また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1269109 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 朝日・出羽三山

村山葉山・樽石山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年09月26日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
葉山市民荘の駐車場に停めさせていただきました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
35分
合計
7時間0分
Sスタート地点07:4209:20シャムコース分岐09:57樽石山10:0010:44シャムコース分岐11:05どうだん通り分岐11:18小僧森11:1911:33大僧森11:54葉山11:5512:16葉山神社 (奥の院)12:4412:58葉山12:5913:17大僧森13:30小僧森13:3113:40どうだん通り分岐14:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩野口からシャムコース分岐→前半は急登続きですが、道は歩きやすいです。手がかり足がかりの無い大岩があるので濡れている時は気をつけて下さい。(一部刈払されていない所があります)

シャムコースから樽石山→刈払されておらず、大きな倒木が二箇所あります。高さがあるので、ちょっと大変です。途中のトラバースする区間に背の高い濃い藪があります。足元も見えないので気をつけて下さい。

お田沼からお花畑→ここも刈払されていない所があり、藪が少々うるさいです。

お花畑から葉山→全面的に刈払されております。ぬかるんだ所が多く気をつけても結構汚れるので気になる方はスパッツを。大きな岩の所にロープ場がありますが、高さが無いのでさほど危険はありません。

お花畑から畑コース→ここもぬかるんだ箇所が大変多いです。道幅は広く刈払も完璧にされており、傾斜も緩やかなので歩きやすいコースです。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

葉山市民荘からスタート
管理人さんによれば紅葉が始まっているの事
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉山市民荘からスタート
管理人さんによれば紅葉が始まっているの事
2
長命水
冷たくて美味しい!
空のボトルを持ってきていたので、ここで汲んでいきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長命水
冷たくて美味しい!
空のボトルを持ってきていたので、ここで汲んでいきました
2
岩野コースまでは舗装された道路を歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩野コースまでは舗装された道路を歩きます
2
伐採作業現場を眺めながら岩野口へ
ここは道幅が広くなっているので2〜3台程度なら停められるかも?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採作業現場を眺めながら岩野口へ
ここは道幅が広くなっているので2〜3台程度なら停められるかも?
2
これには書いていないですが、葉山はかつては出羽三山の一山として数えられた時期もあったそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これには書いていないですが、葉山はかつては出羽三山の一山として数えられた時期もあったそうです
2
伐採地のすぐ脇の杉林を歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地のすぐ脇の杉林を歩きます
2
段々坂が急になってきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々坂が急になってきます
2
八丁坂
長さが八丁なのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂
長さが八丁なのかな?
2
姥様
山岳信仰の名残ですね
標高がヤクザ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥様
山岳信仰の名残ですね
標高がヤクザ
2
晴れてはいるが雲が多め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてはいるが雲が多め
2
どうたんの手前
岩が多くなってきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうたんの手前
岩が多くなってきます
2
100万ドルのどうたん
以前と比べて随分小ぶりになってきたそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100万ドルのどうたん
以前と比べて随分小ぶりになってきたそうです
2
三等三角点「田代」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点「田代」
2
右の方はシャムコースの尾根かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の方はシャムコースの尾根かな?
2
ここからシャムコースへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからシャムコースへ
2
最初は薄い藪の中を一気に高度を下げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は薄い藪の中を一気に高度を下げます
2
古御室山から烏帽子岩方面
山の内コースの稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御室山から烏帽子岩方面
山の内コースの稜線
3
1175P
ここが樽石山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1175P
ここが樽石山?
2
さらに進んで1155P標高からすればここが樽石山?

それともこの間の標高点のないピークが樽石山なのか結局わかりませんでした

まぁ通った事は間違いないのですが・・・

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進んで1155P標高からすればここが樽石山?

それともこの間の標高点のないピークが樽石山なのか結局わかりませんでした

まぁ通った事は間違いないのですが・・・

3
看板がかすれて読めませんでしたが、これが1000万ドルのどうたん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板がかすれて読めませんでしたが、これが1000万ドルのどうたん
4
清水衛殿コースへの分岐
ロープが張ってあり、ほぼ藪になってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水衛殿コースへの分岐
ロープが張ってあり、ほぼ藪になってます
1
葉山へのコースに戻りますが、ここが一応道です
トラバースしている区間なので、谷側は足元が見えなく切れ落ちています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉山へのコースに戻りますが、ここが一応道です
トラバースしている区間なので、谷側は足元が見えなく切れ落ちています
1
倒木
下は潜れず高さもありますので、結構無理な姿勢で登りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木
下は潜れず高さもありますので、結構無理な姿勢で登りました
1
ようやくもと来た道へ合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくもと来た道へ合流
1
お田沼
紅葉も始まってきてます

ん?ガスってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お田沼
紅葉も始まってきてます

ん?ガスってきた
4
この辺り刈払されていない所もありますが、大したことは無いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺り刈払されていない所もありますが、大したことは無いです
1
ガスがなければいい眺めなのかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがなければいい眺めなのかな
1
お花畑
帰りはここから下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑
帰りはここから下ります
1
お花はありませんが、本格的な秋模様の始まりですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花はありませんが、本格的な秋模様の始まりですね
9
遠望ももちろんダメ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠望ももちろんダメ
1
小僧森までは結構な急登
ここの他に何箇所かロープ場があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小僧森までは結構な急登
ここの他に何箇所かロープ場があります
1
小僧森
天気は良いのに真っ白という
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小僧森
天気は良いのに真っ白という
1
一旦下りまたすぐに登り返し大僧森へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下りまたすぐに登り返し大僧森へ
1
次々と押し寄せるガス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次々と押し寄せるガス
1
大つぼ石
山でガスが堰き止められています
ここまで来たら山頂はもうすぐ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大つぼ石
山でガスが堰き止められています
ここまで来たら山頂はもうすぐ
2
山頂へは登山道からちょっと離れたところにあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へは登山道からちょっと離れたところにあります
2
朝日連峰の方面
ガスでよくわかりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日連峰の方面
ガスでよくわかりません
2
奥の院までは緩やかな坂が続きます
ここは山の内コースの分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院までは緩やかな坂が続きます
ここは山の内コースの分岐
1
真っ赤な鳥居をくぐると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ赤な鳥居をくぐると
2
奥の院(白磐神社)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院(白磐神社)
6
降りてきた葉山
晴れていれば右の方に白鷹山とか見えたかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきた葉山
晴れていれば右の方に白鷹山とか見えたかも
1
朝日連峰も真っ白
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日連峰も真っ白
1
とりあえずトンボ沼まで降りてみます
逆さ葉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずトンボ沼まで降りてみます
逆さ葉山
7
こっちも葉山
三角点のある方が葉山?
神社がある方が葉山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちも葉山
三角点のある方が葉山?
神社がある方が葉山?
3
神社に戻り昼食
一向に晴れないので眺望は諦めました
山の内コースの稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社に戻り昼食
一向に晴れないので眺望は諦めました
山の内コースの稜線
1
一応記念撮影
一等三角点「葉山」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応記念撮影
一等三角点「葉山」
3
登りも下りも終始ガス
この山はまたチャレンジだなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りも下りも終始ガス
この山はまたチャレンジだなぁ
2
10月に入ればきれいな錦の絨毯が拝めるかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10月に入ればきれいな錦の絨毯が拝めるかも
2
泥濘が多いながらも歩きやすい畑コース
傾斜も割りと緩やか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥濘が多いながらも歩きやすい畑コース
傾斜も割りと緩やか
1
聖仏平
微妙に標高がずれているような
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖仏平
微妙に標高がずれているような
1
一服台
折角なので、ここで小休止
汲んだきた長命水もここで飲み干しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一服台
折角なので、ここで小休止
汲んだきた長命水もここで飲み干しました
1
標高が下がるに連れてすこし傾斜がきつくなります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が下がるに連れてすこし傾斜がきつくなります
1
あとは葉山市民荘まで林道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは葉山市民荘まで林道歩き
1

感想/記録
by cyder

ようやく山形の3つの「葉山」踏破しました。
今回はついでに山形百名山の「樽石山」にも足を運んでみましたが、結局どこが山頂なのかわかりませんでした。
長命水のおかげなのか、久しぶりにバテバテにならずに気持ちよく歩けました。
多分、最近の登山時の体調の悪さは暑さのせいではなく水分不足なのでは無いかと思いました。(登る前に水を十分に摂った後、登山注は1.5リットル消費)

折角の晴れなのに高い所はガス
眺めの良さそうなポイントはたくさんありましたので、リベンジしたいと思います。

※高い所は紅葉が始まっています。10月の連休頃にはいい感じに錦に染まっているでは無いかと思います。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1191人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ