また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1268413 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

4回目でやっと霧がない霧ヶ峰へ(車山肩からピストン)

日程 2017年09月25日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:中央道諏訪IC、国道152号、白樺湖、ビーナスライン 経由
駐車:車山肩駐車場(無料)
復路:ビーナスライン、白樺湖、国道152号、県道17号、中央道諏訪南IC 経由

諏訪ICからカーナビで検索すると、車山肩へは、諏訪ICから上諏訪、県道40号経由で示される。今回は、大門街道を走りたかったので、上記ルートを選択した。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
56分
休憩
48分
合計
1時間44分
S車山肩駐車場14:0614:36霧ヶ峰15:2415:50車山肩駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
車山肩〜車山山頂間の登山道は、平地に近いゆるい坂。ちょっと大きい石が交ざるザレ場で、歩き難いが、坂がゆるい為、落石の心配は全くない。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 トップス:mont-bell WIC.カラーシャツ Men's
ボトムス:普段履きのハーフパンツ
ハット:mont-bell ワイドブリムハット
フットウェア:mont-bell ラップランドブーツ Men's
バックパック:Coleman BREEZE30
チェストバッグ:PaagoWorks フォーカス L(カメラバッグ)
トレッキングポール:Black Diamond アルパインFLZ

写真

中央道諏訪インターよりアプローチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央道諏訪インターよりアプローチ。
車山肩駐車場に到着。
2017年09月25日 14:06撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車山肩駐車場に到着。
霧がないと車山肩から、車山山頂の気象レーダー観測所のドームが見える。
2017年09月25日 14:05撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧がないと車山肩から、車山山頂の気象レーダー観測所のドームが見える。
3
駐車場の西側にある石段から山行のスタート。
2017年09月25日 14:08撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の西側にある石段から山行のスタート。
バイオトイレ(右)と山小屋「ころぼっくるひゅって」(左)。
2017年09月25日 14:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイオトイレ(右)と山小屋「ころぼっくるひゅって」(左)。
時間があれば「ころぼっくるひゅって」でコーヒーでも飲みたい。
2017年09月25日 14:09撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があれば「ころぼっくるひゅって」でコーヒーでも飲みたい。
1
車山山頂に向けて進む。
2017年09月25日 14:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車山山頂に向けて進む。
1
横に目を向けると、ビーナスラインというだけあって車道のラインが美しい。
2017年09月25日 14:16撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横に目を向けると、ビーナスラインというだけあって車道のラインが美しい。
1
辛うじて残っていた「マツムシソウ」。
2017年09月25日 14:20撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛うじて残っていた「マツムシソウ」。
2
車山山頂の到着。
2017年09月25日 14:42撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車山山頂の到着。
3
車山肩から見えていた「気象レーダー観測所」。
2017年09月25日 14:45撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車山肩から見えていた「気象レーダー観測所」。
2
車山神社の鳥居を潜り、
2017年09月25日 14:53撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車山神社の鳥居を潜り、
2
無事に家まで帰れることを祈願した。
2017年09月25日 14:54撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に家まで帰れることを祈願した。
1
蓼科山がよく見えた。下に見える建物は、車山展望リフトの山頂駅(右)と緊急避難所(左)。
2017年09月25日 14:55撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山がよく見えた。下に見える建物は、車山展望リフトの山頂駅(右)と緊急避難所(左)。
東の方角は、蓼科山(山頂駅の上)と八ヶ岳連峰。
2017年09月25日 14:55撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の方角は、蓼科山(山頂駅の上)と八ヶ岳連峰。
2
八ヶ岳連峰は、右側のピークから、編笠山、権現岳、阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳、天狗岳。
2017年09月25日 14:57撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰は、右側のピークから、編笠山、権現岳、阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳、天狗岳。
3
八ヶ岳連峰と南アルプスの間に、富士山が微かに見えた。
2017年09月25日 15:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰と南アルプスの間に、富士山が微かに見えた。
4
南アルプス方面は、仙丈ヶ岳がよくみえた。左側の甲斐駒ヶ岳はピークが雲で隠れていた。
2017年09月25日 14:59撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面は、仙丈ヶ岳がよくみえた。左側の甲斐駒ヶ岳はピークが雲で隠れていた。
2
仙丈ヶ岳のアップ。
2017年09月25日 15:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳のアップ。
2
北アルプス方面は雲で覆われていた。霧ヶ峰の同エリアの美ヶ原は、王ヶ頭の電波塔群で見分けがついた。
2017年09月25日 14:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス方面は雲で覆われていた。霧ヶ峰の同エリアの美ヶ原は、王ヶ頭の電波塔群で見分けがついた。
2
予定外に車山頂上でゆっくりくつろいでしまったので、早々に下山。
2017年09月25日 15:50撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定外に車山頂上でゆっくりくつろいでしまったので、早々に下山。

感想/記録

松本市郊外で用事を済ませた後、天気がよかったので、このまま帰るのは勿体ないと感じ、山行を検討することにした。但し、時刻は昼頃だったので、比較的に簡単に登れる山ということで、取り敢えず、蓼科山(七合目登山口)を目指した。

白樺湖に着いた時点で、時間的に蓼科山は少し厳しいと思い、ターゲットを車山に変更した。

車山は今回で4回目となるが、霧がなかったのは今回が初めて。いつも霧で真っ白な為、車山肩から、車山山頂の気象レーダー観測所のドームが見えることを今回初めて知った。花は終わっていたが、青空のいつもとは違った霧ヶ峰を散策できて新鮮だった。

車山山頂からは、八ヶ岳連峰方面はよく見えて、それぞれの山のピークが判別できた。北アルプス方面は、雲に覆われ殆ど見分けがつかなかった。それでも山頂の展望がよく、涼しくて気持ちよかったので、50分も滞在してしまった。その為、今回は車山乗越方面へは向かわず、来た道を戻るピストン山行にした。

この山は移動日の時間がない時に行く傾向にあるので、八島ヶ原湿原方面へはなかなか足を延ばせない。来年はそちらの方にも訪れてみたい。
訪問者数:209人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ