また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1273686 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

紋別岳

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
 NAK
天候快晴、山頂付近は冷たい風で強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間24分
休憩
57分
合計
3時間21分
S紋別岳登山口08:0009:30紋別岳10:2711:21紋別岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

本日2組目でスタート、寒いかと思ったけどこの辺りはそうでもない。でも上着は持っていく(持って行って正解でした)。
2017年10月01日 07:57撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日2組目でスタート、寒いかと思ったけどこの辺りはそうでもない。でも上着は持っていく(持って行って正解でした)。
心地よい天気と少しだけ色づいてきた景色を楽しむ。
2017年10月01日 08:14撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心地よい天気と少しだけ色づいてきた景色を楽しむ。
部分的な色づき
2017年10月01日 08:27撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部分的な色づき
中間地点通過(2400mの標識は壊れて無い)
2017年10月01日 08:42撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点通過(2400mの標識は壊れて無い)
前回の撤退ポイント。実はこの辺りの通過時にシャリバテで小休止、行動食補給して復活した。
2017年10月01日 08:48撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回の撤退ポイント。実はこの辺りの通過時にシャリバテで小休止、行動食補給して復活した。
快晴で山頂見えた。体は疲れてたけど青空でテンション上げる。
2017年10月01日 08:50撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴で山頂見えた。体は疲れてたけど青空でテンション上げる。
1
中間地点では少々バテてたけど景色見えるようになってからは疲れも吹き飛んだ。
2017年10月01日 08:56撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点では少々バテてたけど景色見えるようになってからは疲れも吹き飛んだ。
花を見つける余裕も!これはヤマハハコ。
2017年10月01日 08:57撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を見つける余裕も!これはヤマハハコ。
あと1キロ!
2017年10月01日 09:10撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと1キロ!
1
かろうじて残ってたヤマアジサイ
2017年10月01日 09:10撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かろうじて残ってたヤマアジサイ
湖の見える景色は良い!
2017年10月01日 09:12撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖の見える景色は良い!
そしてあっという間に到着
2017年10月01日 09:27撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてあっという間に到着
2
ここに着く直前に先行者が下りて行ったので山頂独り占め!
2017年10月01日 09:27撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに着く直前に先行者が下りて行ったので山頂独り占め!
1
山頂到着
2017年10月01日 09:29撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着
ぐるっと景色
2017年10月01日 09:30撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐるっと景色
遠方霞んでいるのがちょっと残念
2017年10月01日 09:30撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠方霞んでいるのがちょっと残念
樽前山と風不死、おそらく今日も大盛況だろうな。
2017年10月01日 09:30撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽前山と風不死、おそらく今日も大盛況だろうな。
札幌方面
2017年10月01日 09:31撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌方面
恵庭岳拡大
2017年10月01日 09:31撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳拡大
白老三山
2017年10月01日 09:31撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白老三山
樽前と風不死
2017年10月01日 09:32撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽前と風不死
今日こそはこいつの出番!でもやっぱり三脚無いとツライ。
2017年10月01日 09:34撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日こそはこいつの出番!でもやっぱり三脚無いとツライ。
1
デジカメで撮ってみた
2017年10月01日 09:54撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デジカメで撮ってみた
微妙だけど行けそう?ただ、のぞいてないと何が写っているかわからないのでダメかも・・・
2017年10月01日 09:54撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微妙だけど行けそう?ただ、のぞいてないと何が写っているかわからないのでダメかも・・・
遊覧船を撮影したはずだが・・・?手振れひどくて狙いが定まらない。
2017年10月01日 09:55撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊覧船を撮影したはずだが・・・?手振れひどくて狙いが定まらない。
樽前山の右側が西山山頂、スコープで見ると人が居るのがわかる程度。40倍なのでそのくらい。探鳥目的ならこれで十分だけど30倍以上は手振れがひどい(三脚必要)ことがわかった。
2017年10月01日 09:58撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽前山の右側が西山山頂、スコープで見ると人が居るのがわかる程度。40倍なのでそのくらい。探鳥目的ならこれで十分だけど30倍以上は手振れがひどい(三脚必要)ことがわかった。
1
下山途中のここの風景が好き(特に残雪期)
2017年10月01日 10:58撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中のここの風景が好き(特に残雪期)
1
こんなところにまで駐車してる、下山中は10組以上とスライドで大賑わいでした。
2017年10月01日 11:13撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところにまで駐車してる、下山中は10組以上とスライドで大賑わいでした。
撮影機材:

感想/記録
by NAK

天気予報を信じて紋別岳リベンジ。
土曜日も晴れ予報だったけど時折雨降る曇り天気だった。
なので今回もちょっと心配してたけど朝から快晴で当たりでした。

登山口にて先行者1組で2番手の模様。
今日はマイペースでゆっくり歩く。
それでも半分くらいでシャリバテ状態。
行動食と飲み物補給してなんとか復活。
いい天気なのに、ここで断念したら勿体無い。
その後は順調に進み、支笏湖が見えてきたあたりから景色も見れるようになって
歩が進んだ。
登山口ではあまり寒くなかったが、一応上着を持ってきてたのだが正解。
景色が見えるようになってからは風も強くなってきた。
歩いてる内はそうでもなかったが、それでも冷たい風だった。
山頂到着あたりで先行者下りてきた。
山頂到着して山頂独り占め。
ただ、冷たい風が強くて、風の当たらないところを探す。
建物の裏手が良さそうで、景色を堪能した後は建物の裏で日向ぼっこしてた。
風が全く当たらず快適。
そのうち後続の人もやってきて一緒に休む。
30分ほど居たら暑くなってきたので先に下山することにした。
下山途中10組以上の人たちとスライド。
駐車場は車が溢れてました。
訪問者数:189人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

シャリバテ 行動食 テン 撤退
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ