また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1267417 全員に公開 ハイキング奥武蔵

【奥武蔵】非常にきついぞ、飯能アルプス縦走

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
発:西吾野
着:東飯能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間0分
休憩
9分
合計
11時間9分
S西吾野駅06:3307:05森坂峠07:33イモリ山08:41子の権現駐車場09:03スルギ10:00P52211:00前坂11:37大高山12:45天覚山13:19東峠14:35久須美坂14:54久須美ケルン15:21飯能アルプス永田入口16:02多峯主山16:0516:36天覧山16:4217:06飯能中央公園17:42東飯能駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
▼時刻はほぼ正確だと思います。休憩はほとんど取っていません。飯能アルプス縦走路にはベンチがほとんどないからです。天覚山が人でいっぱいだと本当に座れる場所がないですね。
コース状況/
危険箇所等
▼今回の山行は、基本的には下りの筈なのだが、尾根道上、マイナーピークが無数にあり、アップダウンが非常に多い。あまり下っているという実感がなく、体力的に徐々に削られていく感じがする。
▼基本尾根道で、道標も多いほうだと思いますし、間違った方向はブロックされていることが多いが例外もあります。標識がなく進行方向の確認が必要な箇所が数か所ありますので、事前準備と地図・コンパス・GPSアプリ等は必携です。
▼イモリ山過ぎたあとの高圧送電線・安曇幹線345号鉄塔直下は、夏場は藪がすごく踏み跡が見えなくなっています。藪を通りたくないという本能に負けず、鉄塔下を通って下さい。
▼栃屋の頭?板屋の頭?直下の急坂は、油断大敵です。慎重に。
▼個人的に道迷いポイントと感じた場所と、事前準備がないと見つけられない可能性がある場所の写真に【?】を付けておきます。
▼道中ベンチ等、座れる場所はほとんどありません。簡易携帯椅子を持っていくと良いでしょう。
▼道中、水場ありません。にもかかわらず結構水を消費しするコースだと思いました。今回気温も高くなかったのに1.5リットルでは少し足りなかった。2リットル以上必要。夏場では3リットルでも足りなかったというレコも見ました。
その他周辺情報▼天覧山から東飯能駅も結構距離あります。
▼天覧山麓には、沢山レパートリーを備えたソフトクリームを売りにしたコンビニ?「タイムスマート」があります。一説には39種類。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

最寄駅から乗り継いで東飯能駅着。まだ6時前です。西武秩父行きが来るまでまだ少し時間があります。
2017年09月24日 05:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最寄駅から乗り継いで東飯能駅着。まだ6時前です。西武秩父行きが来るまでまだ少し時間があります。
2
時間つぶし中。天覧山はこっちの方角かな?大きく写っている山は高すぎるよね。その手前に低く写っている山辺りがあやしい。【★】
2017年09月24日 05:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間つぶし中。天覧山はこっちの方角かな?大きく写っている山は高すぎるよね。その手前に低く写っている山辺りがあやしい。【★】
1
駅前の案内図。天覧山の方角を確認。やっぱりさっきの写真の低く写っているのが天覧山周辺なんだと思う。
2017年09月24日 05:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前の案内図。天覧山の方角を確認。やっぱりさっきの写真の低く写っているのが天覧山周辺なんだと思う。
1
早朝の東飯能駅。本日のゴールでもあります。10時間くらい後の私は、無事辿りついているのでしょうか?【◎】
2017年09月24日 05:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の東飯能駅。本日のゴールでもあります。10時間くらい後の私は、無事辿りついているのでしょうか?【◎】
今日歩く予定の飯能アルプスの稜線かなあ?
2017年09月24日 05:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日歩く予定の飯能アルプスの稜線かなあ?
左の写真をUP。ちょっと高すぎるかな。奥多摩とか奥秩父の山かなあ?手前の丘陵みたいな低い稜線がそうかもしれない。
2017年09月24日 05:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の写真をUP。ちょっと高すぎるかな。奥多摩とか奥秩父の山かなあ?手前の丘陵みたいな低い稜線がそうかもしれない。
もうすぐ西武秩父行きが来るはずです。
2017年09月24日 06:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ西武秩父行きが来るはずです。
車窓から。時刻的には武蔵横手を過ぎた辺り。多分今日歩く予定の稜線だと思う。
2017年09月24日 06:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車窓から。時刻的には武蔵横手を過ぎた辺り。多分今日歩く予定の稜線だと思う。
1
西吾野駅着。
2017年09月24日 06:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾野駅着。
1
あれ?思ったより飯能の山、険しくない?
2017年09月24日 06:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?思ったより飯能の山、険しくない?
1
出発準備完了。さあ、長丁場の始まりです。
2017年09月24日 06:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発準備完了。さあ、長丁場の始まりです。
1
うーん、やっぱり思ったより山、険しい。
2017年09月24日 06:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、やっぱり思ったより山、険しい。
2
コスモスが咲いている。すっかり秋ですね。
2017年09月24日 06:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コスモスが咲いている。すっかり秋ですね。
3
接写。なんかいい感じに仕上がりました。
2017年09月24日 06:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
接写。なんかいい感じに仕上がりました。
2
やっぱり飯能まで20kmあるのね。知っていたけどさ。しかも山道だよ。大変だねぇ。
2017年09月24日 06:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり飯能まで20kmあるのね。知っていたけどさ。しかも山道だよ。大変だねぇ。
1
葉の形が少し違う気がするけど、紫苑かな?盛りは過ぎているけど綺麗です。
2017年09月24日 06:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉の形が少し違う気がするけど、紫苑かな?盛りは過ぎているけど綺麗です。
1
数分程国道299号を飯能方面に進んで行くと・・・
2017年09月24日 06:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数分程国道299号を飯能方面に進んで行くと・・・
正丸支K1/5の電信柱を右折。
2017年09月24日 06:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸支K1/5の電信柱を右折。
まあ、電信柱のナンバーを手掛かりにするなんて面倒なことしなくても、橋があったら右折でいいと思います。
2017年09月24日 06:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあ、電信柱のナンバーを手掛かりにするなんて面倒なことしなくても、橋があったら右折でいいと思います。
1
意外にきれいな高麗川を渡ります。
2017年09月24日 06:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外にきれいな高麗川を渡ります。
2
ゲートがあり、車両は通行止め見たい。
2017年09月24日 06:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートがあり、車両は通行止め見たい。
歩行者の私は脇から進入します。
2017年09月24日 06:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩行者の私は脇から進入します。
なんか山栗が落ちているね。これは熊いるかもしれないな。時々笛を吹きながら進んでいこう。
2017年09月24日 06:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか山栗が落ちているね。これは熊いるかもしれないな。時々笛を吹きながら進んでいこう。
1
今調べたら小床林道というらしい。なんて読むのかは知らないけど。よく踏まれているけど、藪こぎしないといけないかもね。
2017年09月24日 06:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今調べたら小床林道というらしい。なんて読むのかは知らないけど。よく踏まれているけど、藪こぎしないといけないかもね。
1
このススキや、他のイネ科の植物が朝露で濡れていて、服がしっとりしてきます。
2017年09月24日 06:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このススキや、他のイネ科の植物が朝露で濡れていて、服がしっとりしてきます。
藪を掻き分け進んでいきます。藪こぎは昨年の要倉山以来、久しぶりです。蜘蛛の巣も多数。枝で払いながら進んでいきます。
2017年09月24日 06:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪を掻き分け進んでいきます。藪こぎは昨年の要倉山以来、久しぶりです。蜘蛛の巣も多数。枝で払いながら進んでいきます。
1
斜面に差しかかりました。もうこれから先は藪こぎしないで済みそうです。
2017年09月24日 06:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面に差しかかりました。もうこれから先は藪こぎしないで済みそうです。
アクリル板の道標。アクリルは耐候性いいもんね。
2017年09月24日 06:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アクリル板の道標。アクリルは耐候性いいもんね。
やっぱり熊出そう。一定間隔で笛を吹くことにする。まだ登山も序盤戦、ゆっくり登って行きます。
2017年09月24日 06:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり熊出そう。一定間隔で笛を吹くことにする。まだ登山も序盤戦、ゆっくり登って行きます。
1
あの稜線が窪んでいる所が森坂峠に違いない。
2017年09月24日 07:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの稜線が窪んでいる所が森坂峠に違いない。
1
正解でした。
2017年09月24日 07:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正解でした。
2
ここでもアクリル板道標。イモリ山方面へ進みます。
2017年09月24日 07:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでもアクリル板道標。イモリ山方面へ進みます。
イモリ山方面はこんな感じの稜線。ここから先は基本的にはずっと稜線歩きです。
2017年09月24日 07:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イモリ山方面はこんな感じの稜線。ここから先は基本的にはずっと稜線歩きです。
1
後々の写真でも出てきますが、飯能アルプス縦走路は、分岐で間違った方角は大概この様に木の枝でブロックしてあります。
2017年09月24日 07:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後々の写真でも出てきますが、飯能アルプス縦走路は、分岐で間違った方角は大概この様に木の枝でブロックしてあります。
1
これも通せんぼしている写真かな。旧森坂峠当たりの写真だと思う。
2017年09月24日 07:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも通せんぼしている写真かな。旧森坂峠当たりの写真だと思う。
分かりにくいけどイモリ山が見えてきました。思ったより高い。最初登るつもりだったけど、巻くことにしようと日和ながら撮影しています。
2017年09月24日 07:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくいけどイモリ山が見えてきました。思ったより高い。最初登るつもりだったけど、巻くことにしようと日和ながら撮影しています。
これも通せんぼしていますね。左に進みます。
2017年09月24日 07:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも通せんぼしていますね。左に進みます。
分岐です。通せんぼしてくれていないと、こっちの尾根に入り込んでしまうだろうな。
2017年09月24日 07:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐です。通せんぼしてくれていないと、こっちの尾根に入り込んでしまうだろうな。
左の写真の分岐点を、右に鋭く曲がり子の権現方面へ登って行きます。
2017年09月24日 07:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の写真の分岐点を、右に鋭く曲がり子の権現方面へ登って行きます。
三度のアクリル板道標。
2017年09月24日 07:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三度のアクリル板道標。
イモリ山山頂直下には、小さな祠がありました。正面から撮影するスペースはない為、少し通り過ぎて斜めから撮影しています。
2017年09月24日 07:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イモリ山山頂直下には、小さな祠がありました。正面から撮影するスペースはない為、少し通り過ぎて斜めから撮影しています。
1
ここを右に登って行けばイモリ山山頂でしょう。多分山頂まですぐだから、計画通り立ち寄っていくことにします。すぐとわかるとこれです。現金なものです。【※】
2017年09月24日 07:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを右に登って行けばイモリ山山頂でしょう。多分山頂まですぐだから、計画通り立ち寄っていくことにします。すぐとわかるとこれです。現金なものです。【※】
1
分岐から一分足らずで山頂です。
2017年09月24日 07:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から一分足らずで山頂です。
2
狭くてかわいい山頂です。
2017年09月24日 07:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭くてかわいい山頂です。
2
山頂から少し下った所に少しだけ眺望が開けたところがあります。子の権現があるあたりの山でしょうかね。
2017年09月24日 07:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し下った所に少しだけ眺望が開けたところがあります。子の権現があるあたりの山でしょうかね。
写真【※】まで戻ってきました。あら、道標があったのね。下りてきてから気がつきました。
2017年09月24日 07:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真【※】まで戻ってきました。あら、道標があったのね。下りてきてから気がつきました。
同地点。こちらにも割れた道標。
2017年09月24日 07:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同地点。こちらにも割れた道標。
八ヶ岳の原生林に生える苔にはかないませんがこれはこれで綺麗だなと思い撮影。
2017年09月24日 07:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の原生林に生える苔にはかないませんがこれはこれで綺麗だなと思い撮影。
1
高尾・奥多摩ではお馴染の鉄塔標識。
2017年09月24日 07:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾・奥多摩ではお馴染の鉄塔標識。
標識から程なくして鉄塔。秋っぽい雲を背景になんかいい感じの写真になっていませんか?
2017年09月24日 07:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識から程なくして鉄塔。秋っぽい雲を背景になんかいい感じの写真になっていませんか?
3
鉄塔の周りは伐採されていて眺望がいい。
2017年09月24日 07:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の周りは伐採されていて眺望がいい。
1
鉄塔の下には何故かホオヅキが生えていました。
2017年09月24日 07:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の下には何故かホオヅキが生えていました。
鉄塔の下はススキが生い茂っていて、踏み跡が隠れてしまっています。進路を一瞬見失うのですが、正解は鉄塔の下を藪こぎしながら通る、です。これは藪こぎを終えて振り返って撮影した写真。【?】
2017年09月24日 07:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の下はススキが生い茂っていて、踏み跡が隠れてしまっています。進路を一瞬見失うのですが、正解は鉄塔の下を藪こぎしながら通る、です。これは藪こぎを終えて振り返って撮影した写真。【?】
3
ここも鉄塔の保全の為か木が伐採されている。なんか結構な痩せ尾根ではないですか?少し嫌でした。木が生えていたらなんとも感じないのでしょうけど。視覚効果は精神に大きく作用する一例と言えましょう。
2017年09月24日 07:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも鉄塔の保全の為か木が伐採されている。なんか結構な痩せ尾根ではないですか?少し嫌でした。木が生えていたらなんとも感じないのでしょうけど。視覚効果は精神に大きく作用する一例と言えましょう。
1
登山者ができるだけ踏まないように気を使っているのではないかと感じた苔。踏まれた跡はついてしまっていますが、不必要に踏まないようにしているからここまで苔が残っているのでは?
2017年09月24日 08:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者ができるだけ踏まないように気を使っているのではないかと感じた苔。踏まれた跡はついてしまっていますが、不必要に踏まないようにしているからここまで苔が残っているのでは?
2
峠の前という分岐。右に行きます。通せんぼが少し甘くなっていますが、左は踏まれた跡があまりないので間違って行く人はいないかな。守屋登山詳細図でもここから先は実線コースです。
2017年09月24日 08:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の前という分岐。右に行きます。通せんぼが少し甘くなっていますが、左は踏まれた跡があまりないので間違って行く人はいないかな。守屋登山詳細図でもここから先は実線コースです。
流石実線コース。倒木があったりしますが、今までとは違って整備された登山道と言った感じです。
2017年09月24日 08:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石実線コース。倒木があったりしますが、今までとは違って整備された登山道と言った感じです。
なんかちょっと嫌な橋。最初からこんな設計なんでしょうかね?
2017年09月24日 08:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかちょっと嫌な橋。最初からこんな設計なんでしょうかね?
1
橋は頂けませんでしたが、登山道は快適です。
2017年09月24日 08:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋は頂けませんでしたが、登山道は快適です。
陽が射してきました。
2017年09月24日 08:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が射してきました。
1
柿ノ木峠です。
2017年09月24日 08:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柿ノ木峠です。
1
写真では分かりにくいですが、ここを右に登るのが正解。私は直進してしまいました。明らかに道が悪くなるので間違っても気がつけるとは思うのですが。【?】
2017年09月24日 08:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくいですが、ここを右に登るのが正解。私は直進してしまいました。明らかに道が悪くなるので間違っても気がつけるとは思うのですが。【?】
すぐに舗装路に合流します。
2017年09月24日 08:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに舗装路に合流します。
前回【2017/04/23】伊豆ヶ岳から子の権化までハイキングした時は、ここから吾野駅まで下りました。
2017年09月24日 08:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回【2017/04/23】伊豆ヶ岳から子の権化までハイキングした時は、ここから吾野駅まで下りました。
1
子の権現着。時間節約の為、参拝は省略。
2017年09月24日 08:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現着。時間節約の為、参拝は省略。
1
子の権現からスルギに向かう尾根の入口が少し分かりにくいと聞いていました。案の定、少し迷いました。駐車場側の道標が入口になっている筈なんですが・・・。その標識が写っていますが、これを撮影した時は眺望に気を取られ、気がついていません。
2017年09月24日 08:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現からスルギに向かう尾根の入口が少し分かりにくいと聞いていました。案の定、少し迷いました。駐車場側の道標が入口になっている筈なんですが・・・。その標識が写っていますが、これを撮影した時は眺望に気を取られ、気がついていません。
1
駐車場みっけ。まだツクツクホーシが鳴いていてビックリ。夏の終わりを告げるの使者が、逆に夏の名残を告げていて少し感傷的にさせてくれます。
2017年09月24日 08:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場みっけ。まだツクツクホーシが鳴いていてビックリ。夏の終わりを告げるの使者が、逆に夏の名残を告げていて少し感傷的にさせてくれます。
1
はい、この標識の右側から進入してスルギ方面へ向かいます。【?】
2017年09月24日 08:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、この標識の右側から進入してスルギ方面へ向かいます。【?】
山と高原の地図によると、(守屋の登山詳細図もそうだが)何故かここから前坂まで破線コース。こんなに穏やかな尾根なのにね。理由が分からない。まあ、イモリ山コースも破線だったし、油断は禁物ですが、必要以上に怖がらなくてもいいかな。
2017年09月24日 08:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山と高原の地図によると、(守屋の登山詳細図もそうだが)何故かここから前坂まで破線コース。こんなに穏やかな尾根なのにね。理由が分からない。まあ、イモリ山コースも破線だったし、油断は禁物ですが、必要以上に怖がらなくてもいいかな。
1
以下暫く、快適な尾根コースをアピールするため似たような写真が続きます。
2017年09月24日 08:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以下暫く、快適な尾根コースをアピールするため似たような写真が続きます。
快適・快適。
2017年09月24日 08:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適・快適。
1
快適なのでここら辺で少しペースアップして時間の貯金を作っておいてもいいかなあ、なんて余裕をぶっこいています。
2017年09月24日 09:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適なのでここら辺で少しペースアップして時間の貯金を作っておいてもいいかなあ、なんて余裕をぶっこいています。
1
スルギ着。ここは方角に注意。標識ほとんど読めない。天覚山に向かうのは、進行方向から右折する感じ。写真では左下隅から上の方へ進むのが正解。【?】
2017年09月24日 09:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スルギ着。ここは方角に注意。標識ほとんど読めない。天覚山に向かうのは、進行方向から右折する感じ。写真では左下隅から上の方へ進むのが正解。【?】
左写真と同地点。こっちの標識の方が分かりやすいかな。
2017年09月24日 09:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左写真と同地点。こっちの標識の方が分かりやすいかな。
この岩は、直進してもいいし、
2017年09月24日 09:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩は、直進してもいいし、
右から巻いてもOK
2017年09月24日 09:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から巻いてもOK
少し急な下り坂です。
2017年09月24日 09:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し急な下り坂です。
1
なんか世界の黒沢を気どって、太陽を撮影してみたくなりました。撮影した時はいい写真が取れたと変な自信があったのですが、今見たら凡作以下。
2017年09月24日 09:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか世界の黒沢を気どって、太陽を撮影してみたくなりました。撮影した時はいい写真が取れたと変な自信があったのですが、今見たら凡作以下。
1
こちらはもっとひどい。
2017年09月24日 09:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはもっとひどい。
1
六ツ石ノ頭かなと勘違いしたマイナーピーク。何か標識があるので近寄ってみたら・・・。結構ドキッとした。設置者の意図がよくわからない。好意的に解釈すれば、ここから先はコースアウトということを強く表現しているのか?
2017年09月24日 09:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六ツ石ノ頭かなと勘違いしたマイナーピーク。何か標識があるので近寄ってみたら・・・。結構ドキッとした。設置者の意図がよくわからない。好意的に解釈すれば、ここから先はコースアウトということを強く表現しているのか?
1
正真正銘の六ツ石ノ頭着。
2017年09月24日 09:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正真正銘の六ツ石ノ頭着。
1
これも意図がよくわからない。この手のお札、何回か見たな。高水三山でも見た気がするし、峰見通りでも見た。そう言えば弾座衛門の峰で見たペットボトル標識、スルギにもあった。設置者は同一人物か?あまり前向きなことが書いていないだろうから、撮影しなかったけどさ。
2017年09月24日 09:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも意図がよくわからない。この手のお札、何回か見たな。高水三山でも見た気がするし、峰見通りでも見た。そう言えば弾座衛門の峰で見たペットボトル標識、スルギにもあった。設置者は同一人物か?あまり前向きなことが書いていないだろうから、撮影しなかったけどさ。
1
まあいいや、気を取り直し尾根道を進んでいきます。
2017年09月24日 09:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあいいや、気を取り直し尾根道を進んでいきます。
1
この木の瘤は、結構有名なんではないかな。カタツムリみたいと表現していた人もいたし。
2017年09月24日 09:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木の瘤は、結構有名なんではないかな。カタツムリみたいと表現していた人もいたし。
1
そっちに進むとけもの道ですか。山道という標識は見たことあるけど、けもの道というのははじめてかも。
2017年09月24日 09:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そっちに進むとけもの道ですか。山道という標識は見たことあるけど、けもの道というのははじめてかも。
1
そのけもの道方面。通せんぼしていますね。あまり険しそうには見えないけど、この先険しくなるのかな?
2017年09月24日 09:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのけもの道方面。通せんぼしていますね。あまり険しそうには見えないけど、この先険しくなるのかな?
広葉樹と針葉樹の植生界ということで撮影した写真だと思う。
2017年09月24日 09:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広葉樹と針葉樹の植生界ということで撮影した写真だと思う。
1
この写真は何度見ても何故撮影したのか思い出せなかった。【2019.2.17追記】何となく思い出しだ。恐らく、目の前の下り坂、勾配がきつくて下が見えないということが言いたかったのだと思う。で、次の写真で、その急坂をのぞき込んでいるといった具合。
2017年09月24日 09:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真は何度見ても何故撮影したのか思い出せなかった。【2019.2.17追記】何となく思い出しだ。恐らく、目の前の下り坂、勾配がきつくて下が見えないということが言いたかったのだと思う。で、次の写真で、その急坂をのぞき込んでいるといった具合。
1
結構勾配のきつい下り坂
2017年09月24日 09:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構勾配のきつい下り坂
1
三等三角点がありました。アプリで調べてみると吾野の三角点みたいです。
2017年09月24日 09:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点がありました。アプリで調べてみると吾野の三角点みたいです。
1
栃屋ノ頭に到着です。字形が似ていたから気がつかなかったけど、地図では板屋ノ頭になっているね。どちらが正しいのかな?
2017年09月24日 10:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃屋ノ頭に到着です。字形が似ていたから気がつかなかったけど、地図では板屋ノ頭になっているね。どちらが正しいのかな?
1
少しだけ眺望があります。
2017年09月24日 10:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ眺望があります。
1
ここら辺が今回のコース全体での難所かな。別に恐怖感とかは感じないけど、崖が切れ落ちていて、幅も狭い。
2017年09月24日 10:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここら辺が今回のコース全体での難所かな。別に恐怖感とかは感じないけど、崖が切れ落ちていて、幅も狭い。
1
なにかの採掘所ですね。
2017年09月24日 10:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにかの採掘所ですね。
やっぱり切れ落ちています。
2017年09月24日 10:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり切れ落ちています。
採掘所がハッキリと見えるようになりました。
2017年09月24日 10:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採掘所がハッキリと見えるようになりました。
うん、ここの急坂だけは慎重に行く必要がある。左が切れ落ちているのがよくわかります。
2017年09月24日 10:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うん、ここの急坂だけは慎重に行く必要がある。左が切れ落ちているのがよくわかります。
1
ロープにつかまりながら急坂をくだりました。この写真を撮影した後、派手にすっ転んだ。
2017年09月24日 10:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープにつかまりながら急坂をくだりました。この写真を撮影した後、派手にすっ転んだ。
いや、すっ転んだのはこの写真撮影の後だったか?滑りやすいこともあり、ここの坂だけは気をつけましょう。
2017年09月24日 10:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや、すっ転んだのはこの写真撮影の後だったか?滑りやすいこともあり、ここの坂だけは気をつけましょう。
墓地を通過。
2017年09月24日 10:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
墓地を通過。
お地蔵さんがあります。
2017年09月24日 10:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さんがあります。
1
先程見えた採掘場に続く道なんでしょうね。調べてみたら掘っているのは、石灰岩と砂岩とのこと。
2017年09月24日 10:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程見えた採掘場に続く道なんでしょうね。調べてみたら掘っているのは、石灰岩と砂岩とのこと。
1
お地蔵さんの後は祠です。
2017年09月24日 10:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さんの後は祠です。
1
可愛らしい道標。栃屋谷林道に合流しました。
2017年09月24日 10:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしい道標。栃屋谷林道に合流しました。
1
地形図みていると、ここら辺に等高線の具合がウルトラアイみたいに見える場所がある。どんなところかなと楽しみにしていた。どうも木が生い茂っているところが該当する場所の様だ。むき出しの岩を想像していたので、随分イメージと違った。
2017年09月24日 10:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図みていると、ここら辺に等高線の具合がウルトラアイみたいに見える場所がある。どんなところかなと楽しみにしていた。どうも木が生い茂っているところが該当する場所の様だ。むき出しの岩を想像していたので、随分イメージと違った。
1
栃屋谷林道はこんな感じ。再び山道に戻る入口を探していますが、行き過ぎてしまいました。注意していたんですけどね。
2017年09月24日 10:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃屋谷林道はこんな感じ。再び山道に戻る入口を探していますが、行き過ぎてしまいました。注意していたんですけどね。
草に隠れて少し見にくかったとはいえ、この程度なら見落とさないと思うんですけどね。【?】
2017年09月24日 10:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草に隠れて少し見にくかったとはいえ、この程度なら見落とさないと思うんですけどね。【?】
まあいいや、再び山道に戻ります。前坂へと進んでいきます。
2017年09月24日 10:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあいいや、再び山道に戻ります。前坂へと進んでいきます。
何か暗くて藪だよ。嫌だねえ。
2017年09月24日 10:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か暗くて藪だよ。嫌だねえ。
稜線に出ました。左に進むなと通せんぼしているから撮影したのだと思う。
2017年09月24日 10:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。左に進むなと通せんぼしているから撮影したのだと思う。
こちらが進むべき道。
2017年09月24日 10:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが進むべき道。
ここの分岐も分かりやすい。左に進路を取ります。
2017年09月24日 10:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの分岐も分かりやすい。左に進路を取ります。
前坂に到着。破線コース、無事踏破いたしました。
2017年09月24日 11:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前坂に到着。破線コース、無事踏破いたしました。
2
次のターゲット、大高山に向かいます。
2017年09月24日 11:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のターゲット、大高山に向かいます。
何回目の通せんぼでしょう。
2017年09月24日 11:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何回目の通せんぼでしょう。
確か林道みたいな道に合流したポイントだったような・・・。疲れが出てきて集中力がなくなってきているんでしょうね。
2017年09月24日 11:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確か林道みたいな道に合流したポイントだったような・・・。疲れが出てきて集中力がなくなってきているんでしょうね。
1
でも、道標の導くままに進めば大丈夫。ここでは道に迷うことはありません。
2017年09月24日 11:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、道標の導くままに進めば大丈夫。ここでは道に迷うことはありません。
大高山はそんなに大事なターゲットではないので、巻いてもいいかななんて思いながら撮影。
2017年09月24日 11:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高山はそんなに大事なターゲットではないので、巻いてもいいかななんて思いながら撮影。
このピークは大高山ではないことにすぐ気がつき、躊躇なく巻くことに。
2017年09月24日 11:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピークは大高山ではないことにすぐ気がつき、躊躇なく巻くことに。
うん、また件の宗教チックな道標?字体から推測するに、同一人物が設置しているんだろうなあ。
2017年09月24日 11:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うん、また件の宗教チックな道標?字体から推測するに、同一人物が設置しているんだろうなあ。
1
大高山山頂前に、岩場が二箇所。一発目の岩場
2017年09月24日 11:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高山山頂前に、岩場が二箇所。一発目の岩場
これは二つ目。双方常識的な注意を以って登れば難易度は高くない。二つ目の岩場は狭くて少し嫌でしたけどね。
2017年09月24日 11:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは二つ目。双方常識的な注意を以って登れば難易度は高くない。二つ目の岩場は狭くて少し嫌でしたけどね。
大高山山頂直前の登り。結構きつかった。麓からアニメ忍たまの主題曲勇気100%が聞こえてくる。疲れていておかしくなっていたんでしょうね。大声で「そうさ100%勇気」とか合わせて歌い始める中年のおっさん。
2017年09月24日 11:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高山山頂直前の登り。結構きつかった。麓からアニメ忍たまの主題曲勇気100%が聞こえてくる。疲れていておかしくなっていたんでしょうね。大声で「そうさ100%勇気」とか合わせて歌い始める中年のおっさん。
1
山頂到着。地元の子供たちでいっぱいでした。引率のお母さん方、お疲れ様です。子供達にはきっと楽しいハイキングとなったことでしょう。私はさっきの勇気100%を聞かれたのではないかとヒヤヒヤしました。
2017年09月24日 11:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。地元の子供たちでいっぱいでした。引率のお母さん方、お疲れ様です。子供達にはきっと楽しいハイキングとなったことでしょう。私はさっきの勇気100%を聞かれたのではないかとヒヤヒヤしました。
1
頂上は尾根の合流点でもあります。進むべき方向をしっかり確認。
2017年09月24日 11:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は尾根の合流点でもあります。進むべき方向をしっかり確認。
ここも特徴的なポイントなのでよくブログで見かけます。指示通り左に進みます。
2017年09月24日 11:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも特徴的なポイントなのでよくブログで見かけます。指示通り左に進みます。
ここも分岐だったと思う。
2017年09月24日 12:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも分岐だったと思う。
間違った方向は通行止めのロープが張ってあって分かりやすい。
2017年09月24日 12:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違った方向は通行止めのロープが張ってあって分かりやすい。
あれが天覚山の様な気がする。まだ結構あるかも。ここら辺からかなり疲労が蓄積されてきている。もうゴール間近くらいの疲労感があるが、まだ正午を少し過ぎたくらいの時間。
2017年09月24日 12:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが天覚山の様な気がする。まだ結構あるかも。ここら辺からかなり疲労が蓄積されてきている。もうゴール間近くらいの疲労感があるが、まだ正午を少し過ぎたくらいの時間。
1
少し飛んで、天覚山着。山頂は人でいっぱいだったので、早々に立ち去る。
2017年09月24日 12:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し飛んで、天覚山着。山頂は人でいっぱいだったので、早々に立ち去る。
1
まあまあの眺望がある山だったので、出来たら少しだけゆっくりしたかったけど、残念。
2017年09月24日 12:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあまあの眺望がある山だったので、出来たら少しだけゆっくりしたかったけど、残念。
2
天覚山まで来たから、ハイク打ち切って東吾野駅にエスケープしようかと迷ったけど13時前に撤退はないな。もう少し頑張る。
2017年09月24日 12:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覚山まで来たから、ハイク打ち切って東吾野駅にエスケープしようかと迷ったけど13時前に撤退はないな。もう少し頑張る。
1
天覚山から下りてきた坂を振り返って撮影した写真だと思う。坂の勾配具合は結構急だったと記憶しているが、上手く写真では表現されていないみたい。
2017年09月24日 12:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覚山から下りてきた坂を振り返って撮影した写真だと思う。坂の勾配具合は結構急だったと記憶しているが、上手く写真では表現されていないみたい。
1
次の多峯主山まで5kもあるのかあ。思ったより遥かに長い。3時間弱位は掛るね。天覧山までたどり着けるのか。
2017年09月24日 13:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の多峯主山まで5kもあるのかあ。思ったより遥かに長い。3時間弱位は掛るね。天覧山までたどり着けるのか。
1
季節外れの山アジサイ。でもこれは咲いている状態かな?因みに我が家にも大事にしている鉢植えの山アジサイがありますが、真夏日に水切れを起こしてしまって瀕死状態。復活してくれればいいのですが。
2017年09月24日 13:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
季節外れの山アジサイ。でもこれは咲いている状態かな?因みに我が家にも大事にしている鉢植えの山アジサイがありますが、真夏日に水切れを起こしてしまって瀕死状態。復活してくれればいいのですが。
小さな沢を渡渉します。
2017年09月24日 13:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな沢を渡渉します。
林道に出ました。長尾坂野口入林道と言うみたいです。
2017年09月24日 13:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。長尾坂野口入林道と言うみたいです。
林道歩き僅かで東峠です。再度山道に入ります。
2017年09月24日 13:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩き僅かで東峠です。再度山道に入ります。
東吾野駅へのエスケープ地点ですが、先程同様13時台とまだまだリタイアするには早すぎる。東峠から少し入ったところで80代のご老人と数分会話を致しました。お元気で羨ましかった。
2017年09月24日 13:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東吾野駅へのエスケープ地点ですが、先程同様13時台とまだまだリタイアするには早すぎる。東峠から少し入ったところで80代のご老人と数分会話を致しました。お元気で羨ましかった。
1
ゴルフ場が見えます。ゴルフ場って広いのね。しばらくこのゴルフ場の縁を歩きました。ここから暫く平坦で歩きやすいボーナスステージな道が続きます。
2017年09月24日 13:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルフ場が見えます。ゴルフ場って広いのね。しばらくこのゴルフ場の縁を歩きました。ここから暫く平坦で歩きやすいボーナスステージな道が続きます。
この木の枝は小床林道の入り口近くで蜘蛛の巣を払うために拾って以来、ずっと携帯してきました。天覧山まで持ち続けるつもりだったのですが、するりと手から不思議なこぼれ方をしました。山の神が返せと言っているのでしょう。今までありがとう。お別れです。最後に撮影をしました。
2017年09月24日 14:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木の枝は小床林道の入り口近くで蜘蛛の巣を払うために拾って以来、ずっと携帯してきました。天覧山まで持ち続けるつもりだったのですが、するりと手から不思議なこぼれ方をしました。山の神が返せと言っているのでしょう。今までありがとう。お別れです。最後に撮影をしました。
2
釜戸山への分岐地点です。時間的・体力的に余裕があれば行ってみたいところでしたけど・・・。標高303m地点でもあり、予定より40分ほど先行しています。
2017年09月24日 14:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜戸山への分岐地点です。時間的・体力的に余裕があれば行ってみたいところでしたけど・・・。標高303m地点でもあり、予定より40分ほど先行しています。
まだこんな平坦で歩きやすい道が続いています。ここで少しでも時間の貯金をしておきたいところ。
2017年09月24日 14:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだこんな平坦で歩きやすい道が続いています。ここで少しでも時間の貯金をしておきたいところ。
久須美坂に到着
2017年09月24日 14:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久須美坂に到着
1
左写真、別の視点から。武蔵横手駅へのエスケープ地点でもありますが、まだ陽が高く14時半でエスケープはO登山隊のメンバーとして、そして何より自分が許さない。
2017年09月24日 14:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左写真、別の視点から。武蔵横手駅へのエスケープ地点でもありますが、まだ陽が高く14時半でエスケープはO登山隊のメンバーとして、そして何より自分が許さない。
1
ああ、これが有名なダンシング標識か。ここでいう久須美は山の名前ではなく多分集落の名前。地元の人なら分かるけど、登山者には分かりにくい。荒船山登山で星尾現象として紹介した事象と同じ。今後の山の標識を設置する際の改善点ではないかな。
2017年09月24日 14:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、これが有名なダンシング標識か。ここでいう久須美は山の名前ではなく多分集落の名前。地元の人なら分かるけど、登山者には分かりにくい。荒船山登山で星尾現象として紹介した事象と同じ。今後の山の標識を設置する際の改善点ではないかな。
2
小さな祠がある場所が久須美山。あまり山頂には見えない。もう随分と標高が下がってきているからかな。今調べたら260mくらいです。
2017年09月24日 14:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな祠がある場所が久須美山。あまり山頂には見えない。もう随分と標高が下がってきているからかな。今調べたら260mくらいです。
1
祠、別の視点から。
2017年09月24日 14:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠、別の視点から。
ケルンがあります。思ったより大きいケルンでした。永田山の山頂でもあります。現在14時54分、予定より1時間くらい貯金ができています。少し時間的に余裕が出来ましたが、体力の余裕はなくなってきています。
2017年09月24日 14:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンがあります。思ったより大きいケルンでした。永田山の山頂でもあります。現在14時54分、予定より1時間くらい貯金ができています。少し時間的に余裕が出来ましたが、体力の余裕はなくなってきています。
1
多峯主山までまだまだ距離があるのかなあ。
2017年09月24日 14:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多峯主山までまだまだ距離があるのかなあ。
住宅地がかなり近く見えるようになってきました。
2017年09月24日 14:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅地がかなり近く見えるようになってきました。
1
これなんかもう、山道には全く見えない。高尾駅側の金毘羅山での風景にそっくり。
2017年09月24日 15:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これなんかもう、山道には全く見えない。高尾駅側の金毘羅山での風景にそっくり。
稜線が見えました。今日辿ってきた尾根かどうかわからない。多分違う可能性が高い。仮に違った尾根でもいいじゃない。俺がここまで頑張ってきた事実は変わらない。
2017年09月24日 15:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が見えました。今日辿ってきた尾根かどうかわからない。多分違う可能性が高い。仮に違った尾根でもいいじゃない。俺がここまで頑張ってきた事実は変わらない。
2
飯能アルプス永田尾根。
2017年09月24日 15:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯能アルプス永田尾根。
工事中の為、永田尾根から下りる必要があるみたいです。
2017年09月24日 15:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事中の為、永田尾根から下りる必要があるみたいです。
ほら、通せんぼしている。
2017年09月24日 15:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほら、通せんぼしている。
と言うわけで、一端車道に下りていきます。
2017年09月24日 15:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言うわけで、一端車道に下りていきます。
車道に下りてきました。【?】
2017年09月24日 15:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に下りてきました。【?】
しばらく車道を歩いた後、再び山道に突入します。先の写真の地点からこの登山道入り口にたどり着くには、車道を横断する必要があります。ここから多峯主山まですぐだと思ったのですが、思った以上に距離がありました。【?】
2017年09月24日 15:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく車道を歩いた後、再び山道に突入します。先の写真の地点からこの登山道入り口にたどり着くには、車道を横断する必要があります。ここから多峯主山まですぐだと思ったのですが、思った以上に距離がありました。【?】
1
これはもう山頂に近い所の写真だな。随分写真撮影の間隔が飛んでいる。ヘトヘトで写真を撮っている余裕がない。時間だってそんなに余裕がある訳ではない。多峯主山に一刻も早く着きたい。そんな状況だったからだと思う。
2017年09月24日 15:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはもう山頂に近い所の写真だな。随分写真撮影の間隔が飛んでいる。ヘトヘトで写真を撮っている余裕がない。時間だってそんなに余裕がある訳ではない。多峯主山に一刻も早く着きたい。そんな状況だったからだと思う。
1
左の写真、別の視点から。これを登りきれば・・・。
2017年09月24日 15:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の写真、別の視点から。これを登りきれば・・・。
ついに多峯主山、山頂到着。いやー長かった。
2017年09月24日 16:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに多峯主山、山頂到着。いやー長かった。
3
後で読むために撮影しておきました。
2017年09月24日 16:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後で読むために撮影しておきました。
奥多摩の大岳と御前山が見えているのかな?
2017年09月24日 16:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩の大岳と御前山が見えているのかな?
多峯主山山頂の風景を一通り撮影した後、
2017年09月24日 16:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多峯主山山頂の風景を一通り撮影した後、
1
本日最後の目的地、天覧山に向かいます。後一時間は掛らないはず。これなら陽が残っているうちに着けるかな。でももう足は棒の様です。
2017年09月24日 16:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の目的地、天覧山に向かいます。後一時間は掛らないはず。これなら陽が残っているうちに着けるかな。でももう足は棒の様です。
1
多峯主山から天覧山はご覧の通り公園みたいです。道標の指示通りに進めば迷うこともないでしょう。これなら少々暗くなってもヘッドランプもあるし、問題無いかな。心に少し余裕が生まれた。
2017年09月24日 16:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多峯主山から天覧山はご覧の通り公園みたいです。道標の指示通りに進めば迷うこともないでしょう。これなら少々暗くなってもヘッドランプもあるし、問題無いかな。心に少し余裕が生まれた。
1
ここを曲がれば、
2017年09月24日 16:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを曲がれば、
天覧山の山頂までの最後の登りです。
2017年09月24日 16:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覧山の山頂までの最後の登りです。
標高200mもないこの山、意外に眺望が良い。
2017年09月24日 16:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高200mもないこの山、意外に眺望が良い。
2
時間も遅いし、雲もあるのでもはや山座同定は望めないが、ここまで無事辿りつけたことに満足、そして感謝。
2017年09月24日 16:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間も遅いし、雲もあるのでもはや山座同定は望めないが、ここまで無事辿りつけたことに満足、そして感謝。
1
天覧山の山頂の風景。私のザックとトレッキングポールが写っています。
2017年09月24日 16:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覧山の山頂の風景。私のザックとトレッキングポールが写っています。
1
ここでも後で読むために説明版を撮影しておきました。
2017年09月24日 16:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも後で読むために説明版を撮影しておきました。
1
なんて読むのかわからないけど、能仁寺方面に下りれば飯能駅方面だ。
2017年09月24日 16:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんて読むのかわからないけど、能仁寺方面に下りれば飯能駅方面だ。
ここから頂上から下山します。目的はほぼ達成したが、山行は完遂していない。完全に下山するまで登山は終わらない。
2017年09月24日 16:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから頂上から下山します。目的はほぼ達成したが、山行は完遂していない。完全に下山するまで登山は終わらない。
1
山頂下には石仏群。
2017年09月24日 16:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂下には石仏群。
ああ、着いた。ここまできたら完全に下山とみなしていいでしょう。東飯能駅までは、今日のハイキングのお釣りですね。
2017年09月24日 17:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、着いた。ここまできたら完全に下山とみなしていいでしょう。東飯能駅までは、今日のハイキングのお釣りですね。
今日は重量を軽くする為に持っていく水の量を減らしたのが裏目。比較的涼しかったけど水の消費量は多く、節約したけど天覧山山頂で水切れした。喉カラカラ。下山後の楽しみ、清涼炭酸飲料にようやくありつける。オランジーナを選択。なぜならCMの女性が美人だから。
2017年09月24日 17:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は重量を軽くする為に持っていく水の量を減らしたのが裏目。比較的涼しかったけど水の消費量は多く、節約したけど天覧山山頂で水切れした。喉カラカラ。下山後の楽しみ、清涼炭酸飲料にようやくありつける。オランジーナを選択。なぜならCMの女性が美人だから。
1
炭酸水だけでは気が済まず、ソフトクリームにも手を出す。タイムスマートという名前のコンビニ。ネット検索すると結構ヒットします。39種類のソフトクリームから、白桃を選択しました。250円だったかな。
2017年09月24日 17:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭酸水だけでは気が済まず、ソフトクリームにも手を出す。タイムスマートという名前のコンビニ。ネット検索すると結構ヒットします。39種類のソフトクリームから、白桃を選択しました。250円だったかな。
3
天覧山から東飯能まで最低でも1kくらいの距離はあるかな。疲れた体を労わる様にゆっくりと歩いた。到着。写真【◎】を撮影しながら願っていたこと、ここに成就。良かった。
2017年09月24日 17:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覧山から東飯能まで最低でも1kくらいの距離はあるかな。疲れた体を労わる様にゆっくりと歩いた。到着。写真【◎】を撮影しながら願っていたこと、ここに成就。良かった。
1
今まで歩いてきた方角から判断すると、天覧山はこっちの方角かな。暗くてもう見えないけど、朝に写真【★】を撮影しながらの見立ては正しかったのかなあって。まあいいや、お疲れ。これにて飯能アルプス縦走の巻、完結でございまする。
2017年09月24日 17:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで歩いてきた方角から判断すると、天覧山はこっちの方角かな。暗くてもう見えないけど、朝に写真【★】を撮影しながらの見立ては正しかったのかなあって。まあいいや、お疲れ。これにて飯能アルプス縦走の巻、完結でございまする。
2
撮影機材:

感想/記録

▼久しぶりの低山、久しぶりの単独行を実施いたしました。兼ねてより積み残しになっていた飯能アルプスに行ってまいりました。
▼個別個別の感想は、写真欄で大体述べてしまっていますので、ここでは全体的な話と特に印象に残ったことを書きたいと思います。
▼総括を一言でいえば思っていた以上にきつく、長い山行です。子の権現から始めれば基本下り坂だろうと思っていたのですが、ちっとも下っているという実感がない。小刻みなup・downに体力を消耗させられます。子の権現から天覚山までが想像以上に長い。天覚山が丁度中間点ということをはっきりと自覚していると精神的にきつい。天覚山から多峯主山までが更に長い。疲労が蓄積されている体には、永田入口から多峯主山までが本当にこたえる。多峯主山から天覧山までは、惰性で乗り切れるが、天覧山から東飯能駅までがこれまた長い。全体で20km程度の山行で、その位の距離は何回もこなしているつもりでしたが想像していたよりきつかったというのが今回の総括となります。
▼疲労感が溜まってきた際、惰性で乗り切るというあまりスマートではないが実用性の高い手法があります。例えば少しダラダラと写真を撮りながら歩くと言った感じでしょうか。飯能アルプス、ベンチがないので座る場所ないです。だからこの手法に頼ったのでしょうね。写真は今までのレコの中で最多の180枚越えとなりました。でもね、一枚一枚に感想を付けるのはそんなに難しくなかったです。やはり心が動いた時に写真を撮影しているからなんでしょうね。例外を除くと、写真を撮影した時の気持ちが何となく甦って来るので。
▼東峠を過ぎた辺りで、80を過ぎたご年配の方にお会いし、数分会話をしました。「道中ほとんど人に会わなかった。すれ違った人、あんたで2人目」。少し人恋しかったのかもしれません。私がこれから向かう東飯能から多峯主山経由で歩いてきたとのこと。「初挑戦で、おっかなびっくりでここまで来た。天覚山までは行きたい。天覚山登山後は東吾野駅経由で帰る」としっかり計画も立てられています。昔埼玉は朝霞市に住んでいて、「自宅そばにキャンプがあった」と言っていたので、「自衛隊のですか?」と聞いたら「米軍の。今から50年前の話、あんたはまだ生まれていないか?」と答えられた。そんなに危ない箇所はないにせよ、お年寄りには勾配がきつく、滑りやすいところも多々ある。一昨日多雨降っているから尚更。よくぞ杖一本でここまで無事に辿りつかれたと心底尊敬しました。見かけ相当若く80代にはみえなかった、足腰もしっかりされていて背筋も伸びています。日ごろの健康管理がよほどしっかりされている方なのかな。本日お会いできて良かったです。いつまでもお元気で。
▼あと、印象的だったのは写真欄でも少し触れていますが、山行開始とほぼ同時に、蜘蛛の巣を払うために拾った枝の事です。なんか愛着が湧いて、手放せなくなり、最後の目的地天覧山までは一緒に旅する積りでした。細い割にはしなやかで粘り強く、蜘蛛の巣を払う以外にも、上り坂ではバランスを取るため地面に衝いたりしても折れることなかった。それが道中、するりと手から不思議なこぼれ方をしたので、なんか山の神が返せと言っている気がした。なんででしょうね。道中、なんか変な宗教チックなお札やパウチを見たから影響されてしまった訳では決してないと思うのですが・・・。
▼しかし、道中にあったあの変なお札や写真、何なのでしょうね。ここだけではなく、峰見通りの弾座衛門の峯、高水三山でも見かけた気がする。設置者は同一人物でしょうか?動機が知りたい。でも、設置している現場には出くわしたくない。日記かなんかで情報提供を呼び掛けてみようかしら?
訪問者数:5444人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ