また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1266206 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山で雲を撮る 鷹ノ巣山〜七ツ石山〜雲取山〜芋ノ木ドッケ〜長沢山〜酉谷山〜天目山

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ 頂上は雲の中
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日原駐車場 500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
芋ノ木ドッケ周辺は道が不明瞭なところが多いです。要GPS。
先週の台風の影響か倒木、落枝が多いです。
その他おおむね良好。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

稲村岩が見えますよ。
スタート!
2017年09月24日 05:32撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村岩が見えますよ。
スタート!
2
ここからドロップIN。
2017年09月24日 05:32撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからドロップIN。
1
マジですか。
稲村岩一度だけ登りましたが本日もスルー。
2017年09月24日 06:04撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マジですか。
稲村岩一度だけ登りましたが本日もスルー。
2
根こそぎ倒れてもなお葉が茂る逞しさ。
2017年09月24日 06:40撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根こそぎ倒れてもなお葉が茂る逞しさ。
ヒルメシクイノタワにつながるVRがあるようです。
2017年09月24日 06:58撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒルメシクイノタワにつながるVRがあるようです。
2
鷹ノ巣山。
2017年09月24日 07:16撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山。
2
雲の中です。
2017年09月24日 07:54撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中です。
七ツ石山。
こちらも雲の中。
2017年09月24日 08:14撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山。
こちらも雲の中。
2
ようーダンシングツリー。
雲の中、くねってるね!
2017年09月24日 08:26撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようーダンシングツリー。
雲の中、くねってるね!
3
ここにありますよ、小雲取山山頂。
2017年09月24日 08:51撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにありますよ、小雲取山山頂。
2
雲取山。
見えるのは山頂標と雲だけ。
雲取山で雲を撮る。
本日のミッションコンプリート。
2017年09月24日 09:02撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山。
見えるのは山頂標と雲だけ。
雲取山で雲を撮る。
本日のミッションコンプリート。
3
さすがの人気。
ここまでは人いっぱい。
2017年09月24日 09:03撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがの人気。
ここまでは人いっぱい。
3
雲取山荘。
ちょこっと晴れ間も。
2017年09月24日 09:15撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘。
ちょこっと晴れ間も。
暑くもなく、あまり水は消費していませんが、飲まねば!
2017年09月24日 09:15撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑くもなく、あまり水は消費していませんが、飲まねば!
2
芋ノ木ドッケ。
ここまでの登り返しが結構ハードなのです。
反対回りでここからの下り、結構道間違いおおいのでご注意を。
2017年09月24日 09:55撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケ。
ここまでの登り返しが結構ハードなのです。
反対回りでここからの下り、結構道間違いおおいのでご注意を。
まったく気配に気づかず、こんな間近にいました!
鹿は人に慣れすぎで平気な顔して喰ってます。
こっちがビビったよ!
2017年09月24日 09:59撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まったく気配に気づかず、こんな間近にいました!
鹿は人に慣れすぎで平気な顔して喰ってます。
こっちがビビったよ!
4
分かっていても打てない佐々木のフォークなみに、
分かっていても、滑る根っこゾーン。
2度見事に尻もち。
2017年09月24日 10:18撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かっていても打てない佐々木のフォークなみに、
分かっていても、滑る根っこゾーン。
2度見事に尻もち。
2
コケ好きにはたまらないであろう。
2017年09月24日 11:03撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケ好きにはたまらないであろう。
1
長沢背稜も雲の中。
2017年09月24日 11:23撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背稜も雲の中。
1
酉谷山。
2017年09月24日 12:02撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山。
1
ここから熊倉山へのルートですが・・・。
なるほど、一度行ってしまいましたが、控えた方がよさそうです。
自己責任という無責任にならないように。
2017年09月24日 12:03撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから熊倉山へのルートですが・・・。
なるほど、一度行ってしまいましたが、控えた方がよさそうです。
自己責任という無責任にならないように。
2
なにげにビビりながら渡る橋。
2017年09月24日 12:18撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにげにビビりながら渡る橋。
2
このコースのビューポイント、ハナド岩ですが・・・
2017年09月24日 12:58撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースのビューポイント、ハナド岩ですが・・・
石尾根には雲。
今日は低山のほうが良かったかも。
2017年09月24日 12:58撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根には雲。
今日は低山のほうが良かったかも。
2
天目山もこの通り。
2017年09月24日 13:13撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山もこの通り。
1
何度見ても人の顔、一杯水避難小屋。
2017年09月24日 13:24撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見ても人の顔、一杯水避難小屋。
1
2年ぶりのダウンヒル。
このヨコスズ尾根、熊の情報が多くって敬遠してましたけど大丈夫でした。
2017年09月24日 13:51撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年ぶりのダウンヒル。
このヨコスズ尾根、熊の情報が多くって敬遠してましたけど大丈夫でした。
1
このコースといったら、これ。
名前はまだない。
2017年09月24日 13:51撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースといったら、これ。
名前はまだない。
4
駐車場に戻ってきました。
稲村岩がお出迎え。
ゴール!

車での帰路、川苔山登山口あたり?
山の中で事故なのか、救急車とか消防車とかパトカーとか、いっぱいサイレン鳴らして向かっていました。
大事でなければよいですが。
2017年09月24日 14:13撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきました。
稲村岩がお出迎え。
ゴール!

車での帰路、川苔山登山口あたり?
山の中で事故なのか、救急車とか消防車とかパトカーとか、いっぱいサイレン鳴らして向かっていました。
大事でなければよいですが。
2

感想/記録

およそ二年ぶりのお気に入り周遊コース。
天気予報は曇り。
どうせ山頂は雲の上でしょ、とばかり意気込んで稲村尾根へ。
まんまと、頂上付近は全部雲の中でした。
たまに日が差すものの、せっかくの眺望も今日は全部おあずけです。
ということで、雲取山で雲を撮ってミッションコンプリート。
写真も少なく、もくもくと周遊といった感じでした。
雲取山付近では昨日からの小屋泊、テント泊の方々でにぎわっていましたが、長沢背稜に入ると、数名しかお会いしませんでした。
この天気では、ま、当然です。
熊情報が多かったヨコスズ尾根、敬遠していましたが今日は大丈夫でした。
今日は低山日和だったかもしれませんね。
それでもお気に入りコースを十分満喫です。
訪問者数:372人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/2
投稿数: 507
2017/9/24 18:59
 名前はあります。(笑)
このコースを日帰りですか。
凄いですね。
稲村岩では一人、天目山では二人滑落死していますが、最近また稲村岩で滑落死があったのでしょうか。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=770900&pid=37b7fb08c83413599d95e9401823678e
登録日: 2014/4/26
投稿数: 43
2017/9/24 20:53
 Re: 名前はあります。(笑)
コメントありがとうございます。

「青春の蹉跌をした杉。または若木の至り。」なるほどー。

稲村岩の張り紙には2016年...とあったような記憶です。
以前、一度登りましたが、確かに一般的な登山道ではなかったような気がします。
特に、雨上がり岩場で滑った記憶があります。
登録日: 2014/4/2
投稿数: 507
2017/9/24 23:02
 百尋ノ滝で
残念ながら百尋ノ滝付近で70歳代の方が滑落してなくられたようです。
わたくしは歩いたことがありませんが、そこでは何人もの方が滑落でなくられていますね。
奥多摩も転んだら取り返しのつかないところがあるのですね。
気をつけねば。
登録日: 2014/4/26
投稿数: 43
2017/9/25 9:11
 Re: 百尋ノ滝で
コメントありがとうございます。
そうだったのですね。残念です。
3000mの山でも300mの山でも、10m落ちることには変わりないです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント GPS 避難小屋 倒木 テン タワ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ