ヤマレコ

記録ID: 1267010 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

七ツ小屋山〜大源太山(紅葉シーズン開始!)

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅0405⇒登山口駐車場0650(2.45 途中休憩)
駒子ノ湯1600⇒自宅2025(4.25 途中休憩や食事)
行き 渋滞なし
帰り 30kmの大渋滞で本庄児玉〜嵐山小川は下道
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

登山口駐車場  0705
渡渉地点    0715    0.10
シシゴヤノ頭  0850/0905 1.35 1.45
七ツ小屋山   1030/1055 1.25 3.10
大源太山    1155/1200 1.00 4.10
大源太頂上直下 1205/1235 0.05 4.15
奥の渡渉地点  1340    1.05 5.20
登山口駐車場  1410    0.30 5.50
その他周辺情報温泉:駒子ノ湯 \500
   http://yuzawaonsen.com/02koma.html

装備

個人装備 デイパック 帽子 手袋 軽登山靴 ストック サングラス ペットボトル(0.5L×2 水0.5L) 昼食(行動食) ガスコンロ シェラカップ コップ スマフォ(地図&GPS) カメラ 以下不使用 ソフトシェル 雨具 モバイルバッテリー 携帯電話 5万図 磁石 ヘッデン ツェルト

写真

おニューの靴デビューです。
低山ハイキング用にコロンビアのメテオ ミッド オムニテックを購入。今日のコースには役不足かも知れませんが、早く履いてみたいので持ってきました。
2017年09月24日 06:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おニューの靴デビューです。
低山ハイキング用にコロンビアのメテオ ミッド オムニテックを購入。今日のコースには役不足かも知れませんが、早く履いてみたいので持ってきました。
10
大源太山登山口の駐車場から出発。
2017年09月24日 07:03撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山登山口の駐車場から出発。
1
登山届けのポストあります。
2017年09月24日 07:03撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届けのポストあります。
1
第一の渡渉地点。
ここでまさかのドボン(>_<)
靴が新品のためなのか、元々滑りやすいソールなのか???
出発10分後に靴の中がぐしょ濡れになるとは orz
2017年09月24日 07:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一の渡渉地点。
ここでまさかのドボン(>_<)
靴が新品のためなのか、元々滑りやすいソールなのか???
出発10分後に靴の中がぐしょ濡れになるとは orz
11
靴下絞って進みます(涙)。
4年ぶりの大源太山。今日はここを右に進み、シシゴヤノ頭〜七ツ小屋山の周回で行きます。
2017年09月24日 07:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靴下絞って進みます(涙)。
4年ぶりの大源太山。今日はここを右に進み、シシゴヤノ頭〜七ツ小屋山の周回で行きます。
2
出てきたばかりのキノコ?
2017年09月24日 07:24撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出てきたばかりのキノコ?
2
急斜面をトラバースしながら登っていきます。
2017年09月24日 08:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面をトラバースしながら登っていきます。
1
ミヤマダイモンジソウ?
2017年09月24日 08:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイモンジソウ?
5
シシゴヤノ頭は1473m。右手側の尾根の1400mピークを目安に登っていきます。
2017年09月24日 08:21撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシゴヤノ頭は1473m。右手側の尾根の1400mピークを目安に登っていきます。
2
少し色付き始めている。
2017年09月24日 08:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し色付き始めている。
2
良い天気。
2017年09月24日 08:37撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気。
4
シシゴヤノ頭に到着!
谷川稜線がズラリ。
2017年09月24日 08:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシゴヤノ頭に到着!
谷川稜線がズラリ。
7
大源太山はここでドーンと登場!
上越のマッターホルンとも呼ばれます。
2017年09月24日 08:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山はここでドーンと登場!
上越のマッターホルンとも呼ばれます。
19
かっこいい万太郎山。
2017年09月24日 08:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっこいい万太郎山。
9
積雪期限定の日白山。来シーズンも行きたい。
2017年09月24日 08:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪期限定の日白山。来シーズンも行きたい。
1
巻機山、頂上付近は色付いていますね。
では先へ進みます。
2017年09月24日 09:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻機山、頂上付近は色付いていますね。
では先へ進みます。
2
少し進み、振り返ってシシゴヤノ頭。枯れている葉っぱが目立つ。
今回、カメラも新調しております。こちらまずこれまで使っていたPentax Q7、01レンズで。
2017年09月24日 09:09撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進み、振り返ってシシゴヤノ頭。枯れている葉っぱが目立つ。
今回、カメラも新調しております。こちらまずこれまで使っていたPentax Q7、01レンズで。
5
そしてこちらがおニューのSONY HX90V。35mm換算24mm〜720mm(全画素超解像ズームで1920mm)の驚異的な超望遠コンパクト、しかもEVF付き。
2017年09月24日 09:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこちらがおニューのSONY HX90V。35mm換算24mm〜720mm(全画素超解像ズームで1920mm)の驚異的な超望遠コンパクト、しかもEVF付き。
3
主稜線への気持ちの良い尾根道。
こちらQ7。
2017年09月24日 09:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線への気持ちの良い尾根道。
こちらQ7。
3
HX90V。随分発色が違います。(ホワイトバランスはオート)
2017年09月24日 09:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
HX90V。随分発色が違います。(ホワイトバランスはオート)
1
これを登ると主稜線。
こちらQ7、Pentaxは青空が綺麗。
2017年09月24日 09:35撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを登ると主稜線。
こちらQ7、Pentaxは青空が綺麗。
1
HX90V。ヒストグラムは省略しますが、青が飽和してます。撮像素子が1/1.7"のQ7に対して、HX90Vは反射型とはいえやはり1/2.3"なり。露出には注意しないと。
逆に小さいからこその小型超望遠を活用するとしよう。
2017年09月24日 09:36撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
HX90V。ヒストグラムは省略しますが、青が飽和してます。撮像素子が1/1.7"のQ7に対して、HX90Vは反射型とはいえやはり1/2.3"なり。露出には注意しないと。
逆に小さいからこその小型超望遠を活用するとしよう。
2
主稜線に出ました。
2017年09月24日 09:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線に出ました。
5
蓬峠方面の笹原をズーム。
35mm換算232mm相当。Q7では06レンズで207mmまででした。
2017年09月24日 09:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬峠方面の笹原をズーム。
35mm換算232mm相当。Q7では06レンズで207mmまででした。
7
七ツ小屋山までの気持ちの良い尾根道。
2017年09月24日 09:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山までの気持ちの良い尾根道。
3
振り返って蓬峠方面。
2017年09月24日 09:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って蓬峠方面。
3
コゴメグサ
2017年09月24日 10:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コゴメグサ
1
朝日岳。
2017年09月24日 10:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳。
1
朝日岳頂上アップ、35mm換算556mm相当。
この辺りの紅葉はなかなか。
(+側露出補正入れたままになっていてこれも青が飽和)
2017年09月24日 10:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳頂上アップ、35mm換算556mm相当。
この辺りの紅葉はなかなか。
(+側露出補正入れたままになっていてこれも青が飽和)
8
七ツ小屋山。
(これも+側露出補正入れたままだった)
2017年09月24日 10:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山。
(これも+側露出補正入れたままだった)
8
途中の湿原。
2017年09月24日 10:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の湿原。
1
紅葉をアップで。
2017年09月24日 10:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉をアップで。
1
紅葉をアップで(366mm相当)
2017年09月24日 10:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉をアップで(366mm相当)
1
紅葉をアップで。
やはり望遠が効くのは良いですね。
2017年09月24日 10:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉をアップで。
やはり望遠が効くのは良いですね。
4
七ツ小屋山頂上に到着!
2017年09月24日 10:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山頂上に到着!
1
では七ツ小屋山頂上からの展望を。
まずはこれから向かう大源太山。
2017年09月24日 10:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では七ツ小屋山頂上からの展望を。
まずはこれから向かう大源太山。
5
振り返って谷川岳稜線。
左から谷川岳〜一ノ倉岳〜茂倉岳〜武能岳、奥に万太郎山〜仙ノ倉山〜平標山。
2017年09月24日 10:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って谷川岳稜線。
左から谷川岳〜一ノ倉岳〜茂倉岳〜武能岳、奥に万太郎山〜仙ノ倉山〜平標山。
6
途中通った湿原をズーム。
2017年09月24日 10:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中通った湿原をズーム。
3
GWに歩いたルートを右から。
白毛門→笠ヶ岳→朝日岳→ジャンクションピーク
2017年09月24日 10:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GWに歩いたルートを右から。
白毛門→笠ヶ岳→朝日岳→ジャンクションピーク
2
続き
右から大烏帽子岳→檜倉岳→柄沢岳
2017年09月24日 10:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続き
右から大烏帽子岳→檜倉岳→柄沢岳
1
続き
右から柄沢岳→米子頭山→巻機山
2017年09月24日 10:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続き
右から柄沢岳→米子頭山→巻機山
1
GWテン泊した檜倉山を最大ズーム。さすがに誰も見当たりません。奥は平ヶ岳。
2017年09月24日 10:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GWテン泊した檜倉山を最大ズーム。さすがに誰も見当たりません。奥は平ヶ岳。
2
再び大源太山。
2017年09月24日 10:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び大源太山。
6
大源太山の頂上をHX90Vで最大ズーム(1920mm相当)。なんと頂上の人が判別できそう
2017年09月24日 10:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山の頂上をHX90Vで最大ズーム(1920mm相当)。なんと頂上の人が判別できそう
5
七ツ小屋山は1986,89年以来3回目です。
2017年09月24日 10:55撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山は1986,89年以来3回目です。
1
では大源太山へ向かいます。
こちらは清水峠へ向かう道。
今日は馬蹄形縦走日和ですね。
2017年09月24日 10:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では大源太山へ向かいます。
こちらは清水峠へ向かう道。
今日は馬蹄形縦走日和ですね。
3
大源太山はここで左へ。
2017年09月24日 11:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山はここで左へ。
3
振り返って七ツ小屋山頂上。
2017年09月24日 11:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って七ツ小屋山頂上。
4
頂上西側の斜面がいい感じに紅葉しています。
2017年09月24日 11:03撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上西側の斜面がいい感じに紅葉しています。
4
紅葉と大源太山。
一旦200mほど下降します。
2017年09月24日 11:07撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と大源太山。
一旦200mほど下降します。
11
七ツ小屋山の笹原と紅葉。
2017年09月24日 11:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山の笹原と紅葉。
1
ナナカマド
2017年09月24日 11:24撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド
10
最低鞍部から大源太山。120m登り。
2017年09月24日 11:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低鞍部から大源太山。120m登り。
6
頂上直下に鎖場が数ヶ所あります。
2017年09月24日 11:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下に鎖場が数ヶ所あります。
3
鎖場
2017年09月24日 11:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場
3
鎖場を越えると頂上もすぐ。右側が切れ落ちているので注意。
2017年09月24日 11:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を越えると頂上もすぐ。右側が切れ落ちているので注意。
6
大源太山に到着!
2017年09月24日 11:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山に到着!
7
歩いてきた七ツ小屋山。
2017年09月24日 11:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた七ツ小屋山。
5
七ツ小屋山アップで。
ギザギザのトレースと斜面のトラバーストレースは獣道なのか昔の道の跡なのか?
2017年09月24日 11:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山アップで。
ギザギザのトレースと斜面のトラバーストレースは獣道なのか昔の道の跡なのか?
3
頂上は虫が沢山いたので、少し下りた岩場で休憩。
山コーヒーでのんびり。
2017年09月24日 12:16撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上は虫が沢山いたので、少し下りた岩場で休憩。
山コーヒーでのんびり。
3
では下ります。
2017年09月24日 12:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では下ります。
3
この辺りで大源太山見納め。
2017年09月24日 13:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りで大源太山見納め。
1
この辺りの紅葉は10月になってからでしょう。
2017年09月24日 13:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの紅葉は10月になってからでしょう。
1
ひたすら急降下ですが、ここまで来れば終了。
もう一つの渡渉地点です。ここはドボンせず通過。
2017年09月24日 13:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら急降下ですが、ここまで来れば終了。
もう一つの渡渉地点です。ここはドボンせず通過。
1
上越らしい雪の重みで曲がった木を乗り越えながら進む。
2017年09月24日 13:48撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上越らしい雪の重みで曲がった木を乗り越えながら進む。
3
最初の渡渉地点。足首からまた少し水が浸入。もう少しハイカットな靴で来るべきだった。
2017年09月24日 13:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の渡渉地点。足首からまた少し水が浸入。もう少しハイカットな靴で来るべきだった。
2
何はともあれ無事に下山!
2017年09月24日 14:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何はともあれ無事に下山!
2

感想/記録
by marui

そろそろ紅葉も始まった週末、日曜は晴れが期待できる!となれば行くしかないでしょと約1ヶ月ぶりに歩いてきました。向かった先は七ツ小屋山〜大源太山の周回です。大源太山は山再開後間もない4年前に登っていますが、その頃はまだ膝に不安があり、往復だけに留めていました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-359700.html

今回は七ツ小屋山との間を繋いで周回、紅葉も眺めるとともに、おニューの靴とコンデジの試運用もおこなってきました。靴は出発早々悲劇発生、コンデジは露出外しとか色々でしたが、晴れ渡った上越の山を楽しむことができました。

紅葉はまだ頂上付近の一部だけで、これからしばらく楽しめそうです。ただ、枯れた葉っぱが多いのは今年の夏天気が悪かった影響でしょうかね。
訪問者数:401人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 773
2017/9/27 23:54
 新入りカメラ。
maruiさん、こんばんは〜

おニューの靴でいきなりのドボンとは、
帰りたくなってしまいますよね
カメラもおニューをお試しだったようですね
カメラを選ぶのも使うのも、
なかなか上手くいかないなぁというのが私の感覚なんですが、
maruiさんはおニューカメラどうでしたか?
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1702
2017/9/28 23:26
 Re: 新入りカメラ。
fujimonさん、こんばんは〜
遅くなりました

ドボン いや〜お恥ずかしい
おニューの靴でまさかの大失態でした(笑)

カメラは特にコンデジだと癖を掴むまで慣れが必要ですね。
HX90Vは望遠はすごいんですが、白飛び耐性はやっぱり1/2.3"なりで、しかもRGBのBが飽和し易いとはホント癖のあるカメラです。デジ眼持っていけばここまでシビアではないんですが、嵩張るのは辛いなぁと。

3年半使ってきたQ7、逆光時のゴーストが目立つのが気になったり、望遠ズーム(06レンズ)が200mmで限界だったり、その望遠が最近故障してしまったりと、最近は色々不満が出ていた所に、ハワイの時に借りて試したWX500が良かったので、双子の上位機であるHX90Vを入手したという訳です。

この大きさで光学720mmは驚異的で望遠側の不満は完全に解消されました。これからQ7の出番は減りそうです。
おニューの靴ともども使いこなしていきたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ