また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1269566 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

鹿島槍五竜(八方→五竜→八峰キレット→鹿島槍→扇沢)

日程 2017年09月24日(日) 〜 2017年09月25日(月)
メンバー
天候快晴のちガス(2日とも)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
第2駐車場(八方の湯付近)に駐車。5時半到着時点で9割ほど埋まっていました。
帰りは、扇沢からバスでJR信濃大町駅、JR信濃大町駅から電車でJR白馬駅、JR白馬駅から徒歩で第2駐車場に戻りましたが、待ち時間も合わせると、約3時間の大移動となりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間27分
休憩
1時間18分
合計
10時間45分
S白馬八方温泉 八方の湯06:0506:15ゴンドラ乗り場06:4007:10八方池山荘07:35石神井ケルン07:57第2ケルン08:02八方ケルン08:08第三ケルン08:15八方池08:2509:10扇雪渓09:33丸山10:15牛首10:2512:10遠見尾根分岐12:15五竜山荘12:2513:17五竜岳13:4015:25北尾根ノ頭15:45口ノ沢のコル16:50八峰キレット小屋
2日目
山行
7時間0分
休憩
1時間10分
合計
8時間10分
八峰キレット小屋04:5506:07鹿島槍ヶ岳北峰06:1506:35鹿島槍ヶ岳07:0007:23布引山07:59冷池山荘テント場08:05冷池山荘08:1508:25冷乗越09:30爺ヶ岳中峰09:3509:58爺ヶ岳南峰10:0210:27種池山荘10:4510:58富士見坂11:22水平岬11:52駅見岬12:12ケルン(柏原新道)12:50柏原新道登山口13:05扇沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

第2駐車場(八方の湯)に到着。
ここからゴンドラ乗り場までは徒歩で約10分です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2駐車場(八方の湯)に到着。
ここからゴンドラ乗り場までは徒歩で約10分です。
駐車場からは白馬三山が見えます。山の方は雲が切れてきていい感じに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からは白馬三山が見えます。山の方は雲が切れてきていい感じに。
6時15分ゴンドラ乗り場に到着。快晴予報の日曜日なので、すでに行列が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時15分ゴンドラ乗り場に到着。快晴予報の日曜日なので、すでに行列が。
1
ゴンドラアダムで一気に1,400mまで\(^o^)/。次はアルペンクワッドリフトです。空が青くてテンションが上がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラアダムで一気に1,400mまで\(^o^)/。次はアルペンクワッドリフトです。空が青くてテンションが上がります。
青空の下のリフトほど気持ちのいいものはありません♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下のリフトほど気持ちのいいものはありません♪
右手には白馬三山が見えてきました♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には白馬三山が見えてきました♪
1
白馬三山ズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山ズーム。
1
グラードクワッドリフトへ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラードクワッドリフトへ向かいます。
いい感じに色づいてきました。1週間後はもっと綺麗でしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じに色づいてきました。1週間後はもっと綺麗でしょうね。
1
白馬三山をバックに一枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山をバックに一枚。
1
グラードクワッドリフト。
正面には八方池山荘が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラードクワッドリフト。
正面には八方池山荘が見えてきました。
楽しみにしていた鹿島槍五竜は、流れてきた雲に隠れてしまいました(リフトに乗る前までは見えていたのに(>_<))。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しみにしていた鹿島槍五竜は、流れてきた雲に隠れてしまいました(リフトに乗る前までは見えていたのに(>_<))。
八方池山荘(リフトトップ)に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘(リフトトップ)に到着。
振り返るとガスが(>_<)。
まだ雲ひとつない秋晴れとはいかないようです。ここからは迫りくるガスとの勝負です(苦笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとガスが(>_<)。
まだ雲ひとつない秋晴れとはいかないようです。ここからは迫りくるガスとの勝負です(苦笑)。
上は晴れていたのですが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上は晴れていたのですが…
八方山ケルンに着く頃には残念ながらガスの中へ。今日はここまでかと諦めたのですが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方山ケルンに着く頃には残念ながらガスの中へ。今日はここまでかと諦めたのですが、
1
ガスがとれてきました\(^o^)/。正面には唐松岳と不帰嶮が♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがとれてきました\(^o^)/。正面には唐松岳と不帰嶮が♪
1
白馬三山もばっちりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山もばっちりです。
2
八方池に寄り道します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池に寄り道します。
2
八方池に到着。風も穏やかで、水面が鏡のようです♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池に到着。風も穏やかで、水面が鏡のようです♪
4
定番スポットからの白馬三山。ほんと幻想的な景色でした\(^o^)/。今流行りのフォトジェニック(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番スポットからの白馬三山。ほんと幻想的な景色でした\(^o^)/。今流行りのフォトジェニック(笑)。
6
ここまでなら初心者でも来れるので、ぜひ快晴・無風の日を狙ってお越しください♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでなら初心者でも来れるので、ぜひ快晴・無風の日を狙ってお越しください♪
3
ここからしばらく樹林帯が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらく樹林帯が続きます。
1
この辺りから行列になりました(^_^;)。さすが人気の山ですね。ペースは落ちましたが、2ヶ月ぶりの登山で疲れていたので、逆にありがたかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから行列になりました(^_^;)。さすが人気の山ですね。ペースは落ちましたが、2ヶ月ぶりの登山で疲れていたので、逆にありがたかったです。
鹿島槍五竜が見えました\(^o^)/。楽しみにしていた景色なので、ほんと嬉しい♪君たちかっこよすぎです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍五竜が見えました\(^o^)/。楽しみにしていた景色なので、ほんと嬉しい♪君たちかっこよすぎです。
2
行く先はまだまだ快晴です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く先はまだまだ快晴です。
樹林帯を抜けて、気持ちいい稜線歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて、気持ちいい稜線歩き。
不帰嶮。高所恐怖症なので、私が挑戦する日はこないかな(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰嶮。高所恐怖症なので、私が挑戦する日はこないかな(^_^;)。
1
頂上山荘が見えてきました\(^o^)/。今までも十分絶景でしたが、この先にはさらなる絶景が待っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘が見えてきました\(^o^)/。今までも十分絶景でしたが、この先にはさらなる絶景が待っています。
1
そう、剱・立山が見えるのです♪
今日はあちらも快晴です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そう、剱・立山が見えるのです♪
今日はあちらも快晴です。
唐松岳もすぐですが、今日は先を急ぐのでまた今度。ただ、唐松岳からの景色も最高なので、時間(と体力)がある方はぜひ立ち寄ってみてください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳もすぐですが、今日は先を急ぐのでまた今度。ただ、唐松岳からの景色も最高なので、時間(と体力)がある方はぜひ立ち寄ってみてください。
今日は牛首方面へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は牛首方面へ向かいます。
1
牛首からの五竜。めっちゃかっこいい♪ただ、長野側からは大量の雲が。負けるな五竜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首からの五竜。めっちゃかっこいい♪ただ、長野側からは大量の雲が。負けるな五竜!
1
牛首はなかなかの高度感です。初心者にはすこし厳しいかもしれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首はなかなかの高度感です。初心者にはすこし厳しいかもしれません。
2
稜線を境に、雲のせめぎあいがすごい。もちろん雲がない方を応援します(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を境に、雲のせめぎあいがすごい。もちろん雲がない方を応援します(^_^;)。
2
一旦もったいないくらい下りました(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦もったいないくらい下りました(>_<)。
気を取り直して、五竜へと向かいます。目の前にそびえ立つ五竜の迫力は圧倒的です。まだまだガスに飲み込まれずに頑張っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して、五竜へと向かいます。目の前にそびえ立つ五竜の迫力は圧倒的です。まだまだガスに飲み込まれずに頑張っています。
1
白岳に到着。この先には、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岳に到着。この先には、
五竜山荘が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘が見えてきました。
2
ここは遠見尾根との合流地点でもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは遠見尾根との合流地点でもあります。
1
五竜山荘に到着。有名な黒菱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘に到着。有名な黒菱。
2
昨日は大盛況で、布団1枚に2人だったとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は大盛況で、布団1枚に2人だったとのこと。
五竜目指して出発です。なんとかガスらずに頑張ってくれています。さすがにこの時間は下山してくる人ばかりでした(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜目指して出発です。なんとかガスらずに頑張ってくれています。さすがにこの時間は下山してくる人ばかりでした(^_^;)。
1
来た道を振り返ります。長野側からは雲が溢れ出そうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返ります。長野側からは雲が溢れ出そうです。
ガレ場になってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場になってきました。
岩場をよじ登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場をよじ登っていきます。
振り返るとなかなかの高度感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとなかなかの高度感。
五竜山頂まであと一息。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山頂まであと一息。
1
八峰キレットと鹿島槍。五竜から八峰キレットと鹿島槍全体が見えたのはこれで最後でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八峰キレットと鹿島槍。五竜から八峰キレットと鹿島槍全体が見えたのはこれで最後でした。
八方池山荘から約6時間。五竜岳山頂に到着\(^o^)/。到着が少し遅かったので、ガスに飲み込まれつつありました(T_T)。景色もないので先を急ぎます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘から約6時間。五竜岳山頂に到着\(^o^)/。到着が少し遅かったので、ガスに飲み込まれつつありました(T_T)。景色もないので先を急ぎます。
3
五竜の次は、いよいよ八峰キレットに突入!残念ながら、ここからはほぼガスでした(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜の次は、いよいよ八峰キレットに突入!残念ながら、ここからはほぼガスでした(T_T)。
キレット小屋までで一番危険を感じたところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋までで一番危険を感じたところ。
ここがG5だったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがG5だったようです。
1
ガスと言えば…アイドル雷鳥の登場\(^o^)/。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスと言えば…アイドル雷鳥の登場\(^o^)/。
1
近寄っても全然逃げません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近寄っても全然逃げません。
5
はしごが現れると、キレット小屋はもうすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はしごが現れると、キレット小屋はもうすぐです。
キレット小屋が見えてきました\(^o^)/。ほんとすごいところに建てられていますね。今日はこちらにお邪魔します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋が見えてきました\(^o^)/。ほんとすごいところに建てられていますね。今日はこちらにお邪魔します。
3
剱へと太陽が沈んでいきます。
キレット小屋からは剱の絶景を楽しめます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱へと太陽が沈んでいきます。
キレット小屋からは剱の絶景を楽しめます
2
この時間は雲が刻々と変化していきます。剱と鹿島槍の間に、新しい山が誕生しました♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間は雲が刻々と変化していきます。剱と鹿島槍の間に、新しい山が誕生しました♪
1
おはようございます。ここから2日目です。キレット小屋出発後の一枚。東の空が明るくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。ここから2日目です。キレット小屋出発後の一枚。東の空が明るくなってきました。
2
剱も見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱も見えてきました。
鎖場が終了。暗くて写真は撮れませんでしたが、キレット小屋からしばらくはなかなかの難所でした。ひとつのミスが命取りになります(比喩ではなくて、本当に命取りになります(>_<))。あとは吊尾根に向かってひたすら登ります。山頂にはご来光を待つ人が見えます。うらやましい(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が終了。暗くて写真は撮れませんでしたが、キレット小屋からしばらくはなかなかの難所でした。ひとつのミスが命取りになります(比喩ではなくて、本当に命取りになります(>_<))。あとは吊尾根に向かってひたすら登ります。山頂にはご来光を待つ人が見えます。うらやましい(>_<)。
2
ご来光です♪できれば山頂で見たかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光です♪できれば山頂で見たかった。
2
モルゲンに染まる鹿島槍。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンに染まる鹿島槍。
2
分岐が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐が見えてきました。
分岐に到着すると、槍ヶ岳を筆頭に北アルプス南部の山々が見えます\(^o^)/。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に到着すると、槍ヶ岳を筆頭に北アルプス南部の山々が見えます\(^o^)/。
1
鹿島槍(南峰)。一瞬北峰は諦めそうになりましたが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍(南峰)。一瞬北峰は諦めそうになりましたが…
1
鹿島槍(北峰)に到着です。北峰は人気がないのか、私ひとりだけでした(^_^;)。360度の絶景をひとりで楽しみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍(北峰)に到着です。北峰は人気がないのか、私ひとりだけでした(^_^;)。360度の絶景をひとりで楽しみます。
3
長野側は一面雲海。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野側は一面雲海。
1
妙高・火打方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高・火打方面。
八峰キレット・五竜方面。あんなところを歩いてきたんですね。昨日はガスっていたので、全くわからず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八峰キレット・五竜方面。あんなところを歩いてきたんですね。昨日はガスっていたので、全くわからず。
1
剱・毛勝三山方面。奥には日本海が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱・毛勝三山方面。奥には日本海が見えます。
北アルプス南部方面。やっぱり槍ヶ岳に目がいきますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス南部方面。やっぱり槍ヶ岳に目がいきますね。
次は南峰へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は南峰へ向かいます。
1
吊尾根をいったん下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根をいったん下ります。
北峰から約20分で南峰に到着\(^o^)/。こちらも360度の絶景です♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰から約20分で南峰に到着\(^o^)/。こちらも360度の絶景です♪
2
八峰キレット、五竜、白馬三山方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八峰キレット、五竜、白馬三山方面。
1
扇沢方面。予想はしていましたが、爺ヶ岳への登り返しに愕然とします(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢方面。予想はしていましたが、爺ヶ岳への登り返しに愕然とします(^_^;)。
2
ここから冷池山荘までの稜線で見る剱・立山は私のお気に入りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから冷池山荘までの稜線で見る剱・立山は私のお気に入りです。
冷池山荘のテン場に到着。剱・立山を眺めながらの贅沢なテン泊が楽しめます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘のテン場に到着。剱・立山を眺めながらの贅沢なテン泊が楽しめます。
2
冷池山荘はもう少し先にあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘はもう少し先にあります。
剱・立山をバックに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱・立山をバックに。
赤岩尾根はこちら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩尾根はこちら。
爺ヶ岳(中峰)への分岐。巻き道をトラバースしようかと思いましたが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳(中峰)への分岐。巻き道をトラバースしようかと思いましたが…
1
爺ヶ岳(中峰)に到着。せっかくの晴れなので登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳(中峰)に到着。せっかくの晴れなので登りました。
2
鹿島槍方面。昨日と同様に長野側からは雲が迫ってきています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍方面。昨日と同様に長野側からは雲が迫ってきています。
2
爺ヶ岳(南峰)方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳(南峰)方面。
1
爺ヶ岳(南峰)に到着。鹿島槍をバックに一枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳(南峰)に到着。鹿島槍をバックに一枚。
1
剱・立山をバックに一枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱・立山をバックに一枚。
扇沢が見えました。ここからパラグライダーか何かで一気に下りたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢が見えました。ここからパラグライダーか何かで一気に下りたい。
1
種池山荘へ向かいます。ここからはひたすら下るだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘へ向かいます。ここからはひたすら下るだけ。
2
鹿島槍も見納めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍も見納めです。
種池山荘に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘に到着。
1
柏原新道で扇沢へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道で扇沢へ向かいます。
ここからは無心で下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは無心で下ります。
なぜかタイヤがありました。
最初は不法投棄かと思いましたが、どうやらそうではないみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜかタイヤがありました。
最初は不法投棄かと思いましたが、どうやらそうではないみたい。
登山口が見えました\(^o^)/。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口が見えました\(^o^)/。
ここで終わりだといいのですが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで終わりだといいのですが…
ここから扇沢まで約15分の(緩やかな)登りが待っています(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから扇沢まで約15分の(緩やかな)登りが待っています(T_T)。
1
扇沢に到着\(^o^)/。ほんとお疲れさまでした。関西人は富山側から登るので、初めての扇沢。しかし、八方までの大移動がまだ残っています(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢に到着\(^o^)/。ほんとお疲れさまでした。関西人は富山側から登るので、初めての扇沢。しかし、八方までの大移動がまだ残っています(>_<)。
2
信濃大町駅の時刻表。お昼時間帯は南小谷方面へはまさかの3時間に一本です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信濃大町駅の時刻表。お昼時間帯は南小谷方面へはまさかの3時間に一本です。
1

感想/記録

鹿島槍五竜に登ってきました\(^o^)/。
この夏は、天気と休みが合わず、1ヶ月半ぶりの登山となりました。
この夏狙っていた、鹿島槍五竜、聖光、平ヶ岳のうち、キレット小屋の営業期間(9月30日まで)の関係で、今回は鹿島槍五竜にしました。

鹿島槍五竜の縦走は、どちらからでも縦走可能ですが、鹿島槍の双児峰(猫の耳)と吊尾根を眺めながら八峰キレットを進みたかったことから、今回は五竜から登ることにしました。なお、五竜へは、遠見尾根(白馬五竜スキー場)からと、八方尾根(白馬八方尾根スキー場)から登れますが(距離的には遠見尾根からの方が近いです)、今年の2月に唐松岳に登ったときに見た鹿島槍五竜の姿がめっちゃかっこよくて、ぜひ無雪期の姿も見て見たかったので、遠見尾根からよりは少し遠回りになりますが、今回は八方尾根から登ることにしました(ちなみに、八方尾根スキー場のゴンドラの方が運行開始時間が早い(この日は、白馬八方が6時30分、白馬五竜が8時15分)なので、雲が湧いてくる前に景色を楽しみたかったというのもありました)。
結果的にはこれが大正解で、鹿島槍五竜の姿はもちろんのこと、八方池に鏡のように映る白馬三山の姿まで見れたので、大満足でした(今回の主役はまさかの八方池かな、といいたくなるようなすばらしい景色でした(^_^;)。)。

さて、肝心の鹿島槍五竜ですが、五竜は山頂ではガスってしまいましたが(さすがに到着が遅すぎた…)、鹿島槍では360度の絶景を楽しめました\(^o^)/。
八峰キレットでは、ガスにより、鹿島槍の双児峰や吊尾根を眺めながらの山行は楽しめませんでしたが、北アルプス三大キレットのひとつを達成できたことは大きな自信となりました。

最後に、八方尾根は大混雑だったため、自分のペースで登れない人、登りの列が途切れないためなかなか下りれない人達がかなりイライラしていたのが、残念でした。気持ちはわからなくもないですが、せっかく山に来たのだから、イライラするのはやめてほしい(>_<)。絶好の行楽日和の日曜日かつ八方尾根なので、混雑は予想できたはず。混雑が嫌なら他の山に行ってください。

最後にすみませんでした(>_<)。
訪問者数:257人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ