また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1258735 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

錫杖岳「見張り塔からずっと」

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月10日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コースタイム [注]

1日目:6:50出発 8:30錫杖沢出合 10:15取付き 14:30ビバーク地点
2日目:7:10ビバーク地点出発 7:50大洞穴 8:30登攀開始 11:15錫杖岳山頂 14:10岩舎 16:15駐車場着
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

いつ来ても迫力がある前衛壁
2017年09月09日 08:41撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ来ても迫力がある前衛壁
2
穂高方面
2017年09月09日 10:02撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高方面
1
烏帽子岩
2017年09月09日 17:16撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩
2
焼岳方面
2017年09月10日 06:21撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳方面
1
山頂を振り返る
2017年09月10日 12:33撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を振り返る
1
登攀したルートを振り返る
2017年09月10日 12:35撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登攀したルートを振り返る
1
撮影機材:

感想/記録
by baru55

今週末は晴れ予報。錫杖岳に行くことにする。今回で3年連続3回目となる「見張り塔からずっと」を計画。錫杖へは今年だけでも3回目となる。今回のパートナーはN氏。本格的なアルパインは初めてなので少し不安はあるけど挑戦してみることにする。途中ビバークでの1泊で計画を立てる。2時に集合出発。6時頃に中尾Pに到着。ぎりぎりで1台駐車することができた。準備を済ませて出発。途中の渡渉点では水が多くて靴を脱いだ。今週は雨が多かったせいで山から水が浸み出している感じだった。錫杖沢に着くとテントが数張りあった。岩舎にも2張り。ここから取付きまでの登りがきつい。今回は1泊装備なのでかなり重量が気になる。水は4L搭載している。10時過ぎに取付きへ到着。左方カンテのほうからはクライマーの声が響いていた。見張り塔には誰もいなかったのでゆっくりと準備を始める。登攀開始直前でいきなり落石があり肝を冷やす。気を取り直して登攀開始。1P目は緊張感のあるスラブ。久しぶりなので体が馴染んでいない感じだった。2P目は多少濡れているが快適なスラブ。3P目は直上ルートで登りたかったけど全面濡れ濡れだったので左へ迂回することにした。これがはまってしまって草付に阻まれて進退窮まり木で強引に支点工作。ここからの草付トラバースが4P目となる。5P目、6P目は快適なスラブ。この後、草原にでる。左上して大洞穴を眺める。あいかわらず迫力がある。計画では大洞穴横の岩の上でビバークする予定だったけど、平らな場所があったかどうか記憶が定かでないので少し引き返した草原地帯で割と平らな場所を探すことにする。何とかそれなりのスペースを確保することができた。ツエルトを張る準備を始める。ここでN氏が大きな石を運んでいる最中にズッコケて危うく滑落しそうになる。更に抱えていた大石が上から降ってくるという災難となったが、奇跡的に無傷で済んだ。ちょっとした事が原因で遭難とかするんだなと改めて実感した。今日の反省会をしながら晩飯を食べて就寝。寝床が結構坂になっていたけど以外と熟睡できた。。翌日は7時頃出発。昨日に引き続き朝の内は天気が良かったが、すぐに雲が上がってきていた。大洞穴までは登山靴でトラバース。直下でクライミングシューズに履き替えてノーロープで大洞穴まで登ったが、結構悪くて冷や冷やした。大洞穴下部はあいかわらず濡れている。どうしてもここを登る気になれず7P目は右側のスラブから登攀。8P目はトラバース。9P目は快適なスラブ。10P目は濡れていて非常に悪い草付を攀じ登る。11P目は山頂へと抜ける快適なクラックのある最終ピッチ。ここを登りきって11時頃に山頂へ到着。充実した登攀にかなりの達成感を得ることができた。。装備を解除して下山にかかる。下山ルートも藪漕ぎ、沢下りとかなり手こずりびしょ濡れになって14時頃にようやく岩舎に到着。ここから少し迷って16時頃に無事下山。。今回は3回目となる見張り塔だったけど、すべてのピッチをリードで登る事ができて、充実した大満足な登攀だった。また来たいと思います。
訪問者数:165人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/16
投稿数: 9
2017/9/17 21:07
 いいですなあー
見張塔、お疲れ様でした!
全ピッチでリードはなかなか疲れましたね。

今回は途中でビバークしたみたいですけど、眺めが良さそう😆。
最後の11ピッチ目は下部がそんなに崩れてましたっけ?

錫杖はまたチャレンジしましょうー❗
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ