また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1270405 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

3000mの回廊へ〜北岳・間ノ岳・農鳥〜

日程 2017年09月26日(火) 〜 2017年09月27日(水)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田駐車場 
 平日は8:32が始発。駐車場もバスもガラガラでした。
 バスは登山者は3名で、殆どが釣り人でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間20分
休憩
20分
合計
5時間40分
S広河原・吊り橋分岐09:4011:20大樺沢二俣11:3012:40草すべり分岐12:50小太郎尾根分岐13:30北岳肩ノ小屋14:10北岳14:2014:40吊尾根分岐15:20北岳山荘
2日目
山行
7時間40分
休憩
1時間40分
合計
9時間20分
北岳山荘05:4006:00中白根山06:50間ノ岳07:2007:50農鳥小屋08:0008:50西農鳥岳09:20農鳥岳09:5010:10大門沢分岐12:00大門沢小屋12:3015:00奈良田第二駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。
その他周辺情報奈良田の温泉は水曜定休。大門沢小屋で教わった湯島温泉へ。なかなか良い温泉でした。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

奈良田の駐車場には簡易トイレが2つ。少し下の温泉駐車場には自販機とトイレあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良田の駐車場には簡易トイレが2つ。少し下の温泉駐車場には自販機とトイレあり。
吊り橋の先の北岳には少し雲が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋の先の北岳には少し雲が。
渓流沿いをひたすら登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓流沿いをひたすら登ります。
何やらレリーフのようなものが埋め込まれた大きな岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何やらレリーフのようなものが埋め込まれた大きな岩。
その上にきれいにリンドウが咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上にきれいにリンドウが咲いていました。
トリカブトもあちこちで咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトもあちこちで咲いています。
二股までくると北岳が間近に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股までくると北岳が間近に。
雪渓を左に見ながら右俣コースを登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を左に見ながら右俣コースを登ります。
ちょっとした広場に出ました。北岳はまだ遠いなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした広場に出ました。北岳はまだ遠いなあ。
この辺りはナナカマドもきれいに紅葉していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはナナカマドもきれいに紅葉していました。
2
小太郎尾根にでると、大きな仙丈ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎尾根にでると、大きな仙丈ヶ岳。
1
甲斐駒ケ岳は残念ながら雲がかかっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳は残念ながら雲がかかっていました。
1
景色を楽しみながら尾根沿いを登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色を楽しみながら尾根沿いを登ります。
2
少し岩場もでてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し岩場もでてきます。
肩の小屋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋に到着。
3
東側からは雲がわいてきています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側からは雲がわいてきています。
2
景色は見れなかったけど、ブロッケン現象に遭遇!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色は見れなかったけど、ブロッケン現象に遭遇!
3
さあ、北岳山荘に向かって下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、北岳山荘に向かって下ります。
北岳山荘の夕食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘の夕食。
4
夕方になってようやく雲が晴れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方になってようやく雲が晴れてきました。
2
満点の星空には天の川も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満点の星空には天の川も。
2
2日目、この日は富士山も見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、この日は富士山も見えます。
5
摘んでみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摘んでみました。
3
富士山も幻想的。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も幻想的。
4
これから向かう間ノ岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう間ノ岳方面。
3
北岳ともお別れです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳ともお別れです。
4
北岳からの回廊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳からの回廊。
3
北岳山荘のお弁当。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘のお弁当。
3
これから向かう立派な農鳥岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう立派な農鳥岳。
4
農鳥小屋到着。人影がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥小屋到着。人影がありません。
4
農鳥方面から見る間ノ岳はドッシリ大きい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥方面から見る間ノ岳はドッシリ大きい。
3
西農鳥から農鳥への道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西農鳥から農鳥への道。
2
南アルプス南部の峰々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス南部の峰々。
3
農鳥岳まで続く道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳まで続く道。
4
農鳥岳から見る間ノ岳と北岳。
ここで北岳ともお別れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳から見る間ノ岳と北岳。
ここで北岳ともお別れ。
3
ライチョウにも出会えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウにも出会えました。
4
広河内岳に続く道もいい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河内岳に続く道もいい感じ。
3
これから下る長い道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下る長い道。
前半はきれいな紅葉の中下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半はきれいな紅葉の中下ります。
1
こんな岩場をひたすら下る...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩場をひたすら下る...
1
大門沢小屋にようやく到着。
ここのラーメンに入っていたお餅がとっても美味しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢小屋にようやく到着。
ここのラーメンに入っていたお餅がとっても美味しかった。
4

感想/記録

このコースは昔から憧れていたものの躊躇していたコース。

今回2つの懸念がありました。
1.高山病にならないか
   3000m前後でいつも高山病になっていたため、なかなか挑戦できなかった
   北岳。今回は前日の仕事が22:00までだったため、寝不足を懸念してあえ
   て8:32発の奈良田スタートにしました。また、水分を多くとる。呼吸を意
   識する。を注意した結果、高山病にはなりませんでした。でも、1番の要因は
   去年から標高1000m近くで生活しているため、高度順応できていた?
2.2200mの下りに膝が耐えられるか
   最近膝痛がよくある身として心配でした。朝体調が悪ければ間ノ岳から引き
   返すことも考えていましたが、体調も良いのでチャレンジ。結果として、軽い
   靴擦れの方が辛かった。しかし、下ったあとは足全体が痛くて翌日も階段を下
   りるのが辛い...

まず、北岳までの登り。これまでほとんど経験のない1000mを超える登り。少し心配でしたが、意外と楽に登りきれました。変化もあるし、景色が良いことが要因か?日帰りも可能そうです。

北岳山荘は平日とあって50名程度でした。布団も1つ置きで使えたので快適でした。でも、どんなに空いていてもイビキをかく人は必ずいますね。どこでも寝れない自分としては耳栓を忘れないようにしたいと思います。

3000mの稜線歩きは、細かいアップダウンや岩場などもあり、想像ほど気持ちの良いものではなかったけど、素晴らしい景色を眺めながらの歩きは最高でした。最後に見た農鳥岳からの景色は特に素晴らしかったです。塩見岳や荒川岳方面も素晴らしかった。今度挑戦したいと思います。

大門沢の下りは、想像以上にキツイものでした。いつまでも続く急斜面。2度と挑戦したくないと思えました。小屋をすぎると斜度も落ち着き楽になりますが、その頃は靴擦れとパンパンの腿で余裕はありませんでした。

北岳山荘からこのコースをとった他の3組(もう1組いたようですが)は、さすがにみなさん健脚の持ち主。ベテラン(それなりのお年)の方も自分とほとんど変わらないペースで、常に付かず離れずで歩かれていました。大門沢の下りも余裕そうでした。それなりに体力に自信がないと難しいコースかもしれません。
訪問者数:353人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ