また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1255090 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

巻機山 天狗尾根

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月10日(日)
メンバー
天候1日目快晴、2日目下山するまで快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間43分
休憩
1時間17分
合計
7時間0分
S桜坂駐車場13:2313:47割引沢出合13:5014:44アイガメの滝15:01ヌクビ沢出合15:0416:47天狗尾根取付点17:0118:24割引岳19:03御機屋(巻機山山頂の標)19:25巻機山避難小屋20:2220:23宿泊地
2日目
山行
3時間39分
休憩
1時間2分
合計
4時間41分
宿泊地04:5605:13御機屋(巻機山山頂の標)05:1505:25巻機山05:43牛ヶ岳05:5506:13巻機山06:22御機屋(巻機山山頂の標)06:36巻機山避難小屋07:1807:30ニセ巻機山08:256合目08:525合目08:5709:32桜坂駐車場09:3309:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
数回の渡渉とは、数回靴が水没するということです。雪渓がルートを塞いで、沢の上の雪の上を登らざるを得ないところがあります。私の技量ではそうでした。落ちたら脱出不能。ロシアンルーレットです。沢から尾根へ切り替えるところは直登です。近くの草を引っ張りながら上がります。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 ガスカートリッジ コンロ ヘッドランプ GPS 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル シェラフ

写真

巻機山の遠景。疲れを抑えて来た甲斐があったと思いました。その時は。
2017年09月09日 12:38撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山の遠景。疲れを抑えて来た甲斐があったと思いました。その時は。
1
天狗岩。是非近くで見たいと思いました。その時は。
2017年09月09日 13:19撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩。是非近くで見たいと思いました。その時は。
1
確かに山頂は穏やかです。が、しかし。
2017年09月09日 13:22撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かに山頂は穏やかです。が、しかし。
1
滝です。
2017年09月09日 14:18撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝です。
滝です。
2017年09月09日 14:24撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝です。
1
滝です。
2017年09月09日 14:35撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝です。
1
だいぶ登ってきました。とその時は思いました。
2017年09月09日 14:35撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきました。とその時は思いました。
2
晴れてます。写真は、とても楽しそうです。
2017年09月09日 14:35撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてます。写真は、とても楽しそうです。
1
滝です。
2017年09月09日 14:45撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝です。
その場で写真を撮るの忘れて、もう戻るきもせず、適当にデジタルズームで撮ってます。徐々に心の遭難信号が。
2017年09月09日 15:11撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その場で写真を撮るの忘れて、もう戻るきもせず、適当にデジタルズームで撮ってます。徐々に心の遭難信号が。
もはや、天狗岩も行く手を阻むジャンダルムとしか思えません。
2017年09月09日 15:15撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや、天狗岩も行く手を阻むジャンダルムとしか思えません。
1
雪のトンネル。登る道が分からずこのトンネルを行こうかと思いましたが、あまりに危険なので止めました。その後なんとか登れるポイントを見つけました。
2017年09月09日 15:53撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のトンネル。登る道が分からずこのトンネルを行こうかと思いましたが、あまりに危険なので止めました。その後なんとか登れるポイントを見つけました。
3
雪の塊。
2017年09月09日 16:00撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の塊。
雪庇?
2017年09月09日 16:00撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇?
1
やっと、尾根筋に出ました。
2017年09月09日 16:59撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、尾根筋に出ました。
1
夕暮れ。完全に暗くなるまでに割引岳頂上までなんとか行ければ、あとは見通しのいいルートなので遭難回避かと目算します。
2017年09月09日 17:34撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ。完全に暗くなるまでに割引岳頂上までなんとか行ければ、あとは見通しのいいルートなので遭難回避かと目算します。
まだ遠いが、頂上見えてます。
2017年09月09日 17:44撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ遠いが、頂上見えてます。
2
あっちの尾根から行ってれば、今頃飯食ってたのに。後悔後をたたずです。
2017年09月09日 17:45撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちの尾根から行ってれば、今頃飯食ってたのに。後悔後をたたずです。
1
美しい夕暮れも私の磨り減った心には響きません。
2017年09月09日 17:45撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい夕暮れも私の磨り減った心には響きません。
池とう。なんとかぎりぎり明るいうちに頂上登れそうです。
2017年09月09日 17:59撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池とう。なんとかぎりぎり明るいうちに頂上登れそうです。
1
割引岳頂上!
2017年09月09日 18:28撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割引岳頂上!
2
米どころ
2017年09月09日 18:29撮影 by Z00AD,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米どころ
真っ暗になって、なんちゃって山頂到着。
2017年09月09日 19:01撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ暗になって、なんちゃって山頂到着。
次の日、なんちゃって山頂。
2017年09月10日 05:15撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の日、なんちゃって山頂。
1
なんちゃって山頂からニセ巻機。避難小屋も
2017年09月10日 05:16撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんちゃって山頂からニセ巻機。避難小屋も
1
山頂は穏やかです。
2017年09月10日 05:20撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は穏やかです。
山頂。ここが本当に最高点なのか?
2017年09月10日 05:25撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。ここが本当に最高点なのか?
巻機山と月
2017年09月10日 05:37撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山と月
1
割引岳
2017年09月10日 05:47撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割引岳
1
何度もいいますが、頂上は穏やかな素敵な山です。
2017年09月10日 05:47撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度もいいますが、頂上は穏やかな素敵な山です。
来年、縦走する山?
2017年09月10日 05:47撮影 by Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来年、縦走する山?
usbケーブルを忘れて充電できなかったのでここでスマホはシャットダウン。下山は幸い何十人と登山客とすれ違ったので遭難の心配はありませんでした。
2017年09月10日 05:49撮影 by ASUS_Z00AD, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
usbケーブルを忘れて充電できなかったのでここでスマホはシャットダウン。下山は幸い何十人と登山客とすれ違ったので遭難の心配はありませんでした。

感想/記録

巻機山天狗尾根これまでで最大のピンチでした。珍しく、先週は毎日夜遅くまで仕事していたので、土曜日は午前8時出発の遅出出勤。しかも、前日、電話会議でアメリカ人の若い子をいじめ倒した罪の意識からかよく眠れず、体調もよくない。ただ、車を運転して巻機山を見てるとなんとなくいけそうな気がして、つい、ヌクビ沢、天狗尾根方面にふらふらと入ってしまいました。最初の関門は、ほぼ沢登りと言える沢伝いの登山路。八峰キレットや槍ヶ岳みたいにごつごつした岩じゃなくて、つるつるした岩の方がよほど怖いです。この時点で渡渉時に靴が完全に水没すること数度。7月に買ったばかりのマウンテンマゾヒストがほぼおじゃんに。意気消沈です。そして、「沢登り大変そうだから尾根伝いの方がいいや」というあほな選択で天狗尾根へ。次の関門は、雪の塊が進路を埋めているのが、2回ばかり。どうしても進路が見つからないので、覚悟を決めて、沢から雪の塊の上にあがり、そのまま数メートル雪の塊の上を登りました。水の流れの上なので想像では確実に雪の下は空洞になっています。あとは、踏み抜くかどうかだけ。ロシアンルーレットみたいな十数歩でした。最後の関門は沢から尾根筋に代わる所で、周りに生えている草を引っ張りながら登ります。途中、聞こえるはずのない人の声がしたので恐くなってあわてて登ると踏み跡のないところに行き着く。しょうがないので、降りると、というより草を引っ張ってブレーキをかけるだけでほぼ滑落していくと、声のしたところ辺りで、ほんの数メートル左に明確な踏み跡が。私をどこかに連れて行こうとした悪いものか、それとも正しい道に導こうとしたいいものか分かりませんが、とにかくそういものと交信できる時点で、精神的にやばい状態です。夕闇も近づき、このままあと少し難路が続くと遭難でした。やっと尾根に出て、割引岳が見えると、快晴でもあり、この後の登山路が想像できるようになりました。完全に日が暮れるまでに割引岳に登れれば、あとは、避難小屋までは見通しのよい登山路で、天気も崩れそうもないことから、なんとかなりそうだと。で、予想通りぎりぎり真っ暗になる前に割引岳に到着。こんな時間、絶対誰もいないと思って上がったら、人影が。一瞬、幽霊だと思ったら、ちゃんと人間でした。その若い子たちはグループで登ってきたけど一人が足をくじいて非常に遅くなったとのこと。ひとしきり、この恐ろしいルートのことを話しました。私は頂上で少し休憩したのでグループは少し先行しましたが、すぐに追いつきます。ただ、私の方も疲れきっているので、悪いが先に行かしてもらいました。グループは怪我した人をサポートしてゆっくり歩いています。私なんかだと、すぐに見捨ててしまいそうです。今の若者は本当に心優しい。人類は着実に進化していっているな、と思いました。小屋でも、もう休んでおられた年配のグループのかたが、あとからグループで来られることが分かると、場所を空けていただきました。年配の方もやさしいです。
翌朝も快晴で、山頂付近をしばらく散策して下山しました。井戸尾根も急坂でした。何十人もの登りの方といきちがったので、人気の山なのだと思いました。
このレポート読んで、またまたおおげさなと思っている方、天狗尾根登られる時はくれぐれも装備と心の準備を。残雪の状態と沢の水量にもよりますが、いわゆるバリエーションルートというのにかなり近いのだと思います。
訪問者数:248人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ