また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1260450 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

加波山 − 山岳信仰の面影を残す裏筑波の里山を歩く −

日程 2017年09月18日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候○ 天気 : 晴れ。
○ 風速 : 普通(5m/s程度)。
○ 気温 : 暑め(33℃くらい)。
○ 視程 : 長め。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○ 往路(約32km)
 ・08:50 {自宅} - 09:40 加波山三枝祇神社駐車場
  ※もう少し奥にある加波山神社にも駐車場がありますが、
   (境内に)トイレのあるこちらの駐車場に停めさせて頂きました。
  ※10台程度は停められそうです。

○ 復路(約32km)
 ・13:55 加波山三枝祇神社駐車場 - 14:45 {自宅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間5分
休憩
43分
合計
3時間48分
S加波山神社真壁拝殿09:5810:36加波山登山道五合目11:43加波山12:2613:15加波山登山道五合目13:46加波山神社真壁拝殿G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 03時間15分
○ CT(実績) : 03時間00分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
〇 加波山神社拝殿まで合目石が建てられており、ペース配分の目安となります。
〇 二合目にある加波根不動明王の裏手から、ガイドマップに載っていない
  登山道が伸びていたため、それを利用しました。
  この道を利用することで、五合目の手間まで舗装道を通らずに済みました。
〇 山頂付近はいくつもの社が立ち並び、神秘的な雰囲気を醸し出していました。
  ただ、肝心の山頂標識が見当たらず、どこが山頂か分かりませんでした。
〇 当初、山頂から一本杉峠を経由して下山する予定でしたが、
  山頂部の先の道が、笹薮が濃く荒れた印象だったので断念しました。
〇 特に危険箇所はありません。
その他周辺情報(1) トイレ
 確認した限りでは、以下にありました。
   加波山三枝祇神社

(2) 登山ポスト
 見つけられませんでした。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

加波山神社の鳥居の朱塗りが、台風一過で晴れ渡った青に映えること。安全祈願して登山を開始します。
2017年09月18日 10:03撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加波山神社の鳥居の朱塗りが、台風一過で晴れ渡った青に映えること。安全祈願して登山を開始します。
3
あの頂きを目指します。既にかなり暑いです。
2017年09月18日 10:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの頂きを目指します。既にかなり暑いです。
1
二合目の手前付近、石でできたこの鳥居を潜ると登山道らしくなります。
2017年09月18日 10:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目の手前付近、石でできたこの鳥居を潜ると登山道らしくなります。
1
正面に採石場が見えてきました。この辺りは真壁石と呼ばれる良質の花崗岩の産地で、麓の街道沿いにも石材店が軒を連ねてました。
2017年09月18日 10:35撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に採石場が見えてきました。この辺りは真壁石と呼ばれる良質の花崗岩の産地で、麓の街道沿いにも石材店が軒を連ねてました。
1
五合目。休まずに進みます。
2017年09月18日 10:46撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目。休まずに進みます。
九合目付近。いよいよ針葉樹が林立する神聖な領域に足を踏み入れたようです。
2017年09月18日 11:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目付近。いよいよ針葉樹が林立する神聖な領域に足を踏み入れたようです。
1
ようやく稜線に出ました。再び石の鳥居を潜り、石段を昇り詰めると、、、
2017年09月18日 11:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく稜線に出ました。再び石の鳥居を潜り、石段を昇り詰めると、、、
加波山神社拝殿に到着しました。ここまでくれば山頂は目と鼻の先です。
2017年09月18日 11:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加波山神社拝殿に到着しました。ここまでくれば山頂は目と鼻の先です。
2
鎖場ならぬ手摺場も出てきました。
2017年09月18日 11:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場ならぬ手摺場も出てきました。
たばこ神社に到着。稜線上の小ピーク毎に、社が建てられています。
2017年09月18日 11:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たばこ神社に到着。稜線上の小ピーク毎に、社が建てられています。
3
その次の加波山神社本殿が鎮座するピークは、この日一番の展望地でした。台風一過で視程も長く、開けた西側から日光連山が望めました。
2017年09月18日 11:36撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その次の加波山神社本殿が鎮座するピークは、この日一番の展望地でした。台風一過で視程も長く、開けた西側から日光連山が望めました。
4
ってか、山頂どこよ(笑)?あとで知ったのですが、この手前にあった本宮本殿(←ここでお昼食べました)が山頂なのだそうです。
2017年09月18日 11:43撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ってか、山頂どこよ(笑)?あとで知ったのですが、この手前にあった本宮本殿(←ここでお昼食べました)が山頂なのだそうです。
2
徐々に藪が濃くなり、蜘蛛の巣も多めになってきました。本当は稜線上を更に進んで一本杉峠を経由して下山する予定だったのですが、今日はそこまで頑張らないつもりだったので、元来た道を引き返すことにしました。
2017年09月18日 12:20撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に藪が濃くなり、蜘蛛の巣も多めになってきました。本当は稜線上を更に進んで一本杉峠を経由して下山する予定だったのですが、今日はそこまで頑張らないつもりだったので、元来た道を引き返すことにしました。
2
大分降りてきました。奥に見えるのは(裏から見た)筑波山(877m)です。舗装道からの照り返しが暑いっ!
2017年09月18日 13:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分降りてきました。奥に見えるのは(裏から見た)筑波山(877m)です。舗装道からの照り返しが暑いっ!
道端には、秋の花、シュウカイドウが咲いてました。個人的には、中華を連想させる花ってことになってます。
2017年09月18日 13:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端には、秋の花、シュウカイドウが咲いてました。個人的には、中華を連想させる花ってことになってます。
2
下山っ!お疲れ様でした。
2017年09月18日 13:50撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山っ!お疲れ様でした。
3
撮影機材:

感想/記録

三連休は、義理の父母がつくばへ遊びに来る予定だったのですが、
お騒がせ台風のせいで延期となってしまいました。

期せずして、ぽっかり空いてしまった時間。
元々山へ行くつもりもなかったので、十分なリサーチもしていません。
かといって、台風一過の晴天を無駄にしたくはなかったので、
近くの里山、加波山(かばさん:709m)に登ってみることにしました。

都心方面(表側)から見ると全く分かりませんが、実は筑波山の背後には、
低い峰々が連なっており、裏筑波なんていう風に呼ばれていたりします。
今回訪れた加波山も裏筑波の一座で、かつては山岳信仰の中心として
地元住民から尊崇された山なのだそうです。

かくして、筑波の裏の世界を知ることなった訳です。

この山の面白いところは、山頂近傍の稜線にいくつもの社が立ち並ぶ
点でしょうか。小ピークのたびにこれでもかというほど現れます。
おかげで、山頂標識が見つけられず、どこが山頂か分からないまま
釈然とせずに下山することとなりました。

家に帰ってから、ここが一番の高みに違いないと、お昼休憩をとった場所が
やはり山頂であったと分かり、少しほっとしました。

筑波山や宝篋山(ほうきょうさん:461m)のように展望に
恵まれている訳でもなく、どちらかというと地味な印象でしたが、
山全体にサンクチュアリ(聖域)たる趣が漂い、
静かな山歩きを楽しむには好適な山なのではないかと思いました。
訪問者数:311人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 花崗岩
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ