ヤマレコ

記録ID: 1272528 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

湯俣温泉へ!〜秘湯を訪ねて一万メートル

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
9時台に七倉山荘前の駐車場に到着。既に満車。が、タクシー会社の人が誘導してくれて何とか駐車スペース確保。

七倉から高瀬ダムまでは乗合タクシー。一人で乗ると2200〜2300円くらい。ワゴン車のタクシーは料金が普通車タクシーの1.4倍。しかし9人乗れるため、割ったら一人あたり約360円。今回は運良くワゴン車の最安値で乗る事が出来た。

帰りも高瀬〜七倉間はタクシーだが、16時以降は待ちのタクシーがいないこともあるらしい。ダムの管理棟(?)の所に公衆電話(10円のみ使用可)あり。ここからタクシーが呼べるが、呼んだ場合は大町から配車されるため時間が掛かるようだ。携帯は電波が全く通じず。季節により七倉のゲートが閉まる時間が変わるそうで、それに合わせてタクシーの運行時間も変わります。詳しくは下記URL参照。
http://www.kanko-omachi.gr.jp/mountain/qa.php
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間48分
休憩
1時間38分
合計
6時間26分
S高瀬ダム09:5210:31東京電力高瀬川第五発電所10:3210:49林道終点10:5811:19名無避難小屋12:20湯俣温泉晴嵐荘13:1113:26湯俣(噴湯丘)14:0315:04名無避難小屋15:21林道終点15:38東京電力高瀬川第五発電所16:18高瀬ダム湯俣登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
半分は関係者の車も通行する林道。半分はなだらかな登山道。
トンネル内は電灯が点いているが、やや暗いトンネルもあるのでヘッドライトがあれば安心。たまに車も通るので、安全のためにも。
木道が崩壊している箇所があるが、応急処置されているので通過は問題なし。吊り橋は一人ずつ渡るように注意書きあり。
晴嵐荘から先はゴロゴロした河原歩き。一部、へつるようにして進まねばならない箇所あり。「自己責任で」と書いてある吊り橋もあり。
噴湯丘へは渡渉必要。水流強く、ザイルなしでは不安。
その他周辺情報湯俣温泉晴嵐荘。http://seiransou.com/
七倉温泉七倉山荘。http://www.webmarunaka.com/nanakura/
七倉より下には葛温泉(3軒)もあり。

写真

9時過ぎ、七倉温泉に到着。既に駐車場は満車。だが、誘導してもらい何とか駐車スペースを確保。団体さん用のタクシーが何台も停まっており、かなり賑やか。
2017年09月30日 09:21撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時過ぎ、七倉温泉に到着。既に駐車場は満車。だが、誘導してもらい何とか駐車スペースを確保。団体さん用のタクシーが何台も停まっており、かなり賑やか。
我々個人客は、乗合ワゴンタクシーで高瀬ダムへ。一人360円だったので非常に助かりました(笑)
湖水は温泉成分の影響か、白濁しています。
2017年09月30日 09:52撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我々個人客は、乗合ワゴンタクシーで高瀬ダムへ。一人360円だったので非常に助かりました(笑)
湖水は温泉成分の影響か、白濁しています。
正面奥、左側が烏帽子岳。右の白いのが南沢岳。右端は不動岳。
烏帽子の手前の緑の急斜面が、北アルプス3大急登のブナ立尾根か。
2017年09月30日 09:53撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面奥、左側が烏帽子岳。右の白いのが南沢岳。右端は不動岳。
烏帽子の手前の緑の急斜面が、北アルプス3大急登のブナ立尾根か。
出発!
2017年09月30日 09:53撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発!
いきなりトンネル。1キロ。
2017年09月30日 09:55撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりトンネル。1キロ。
終わったと思ったらまたトンネル。
2017年09月30日 10:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終わったと思ったらまたトンネル。
立ち枯れの木があると幻想的な景色になりますね。
2017年09月30日 10:14撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木があると幻想的な景色になりますね。
1
もう、上の方は紅葉している。
奥の白いのは野口五郎方面の稜線だろうか。
2017年09月30日 10:21撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、上の方は紅葉している。
奥の白いのは野口五郎方面の稜線だろうか。
振り向くと、奥に針ノ木岳。
2017年09月30日 10:23撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと、奥に針ノ木岳。
1
東電第五発電所。この付近、ちょっと硫黄のにおいがした。
2017年09月30日 10:33撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電第五発電所。この付近、ちょっと硫黄のにおいがした。
導水管。
2017年09月30日 10:34撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
導水管。
枯木その2。
2017年09月30日 10:36撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯木その2。
茶色くて汚い水が混ざってるなーって思ってたら、
2017年09月30日 10:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶色くて汚い水が混ざってるなーって思ってたら、
浅くなって湖底が見えていただけでした・・・。ここが湖の最上流部。
2017年09月30日 10:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅くなって湖底が見えていただけでした・・・。ここが湖の最上流部。
ここから高瀬川が元の川の姿に戻りました。
2017年09月30日 10:44撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから高瀬川が元の川の姿に戻りました。
林道終点。関係者の駐車場あり。ここまでは平らな車道だったが、この先は普通の登山道。
2017年09月30日 11:00撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点。関係者の駐車場あり。ここまでは平らな車道だったが、この先は普通の登山道。
いきなり崩壊箇所。わくわくしてしまう・・・。
2017年09月30日 11:05撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり崩壊箇所。わくわくしてしまう・・・。
左側に臨時の通行路が作られていました。
2017年09月30日 11:05撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側に臨時の通行路が作られていました。
反対側から。TVゲームや映画のセットようだ。
2017年09月30日 11:06撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側から。TVゲームや映画のセットようだ。
この辺りは木道で楽チン。
2017年09月30日 11:06撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは木道で楽チン。
名無避難小屋。
2017年09月30日 11:22撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名無避難小屋。
緩やかな登りの登山道。
2017年09月30日 11:22撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな登りの登山道。
名無沢の橋。
2017年09月30日 11:23撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名無沢の橋。
名無沢上流方面。
2017年09月30日 11:23撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名無沢上流方面。
木漏れ日が気持ち好い。
2017年09月30日 11:23撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日が気持ち好い。
道は殆ど平坦なので気持ちの好い散歩ができる。
2017年09月30日 11:24撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は殆ど平坦なので気持ちの好い散歩ができる。
ブナ林に入った。
2017年09月30日 11:34撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林に入った。
視界が開け、川の側に出た。この辺りから落葉松が多くなってきた。落葉松が増えると、何となく上高地っぽい雰囲気に思えてくる。
2017年09月30日 11:44撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開け、川の側に出た。この辺りから落葉松が多くなってきた。落葉松が増えると、何となく上高地っぽい雰囲気に思えてくる。
また振り返って針ノ木岳。
2017年09月30日 11:46撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また振り返って針ノ木岳。
渓流感が増してきました。この辺りから、そこはかとなく硫黄のにおいが。
2017年09月30日 11:46撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流感が増してきました。この辺りから、そこはかとなく硫黄のにおいが。
フジアザミ。
2017年09月30日 11:47撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フジアザミ。
アキノキリンソウ。
2017年09月30日 11:47撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ。
だいぶん末期のヤマハハコ。
2017年09月30日 11:47撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶん末期のヤマハハコ。
陽の当たる落葉松の道。
2017年09月30日 12:06撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽の当たる落葉松の道。
お! あれは!
2017年09月30日 12:07撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お! あれは!
槍ヶ岳! 手前のでかい三角は北鎌尾根の独標か??
2017年09月30日 12:07撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳! 手前のでかい三角は北鎌尾根の独標か??
槍が見えて暫く歩いたら、晴嵐荘も見えてきました。
2017年09月30日 12:18撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が見えて暫く歩いたら、晴嵐荘も見えてきました。
吊り橋もあり。
2017年09月30日 12:19撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋もあり。
1
登山道では一人しかすれ違わなかったのに、ここにはたくさんの登山者が。
2017年09月30日 12:20撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道では一人しかすれ違わなかったのに、ここにはたくさんの登山者が。
いちばん上に、新宿・名古屋とか書いてある・・・。
2017年09月30日 12:21撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いちばん上に、新宿・名古屋とか書いてある・・・。
綺麗な吊り橋です。
2017年09月30日 12:21撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な吊り橋です。
到着! メシだメシだ!
2017年09月30日 12:23撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着! メシだメシだ!
宿泊者の夕食メニュー。美味そうである!
2017年09月30日 12:29撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊者の夕食メニュー。美味そうである!
洋酒もこんなにたくさん。
2017年09月30日 12:30撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洋酒もこんなにたくさん。
ジャズが流れるお洒落な所です。
2017年09月30日 12:30撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャズが流れるお洒落な所です。
K氏はぶっかけの讃岐うどん。酢橘を絞って。出汁はちゃんと作っているのだそう。
2017年09月30日 12:55撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
K氏はぶっかけの讃岐うどん。酢橘を絞って。出汁はちゃんと作っているのだそう。
私はカレー。結構時間が掛かってるなと思ったら、かなり手の込んだのが出て来てビックリ!! 市販のルーは使っておらず手作りとの事。野菜も5種類。スパイスが利いた旨味の深いインドカリーでした。今まで食べた山小屋カレーとは一線を画すレベルの美味しさでした。 
2017年09月30日 12:56撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私はカレー。結構時間が掛かってるなと思ったら、かなり手の込んだのが出て来てビックリ!! 市販のルーは使っておらず手作りとの事。野菜も5種類。スパイスが利いた旨味の深いインドカリーでした。今まで食べた山小屋カレーとは一線を画すレベルの美味しさでした。 
1
再び吊り橋を渡る。
2017年09月30日 13:11撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び吊り橋を渡る。
クマもんは出るらしい。プーさんは出ないのか!
2017年09月30日 13:11撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマもんは出るらしい。プーさんは出ないのか!
すぐにまた別の吊り橋。
2017年09月30日 13:17撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにまた別の吊り橋。
自己責任でお渡り下さい!
2017年09月30日 13:17撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自己責任でお渡り下さい!
待つ。
2017年09月30日 13:17撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待つ。
斜めってますなぁ。
2017年09月30日 13:18撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜めってますなぁ。
鳥居と祠が。
2017年09月30日 13:19撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居と祠が。
崖を降りた先はこんな感じ。辛うじて水面に出ている石に足を乗せて、壁をへつるようにして。
2017年09月30日 13:23撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖を降りた先はこんな感じ。辛うじて水面に出ている石に足を乗せて、壁をへつるようにして。
ここは浅いので、サンダルの人はそのままジャブジャブ行ってもいいかと。
向こう側にはもう湯煙が見えます。既に臭いも凄い。
2017年09月30日 13:23撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは浅いので、サンダルの人はそのままジャブジャブ行ってもいいかと。
向こう側にはもう湯煙が見えます。既に臭いも凄い。
湯煙の場所に行くと、湯の花が藻のように揺らめいていた! 熱気はムンムン。
2017年09月30日 13:24撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯煙の場所に行くと、湯の花が藻のように揺らめいていた! 熱気はムンムン。
1
特にこの黒い所は熱そうです。
2017年09月30日 13:24撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特にこの黒い所は熱そうです。
湯気が凄い。
2017年09月30日 13:25撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯気が凄い。
凶悪そうな色をした温泉ですな!
2017年09月30日 13:25撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凶悪そうな色をした温泉ですな!
周りは普通の河原なのに、ここだけ異様な景色。
2017年09月30日 13:25撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りは普通の河原なのに、ここだけ異様な景色。
少し歩くと、対岸に噴湯丘が! 天然記念物らしい。
2017年09月30日 13:33撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと、対岸に噴湯丘が! 天然記念物らしい。
角度を変えて。
2017年09月30日 13:36撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角度を変えて。
ビスマルクが被ってるヘルメットみたいだ。
2017年09月30日 13:36撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビスマルクが被ってるヘルメットみたいだ。
2
噴湯丘方面への渡渉点を探すが、ない。
2017年09月30日 13:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴湯丘方面への渡渉点を探すが、ない。
渡れそうで、近づいてみると渡れず。
2017年09月30日 13:39撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡れそうで、近づいてみると渡れず。
上流に行けばポイントはあるだろうか。
2017年09月30日 13:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流に行けばポイントはあるだろうか。
腰まで浸かるのを覚悟なら行けそうだが、そうなったら水流に負けてしまって危ない。時間もなし、ザイルもなし。断念。
2017年09月30日 13:41撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腰まで浸かるのを覚悟なら行けそうだが、そうなったら水流に負けてしまって危ない。時間もなし、ザイルもなし。断念。
河の縁を歩くのも一苦労。
2017年09月30日 13:42撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河の縁を歩くのも一苦労。
下ばっかり見ていて、初めて気付く。燕岳方面かな。
2017年09月30日 13:46撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ばっかり見ていて、初めて気付く。燕岳方面かな。
巨大な恐竜の背中のようだ。
2017年09月30日 13:46撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な恐竜の背中のようだ。
暫く行くと、往路と視点が変わったお蔭か、足湯の出来そうな所を発見! 丁度良い湯加減! ご満悦のK氏。
2017年09月30日 13:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く行くと、往路と視点が変わったお蔭か、足湯の出来そうな所を発見! 丁度良い湯加減! ご満悦のK氏。
しかし、川底から熱水が湧き出しているため、うっかりしていると火傷しそうになる。裸足は要注意!
2017年09月30日 13:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、川底から熱水が湧き出しているため、うっかりしていると火傷しそうになる。裸足は要注意!
湯に(足だけ)浸かりながら、豪快な川の流れを水面と同じくらいの視線で見る。ワイルドですなぁ〜。
2017年09月30日 13:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯に(足だけ)浸かりながら、豪快な川の流れを水面と同じくらいの視線で見る。ワイルドですなぁ〜。
川の両岸はこのような岸壁で、まさに絶景温泉。これで全身浸かれたらなぁ・・・。
足湯だけでしたが、帰り道はかなり足取りが軽くなった気がしました。
2017年09月30日 13:48撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の両岸はこのような岸壁で、まさに絶景温泉。これで全身浸かれたらなぁ・・・。
足湯だけでしたが、帰り道はかなり足取りが軽くなった気がしました。
うんとこしょ。
2017年09月30日 14:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うんとこしょ。
どっこいしょ。
2017年09月30日 14:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっこいしょ。
無事通過〜。
2017年09月30日 14:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事通過〜。
崖&ロープあり。
2017年09月30日 14:10撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖&ロープあり。
帰りもひたすら歩く。長く感じるんだよなぁ。
2017年09月30日 15:34撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りもひたすら歩く。長く感じるんだよなぁ。
神様がいそうな島。
2017年09月30日 15:39撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神様がいそうな島。
1
ニホンザルに遭遇。落ち着いていて敵意なし。ベリー類(?)の食事に夢中で紫の口紅みたいに・・・。
2017年09月30日 15:45撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニホンザルに遭遇。落ち着いていて敵意なし。ベリー類(?)の食事に夢中で紫の口紅みたいに・・・。
やっとトンネルまで戻って来た。
2017年09月30日 16:05撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとトンネルまで戻って来た。
最後の長ーーーいトンネルを抜け・・・、
2017年09月30日 16:19撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の長ーーーいトンネルを抜け・・・、
漸くゴール! 長い道のりでした。
2017年09月30日 16:19撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸くゴール! 長い道のりでした。
高瀬ダムからタクシーで七倉へ。七倉山荘で温泉♨
2017年09月30日 16:45撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高瀬ダムからタクシーで七倉へ。七倉山荘で温泉♨
貸切り状態です! 本日はこれにて終了。お疲れ様でした!
2017年09月30日 17:27撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貸切り状態です! 本日はこれにて終了。お疲れ様でした!

感想/記録

快晴でまさに登山日和。しかも、一日を通して雲が湧いたり霞んだりしなかったのはこの夏で殆ど初めてなのではないか。秋は天気が安定してくれることを祈りたい。

一日の行程が20キロと長めだが、高低差がほとんどなく(単純な勾配計算だと2%)半分ほどは林道だったので歩くスピードは速めであった。いつもの登山とは違う筋肉というか部位が痛くなってしまった(股の付け根など)。

七倉〜高瀬ダム間の行き帰りは基本的にタクシー。行きは殆ど乗合になって割り勘できるが、帰りは単独行だと懐に響く。ワゴンタクシーは一台としては3000円オーバーだが、9人乗れるので定員ならば最安で行ける。

高瀬ダムに16時20分に到着した私達は、手を大きく振っていたにもかかわらず、目の前で一人を乗せたタクシーに行かれてしまった。取り残されてしまったような感じである。公衆電話でタクシーを呼ぼうと思ったが、何と二人ともまさかの10円なし・・・。愕然としてしまった。だが、暫く待ったら別のタクシーが来てくれたので助かった。

湯俣の河原で全身入浴は出来なかったので、下山後に七倉温泉で入浴。かすかに硫黄のにおいがする透明な湯だった。少し、湯の花も浮いていた。
訪問者数:176人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ