また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1262008 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

白谷で横山岳

日程 2017年09月19日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
バス停杉野農協前〜白谷登山口 徒歩40分。
白谷登山口には30台位駐車可能。女性用トイレ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間25分
休憩
57分
合計
8時間22分
S白谷登山口09:1710:09太鼓橋(横山岳 白谷本流コース)10:1510:38経の滝10:4411:33五銚子の滝12:0014:05横山岳14:2016:32鳥越峠16:3516:38コエチ谷分岐17:33コエチ谷登山口17:39白谷登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白谷登山口に登山ポストあり。
登りの白谷沿いの登山道は、不明瞭な所がある。経の滝を過ぎて右岸沿いに行くと道が高巻きの様に登って居る。この道は消える。正解は川沿いに10団行き、左岸に道が有る。(台風の影響で水量が多く道が水没)
五銚子の滝以降は尾根に登るがとても急登。そして長い。
下山に使った三高尾根はとても急で、滑り易い。
コエチ谷への道もコエチ谷へ出るまで道が谷に傾いていたり、滑り易い。
その他周辺情報国道8号線まで戻れば色々な施設は有る。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ 替えの靴下 濡れて良い靴

写真

A9:14 白谷登山口。男性用トイレは無い。(大のみ)すぐ右手に白谷入口が有る。
2017年09月19日 09:14撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:14 白谷登山口。男性用トイレは無い。(大のみ)すぐ右手に白谷入口が有る。
1
A9:20 ツリフネソウがあちこちに見られた。
2017年09月19日 09:20撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:20 ツリフネソウがあちこちに見られた。
1
A9:43 道は登山道と言うより沢歩きの巻き道みたい。何度も川を行ったり来たり・・
2017年09月19日 09:43撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:43 道は登山道と言うより沢歩きの巻き道みたい。何度も川を行ったり来たり・・
A9:46 水量は多めで濡れずに渡るのが大変。
2017年09月19日 09:46撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:46 水量は多めで濡れずに渡るのが大変。
A9:55 白谷は2〜3辰梁譴結構沢山。巻き道様で大変なので、私だけ靴を替えて沢を行ってみる。
2017年09月19日 09:55撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:55 白谷は2〜3辰梁譴結構沢山。巻き道様で大変なので、私だけ靴を替えて沢を行ってみる。
3
A9:59 他の3人は登ったり降りたりで大変そう。沢を行く方が速い。
2017年09月19日 09:59撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:59 他の3人は登ったり降りたりで大変そう。沢を行く方が速い。
A10:01 水深は腿ぐらい。
2017年09月19日 10:01撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:01 水深は腿ぐらい。
3
A10:02 ここは登れ無かった。釜がえぐれている。
2017年09月19日 10:02撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:02 ここは登れ無かった。釜がえぐれている。
3
A10:09 林道の交差点、太鼓橋で水遊びを終える。皆が追い着くのを待つ。
2017年09月19日 10:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:09 林道の交差点、太鼓橋で水遊びを終える。皆が追い着くのを待つ。
A10:33 経の滝が見える。登山と言うより沢歩きの気分。
2017年09月19日 10:33撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:33 経の滝が見える。登山と言うより沢歩きの気分。
A10:39 経の滝。17辰世修Δ任后
2017年09月19日 10:39撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:39 経の滝。17辰世修Δ任后
3
A10:40 記念撮影!
2017年09月19日 22:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:40 記念撮影!
3
A10:45 横から撮ると滝の大きさが判る。
2017年09月19日 10:45撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:45 横から撮ると滝の大きさが判る。
1
A10:52 面白い植物。なんですかね?
2017年09月19日 10:52撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:52 面白い植物。なんですかね?
1
A10:53 フシグロセンノウ?
2017年09月19日 10:53撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:53 フシグロセンノウ?
2
A11:24 枝谷を越える。
2017年09月19日 11:24撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:24 枝谷を越える。
A11:39 五銚子の滝。五銚子とは五段の滝の事らしい。見応えのある滝です。
2017年09月19日 11:39撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:39 五銚子の滝。五銚子とは五段の滝の事らしい。見応えのある滝です。
3
A11:40 五銚子の滝上段部分。この2段目でも10辰詫る。
2017年09月19日 11:40撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:40 五銚子の滝上段部分。この2段目でも10辰詫る。
4
A11:59 マイナスイオンを浴びてここで昼食。
2017年09月19日 11:59撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:59 マイナスイオンを浴びてここで昼食。
P0:01 ここから白谷を離れ尾根に上がる。でもとても急な尾根。下りは怖い・・?
2017年09月19日 12:01撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:01 ここから白谷を離れ尾根に上がる。でもとても急な尾根。下りは怖い・・?
P0:24 サラシナショウマ?
2017年09月19日 12:24撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:24 サラシナショウマ?
1
P0:27 ママコノシリヌグイ。
2017年09月19日 12:27撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:27 ママコノシリヌグイ。
1
P0:40 アキチョウジ?
2017年09月19日 12:40撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:40 アキチョウジ?
1
P1:22 「がんばれ!頂上まで300叩廚海海砲燭匹蠱紊まで長かった・・
2017年09月19日 13:22撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:22 「がんばれ!頂上まで300叩廚海海砲燭匹蠱紊まで長かった・・
P1:58 「あと200叩廚修靴董屬△100叩廚班玄韻和海。100辰猟垢せ。
2017年09月19日 13:58撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:58 「あと200叩廚修靴董屬△100叩廚班玄韻和海。100辰猟垢せ。
P2:05 横山岳1132叩やっとこさ到着。
2017年09月19日 14:05撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2:05 横山岳1132叩やっとこさ到着。
4
P2:06 缶珈琲で一服。
2017年09月19日 14:06撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2:06 缶珈琲で一服。
1
P2:31 下山は最短コースの三高尾根〜コエチ谷で。ここも急斜面だ。
2017年09月19日 14:31撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2:31 下山は最短コースの三高尾根〜コエチ谷で。ここも急斜面だ。
P2:32 三高尾根から琵琶湖側を見る。
2017年09月19日 14:32撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2:32 三高尾根から琵琶湖側を見る。
2
P4:32 鳥越峠。
2017年09月19日 16:32撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4:32 鳥越峠。
P4:38 鳥越峠の50胆茲縫灰┘礎降り口が有る。
2017年09月19日 16:38撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4:38 鳥越峠の50胆茲縫灰┘礎降り口が有る。
P5:17 コエチ谷へ降りる。ここまで急斜面でした。ここから轍のある林道。
2017年09月19日 17:17撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P5:17 コエチ谷へ降りる。ここまで急斜面でした。ここから轍のある林道。
P5:29 ヤマハギ。
2017年09月19日 17:29撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P5:29 ヤマハギ。
P5:33 コエチ谷登山口。
2017年09月19日 17:33撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P5:33 コエチ谷登山口。
P5:39 白谷登山口へヘロヘロになって帰る。日が暮れる前になんとか着く。
2017年09月19日 17:39撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P5:39 白谷登山口へヘロヘロになって帰る。日が暮れる前になんとか着く。

感想/記録

ヤマレコで見た、白谷の経の滝や五銚子の滝を山仲間と4人で見に行く。
白谷登山口に車を駐める。奈良ナンバーの車が1台きていた。

白谷沿いに歩く。道は細い踏み跡程度。時には巻くような道になっている。遠回りするので、私だけ沢を行く。段差が続く。川を行く方が速い。
太鼓橋で沢歩きを止め、仲間と合流。

その後も、白谷を何回も渡渉。その為道を見失い易い。経の滝の先には巻き道様にハッキリと踏み跡も有ったりする。
経の滝・五銚子の滝は見る価値のある滝でした。

五銚子の滝からは白谷を離れる。でも登山道と言うより高巻き道。その後も急斜面。ロープも何本も付けられている。
結局山頂手前まで急斜面が続く。

山頂手前にあと300叩200叩100辰班玄韻有るが、この間隔も長く感じる。

横山岳がP2だったので、予定の東峰〜東尾根コースは諦め、三高尾根〜コエチ谷コースで下山することにする。
でも三高尾根も滑り易い道で苦労する。コエチ谷も同じく急。

横山岳は、何処から登っても急な歩き難い山。甘く見ない方が良いと実感しました。
暗くなる前に降りられて良かった。
次は東峰のブナの原生林を見たいものだ。
訪問者数:304人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ