ヤマレコ

記録ID: 1264942 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

草紅葉の尾瀬ヶ原を歩く

日程 2017年09月25日(月) 〜 2017年09月28日(木)
メンバー
天候25日:晴れ
26日:晴れ
27日:晴れ、夜から雨
28日:雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
入山:バスタ新宿より関越交通夜行バスにて戸倉入り
   戸倉からバスにて鳩待峠入山
帰り:鳩待峠よりバスにて戸倉へ
   戸倉からバスで沼田へ
   沼田よりJRにて帰る

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

3日目
山行
5時間58分
休憩
1時間4分
合計
7時間2分
桧枝岐小屋06:1606:43竜宮十字路07:07下ノ大堀川橋07:18牛首分岐(中田代三叉路)07:25上ノ大堀橋07:46山ノ鼻08:1910:17至仏山10:2811:07小至仏山11:1011:23オヤマ沢田代11:41原見岩12:20鳩待峠12:3713:18山ノ鼻
4日目
山行
56分
休憩
0分
合計
56分
山ノ鼻06:0807:04鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・全般的に良く整備されており歩き易い。但し、富士見峠〜尾瀬沼区間は人があまり入っておらず、道は荒れている。
・雨が降ると木道は死ぬほど滑る
・至仏山周辺は蛇紋岩であり、これまた滑る

写真

鳩待峠
バスタ新宿より戸倉入り、戸倉よりバスにて鳩待峠に入る。
2017年09月25日 06:01撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠
バスタ新宿より戸倉入り、戸倉よりバスにて鳩待峠に入る。
こちらは山ノ鼻方面。今回はアヤメ平に向かいます。
2017年09月25日 06:01撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは山ノ鼻方面。今回はアヤメ平に向かいます。
木道の焼印。東京電力のおかげです。
2017年09月25日 06:15撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の焼印。東京電力のおかげです。
森林を抜けると湿原に出ます。草紅葉がきれいです。
2017年09月25日 07:13撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林を抜けると湿原に出ます。草紅葉がきれいです。
横田代だそうです。
2017年09月25日 07:16撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横田代だそうです。
池塘。
2017年09月25日 07:16撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘。
木道の先に至仏山。
2017年09月25日 07:19撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の先に至仏山。
同じく。
2017年09月25日 07:26撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく。
尾瀬ヶ原は雲海です。
2017年09月25日 07:47撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原は雲海です。
中原山
2017年09月25日 07:57撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中原山
池塘がきれい。
2017年09月25日 08:06撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘がきれい。
2
アヤメ平
2017年09月25日 08:07撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平
だそうです。
2017年09月25日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だそうです。
燧ヶ岳が見えました。
2017年09月25日 08:10撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳が見えました。
分岐を富士見峠へ
2017年09月25日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を富士見峠へ
富士見峠
小休止します。
2017年09月25日 08:33撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠
小休止します。
富士見峠から林道を歩くと林道終点に電波塔があります。
2017年09月25日 09:18撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠から林道を歩くと林道終点に電波塔があります。
登山道に入ります。
2017年09月25日 09:18撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に入ります。
燧ヶ岳
2017年09月25日 09:22撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳
1
同じく
2017年09月25日 09:22撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく
白尾山
展望はありません。
2017年09月25日 09:43撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白尾山
展望はありません。
皿伏山
展望はありません。泥濘、熊笹がうざい。
2017年09月25日 11:19撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皿伏山
展望はありません。泥濘、熊笹がうざい。
湿原にでます。
2017年09月25日 12:23撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原にでます。
非常にきれい。
2017年09月25日 12:24撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
非常にきれい。
尾瀬沼に出ました。
2017年09月25日 12:43撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼に出ました。
何か泳いでいます。
2017年09月25日 12:43撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か泳いでいます。
もう一息。
2017年09月25日 13:08撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一息。
尾瀬沼ヒュッテ
1日目、ゴール。
2017年09月25日 13:37撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼ヒュッテ
1日目、ゴール。
2日目
燧ヶ岳に朝日があたる。
2017年09月26日 05:53撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目
燧ヶ岳に朝日があたる。
1
尾瀬沼には霧がかかる。
2017年09月26日 05:53撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼には霧がかかる。
1
出発します。
予定では燧ヶ岳ピストンでしたが、体調が思わしくないので、燧ヶ岳には登りません。
2017年09月26日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発します。
予定では燧ヶ岳ピストンでしたが、体調が思わしくないので、燧ヶ岳には登りません。
天気が良く、気持ちがよい。
2017年09月26日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良く、気持ちがよい。
紅葉が進んでいます。
2017年09月26日 09:53撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が進んでいます。
1
燧小屋に到着。速攻でテントを張ります。
2017年09月26日 10:08撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧小屋に到着。速攻でテントを張ります。
サブザックで散策します。
2017年09月26日 10:51撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サブザックで散策します。
三条の滝。
結構迫力があります。滝までの登山道も結構ハードです。
2017年09月26日 12:14撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の滝。
結構迫力があります。滝までの登山道も結構ハードです。
東電大橋。
尾瀬ヶ原に戻ります。
2017年09月26日 13:48撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電大橋。
尾瀬ヶ原に戻ります。
散策が続きます。
2017年09月26日 13:49撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
散策が続きます。
東電小屋。
2017年09月26日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電小屋。
ヨッピ橋
2017年09月26日 14:13撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨッピ橋
分岐を竜宮へ
2017年09月26日 14:14撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を竜宮へ
燧ヶ岳
2017年09月26日 14:25撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳
2
竜宮小屋
2017年09月26日 14:37撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮小屋
戻ります。
2017年09月26日 14:45撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ります。
3日目
燧小屋を出発します。今日は至仏山に登ります。
2017年09月27日 06:28撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目
燧小屋を出発します。今日は至仏山に登ります。
だそうです。
2017年09月27日 06:51撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だそうです。
竜宮現象、入り口側。
ちょっと汚い。
2017年09月27日 07:02撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮現象、入り口側。
ちょっと汚い。
竜宮現象出口側。
水量が少ないのでいまいち良く判らない。
2017年09月27日 07:06撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮現象出口側。
水量が少ないのでいまいち良く判らない。
池糖が多い。
2017年09月27日 07:15撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池糖が多い。
1
水草がきれい
2017年09月27日 07:15撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水草がきれい
逆さ燧
2017年09月27日 07:41撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆さ燧
至仏山がだいぶ近くなった。結構でかい。
2017年09月27日 07:53撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山がだいぶ近くなった。結構でかい。
至仏山荘。速攻でテントはります。2時間前に撤収したばっかり。
2017年09月27日 08:32撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山荘。速攻でテントはります。2時間前に撤収したばっかり。
サブザックで至仏山に向かいます。
2017年09月27日 08:36撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サブザックで至仏山に向かいます。
蛇紋岩が滑ります。
2017年09月27日 09:03撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇紋岩が滑ります。
森林限界が超える。
2017年09月27日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界が超える。
尾瀬ヶ原全容。
2017年09月27日 09:22撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原全容。
1
山頂。
2017年09月27日 10:32撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。
小至仏、結構かっこいい。
2017年09月27日 11:00撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏、結構かっこいい。
1
小至仏ピーク
2017年09月27日 11:16撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏ピーク
戻ります。
2017年09月27日 11:35撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ります。
鳩待峠に出ました。
2017年09月27日 12:32撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠に出ました。
後は戻るだけなので、飲みます。
4日目は雨のため、写真無し。
2017年09月27日 12:37撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は戻るだけなので、飲みます。
4日目は雨のため、写真無し。
撮影機材:

感想/記録

 今年は忙しく、休むべく休みを全く取れていないこと(夏休みも無かった)、仕事の都合も一息ついたので、5日間休みを貰った。これだけ休みがあれば、どこにでも行けるので、北アルプスの折立を起点とした黒部五郎、雲の平を周遊しようとしたが、折立へのアクセスが困難(9月になるとバスがほとんど無い)なので前から気になっていた尾瀬に行く事とした。

 ガイドブックで検討した結果、アヤメ平、三条の滝、尾瀬ヶ原周遊、燧ヶ岳、至仏山を全て回ることとした(かなり贅沢)。がんばれば3日でいけるが、時間もたっぷりあるので4日間がゆっくり回る事とする。

 バスタ新宿より夜行バスに乗り、戸倉に向かう。バスタ新宿が出来てから初めて来たが、かなり便利になった。以前は駅からのアクセスが判りにくかったが、だいぶ簡単になり、迷わなくなった。但し、かなりの人がバス待ちをしており、かなり混雑していた。

 バスは空いており、2座席分使用出来たが、体勢が決まらず、あまり良く眠むれなかった。

 まだ暗いうちに戸倉に着く。ここからは4:40発の鳩待峠行きまで待つ。

 鳩待峠バスは満席で、でかいザックを抱えて座るのは苦痛であったが、30分ほどで到着したので、何とかなった。

 準備を整えて出発する。今日はアヤメ平を経て、尾瀬沼ヒュッテで露営する予定である。

 斜度のない登山道をゆっくりと高度を上げていく。所々、泥濘が多く、ズボンの裾を汚して不快である。

 しばらくすると視界が開け、横田代に到着する。非常に気持ちの良いところである。至仏山も良く見えた。

 もっと広いアヤメ平を過ぎたころから、溝おち付近の痛みがあり、歩行が困難になったため、鎮痛剤を飲んだ。過去にもこの痛みの経験がある。

 高度を下げ、富士見峠に着く。富士見峠で小休止し、白尾山方面に向かう。

 富士見峠からの登山道はあまり人が入っていないせいか、木道の破損が多く、また熊笹が木道は覆い隠す様に延びており、歩きにくい。更に泥濘が多かった。ズボンの裾汚れが気になったのでスパッツを着けた。すでに結構汚してしまったので、さっさと着ければ良かったと後悔した。

 皿伏山を経て、大清水平の湿原出る。非常にきれいなところで気持ちが良かった。

 大清水平を過ぎると尾瀬沼に出て、尾瀬沼山荘に到着する。目的地の尾瀬沼ヒュッテは目の前であるが、だいぶ疲労したので、小休止した。その後、尾瀬沼ヒュッテに到着し、テントを張った。テン場はデッキなので、平でテントも汚れないし、トイレも水洗で快適だった。体調が思わしくなかったが、ビールを飲んで、寝た。

 2日目。予定ではサブザックで燧ヶ岳をピストンする予定であったが、体調が思わしくないので、燧ヶ岳には向かわず、見晴に向かう。紅葉した湿原を歩き、あっと言う間に見晴に到着する。一番乗りかと思ったが、すでに一張りテントが張られていた。

 サブザックで三条の滝に向かう。木道の湿原を歩き、やがて森林となり、高度を下げていく。歩き安い木道から一転、泥濘と根っこの多い登山道となり、木道からの続きと考えると結構ハードである。

 三条の滝に到着する。滝は大きく、かなりの迫力がある。滝見学用のデッキも良い位置に設置されており、珍しく滝全容が見えた。

 滝を後にして、湿原に戻る。温泉小屋からは木道歩きなのでビールを飲む。まだ時間が早いので尾瀬ヶ原歩きをする。東電小屋からヨッピ橋、竜宮を通り、テントに戻る。ビールを飲んで、食事をした。今日は体調が良いので、明日はテントをデポして燧ヶ岳をピストンしようとしたが、8:30からヘリでの荷揚げがあり、テントを設営不可とのことなので、諦めることとした。

 燧小屋では風呂に入れることなので(シャンプー、石けんは使用不可)、500円で風呂に入り、さっぱりした。

 テントに戻り寝た。

 3日目。今日は山ノ鼻に移動し、至仏山に登る予定とした。テントを片付け、出発する。紅葉した尾瀬ヶ原を縦断する。後方には燧ヶ岳に朝日があたり、前方には至仏山が大きく見えた。2時間ほどで山ノ鼻に到着する。

 2時間前の撤収したテントを張り、サブザックで至仏山に向かう。登山道は蛇紋岩で非常に滑る。この登山道は登り専用であり、下ることは出来ないが、仮に下ることができたとしても、下る気にはなれない。

 結構な急登が続き、山頂に到着する。山頂はかなり賑わっていたので、簡単な行動食をとり、下山を開始する。小至仏を経て鳩待峠に向かう。途中から登山道は木道となり、非常に歩きやすかった。

 鳩待峠に着く。あとは戻るだけなので生ビールを飲んだ。そして速攻でテン場に戻る。まだ時間が早いのでテントを撤収して帰ることが可能であるが、せっかくなので泊まることとした。

 ここのテン場はから下山口まで1時間程度なので泊まる人は少ない。ハイカーが沢山通り、テントが珍しいのか、結構ジロジロ見られるので、不快だった。またもやビールを飲んで食事をした。ここも風呂に入れるので風呂に入ってさっぱりした。

 夜になると雨が降ってきた。雨は更に強くなり、テントを激しく叩いた。テントのグランドシート下に雨水が入ったせいか、テント室内からグランドシートを触るとブヨブヨとしていた。完全にテントを設営する場所を誤った。テントを設営する際、水たまりの様子があったが「まあいいか」と妥協してしまったのが失敗である。

 夜中も雨は振り続き、雨音とテント浸水が心配でほとんど眠れなかった。

 朝になっても雨は振っていた。小降りになるタイミングを見計らい、テントを撤収し、帰路についた。鳩待峠には7時前に到着したが、バスは無く、しばらく待った。戸倉でも温泉開館時間まで時間があり、待つこととなった。戸倉の温泉はぬるぬるとした質感で良い温泉だった。更に500円と良心的。
訪問者数:114人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ