また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1253248 全員に公開 ハイキング富士・御坂

閉山日に☆初富士山☆ 穏やかな天候の吉田ルート!

日程 2017年09月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候おおよそ3000m以上は「晴」
7合目以下は「曇時々晴」
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
この日(富士山の閉山日)までマイカー規制があり、富士北麓駐車場からシャトルバスを利用。大人往復1,860円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間48分
休憩
32分
合計
7時間20分
Sスタート地点06:4306:55泉が滝07:15吉田口六合目・富士山安全指導センター07:1607:52吉田口七合目08:38吉田口八合09:35須走口・吉田口登山道 本八合目10:26久須志岳10:3010:48御殿場口頂上10:50富士宮口頂上11:05富士山11:0911:40久須志岳12:0113:41吉田口六合目・富士山安全指導センター13:4313:52泉が滝14:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
世界文化遺産だけあって、シーズン中でとても良く整備されており吉田ルートに危険箇所はありませんでした。
ただし、大火山・富士山らしい溶岩の冷え固まった?登山道や滑りやすい砂礫メインの長〜いブル(ドーザー)道、高〜い高山病の危険性などあり。天候に恵まれても里山観光ハイキングとは全く異なり、相応の体力と装備が求められます。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

富士北麓駐車場からシャトルバスで富士スバルライン5合目へ。
5時半の始発に乗るはずが、ちょうど自分の前の方までしか乗れず(>_<)、自分以降は2便のバス(6時少し前発)となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士北麓駐車場からシャトルバスで富士スバルライン5合目へ。
5時半の始発に乗るはずが、ちょうど自分の前の方までしか乗れず(>_<)、自分以降は2便のバス(6時少し前発)となりました。
富士スバルライン5合目からの富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士スバルライン5合目からの富士山。
ゆっくりと準備を済ませてから、5合目を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりと準備を済ませてから、5合目を出発。
雷鳥とおぼしき鳥が2羽、目の前を通過。
五合目に雷鳥??、多分よく似た鳥でしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥とおぼしき鳥が2羽、目の前を通過。
五合目に雷鳥??、多分よく似た鳥でしょう。
ここから登山道が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道が始まります。
馬がひく車でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬がひく車でしょうか。
上に向かっての写真ですが山頂は見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上に向かっての写真ですが山頂は見えません。
山中湖と山並み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中湖と山並み。
ここからやや傾斜のある登山道に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからやや傾斜のある登山道に。
広い登山道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い登山道が続きます。
歩き始めて30分チョット。この六合目ですでに森林限界を超えています。森林限界を超えて頂上までまだまだ1,400m近く。
そんな山は日本で富士山だけです。他の山ではあっても400〜500mですからスケールが違います!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めて30分チョット。この六合目ですでに森林限界を超えています。森林限界を超えて頂上までまだまだ1,400m近く。
そんな山は日本で富士山だけです。他の山ではあっても400〜500mですからスケールが違います!
広くて見晴らしの良い登山道、上までずっと続いていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くて見晴らしの良い登山道、上までずっと続いていきます。
七合目の花小屋、すでに閉まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目の花小屋、すでに閉まっています。
吉田ルートの中では、狭く険しめの道。
岩場のようで岩場では無く、溶岩が冷え固まった部分なのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉田ルートの中では、狭く険しめの道。
岩場のようで岩場では無く、溶岩が冷え固まった部分なのでしょう。
七合目の、山小屋街を進みます。
今日が閉山日なので、今日まで全ての山小屋がやっていると思っていましたが違いました。既に閉じている山小屋も多数です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目の、山小屋街を進みます。
今日が閉山日なので、今日まで全ての山小屋がやっていると思っていましたが違いました。既に閉じている山小屋も多数です。
七合目のトモエ館。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目のトモエ館。
八合目、太子館。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目、太子館。
この辺りも建物が多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りも建物が多いです。
八合目救護所等は既に閉まっています。
せっかくの救護所なのだから閉山日までやっていてもらいたいものですが事情があるのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目救護所等は既に閉まっています。
せっかくの救護所なのだから閉山日までやっていてもらいたいものですが事情があるのでしょう。
八合目、蓬莱館。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目、蓬莱館。
白雲荘からの展望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲荘からの展望。
山中湖方面、雲がけっこう多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中湖方面、雲がけっこう多いです。
とっくに3000mを超えていますが広く見晴らしの良い登山道がどこまでも続きます、さすがの富士山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とっくに3000mを超えていますが広く見晴らしの良い登山道がどこまでも続きます、さすがの富士山です。
閉まっている?もよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閉まっている?もよう。
3,250mの元祖室はまだ営業中。
この時点で、日本中どこを探しても(この富士山以外に)ここより高い場所はありません!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3,250mの元祖室はまだ営業中。
この時点で、日本中どこを探しても(この富士山以外に)ここより高い場所はありません!
吉田口山頂まで500mをきりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉田口山頂まで500mをきりました。
本八合目、富士山ホテル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本八合目、富士山ホテル。
本八合目のトモエ館、3,400m!
この辺りまでは元気でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本八合目のトモエ館、3,400m!
この辺りまでは元気でした。
八合五勺辺りでしょうか?
この辺りから疲労が・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合五勺辺りでしょうか?
この辺りから疲労が・・・。
軽い手の痺れを感知、体に力が入らなくなってきました。軽い高山病の症状が出てきたようです・・・(×_×)
少し先に見える鳥居が九合目でしょう、ファイトです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽い手の痺れを感知、体に力が入らなくなってきました。軽い高山病の症状が出てきたようです・・・(×_×)
少し先に見える鳥居が九合目でしょう、ファイトです!
九合目は超えたはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目は超えたはず。
脱力感でうつむきながらも、一歩一歩進んでいきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脱力感でうつむきながらも、一歩一歩進んでいきます。
須走口・吉田口頂上の鳥居が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須走口・吉田口頂上の鳥居が見えてきました。
あと少しの我慢、我慢だ〜〇〇 (>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しの我慢、我慢だ〜〇〇 (>_<)
高山症に苦しみつつ、何とか須走口・吉田口頂上に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山症に苦しみつつ、何とか須走口・吉田口頂上に到着!
ちょっぴり水分を補給、一息つきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっぴり水分を補給、一息つきます。
高山症は治らないまま、ゆっくりとお鉢巡りで最高峰の剣ヶ峰を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山症は治らないまま、ゆっくりとお鉢巡りで最高峰の剣ヶ峰を目指します。
お鉢の底、立ちこめるガスがいい味を出しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢の底、立ちこめるガスがいい味を出しています。
あくびと付き合いつつジワジワと進んでいきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あくびと付き合いつつジワジワと進んでいきます。
やっと富士山頂上の剣ヶ峰がはっきりと見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと富士山頂上の剣ヶ峰がはっきりと見えてきました。
富士山最高地点の剣ヶ峰登頂!
初めて日本最高峰に立つことができました。
これまで富士山の話が出てくると密かに肩身の狭い思いをしていましたが今後はそんな思いをする事は無いでしょう。やりました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山最高地点の剣ヶ峰登頂!
初めて日本最高峰に立つことができました。
これまで富士山の話が出てくると密かに肩身の狭い思いをしていましたが今後はそんな思いをする事は無いでしょう。やりました!
日本最高峰でピース!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本最高峰でピース!
最高峰から見たお鉢(の底)。
日本一の富士山はお鉢の広さもずば抜けています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰から見たお鉢(の底)。
日本一の富士山はお鉢の広さもずば抜けています。
富士山お鉢からの日本アルプス・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山お鉢からの日本アルプス・・・。
2,700〜3,000m地点で?雲が多く楽しみにしていた日本アルプスの展望は殆どありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,700〜3,000m地点で?雲が多く楽しみにしていた日本アルプスの展望は殆どありません。
こればかりは巡り合わせなのでしょうがないです(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こればかりは巡り合わせなのでしょうがないです(>_<)
あくび、ふらつきと付き合いつつ、何とか須走口・吉田口頂上へ戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あくび、ふらつきと付き合いつつ、何とか須走口・吉田口頂上へ戻ってきました。
須走口・吉田口頂上より山中湖。
ちょうど山中湖の部分だけ雲が消えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須走口・吉田口頂上より山中湖。
ちょうど山中湖の部分だけ雲が消えていました。
ここで、昼食休憩。疲れた体をいたわりました。
少し休んでいると、トレラン・山岳マラソンと思われる男女のグループがやってきてました。この富士山を駈け上がってくるのですからたいしたものです・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、昼食休憩。疲れた体をいたわりました。
少し休んでいると、トレラン・山岳マラソンと思われる男女のグループがやってきてました。この富士山を駈け上がってくるのですからたいしたものです・・・。
トイレを借りて、下山準備。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレを借りて、下山準備。
復路は、往路と違う下山道をいきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路は、往路と違う下山道をいきます。
ジグザグにブル(ドーザー)道をくだっていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザグにブル(ドーザー)道をくだっていきます。
雲の間に下界を確認。
いつの間にか高山症も消えていて痛快に下っていけます(^_^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の間に下界を確認。
いつの間にか高山症も消えていて痛快に下っていけます(^_^)
綺麗な緑も見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な緑も見えてきました。
相変わらずジグザグと、広く整備された登山道。
ソロなので団体さんより速く、多人数を抜かすときはギアチェンジして忍者走りのごとき?競歩でやり過ごします。まあ健脚でないのでその時だけですが(^-^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずジグザグと、広く整備された登山道。
ソロなので団体さんより速く、多人数を抜かすときはギアチェンジして忍者走りのごとき?競歩でやり過ごします。まあ健脚でないのでその時だけですが(^-^)
やっと樹林が現れてきました、何故かほっとする景観です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと樹林が現れてきました、何故かほっとする景観です。
馬で登ってくる観光客もいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬で登ってくる観光客もいます。
だいぶ標高を下げて、下界が近づいてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ標高を下げて、下界が近づいてきました。
遠望がないですが、そんなことも多々あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠望がないですが、そんなことも多々あります。
六合目、安全指導センター。
ポリスマン居眠り中、もとい待機中。
携帯をチェックしているようで登山者の安全確認・状況チェックをしているのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目、安全指導センター。
ポリスマン居眠り中、もとい待機中。
携帯をチェックしているようで登山者の安全確認・状況チェックをしているのでしょう。
ここでストック不用と短く収納します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでストック不用と短く収納します。
ここまでくればゴールまであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくればゴールまであと少し。
富士スバルライン五合目に無事帰還。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士スバルライン五合目に無事帰還。
自分はいたって平均的なハイカーですが、予定よりかなり早めに戻ってくることができました(^-^*)
富士山は日本一の山で世界文化遺産。老若男女普段全く登山をしない人も沢山登る山です。他の日本アルプスに比べるとゆとりあるコースタイムになっているのでしょう。

今回の富士登山、遠望は楽しめませんでしたが、軽い高山症などが逆にいい味を出して日本一の山を十分に満喫、いい経験をする事がました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分はいたって平均的なハイカーですが、予定よりかなり早めに戻ってくることができました(^-^*)
富士山は日本一の山で世界文化遺産。老若男女普段全く登山をしない人も沢山登る山です。他の日本アルプスに比べるとゆとりあるコースタイムになっているのでしょう。

今回の富士登山、遠望は楽しめませんでしたが、軽い高山症などが逆にいい味を出して日本一の山を十分に満喫、いい経験をする事がました!

感想/記録

初めての富士山。
シーズン中ということもあり、自分が歩いた吉田ルートはよく整備されていて極めて危険性を排除された素晴らしい登山道でした。

個人的には、9合目手前の3,400〜3,500m地点で軽い高山病らしき症状があらわれて、あくび・ふらつき・手の痺れ・極度のパワーダウンに陥りましたが・・・我慢で何とか乗り切りました(×_×)
上は晴れていましたが、3,000m以下は雲が多く南アルプス他の展望は殆どありませんでした。
とはいえ、軽い高山病に苦しみつつも充分に富士登山を満喫できました。

これで日本3,000m峰21座中19座踏破、残すは御嶽山と塩見岳の2座のみ!
今年中に踏破できれば幸いです、ありがとうございました。
訪問者数:219人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ