また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1254838 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

無積雪期本チャン 基礎まとめ山行 前穂高 4峰正面壁

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月11日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候9月9日
晴れ
9月10日
晴れ
9月11日
7時、稜線雲につつまれる
9時半過ぎ、中畠新道とパノラマ分岐で休憩中少しパラつく
以降曇り、下山後雨
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
タクシー乗り合いの方が待たなくてすむ。4〜5人ならタクシーの方が安い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
9時間48分
休憩
0分
合計
9時間48分
奥又白池04:3814:26奥又白池
3日目
山行
4時間0分
休憩
16分
合計
4時間16分
奥又白池07:0108:24中畠新道分岐08:2609:17新村橋(パノラマ分岐)09:27徳澤園09:3709:39徳沢公衆トイレ10:10徳本口(徳本峠分岐)10:17明神館10:21明神橋10:32嘉門次小屋10:32山のひだや10:3310:39明神館11:05小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)11:0611:11河童橋11:1311:14無料トイレ11:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〜中畠パノラマ分岐
危険箇所なし
〜中畠新道
高原図破線ルート。結構道悪い急登。Kさん曰く「ブナだて、合戦尾根より急。なんで三大急登に入ってないのか不明」とのこと。
ちなみに下りは重太郎新道よりは悪いらしいです。

奥又白の池以降バリエーションルート、登攀。
雪渓要横断、スノーブリッジの下のシュルンドの少し下を横断しザレの登り返し、C沢あたりまでピッケル出しっぱなしのほうが登りやすいです。

松高ルートの1P目アンカーは最初の草付ガリーと言うと少し分かりにくいかもしれないですが思ったより上、T1の少し下あたりから踏み跡ありました。
全体的にハーケン信用ならず、もろグラついてるのもあり。
2P目リードさせて頂きました。
2P目トポの終了点の少し下に広いテラスありそっちの方がビレイしやすそうでしたが、ハーケン二本のうち1本グラグラ、上の残置シュリンゲ付のほうは一応浮いてはいなさそうでした。

松高ハングの残置シュリンゲは結構腐っており怪しいですがその横のハーケンでA0の方が良さそうでした。

松高ルート終了点から適当に右にトラバース1P程で北条新村の終了点へ。
そこからは明瞭な踏み跡あり、ロープ出したままで北尾根踏み跡へ。

北尾根である程度装備解除し登山靴に、一応蟻地獄トラバースに備えてハーネス、ヌンチャク、ビレイデバイスはのこしておきました。

4峰〜5峰
4峰下りで懸垂下降したが、5峰側に踏み跡あり。
懸垂は涸沢に降りることになるが降りた先が余り良くないと思います。

5峰、56のコルビバーク適地。

蟻地獄トラバース
レコで拝見したピカピカのリングボルト数本あり、落ちたら終了っぽい感じなので不安ならロープだした方が良さそうです。

池への最後の登り返しの踏み跡は対岸より少し下でした。
正面に渡ってしまい少し上の間違え?の〇ペンキと赤テに騙され少し薮と戯れることになってしまいました。
その他周辺情報梓湖畔の湯利用。沢渡足湯P向かいの湯は安いが洗い場なくオススメでは無いとのこと。(タクシー運ちゃんより)
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

明神館にて
2017年09月09日 06:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神館にて
いつか行きたい
2017年09月09日 06:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつか行きたい
1
初使用のザック、行きは肩痛すぎて新村橋過ぎまでそれしか記憶にない(笑)ちなみにザックのサイズあってなかったっぽいです。
2017年09月09日 07:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初使用のザック、行きは肩痛すぎて新村橋過ぎまでそれしか記憶にない(笑)ちなみにザックのサイズあってなかったっぽいです。
中畠新道、パノラマ分岐。左の岩の左側に踏み跡あり
2017年09月09日 08:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中畠新道、パノラマ分岐。左の岩の左側に踏み跡あり
1
左は松高ルンゼ、右が中畠新道
2017年09月09日 08:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は松高ルンゼ、右が中畠新道
1
かなり上がってきました
2017年09月09日 10:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり上がってきました
池から4峰を見ながらトポと照らし合わせる
2017年09月09日 11:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池から4峰を見ながらトポと照らし合わせる
梓川はかなり下に見える。
2017年09月09日 13:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓川はかなり下に見える。
シルエットたぬき岩
2017年09月09日 13:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シルエットたぬき岩
雪渓、要横断
2017年09月09日 14:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓、要横断
1
雪渓渡り終えたとこまで偵察後、明日に備えて1杯やり、まったり過ごす
2017年09月09日 15:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓渡り終えたとこまで偵察後、明日に備えて1杯やり、まったり過ごす
取り付き
2017年09月10日 05:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き
C沢CSと取り付き
2017年09月10日 05:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
C沢CSと取り付き
奥又白の池の方
2017年09月10日 09:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥又白の池の方
奥又白の池アップで
2017年09月10日 09:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥又白の池アップで
適当に北尾根の踏み跡へ、写真は北条新村あたりからの踏み跡
2017年09月10日 10:02撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に北尾根の踏み跡へ、写真は北条新村あたりからの踏み跡
1
道にでた!
2017年09月10日 10:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道にでた!
2
撮影、休憩、装備変更
2017年09月10日 10:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影、休憩、装備変更
1
涸沢のテントは少ない。もうだいたい帰ったのかな?
2017年09月10日 10:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢のテントは少ない。もうだいたい帰ったのかな?
撮影中のKさん
2017年09月10日 11:01撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影中のKさん
2
槍さん初めまして。この数分前はめっちゃ綺麗に見えてましたがその時はちょっと忙しくて撮ってる余裕なし。むしろ「槍綺麗に見えてるじゃん」て言われるまで気づかなかった(笑)
2017年09月10日 11:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍さん初めまして。この数分前はめっちゃ綺麗に見えてましたがその時はちょっと忙しくて撮ってる余裕なし。むしろ「槍綺麗に見えてるじゃん」て言われるまで気づかなかった(笑)
2
吊尾根、奥穂
2017年09月10日 12:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根、奥穂
1
どっしりイカツイ4峰。撮影タイムスタート!(笑)
2017年09月10日 12:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっしりイカツイ4峰。撮影タイムスタート!(笑)
一応蟻地獄に備えてハーネス、ヌンチャク、デバイス等は着けたままにしておいたがノーロープで。滑ったら終了。レコで拝見したピカピカのリングボルト数本あり
2017年09月10日 12:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応蟻地獄に備えてハーネス、ヌンチャク、デバイス等は着けたままにしておいたがノーロープで。滑ったら終了。レコで拝見したピカピカのリングボルト数本あり
池まで後少し
2017年09月10日 14:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池まで後少し
たぬき岩、トトロにも見える
2017年09月10日 14:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぬき岩、トトロにも見える
ビッグウォール風に(笑)
カムは1本も要らない、要ハーケン&ハンマー
2017年09月10日 15:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビッグウォール風に(笑)
カムは1本も要らない、要ハーケン&ハンマー
1
4峰入れて
2017年09月10日 15:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4峰入れて
中畠新道取り付きレリーフ
2017年09月11日 08:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中畠新道取り付きレリーフ
1
カメラ出そうとして「やっちまった、コッチじゃねーし、入れたの横だし…」のやっちまった顔、バッチリ撮られてました(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラ出そうとして「やっちまった、コッチじゃねーし、入れたの横だし…」のやっちまった顔、バッチリ撮られてました(^^;
嘉門次小屋
2017年09月11日 10:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘉門次小屋
美味そう(笑)
2017年09月11日 10:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美味そう(笑)

感想/記録

今回は無積雪本チャンの基礎的なことのまとめ山行として9日から11日の2泊3日で前穂高北尾根4峰正面壁へ行ってきました。

1日目は奥又白の池まで行き、ひと段落着いてから偵察へ。
偵察の重要性を知りました。
雪渓、ザレ、ガレの経験、生活技術ももっと向上させたいです。

2日目登攀。
他にクライマーおらず貸切で登ることができました。
ガレてたり、岩壁の下部の方はとくに岩脆かったように思うので他のクライマーに気を使わず登れたのはかなりたすかりました。

松高ルート取り付きにて準備中に頭上数メートルの所をブォンブォンと音を立てて落石あり。
飛んで来る落石の音は初めてだったので言われるまで気づかず危ないところでした。

3Pか4Pのルーファイが大変だった様で、登った左にハーケンあったらしくクライムダウンして登り返したようです。
ビレイしてた感じ10mくらいはクライムダウンした様子。ありがとうございました。

ルーファイ難しい…。
ハーケンはグラグラのも多く、カムは入っても岩割れそうだったり効くところ全然なかったです。僕は普段からかなり水を飲むし、天気もよく、慣れないシチュエーションで緊張も続いたりで1Lでは足りず、5.6のコルで2人とも水切れに。
行動食も食べる気にならないし、喉渇くので一服も我慢、かなりキツかったです。

三日目は余裕があれば5.6のコル〜北尾根〜重太郎新道も候補でしたが、疲労してて全装備背負っての北尾根〜重太郎は危険と判断し奥又白の池から下山に。
天気も意外に早く崩れ朝7時には稜線は天気怪しい感じでしたので、天候的にも下山で正解だったと思います。
中畠新道の下りはなかなか悪かったですがそこそこいいペースで問題なく下れました。

明神館到着後、少しの上高地散策を楽しんで上高地BTへ。
疲れてはいたけど明神館辺りから河童橋まで走ったりしながら遊ぶ余裕はありました(笑)
訪問者数:225人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ