また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1263328 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

畑薙ダムから赤石岳、聖岳、光岳

日程 2017年09月18日(月) 〜 2017年09月20日(水)
メンバー
天候9/18〜19快晴 9/20晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
畑薙ダムのゲートの前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間49分
休憩
9分
合計
4時間58分
S畑薙ダムゲート前13:1713:50青薙山登山口13:5114:14中ノ宿吊橋15:06聖沢登山口15:24牛首峠15:34椹島ロッジ15:4116:52カンバ段16:5318:14赤石小屋18:15宿泊地
2日目
山行
9時間23分
休憩
23分
合計
9時間46分
宿泊地06:4607:06富士見平07:35北沢源頭07:3708:13赤石岳・小赤石岳間分岐08:1508:29赤石岳08:3008:34赤石岳避難小屋08:3509:16百間平09:42百間洞山の家09:4710:18中盛丸山・大沢岳間分岐(百間洞山の家方面)10:30中盛丸山10:55小兎岳10:5711:24兎岳11:2713:09聖岳13:38小聖岳13:58薊畑分岐14:07聖平小屋分岐14:1315:17南岳15:47上河内岳15:4816:32茶臼小屋
3日目
山行
7時間11分
休憩
1時間13分
合計
8時間24分
茶臼小屋07:0707:27茶臼岳07:46希望峰08:25易老岳08:2608:54三吉平08:5509:28県営光岳小屋09:2909:37光岳09:4309:50県営光岳小屋09:5110:15三吉平10:49易老岳10:5111:36希望峰12:02茶臼岳12:0312:14茶臼小屋13:0913:47横窪沢小屋14:17ウソッコ沢避難小屋14:2214:56ヤレヤレ峠15:10畑薙大吊橋15:29畑薙ダムゲート前15:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
その他周辺情報畑薙ダムのすぐ近くにある白樺荘で入浴して帰りました。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

台風が過ぎ去った後で素晴らしい快晴
2017年09月18日 13:16撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風が過ぎ去った後で素晴らしい快晴
ゲートから椹島までは小走りで進む。椹島では施設内の自販機で飲料が購入できます
2017年09月18日 15:41撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートから椹島までは小走りで進む。椹島では施設内の自販機で飲料が購入できます
大倉尾根は、ポッカ返しからの一部の登りと、最後の稜線に取り付くまでは急登ですが、それ以外は傾斜はそれほどでもなく登りやすい
2017年09月18日 17:15撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根は、ポッカ返しからの一部の登りと、最後の稜線に取り付くまでは急登ですが、それ以外は傾斜はそれほどでもなく登りやすい
赤石小屋に到着。18時を過ぎてしまいました・・
2017年09月18日 18:15撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋に到着。18時を過ぎてしまいました・・
テント場を独占。あまり数は張れらなさそう
2017年09月19日 06:45撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場を独占。あまり数は張れらなさそう
堂々とした赤石岳の雄姿
2017年09月19日 07:29撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂々とした赤石岳の雄姿
小屋から赤石岳までは水場が豊富
2017年09月19日 07:31撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から赤石岳までは水場が豊富
富士山をバックに登頂。稜線に出たら風がとにかく強く、もう9月の寒さと思えない
2017年09月19日 08:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山をバックに登頂。稜線に出たら風がとにかく強く、もう9月の寒さと思えない
2
赤石から聖までは、とにかくアップダウンが激しい体力勝負の道です。百間洞からの登り、中盛丸山、兎岳、聖岳、それぞれ何回も登り返しがあり、かなりきつかった
2017年09月19日 11:24撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石から聖までは、とにかくアップダウンが激しい体力勝負の道です。百間洞からの登り、中盛丸山、兎岳、聖岳、それぞれ何回も登り返しがあり、かなりきつかった
1
聖岳の登りの前のコルで、横になるのに丁度良さそうな岩があったので30分ほど昼寝
2017年09月19日 12:24撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳の登りの前のコルで、横になるのに丁度良さそうな岩があったので30分ほど昼寝
聖岳山頂
2017年09月19日 13:10撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳山頂
1
聖岳山頂からのとてつもない急角度の下り。聖岳はどちらから登っても厳しい山だという印象
2017年09月19日 13:16撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳山頂からのとてつもない急角度の下り。聖岳はどちらから登っても厳しい山だという印象
途中水場あり
2017年09月19日 13:26撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中水場あり
上河内山への稜線
2017年09月19日 15:24撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内山への稜線
上河内山の頂上。この日は茶臼小屋のテン場で宿泊
2017年09月19日 15:47撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内山の頂上。この日は茶臼小屋のテン場で宿泊
1
翌日、茶臼小屋に荷物をデポし、アタックザックで光岳を目指します
2017年09月20日 08:16撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、茶臼小屋に荷物をデポし、アタックザックで光岳を目指します
茶臼山を越えたあたりから山の雰囲気が一変
2017年09月20日 08:39撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山を越えたあたりから山の雰囲気が一変
百名山のメインの登山道とは思えないくらい倒木が多かった
2017年09月20日 09:08撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百名山のメインの登山道とは思えないくらい倒木が多かった
水場は豊富
2017年09月20日 09:19撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場は豊富
光小屋が見えてきました。テン場はあまり広くない印象
2017年09月20日 09:25撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光小屋が見えてきました。テン場はあまり広くない印象
1
小屋からは深南部の山々が一望
2017年09月20日 09:29撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からは深南部の山々が一望
2
頂上に到着しました。光石には寄らずに、10分くらい滞在して来た道を戻ります
2017年09月20日 09:38撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に到着しました。光石には寄らずに、10分くらい滞在して来た道を戻ります
まるで奥秩父縦走路のような雰囲気だ
2017年09月20日 11:01撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで奥秩父縦走路のような雰囲気だ
茶臼小屋のテントで30分くらい小休憩し、テントの片づけをして畑薙ダムまで下山します。横窪澤からウソッコ沢まではかなりの急坂あり
2017年09月20日 14:03撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼小屋のテントで30分くらい小休憩し、テントの片づけをして畑薙ダムまで下山します。横窪澤からウソッコ沢まではかなりの急坂あり
1
あの・・・これ渡っても大丈夫なんですよね?ペラペラの木の板が不安すぎて仕方なかったです。このあと何回も同じようなつり橋があります
2017年09月20日 14:20撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの・・・これ渡っても大丈夫なんですよね?ペラペラの木の板が不安すぎて仕方なかったです。このあと何回も同じようなつり橋があります
1
ゲートまで戻ってきました
2017年09月20日 15:30撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートまで戻ってきました

感想/記録
by bibi_k

今月末から来月にかけて、高尾山から北アルプスを経て日本海まで抜けるロングトレイルを計画しているのですが、その最終調整としてまだ足を踏み入れていない南アルプス南部の山を縦走してきました。装備はテント泊装備で12〜3kgくらいです。

台風通過の後とあってやや風は強いものの初日・二日目は素晴らしい快晴で、ここまで良い天気で山歩きできることはあまりないので嬉しかったですね。
南アルプスの山々はとにかく一つ一つが大きく、二日目の赤石〜聖〜上河内岳にかけての縦走はかなり苦しめられました。ここまでアップダウンが連続する縦走路ってあまり経験したことがないです。
逆に三日目の茶臼〜光にかけての稜線はアップダウンが少なく、とても静かで歩きやすい印象です。荷物をテントにデポしてきたのもあって、トレランのような感じで、5時間で行って帰ってこれました。茶臼から畑薙ダムへの下山の道は、途中かなりの傾斜の下りがあり、木を掴みながら下るような箇所もありました。

下山後は白樺荘に立ち寄って日帰り入浴して、大満足で帰りました。
ただ一つこのルートの欠点があるとしたら、東京から畑薙ダムへのアクセスが悪すぎる事かな〜・・・それさえ解消されたら何度でも足を運びたいなぁ。
訪問者数:449人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ