また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1255078 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

光岳

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月10日(日)
メンバー
天候曇り時々晴れ〜雨〜ガス〜下界は晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は、北又渡の橋を渡る手前とその先の芝沢ゲート近辺にあります。
芝沢ゲートより先は、タクシー、徒歩、自転車が入れます。
林道赤石線は、ブラインドカーブと道路の落石に注意。あと、離合困難な場所が多いので、離合ポイントを通過ごとにその場所を記憶しておくと、気が楽です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間42分
休憩
2時間42分
合計
8時間24分
S芝沢ゲート05:1505:40易老渡05:4706:55面平09:03易老岳09:1009:43三吉平09:4810:44県営光岳小屋13:0713:22光岳13:39光小屋
2日目
山行
3時間35分
休憩
22分
合計
3時間57分
07:05県営光岳小屋07:18イザルヶ岳07:59三吉平08:38易老岳08:4509:54面平10:0010:41易老渡10:5011:02芝沢ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
易老岳手前のやせ尾根滑落注意。距離は短いので、気を付ければ大丈夫。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

ゲートから25分で到着。歩くより早い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートから25分で到着。歩くより早い。
面平。苔むした疎林の中。ベンチなどが欲しいところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面平。苔むした疎林の中。ベンチなどが欲しいところ。
木の間から、聖っぽいのが見えたり消えたり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から、聖っぽいのが見えたり消えたり。
三角点ピークは展望なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点ピークは展望なし。
易老岳も展望なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳も展望なし。
1
飯田方面の山並み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯田方面の山並み。
1
草原+森のハイブリッド。いい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原+森のハイブリッド。いい感じ。
じめじめした三吉平。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じめじめした三吉平。
ごろごろワジを登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごろごろワジを登っていきます。
ありがたい水場その1。涸れていなかった。冷たくておいしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがたい水場その1。涸れていなかった。冷たくておいしい。
ありがたい水場その2。その1のすぐ上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがたい水場その2。その1のすぐ上。
光小屋が見えてきた。すべらない木道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光小屋が見えてきた。すべらない木道。
清潔感の漂う、いい感じの山小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清潔感の漂う、いい感じの山小屋。
1
半袖でもちょうどよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半袖でもちょうどよい。
光岳手前の分岐を少し寸又方面に行くと、開けている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳手前の分岐を少し寸又方面に行くと、開けている。
光岳到着。百名山なり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳到着。百名山なり。
すぐ先の展望台からの眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先の展望台からの眺め
テン場に戻ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場に戻ってきた
水はたっぷりあるけど、水場見学。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水はたっぷりあるけど、水場見学。
崩落地横の急斜面を降りる。転げ落ちそうな坂。こけたらヤバイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地横の急斜面を降りる。転げ落ちそうな坂。こけたらヤバイ。
水場到着。これまた、冷たくておいしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場到着。これまた、冷たくておいしい。
水場のすぐ下は崩落地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場のすぐ下は崩落地。
翌日、ガスガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、ガスガス。
易老岳からの下りは、根っこの尾根。意外とすべらない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳からの下りは、根っこの尾根。意外とすべらない。
易老渡から易老岳まで30の番号が振ってある。面平は10番。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老渡から易老岳まで30の番号が振ってある。面平は10番。
戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
1

感想/記録

光岳から茶臼小屋経由で周回するつもりで計画を立てました。しかし、
1日目
林道赤石線を走るのは何十年ぶりだろうか。右は谷底の危なっかしい道は相変わらずだった。芝沢ゲートまでは、北又渡からゲートまで未舗装となるものの、それ以外は舗装路なので、普通の車高の車でも大丈夫だろう。芝沢のゲートには深夜2時前に到着したが、すでに20台以上の車が止まっていて、朝には駐車場はいっぱいになっているのは間違いない状態だった。寝る準備をしていると、すでにヘッドランプを付けて出発している人がいる。6時間の運転後、不眠で登山を開始して大変な目にあったことがあるので、酒を飲んで車中泊し、5時前に起床するつもりで就寝。でも、結局寝られなかった。
事前に入手していた情報では、自転車が有効とのことなので、持ち込んだ自転車を組立てて出発する。情報では、ずっと舗装路とのことだったが、実際は舗装路が半分、未舗装路が半分なので、パンクには注意する必要がある。あと、ちょうどママチャリぐらいのタイヤ幅の隙間が空いた橋があるので、暗い中を勢いよく突っ込むと危ない。
行きは、歩く場合の半分ぐらいの時間で登山口についた。
易老渡からは鉄砲のぼりでグングン高度を稼いでいく。面平まで頑張ろうと思ったが、その手前を面平と勘違いして、1本立てる。標高が1800を超えたあたりで、左手に聖岳がちらっと見えたような気がしたが、すぐに雲に隠れてしまった。
易老岳は展望もなく、光岳に急ぐことにした。軽量化しているにもかかわらず、尋常じゃないくらいのどが渇く。汗の出方はいつもと同じくらいなのに、のどの渇きと疲労感がいつもどおりではなかった。12時までに光小屋につかないときは、茶臼小屋はあきらめようと思っていたが、結局11時前に到着してしまった。このまま予定通り茶臼小屋に向かうか、光岳ピストンに変更するか悩んだ結果、今回は光岳往復だけにすることにした。そうと決まると、さっそくビールを買いこみ、おニューのテントを建てて、プチ宴会を開始し、疲労と睡眠不足から、気持ちよくなって寝てしまった。気づくと空は晴れ上がり、続々と登山客が到着していた。小屋の人によると、今日は予約で満員らしい。あわてて、光岳を往復することにした。そして戻ってまたビールと酎ハイを買い込み、プチ宴会。350ml✖4本 2400円。山上の居酒屋と思えば安い、かな?。
2日目
夜中、雨の音で目が覚めた。まさか、まさかの雨。天気予報はまたもや大外れだった。さいわい、テントの中まで浸水していないので、気を取り直して眠りにつく。気づくと、7時前で、小屋にはほとんど人がいなくなっていた。テント場もほかのテントはなくなっていた。みんな、どこに向かうのか、早立ちという登山の基本を着実に守っている。ガスガスの中、テンションが上がらないまま、下山のとについた。幸い、雨はそれほどでもなかったらしく、泥沼登山道にはならなかったし、木の根っこ登山道もあまり滑ることなく、すいすいと下山し、易老岳から易老渡に2時間たらずで到着。最後は、自転車で4.4㎢を12分ほどで下って、うんざり林道歩きをパスできたのは良かった。下界は結構晴れていて、山の天気は難しいと改めて痛感した。
訪問者数:172人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ