ヤマレコ

記録ID: 1266234 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳、摩利支天

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
前日 バスタ新宿発 7:55(高速バス甲府線、2,000円)甲府駅着 11:58(渋滞で2時間延着)、発12:05(山梨交通、2,050円)広河原着 14:00、発15:00(南アルプス市営バス、750円)北沢峠着 15:25、「こもれび山荘」着
当日 北沢峠発 13:10 広河原着 13:35、発 14:00 甲府駅着 16:00、発17:26
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間16分
休憩
54分
合計
8時間10分
S北沢峠04:5206:24双児山南峰06:29双児山06:3407:17駒津峰07:2007:45六方石08:36駒ヶ岳神社本宮08:36甲斐駒ヶ岳08:5808:58駒ヶ岳神社本宮09:20摩利支天09:2509:55六方石10:21駒津峰10:3011:35仙水峠11:3812:10仙水小屋12:37長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)12:4012:44仙丈ヶ岳二合目登山口12:58北沢峠 こもれび山荘13:0213:02北沢峠バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂への直登コース、混んでいるときは避けた方が良いかもしれない。渋滞して巻道より大幅に遅れているようだった。
その他周辺情報こもれび山荘 評判どおり過ごしやすい。電気は来てるし、ガス湯沸器備え、1階は仕切りカーテン付、そして何より予約制、素泊り5,500円。

写真

こもれび山荘、1階はカーテンで仕切れる。
2017年09月23日 15:40撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こもれび山荘、1階はカーテンで仕切れる。
7
4:43、こもれび山荘発。
2017年09月24日 04:43撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:43、こもれび山荘発。
2
北沢峠。迷ったが双児山経由で登ることにした。
2017年09月24日 04:44撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠。迷ったが双児山経由で登ることにした。
3
小鳥第一声。夜明けの実感無いが、ヘッデンは不要になった。
2017年09月24日 05:37撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小鳥第一声。夜明けの実感無いが、ヘッデンは不要になった。
2
6:25頃稜線に出た。
2017年09月24日 06:29撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:25頃稜線に出た。
2
双児山到達。四合目だそうだ。
2017年09月24日 06:32撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双児山到達。四合目だそうだ。
3
青空が見えてきた。
2017年09月24日 06:33撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が見えてきた。
4
鋸岳に陽が当たる。
2017年09月24日 06:35撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳に陽が当たる。
5
駒津峰への急登。
2017年09月24日 06:51撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰への急登。
2
雲海に浮かぶ中央アルプス、御岳山。
2017年09月24日 06:58撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ中央アルプス、御岳山。
6
振り返れば仙丈ヶ岳。
2017年09月24日 07:10撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば仙丈ヶ岳。
5
きたせん。
2017年09月24日 07:10撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きたせん。
6
駒ヶ岳現わる。
2017年09月24日 07:12撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳現わる。
7
六合目、駒津峰に到達。出発後2時間半経過。
2017年09月24日 07:17撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目、駒津峰に到達。出発後2時間半経過。
3
北岳、間ノ岳、そして鳳凰三山の向こうに富士山。
2017年09月24日 07:18撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳、そして鳳凰三山の向こうに富士山。
5
鋸岳の向こう、乗鞍岳、御岳山。
2017年09月24日 07:26撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳の向こう、乗鞍岳、御岳山。
7
鋸岳、呼んでいるのですか。
2017年09月24日 07:31撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳、呼んでいるのですか。
7
一旦下って登り返す。
2017年09月24日 07:33撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下って登り返す。
6
鳳凰三山。
2017年09月24日 07:42撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山。
6
八合目通過。
2017年09月24日 07:45撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目通過。
2
巻道といえども道は険しい。
2017年09月24日 07:53撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道といえども道は険しい。
4
駒津峰と仙丈ヶ岳を振り返る。稜線に多くの登山者の姿。
2017年09月24日 07:59撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰と仙丈ヶ岳を振り返る。稜線に多くの登山者の姿。
5
分岐から摩利支天を望む。
2017年09月24日 08:05撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から摩利支天を望む。
4
山頂が見えてきた。
2017年09月24日 08:15撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきた。
4
山頂直下。このあたり厳しい。
2017年09月24日 08:21撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。このあたり厳しい。
4
秋空高く。
2017年09月24日 08:35撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋空高く。
8
8:36、甲斐駒ケ岳山頂に到達。
2017年09月24日 08:36撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:36、甲斐駒ケ岳山頂に到達。
7
仙丈ヶ岳が微笑む。
2017年09月24日 08:36撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳が微笑む。
8
鳳凰三山、雲海の向こうに富士山。
2017年09月24日 08:37撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山、雲海の向こうに富士山。
7
黒戸尾根の頂点、西峰を望む。
2017年09月24日 08:42撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒戸尾根の頂点、西峰を望む。
5
快晴に感謝。
2017年09月24日 08:44撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴に感謝。
4
雲海が美しい。
2017年09月24日 08:50撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が美しい。
3
北岳、間ノ岳。
2017年09月24日 08:50撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳。
6
9:22、標高2,820m、摩利支天に到達。誰もいない。ここでゆっくり休めば良かった。
2017年09月24日 09:22撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:22、標高2,820m、摩利支天に到達。誰もいない。ここでゆっくり休めば良かった。
4
摩利支天から鳳凰三山、富士山、北岳方面。
2017年09月24日 09:23撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天から鳳凰三山、富士山、北岳方面。
7
摩利支天から望む甲斐駒ヶ岳。
2017年09月24日 09:24撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天から望む甲斐駒ヶ岳。
6
駒津峰直前、名残惜しく振り返る。威風堂々たるその姿。
2017年09月24日 10:12撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰直前、名残惜しく振り返る。威風堂々たるその姿。
9
駒津峰に戻る。ここからは仙水峠経由で下山する。
2017年09月24日 10:21撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰に戻る。ここからは仙水峠経由で下山する。
5

感想/記録

 新宿から甲府まで4時間、中央道の渋滞は思いのほか激しかった。車中、次の便に乗って広河原から3時間歩く、諦めて甲府に前泊し翌日、雨乞岳に登る、悲しいほど代替案が浮かんできた。結局、甲府駅には11時58分着、1番乗り場には、多くの登山者が12時5分発の広河原行きバスを待ちわびていた。奇跡的な乗り換え、しかも24人目の乗車、着席もできた。翌日の多少の困難は乗り切れる、そう思った。
 広河原で1時間の待ち合わせ。インフォメーションセンターには、連休の喧騒とは程遠い、のどかな時間が流れていた。そして、こもれび山荘へは午後3時25分の到着。受付を済ましたのち、1階の、カーテンで仕切ることのできる空間に通された。8月初めの予約の際、「できれば…」の要望に応えてくれた。嬉しくなって、外のテラスで早々にカップ麺、コーヒーを食す。爽やかな風が心地よかった。
 翌朝、4時には食堂の照明が点灯、多くの人が朝食(弁当と味噌汁)と支度を整え始めた。素泊まりの私は、テラスでスコーンとコーヒー。不要の荷物を置き、5時前に出発した。もう夜明け前の登山道には慣れてしまった。頼りない灯りでも、ペースを保ち、支障なく進める。小鳥の囀り第一声が聞こえた。厚い雲の下、樹林帯の中、いつ夜明けが訪れたのかわからないところだった。
 出発から1時間弱、ようやく呼吸が整った。樹間から覗く青空に微かな期待を抱く。稜線に出てから間もなく双児山に到達、静かな時間を味わう。先行者も後続も無く、なぜか小鳥の囀りも聞こえなかった。やがて左手に、朝陽を浴びて輝く鋸岳。目前には駒津峰への急登が迫っていた。
 振り返れば仙丈ヶ岳、遠く目を凝らせば中央アルプス、御岳山が雲海に浮かぶ。すでに雲上、空が高い。駒津峰の頂を前にして、駒ヶ岳がその威風堂々たる姿を現した。それは逆光ゆえ、より一層迫力を増していた。7時17分、コースタイム9掛けの時間どおりに到着した。北岳、間ノ岳そして鳳凰三山の向こうに富士山がいる。仙水峠から上がって来た登山者の姿を見て、連休の山にいることを思い出した。
 岩場を急降下してゆく。鞍部から見上げるその姿に心惹かれた。直登コースを選ばず、巻道を進む。摩利支天が近づく。ザレた道を慎重に進み、ふと見上げれば山頂が捉えられる。久しぶりに山で見る一面の青空。直下の疲労が吹き飛ぶ。
 午前8時36分、美しき山の頂に到達、あまりにも出来すぎた眺望に息を呑む。雲海が山々を引き立たせていた。いつまでもそこに居たかったが、第二の目的地に向かう時間が訪れた。
 摩利支天の往復は、予想以上に厳しく感じた。直下の岩場も何故か駒ヶ岳のそれよりも険しく思えた(ルートを外していたらしい)。そして山頂には信仰の山らしき情景が広がっていた。うまく言えないが、そこには周囲と異なる空気が在ったのだ。独り、少しだけ近づいた富士山を眺め、ここにいることに感謝した。
 駆け下り、登山道に復帰する。多くの人々とすれ違いながら駒津峰を目指す。その直前、振り返り、その雄姿を目に焼き付けた。また来たい、珍しくそう思った。
 駒津峰からは仙水峠への道を進む。程なくして木々に囲まれた。長い下山の開始、ひどく疲労を感じていた。無理をした訳ではないのに足元が覚束無い。情けなく思いながらゆっくり慎重に下りた。それでも一度足を滑らせた。
 仙水峠に着く頃に、山頂からの下山途中ですれ違った二人の女性が追いついた。よく考えれば、私が摩利支天の往復に時間を費やしたためだが、そのときは、そこまで遅い歩みなのかと少しだけショックを覚えた。私にとっては歩きやすいゴーロを進むも、歩は速まらず、気が急いてばかりいた。
 仙水小屋の立入り禁止ロープを横目に見る頃、彼女たちは難なく追い越して行った。沢沿いの道を無心で下る。色とりどりのテントが目に映り、長衛小屋に着いた。ペットボトルの炭酸から目を逸らせずに小屋の戸を開く。思いきり顔を上げ、一気に流し込んだ。青空が眩しかった。
訪問者数:246人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 603
2017/9/26 13:28
 稜線に出ればお山が見える世界
kimichin2様

こんにちは。

バスの乗り継ぎがうまくいって本当によかったです。
お宿も御希望がかなって、落ち着いた時間を過ごされたのかなあと少し安心しました。

稜線に出れば、お山が見える世界!!
「駒ヶ岳現わる」、太陽のスポットライトが演出してくれています。
映画のフィルムの一コマ一コマが映し出される中を一歩一歩進まれていらっしゃるような、そんな感じがしました。
雲海の向こうの富士山のお写真、「うわあー、いいなあ」と思わず叫んでしまいました。

青空のまぶしさは、夏の余韻でしょうか。

本当におつかれさまでした。

変わりやすい気候の折、くれぐれもお身体には充分お気をつけください。
登録日: 2013/9/19
投稿数: 90
2017/9/26 19:39
 Re: 稜線に出ればお山が見える世界
reochi19様
 こんばんは。
 久々に再訪したい山に巡り会えました。
 美しく堂々たる山容に魅かれますが、登ってみてその良さを十分に理解できました。
 駒ヶ岳以上に強い感銘を受けたのが摩利支天です。
 これまで登ったどの山よりも気高く、俗世にまみれない崇高さを感じました。
 予定どおりのアプローチを何とか達成できたこと、この上ない天候に恵まれたこと、
 かろうじて無事に下山できたこと、様々な感謝でいっぱいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ