また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1266173 全員に公開 ハイキング京都・北摂

明神ヶ岳から小塩山、大暑山へ

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き JR 二条駅から亀岡駅
   京阪バス 亀岡駅から桧谷公園駅
帰り 市バス 西竹の里町から阪急桂駅
   阪急電車 桂駅から河原町駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間6分
休憩
9分
合計
6時間15分
Sスタート地点08:0009:26明神ヶ岳09:2710:48中畑回転場11:52小塩山12:37府道出合13:00大暑山13:0814:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
明神ヶ岳への谷沿いの林道終点から道は怪しかったので予定と違うコースを取った。小塩山へ外畑からの道も最初は廃道状態だった。いくつかの標高点を訪問したので余りお勧め出来ないコースを含んでいます。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

亀岡駅から桧谷公園までバスに乗った。住宅街を抜け谷沿いの道に入るとこんな案内が。ここは巡礼古道らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀岡駅から桧谷公園までバスに乗った。住宅街を抜け谷沿いの道に入るとこんな案内が。ここは巡礼古道らしい。
2
最初に見たアケビはまだ固かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に見たアケビはまだ固かった。
2
車の通らない道路だと思って歩いていると、何か作業だろうか7,8台の軽トラがつるんで走ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車の通らない道路だと思って歩いていると、何か作業だろうか7,8台の軽トラがつるんで走ってきた。
今日通ろうと思っていた林道のゲートを開けてトラックは入っていった。先の方で草刈りをしていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日通ろうと思っていた林道のゲートを開けてトラックは入っていった。先の方で草刈りをしていた。
やっと割れかけたアケビ。食べてみると随分甘かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと割れかけたアケビ。食べてみると随分甘かった。
3
すぐ近くにムベも実を付けていた。滋賀県ではよく見かけるがこんな所では初めて見た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ近くにムベも実を付けていた。滋賀県ではよく見かけるがこんな所では初めて見た。
1
林道終点。先に僅かな踏み跡が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点。先に僅かな踏み跡が続く。
朝の日差しが一寸幻想的。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の日差しが一寸幻想的。
2
道がある様な無い様な?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道がある様な無い様な?
2
とうとう踏み跡は無くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう踏み跡は無くなった。
1
仕方なく斜面を登って行くと樒が実を付けていた。毒なので触らぬ神に祟り無しだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方なく斜面を登って行くと樒が実を付けていた。毒なので触らぬ神に祟り無しだろう。
1
適当に登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に登って行く。
1
古いトラバースの道がありそれを辿る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古いトラバースの道がありそれを辿る。
1
良い感じで続いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じで続いていた。
明神ヶ岳へ続く尾根に来るとしっかりした道があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳へ続く尾根に来るとしっかりした道があった。
1
ピークに登り着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークに登り着いた。
1
明神ヶ岳の三等三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳の三等三角点
2
尾根上の案内板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の案内板。
案内標識は高槻市ハイキング協議会のものだった。さすればここは大阪なんだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内標識は高槻市ハイキング協議会のものだった。さすればここは大阪なんだ。
2
何故か梯子のある枯れ木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故か梯子のある枯れ木。
P507標高点は尾根上の通過点だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P507標高点は尾根上の通過点だった。
標識をやり過ごして鉄塔まで行くと見晴らしが良かった。亀岡市街がよく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識をやり過ごして鉄塔まで行くと見晴らしが良かった。亀岡市街がよく見える。
2
藪に入るとマムシがお出迎え。逃げ出したので木の枝で頭をツンツンすると別に怒りもせずじっとしていたので記念写真を撮った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪に入るとマムシがお出迎え。逃げ出したので木の枝で頭をツンツンすると別に怒りもせずじっとしていたので記念写真を撮った。
3
一寸迷走したがP518への尾根道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一寸迷走したがP518への尾根道に入る。
何のことは無い先程の登山道と合流した。さっき入った尾根道は全く意味が無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何のことは無い先程の登山道と合流した。さっき入った尾根道は全く意味が無かった。
亀岡市街の見晴らし台方面を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀岡市街の見晴らし台方面を振り返る。
P518ピーク辺り。ここには何の表示も無かった。ただリボンがヒラヒラしているだけだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P518ピーク辺り。ここには何の表示も無かった。ただリボンがヒラヒラしているだけだった。
1
ピークから適当に道路に降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークから適当に道路に降りる。
バスが停まっていた。何だろうと思えばここは高槻市営バスの終点だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスが停まっていた。何だろうと思えばここは高槻市営バスの終点だった。
1
外畑に向かい峠を越える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外畑に向かい峠を越える。
1
そうなんだこの道は大原野森林公園への道なんだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうなんだこの道は大原野森林公園への道なんだ。
1
西京都変電所を間近に望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西京都変電所を間近に望む。
1
小塩山の取り付きが解りにくく少し行き過ぎて引き返す。最初は植林の中を登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小塩山の取り付きが解りにくく少し行き過ぎて引き返す。最初は植林の中を登って行く。
自然林になると間違いようのない尾根道になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林になると間違いようのない尾根道になる。
1
グミの仲間の花(ナワシログミ?)。写真を撮る時、気付かなかった蛙まで撮れてしまった。この木の実は熟れてもかなり渋くて食用にはならない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グミの仲間の花(ナワシログミ?)。写真を撮る時、気付かなかった蛙まで撮れてしまった。この木の実は熟れてもかなり渋くて食用にはならない。
2
道はやがて合流した巡視路と一緒になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はやがて合流した巡視路と一緒になる。
こんな所にも太陽光発電所がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所にも太陽光発電所がある。
地図上の道よりはっきりしたトラバース道を辿る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図上の道よりはっきりしたトラバース道を辿る。
1
反射板に出た。フェンスで近付けず何かは不明だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板に出た。フェンスで近付けず何かは不明だった。
表示のある頂上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表示のある頂上。
3
表示の場所は御陵の裏側になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表示の場所は御陵の裏側になる。
もう一つの頂上。放送設備のある東側のピーク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つの頂上。放送設備のある東側のピーク。
1
東のピークはこの表示が正しい標高なんだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東のピークはこの表示が正しい標高なんだろう。
道路脇のここから下山にかかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路脇のここから下山にかかる。
下山道。しかし一つ目を降りて一旦道路に入る。そしてP604にも寄ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道。しかし一つ目を降りて一旦道路に入る。そしてP604にも寄ってみる。
ここで今日初めてのこの標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで今日初めてのこの標識。
3
標識のあるピーク辺り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識のあるピーク辺り。
1
道路からはこの看板の辺りから降りた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路からはこの看板の辺りから降りた。
大暑山目指して道路を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大暑山目指して道路を進む。
この分岐から左の道に行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐から左の道に行く。
そこにはちゃんと標識もあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこにはちゃんと標識もあった。
1
三等三角点のあるピーク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点のあるピーク。
3
少し引き返してここから下山する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し引き返してここから下山する。
南春日町バス停への案内。しかし行き着かず別のバス停から帰る羽目になった。あ〜あ、町歩きはからっきし駄目だな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南春日町バス停への案内。しかし行き着かず別のバス停から帰る羽目になった。あ〜あ、町歩きはからっきし駄目だな。
途中、見晴らしの良い所から京都市内越しに比叡山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、見晴らしの良い所から京都市内越しに比叡山を望む。
1

感想/記録
by yjin

亀岡から北には良く行くが南には行った事が無い。たまには南を攻めてみるかと明神ヶ岳に初めて行ってみる。ついでに秋の味覚も味わえたら。
秋の花は殆どお目に掛からなかったが、少しばかりの栗も頂いたしアケビもナツハゼの実も味わった。目星を付けた標高点も行けたし、たほぼ予定通り歩く事が出来た。先ずは秋の1日有意義に過ごせたかな?
訪問者数:133人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ