやく周りが見えるようになってきました
ようやく西穂高岳
2017年09月10日 05:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく西穂高岳
槍ヶ岳もばっちり
2017年09月10日 05:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳もばっちり
槍から続く西鎌尾根の奥には立山と剣岳も
2017年09月10日 05:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍から続く西鎌尾根の奥には立山と剣岳も
笠ヶ岳への稜線も
2017年09月10日 05:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳への稜線も
吊尾根と前穂高岳
2017年09月10日 05:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根と前穂高岳
霞沢岳と奥には中央アルプス
2017年09月10日 05:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞沢岳と奥には中央アルプス
1
独標方面
焼岳、奥に乗鞍岳
2017年09月10日 05:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標方面
焼岳、奥に乗鞍岳
1
眼下に上高地
2017年09月10日 05:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に上高地
いよいよ西穂の先へ
P1からの前穂高岳
2017年09月10日 05:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ西穂の先へ
P1からの前穂高岳
P1の先で前穂から朝日が顔を出す
2017年09月10日 05:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1の先で前穂から朝日が顔を出す
1
3000mの過酷な状況の中でも「クモ」
2017年09月10日 05:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3000mの過酷な状況の中でも「クモ」
1
霞沢岳と中央アルプス
こっちの方がアングルいいかな
2017年09月10日 05:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞沢岳と中央アルプス
こっちの方がアングルいいかな
ガスにまとわれ姿を隠す奥穂高方面
2017年09月10日 06:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスにまとわれ姿を隠す奥穂高方面
3
間ノ岳って小さく書いてありました
2017年09月10日 06:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳って小さく書いてありました
1
まだガスに隠れる奥穂高岳方面
2017年09月10日 06:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだガスに隠れる奥穂高岳方面
天狗岳へ先を急ぎます
2017年09月10日 06:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳へ先を急ぎます
1
途中で笠ヶ岳方面
今日は良い天気です
2017年09月10日 06:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で笠ヶ岳方面
今日は良い天気です
さあいよいよ逆層スラブ
2017年09月10日 06:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあいよいよ逆層スラブ
1
振り返って間ノ岳
2017年09月10日 06:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って間ノ岳
2
天狗岳到着
2017年09月10日 06:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳到着
3
双六から鷲羽岳までよく見えます
左には黒部五郎岳も
2017年09月10日 06:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六から鷲羽岳までよく見えます
左には黒部五郎岳も
1
笠ヶ岳への稜線
あちらからも、穂高の稜線がきれいに見えていることでしょう
2017年09月10日 06:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳への稜線
あちらからも、穂高の稜線がきれいに見えていることでしょう
1
ようやく姿を見せ始めました
2017年09月10日 06:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく姿を見せ始めました
1
一旦、天狗のコルまで下ります
2017年09月10日 07:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、天狗のコルまで下ります
コルを越えたところに避難小屋跡
ここを下りていくと岳沢小屋へ続く、縦走唯一のエスケープルート
2017年09月10日 07:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルを越えたところに避難小屋跡
ここを下りていくと岳沢小屋へ続く、縦走唯一のエスケープルート
天狗のコルを過ぎてからの登り
2017年09月10日 08:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗のコルを過ぎてからの登り
こんな所にも高山植物が健気に咲いていました
イワギキョウ
2017年09月10日 08:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所にも高山植物が健気に咲いていました
イワギキョウ
1
ウサギギク
2017年09月10日 08:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギク
1
ジャンが目の前に!
左から巻いて上がります
2017年09月10日 08:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンが目の前に!
左から巻いて上がります
やっと会えたジャンの天使
2017年09月10日 08:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと会えたジャンの天使
5
奥穂高岳の山頂が見えた
2017年09月10日 08:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳の山頂が見えた
3
前穂高への吊尾根も中々のモノ
2017年09月10日 08:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高への吊尾根も中々のモノ
ジャンを過ぎ、ロバの耳に向かいます
2017年09月10日 08:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンを過ぎ、ロバの耳に向かいます
奥穂側から見るジャンはこんな感じ
私にはこちらからの直登は無理
2017年09月10日 08:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂側から見るジャンはこんな感じ
私にはこちらからの直登は無理
ロバの耳は左へ巻きます
(中央にいる登山者の辺りを左へ)
2017年09月10日 08:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロバの耳は左へ巻きます
(中央にいる登山者の辺りを左へ)
振り返ってロバの耳とジャン
2017年09月10日 09:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってロバの耳とジャン
奥穂まで馬の背を残すのみ
最後の核心部
2017年09月10日 09:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂まで馬の背を残すのみ
最後の核心部
3
いよいよ取りつきます
西穂高岳から同行してくださったお兄さんが先行します
2017年09月10日 09:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ取りつきます
西穂高岳から同行してくださったお兄さんが先行します
3
馬の背の途中から槍の穂
2017年09月10日 09:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背の途中から槍の穂
2
もうすぐ難所が終わります
奥穂にはたくさんの登山者が写真撮影待ち…
2017年09月10日 09:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ難所が終わります
奥穂にはたくさんの登山者が写真撮影待ち…
馬の背の核心部
こんなに痩せた馬はいません!!
2017年09月10日 09:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背の核心部
こんなに痩せた馬はいません!!
3
ジャンからの道
いやあよく来たなあ
2017年09月10日 09:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンからの道
いやあよく来たなあ
2
奥穂高岳山頂
同行してくれたお兄さんと握手!
2017年09月10日 09:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂
同行してくれたお兄さんと握手!
3
奥穂高小屋まで下りてきました
大きな氷の浮かんだ水槽にビールが…
運転して帰らないといけないのでポカリで我慢
2017年09月10日 10:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高小屋まで下りてきました
大きな氷の浮かんだ水槽にビールが…
運転して帰らないといけないのでポカリで我慢
1
軽く昼食を取り、最後にいつもの一杯
2017年09月10日 10:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽く昼食を取り、最後にいつもの一杯
長い長いガレガレの白出沢を下ります( ノД`)
2017年09月10日 11:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長いガレガレの白出沢を下ります( ノД`)
有名なアビナイヨ
2017年09月10日 11:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名なアビナイヨ
ガレガレ
沢の対岸の登山道はまだまだ下
2017年09月10日 11:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレガレ
沢の対岸の登山道はまだまだ下
単調なので色鮮やかなものに目が奪われます
2017年09月10日 11:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単調なので色鮮やかなものに目が奪われます
シモツケソウ
2017年09月10日 12:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケソウ
トリカブト
2017年09月10日 12:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト
ミヤマシャジン
2017年09月10日 12:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシャジン
岩切道へ上がる梯子
(上から)
2017年09月10日 12:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩切道へ上がる梯子
(上から)
重太郎橋
ロープとワイヤーで流されないように固定してありました
2017年09月10日 12:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重太郎橋
ロープとワイヤーで流されないように固定してありました
撮影機材:

感想/記録

天気予報を見てここしかないと思い強行しました。
今年の内に行きたかったこと、2日間の晴れ予想、日照時間、全てクリア。

前日は西穂山荘午後4時頃着でテント場はほぼ満杯。何とかすみっこにスペースを見つけて無理やり設営。
午後6時頃、山荘支配人で気象予報士の栗沢さんから、明日の予想天気は、朝は雲が残っていて昼にかけて段々良くなり風も弱い見込み、とのアナウンスがあり、心浮き立つ。

晩御飯食べて速攻で寝ました。

翌日は、日の出過ぎまで確かに高層雲が多めでした。
西穂高岳の先で日の出を眺めました。

その後、奥穂まではあまり余裕なく、休憩箇所等で写真を撮っただけした。
次々と出くわす難敵に、緊張の休まるときは中々ありませんでした。

それでも、ほぼ予定タイムでコース踏破できてうれしかったです。
西穂高岳から同行してくださったお兄さんと二人で、コースを確認したりして何とか踏破できました。初めてのルートで1人だったらとても心細かったです。
ありがとうございました。

当初の案では、この後北穂高岳まで行って小屋に泊まることも考えていましたが、はっきり言って今の私には、ここから更に登るのは無理でした。
緊張感がもう続きませんでした。



《西穂奥穂間縦走についての個人的見解》
・コース全長はそれほど長くないが、登下降が多いので体力必須
・身体のバランス(平衡)感覚、特に荷を背負ってのバランス感覚が重要
・丸印等が少なかったり見にくかったりするのでルートファインディング能力
 (何か変だと思ったときは迷わず戻る)
・気の抜けないところばかりなので、全ルート通して緊張を持続できる気力
 (個人的には、これが一番かなと思います)
・濡れた岩は滑る、ガスで隠れるとルートを見つけにくいので天気の良い日のみ
・確実な三点支持
・浮石等を見分ける目と感じる足裏感覚
・高度感に耐えられること(下を見なければそれほどでもないかも)
・ヘルメットを必ず着用
・荷物はできるだけ小さく
・標高で言うと、西穂→奥穂は登り、奥穂→西穂は下りだが、下りも結構難しそう


訪問者数:299人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ