また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1254424 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北岳(嶺朋ルート〜草すべり)周回

日程 2017年09月10日(日) 〜 2017年09月11日(月)
メンバー
天候曇り時々晴れ/ほぼ曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー
市営芦安P〜乗合タクシー(1200円協力金含)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
7時間0分
休憩
20分
合計
7時間20分
北岳山荘07:3308:06トラバースルート分岐08:0708:30吊尾根分岐08:3209:20北岳09:3109:54両俣分岐10:08北岳肩ノ小屋10:39小太郎尾根分岐10:4110:51草すべり分岐10:5211:51白根御池小屋11:5314:34白根御池分岐14:45広河原山荘14:48広河原・吊り橋分岐14:4914:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
嶺朋ルート
 急登、藪漕ぎ(笑)
 踏み痕薄いですがマーク多し
 バイケイソウ群生地のみマーク消え道迷い注意
八本歯のコル 少し注意
その他周辺情報芦安P∩亜’鯤温泉(700円)可もなく不可もない
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 応急セット 雨具 調理関連用品 衛生関連用品 食事関連

写真

一個目の吊り橋を渡って皆様とは逆に左折
この写真の二個目の吊り橋を渡ります。
2017年09月10日 06:27撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一個目の吊り橋を渡って皆様とは逆に左折
この写真の二個目の吊り橋を渡ります。
取り付きは解り難いですが二個目の東屋の所まできて振り返るとこの赤いマークが見えますのでそこを入っていきます。
そして悪夢のような山行のはじまりです…(;''∀'')
2017年09月10日 06:35撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きは解り難いですが二個目の東屋の所まできて振り返るとこの赤いマークが見えますのでそこを入っていきます。
そして悪夢のような山行のはじまりです…(;''∀'')
いきなりの急登!
薄い踏み痕。
整備されていない道。
藪漕ぎ。
唯一の救いはマークの多さ。
追い越し、すれ違い含め出会ったのはマニアックな1パーティのみ。
2017年09月10日 09:40撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの急登!
薄い踏み痕。
整備されていない道。
藪漕ぎ。
唯一の救いはマークの多さ。
追い越し、すれ違い含め出会ったのはマニアックな1パーティのみ。
ひたすら上ること4時間。
やっと尾根らしきものに出会い少しだけテンションアップ(^^♪
2017年09月10日 10:40撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら上ること4時間。
やっと尾根らしきものに出会い少しだけテンションアップ(^^♪
反対側には鳳凰山が(^^♪甲斐駒も雲の間からチラリ。
救われました。
2017年09月10日 10:48撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側には鳳凰山が(^^♪甲斐駒も雲の間からチラリ。
救われました。
もはや登山道かもはっきりわからないような胸元まであるはい松の中を漕ぎながら樹林帯を脱出。
ここまで約6時間。
2017年09月10日 12:45撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや登山道かもはっきりわからないような胸元まであるはい松の中を漕ぎながら樹林帯を脱出。
ここまで約6時間。
ボーコンの頭に到着。
もはや気力体力は失せ、意気消沈。
20キロのリュックが肩に食い込みます。
2017年09月10日 13:06撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボーコンの頭に到着。
もはや気力体力は失せ、意気消沈。
20キロのリュックが肩に食い込みます。
このルートの魅力は《バットレス》の拝観!
心を打ち砕く追い打ちをかけるガスに包まれる。
2017年09月10日 13:49撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートの魅力は《バットレス》の拝観!
心を打ち砕く追い打ちをかけるガスに包まれる。
2
もはや写真を撮る気力も失せ、
念仏のように独り言を唱え
歩を進めました。
更にトラバース道の通行不可。
吊尾根分岐まで登るしかありません。
これまでの山行の中で1番の地獄タイムでした。
間ノ岳を狙うどころか幕営地の北岳山荘にさえ
辿り着けないかと凹んでいました。
吊尾根を下り始めてやっと見えた山荘。
でも、歩を止めなければ必ず着きます。
自分を褒めよう(^^♪よくがんばった(笑)
2017年09月10日 16:00撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや写真を撮る気力も失せ、
念仏のように独り言を唱え
歩を進めました。
更にトラバース道の通行不可。
吊尾根分岐まで登るしかありません。
これまでの山行の中で1番の地獄タイムでした。
間ノ岳を狙うどころか幕営地の北岳山荘にさえ
辿り着けないかと凹んでいました。
吊尾根を下り始めてやっと見えた山荘。
でも、歩を止めなければ必ず着きます。
自分を褒めよう(^^♪よくがんばった(笑)
2
テントを張って、ご飯食べて。
おでんにビール。
最高でした( ^^) _U~~
ちらほら見える富士山をみたり、
ほんのわずかな時間だけ透き通った星空に
はっきりと見えた天の川。
辛い山行の疲れも吹き飛ぶ最高の瞬間でした。
当然のごとく爆睡と思ったら2時間ほどで目を覚ます。
思ったより寒かったです。完全マミーになって再度爆睡です。
おやすみなさい…zzz
2017年09月10日 18:56撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを張って、ご飯食べて。
おでんにビール。
最高でした( ^^) _U~~
ちらほら見える富士山をみたり、
ほんのわずかな時間だけ透き通った星空に
はっきりと見えた天の川。
辛い山行の疲れも吹き飛ぶ最高の瞬間でした。
当然のごとく爆睡と思ったら2時間ほどで目を覚ます。
思ったより寒かったです。完全マミーになって再度爆睡です。
おやすみなさい…zzz
1
周囲の音の目覚まし。
テントを開くと絶景が。(^^♪
珈琲と供に絶景を味わいながら堪能。
これだから登山はやめられない!(^^)!
朝食も持参したパンたちをストーブであぶり
スープも飲んでほーんと幸せな時間でした。
2017年09月11日 06:05撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲の音の目覚まし。
テントを開くと絶景が。(^^♪
珈琲と供に絶景を味わいながら堪能。
これだから登山はやめられない!(^^)!
朝食も持参したパンたちをストーブであぶり
スープも飲んでほーんと幸せな時間でした。
1
さーて下山開始です。
がんばろー(^_-)-☆
2017年09月11日 07:28撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さーて下山開始です。
がんばろー(^_-)-☆
疲労感は否めませんが頑張って歩を進めます。
2017年09月11日 08:30撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲労感は否めませんが頑張って歩を進めます。
北岳山頂直下。
きたー!青空だー
と喜んだのは一瞬でした。
2017年09月11日 08:37撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂直下。
きたー!青空だー
と喜んだのは一瞬でした。
1
そしてついに山頂到着。
三角点!でパシャリ
2017年09月11日 09:07撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてついに山頂到着。
三角点!でパシャリ
1
看板!でパシャリ
2017年09月11日 09:08撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板!でパシャリ
1
道標!でパシャリ
晴れることはありませんでしたが
時折開ける少ない視界と愉快なパーティさんとの会話を楽しみ
山頂を後にしました。
2017年09月11日 09:08撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標!でパシャリ
晴れることはありませんでしたが
時折開ける少ない視界と愉快なパーティさんとの会話を楽しみ
山頂を後にしました。
道標を目標に軽快に下ります。
2017年09月11日 09:53撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標を目標に軽快に下ります。
仙丈ケ岳はほとんど見えませんでした。
2017年09月11日 09:54撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳はほとんど見えませんでした。
肩の小屋に到着。
週末のお客さんが凄かったようで
バッジもほとんど売り切れ。
生ビールを我慢して足早に進みました。
2017年09月11日 10:09撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋に到着。
週末のお客さんが凄かったようで
バッジもほとんど売り切れ。
生ビールを我慢して足早に進みました。
振り返ればこっちも急登。
さすがはNO2。
当たり前ですよね。
2017年09月11日 10:25撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ればこっちも急登。
さすがはNO2。
当たり前ですよね。
小太郎尾根分岐
2017年09月11日 10:37撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎尾根分岐
草すべり分岐
ガスの中ただただ下るのみです。
2017年09月11日 10:49撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草すべり分岐
ガスの中ただただ下るのみです。
やっと白根御池に到着。
ここでとなりにある小屋のベンチで昼食。
ボーラーメンと生ビール!
ぷはぁ〜〜おいしすぎるぅ(^^♪
さーあと2時間がんばろー
2017年09月11日 11:52撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと白根御池に到着。
ここでとなりにある小屋のベンチで昼食。
ボーラーメンと生ビール!
ぷはぁ〜〜おいしすぎるぅ(^^♪
さーあと2時間がんばろー
ひょえぇ〜急降下〜
2017年09月11日 13:38撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょえぇ〜急降下〜
ももプルプル。
ひざガクガク。
2017年09月11日 14:00撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ももプルプル。
ひざガクガク。
やっと大樺沢ルートに合流。
あと20分。
2017年09月11日 14:26撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと大樺沢ルートに合流。
あと20分。
ケルンみて
2017年09月11日 14:41撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンみて
看板見て
2017年09月11日 14:44撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板見て
広河原山荘前を通過。
2017年09月11日 14:45撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原山荘前を通過。
運命の分岐を通過して吊り橋を渡り
2017年09月11日 14:47撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
運命の分岐を通過して吊り橋を渡り
無事、下山完了!
お疲れさまでしたm(__)m
2017年09月11日 14:49撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、下山完了!
お疲れさまでしたm(__)m

感想/記録

トレーニングを兼ねたNO2アタック。
きつかったの一言でした。
嶺朋ルートを通ったことで改めて整備された道のありがたさを感じることが出来ました。山人、岳人、先人に感謝です。
間ノ岳までを狙いたかったのですがまだまだそのレベルではないことが解ったのも大きなポイントでした。
でもそんな辛さを忘れさせてくれる絶景と○○。
筋トレはまだまだ続けようと誓う私でした。
ウルトラライト化…真剣に考えよう(´;ω;`)ウッ…
訪問者数:286人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ