また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1259347 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

空木岳 ※2013.7.26 ガッスガスのリベンジは快晴の元で

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道「駒ヶ根IC」下車→池山林道へ
※工事中で通行止めがある為、迂回路を進みます。
 IC下車後、看板を見逃さない事!

道路状況:狭い悪路

駐車場:林道終点他に無料駐車場あり

トイレ:駐車場及び小屋にあり
    ※駐車場はペーパーなし、小屋は使用量200円

コンビニ:IC周辺にありますが、IC→登山口方向には無かったかも……。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=7時間44分(ヤマプラ標準時間=10時間31分/15.6km)
歩行距離=18.47km
標高差=1,491m
平均速度=2.39km/H
※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
1.池山林道は凸凹道で20km/Hで約15〜20分程度掛かる。
 ※自分の一般普通車で擦らずです。(2013年に比べると道路が整備されている)
2.日曜日4時過ぎ時点で終点駐車場はほぼ満車。
3.迷尾根はトラバース気味の部分や岩場、鎖等があり注意が必要。
 但し登山道は、全体的に危険個所は少ない。
4.避難小屋分岐以降眺望が開ける。
5.2013年もそうでしたが、ホシガラスに遭えました。逃げません!
6.駒峰ヒュッテのトイレ使用=200円(宿泊者以外)
7.登山ポストは林道ハイキング入口にあり
8.水分補給量≒1.5L
その他周辺情報信州駒ヶ根ガイド
http://www.kankou-komagane.com/alps/course6.php

早太郎温泉
http://hayataro.org/

空木駒峰ヒュッテ
http://www.komaho.net/hutte/utsugi_hutte1.html
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 夏帽 手袋 雨具(ストームクルーザージャケット+パンツ) 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+パン×2+おにぎり×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×4) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) スマホ タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

駐車場奥のハイキングコース入り口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場奥のハイキングコース入り口。
1
池山・空木岳分岐点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池山・空木岳分岐点。
1
尻無。下山時はここから、ハイキングコースと登山道コースを選択できますが、どちらも似た様な時間となります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尻無。下山時はここから、ハイキングコースと登山道コースを選択できますが、どちらも似た様な時間となります。
1
登山道は全体的に歩き易い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は全体的に歩き易い。
1
樹林帯の為、眺望は限られているが、拓けた瞬間は堪らない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の為、眺望は限られているが、拓けた瞬間は堪らない。
4
紅葉はもう少しあとですかね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉はもう少しあとですかね。
4
前回(2013.7.26)は全く見えなかった眺望。ここまでかなり疲弊していましたが、感動の瞬間です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回(2013.7.26)は全く見えなかった眺望。ここまでかなり疲弊していましたが、感動の瞬間です。
4
で、写真の枚数も多くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、写真の枚数も多くなりました。
1
雲海もしっかり競演です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海もしっかり競演です。
2
あちこちに奇岩があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちに奇岩があります
2
ホシガラス。2013年もそうでしたが、間近に近寄って撮影しても逃げませんでした。前回と同じ鳥?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホシガラス。2013年もそうでしたが、間近に近寄って撮影しても逃げませんでした。前回と同じ鳥?
3
空木駒峰ヒュッテと雲海
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木駒峰ヒュッテと雲海
3
秋も訪れていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋も訪れていました。
4

感想/記録
by drunk

2017年9月24日(日)
9月は月初以外、自分の都合で行動できる日が少なかったのだが、
9.9 はお初の山である「伊予ヶ岳」(家族は鴨川シーワールド観光)に
行く事が出来た。

だが、9.16 は台風により計画中止
→よって、9.18 単独にて短時間山行「石割山」を慣行する。
石割山となったのは、9.16 の予定が中止以降、天気予報とにらめっこして
他の山行を目論み早朝から動いたのだが、
台風の影響で、迂回しても迂回しても通行止めとなった故に
安パイな「石割山」とした為である。

で、9.23 の計画も微妙な天気により早々に中止とした。
これは3,000m級の山に初めて行くと言うメンバーが
折角なので、最高の景色を堪能したい、との希望とあわせて
野暮用が勃発したからである。

さて、2週続けて低山となっている事と
先週は超短時間山行となっていたので、今週はがっつり歩きたいのである。
なので、眺望が乏しかった山の中から選択した「空木岳」の
リベンジが確定する。

結論から言うと、眺望はバッチリ!
歩きの方もハイペースな下山もあり〜ので、満足できる山行となった。

さて、既に日の出日の入り時間が遅くなりつつある9月、
登山開始はまだ真っ暗な 4:52となった。
とは言え、最初は林道歩きなので、ヘッデンのみで全く問題ない。
またハイキングコース上に、台風の影響はほとんど無い。
なので、結構快調に歩みを進めていたのだが、
途中から数名にサク〜ッと抜かれる……。

自分が遅いのかと思いきや、後で確認すると、そんな事はなかった。
登りの標準時間≒6時間26分に対して、4時間42分だったからである。

今回はコンビニ弁当もしっかり食べて出発している。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
多少の寝不足はあるが、本年に関して言えばそんなのは毎回だ。
でも彼らの体力はどんだけ〜、なのだ!(-。-)ボソッ

ただ抜かれた後に延々と前方に居座り続けられる事もなく、
(写真撮影に影響するので)
あっと言う間に視界から消えたので、良しとします。

とは言え、抜かれた後は、山頂までの道のりにかなり苦労しました。
自分なりに、ガクッときたのが判ったので、
何が原因か考えながら歩き続けた結果、
呑みすぎシールを貼る事に落ち着きます。
また禁酒かい……??(T^T)
って、下山後はこれでもか、って位呑みましたけどね。

ともあれ、しんどい樹林帯を抜けると一気に眺望が拓けます。
前回は見られなかった光景です。
ここまでのしんどさが消える瞬間でもあります。
さあ、あとは山頂の眺望を残すのみです。

そして「駒峰ヒュッテ」を過ぎると、あと100mの文字がありました。
標高差は約70m、実際には10分程度の歩きですが、
ここからがかなりしんどかったです。

山頂では、登りきった達成感と共にその景色を楽しみつつ
僅かな時間ではありますが、身体を休めます。
まあ、何かを口にするとか腰を落とすとかはありませんが……。

さて、ほんの少しの休憩のあとは、一気に下山となる。
但し滅多にない事ではあるが、
同ペースで、しかも通常よりハイペースで下山する面々が
同一時間に揃ってしまいました。
トレランのカップルは、あっと言う間に消えましたが……。(T^T)

なので、お互いのペースに合わせつつ
かなりのハイペースで下山する事になりました。
部分的に足元注意な場所はありますが、
全体的な歩きやすさもあり、飛ばす事ができた次第です。
ただ少し飛ばし気味だったので、現在結構お疲れ気味です。(-。-)ボソッ

2013年07月26日 空木岳
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-325546.html
訪問者数:353人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ