ヤマレコ

記録ID: 1274156 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

霊仙山 今日は一寸怖い縦穴巡り、いや難しかった。

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
落合集落手前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
21分
合計
6時間31分
S落合登山口06:3907:12汗ふき峠・榑ヶ畑道二合目07:1907:31大洞谷源頭07:3207:51榑ヶ畑道五合目・見晴台07:5408:12榑ヶ畑道七合目・お猿岩08:23榑ヶ畑道八合目・お池10:25柏原道・新八合目・四丁横崖10:2610:45霊仙山避難小屋10:4610:51経塚山10:5311:07霊仙山11:0811:41南霊仙11:4211:51近江展望台11:5313:04落合登山口13:0613:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
古い道はますます消え行く運命にあり殆ど残っていない所もある。
知ってても歩きにくいので知らない人は関わり合わない方が良いと思う。

写真

落合集落手前のお気に入りの場所に来たがまだ一台も車は無かった。手元の温度計では8℃くらいを表示している。長袖シャツと手袋を着用する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合集落手前のお気に入りの場所に来たがまだ一台も車は無かった。手元の温度計では8℃くらいを表示している。長袖シャツと手袋を着用する。
駐車地の直ぐ側には目印にする栃の木がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地の直ぐ側には目印にする栃の木がある。
早速一個、実を拾ってみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速一個、実を拾ってみた。
2
その中身がこれ。栗みたいだが灰汁抜きしないと食べられないらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その中身がこれ。栗みたいだが灰汁抜きしないと食べられないらしい。
1
今は使われてない住宅にある地名表示板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今は使われてない住宅にある地名表示板。
静まりかえった家並みを抜ける。神社の祭りと住宅の補修でたまに人を見かける事がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静まりかえった家並みを抜ける。神社の祭りと住宅の補修でたまに人を見かける事がある。
無人の住宅地を抜けると登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無人の住宅地を抜けると登山口。
1
大洞谷沿いの林道を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞谷沿いの林道を行く。
林道崩落部分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道崩落部分。
一寸この橋は怖くて渡れなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一寸この橋は怖くて渡れなかった。
この橋は二本だけだが渡る事が出来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋は二本だけだが渡る事が出来た。
かっては右岸が登山道だったがここでは左岸に誘導される。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっては右岸が登山道だったがここでは左岸に誘導される。
右岸の登山道は欠片も残ってなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の登山道は欠片も残ってなかった。
ここで右岸に渡り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで右岸に渡り返す。
ここからははっきりした道となる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからははっきりした道となる。
最初はトリカブトに出合う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はトリカブトに出合う。
2
右岸の道も見覚えの無い所もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の道も見覚えの無い所もあった。
汗拭峠。殆どの人が榑ヶ畑から登ってくる様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汗拭峠。殆どの人が榑ヶ畑から登ってくる様だ。
1
大洞谷源頭。大洞谷を辿ればこの辺で合流出来る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞谷源頭。大洞谷を辿ればこの辺で合流出来る
今日初めての日差し。気温は15℃くらい。暑くなり長袖シャツは脱ぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日初めての日差し。気温は15℃くらい。暑くなり長袖シャツは脱ぐ。
見晴台に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台に着いた。
彦根方面が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彦根方面が見える。
2
五合目、見晴らし台。先行者が休んでいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目、見晴らし台。先行者が休んでいた。
六合目を過ぎると見晴らしが良くなる。山は男鬼山辺り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目を過ぎると見晴らしが良くなる。山は男鬼山辺り。
2
彦根方面と琵琶湖。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彦根方面と琵琶湖。
3
もうすぐお猿岩、急に開けてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐお猿岩、急に開けてくる。
3
お猿岩。ここでも先行者が休憩中だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿岩。ここでも先行者が休憩中だった。
1
お猿岩辺りから南霊仙辺りを望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿岩辺りから南霊仙辺りを望む。
2
お猿岩下側の池。お猿池と呼ばれている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿岩下側の池。お猿池と呼ばれている。
1
お虎ヶ池と鳥居。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お虎ヶ池と鳥居。
3
ここで八合目の様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで八合目の様だ。
1
霊仙神社の鳥居らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙神社の鳥居らしい。
1
お虎ヶ池を過ぎてから登山道を外れ東よりに向かう。確信は無いが経塚北池と呼ばれる池だろう。今となってはヌタ場状態だが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お虎ヶ池を過ぎてから登山道を外れ東よりに向かう。確信は無いが経塚北池と呼ばれる池だろう。今となってはヌタ場状態だが。
1
霊仙山三角点方面を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙山三角点方面を眺める。
1
いくつかのドリーネを覗きながら進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつかのドリーネを覗きながら進む。
1
これから訪れる怖い縦穴のある森を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから訪れる怖い縦穴のある森を眺める。
1
斜面を降りて行くとひょうたん池に着く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を降りて行くとひょうたん池に着く。
3
すぐ近くの小さな縦穴。今の時期はうっかりすると落ちそうなくらい草で覆われている。初めてここに来た時、のぞき込むと角が引っかかった鹿が死んでいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ近くの小さな縦穴。今の時期はうっかりすると落ちそうなくらい草で覆われている。初めてここに来た時、のぞき込むと角が引っかかった鹿が死んでいた。
1
穴の中に咲いていた花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴の中に咲いていた花。
1
更に森を下って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に森を下って行く。
クルミが多く実も一杯落ちていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルミが多く実も一杯落ちていた。
2
以前はこんなに荒れてなかったが今は2mほど掘れ込んでいる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前はこんなに荒れてなかったが今は2mほど掘れ込んでいる。
以前は横道を辿ったが今回道を見つけられず谷まで降りてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前は横道を辿ったが今回道を見つけられず谷まで降りてしまった。
谷にあった西出商店さんの古い標識。ここから斜面を登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷にあった西出商店さんの古い標識。ここから斜面を登り返す。
いやあ現地に行くのに苦労した。目星を付けた所には無かった。GPSの地図を見て印刷した地図と比較したが等高線の形が微妙に違う。そもそも等高線の間隔が違う様でなかなか行けず、最後は紙地図から読んだ標高値をGPSの標高値と照らし合わせて探すとあった。直径は3m余りの穴だが近くに行かないと見えなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやあ現地に行くのに苦労した。目星を付けた所には無かった。GPSの地図を見て印刷した地図と比較したが等高線の形が微妙に違う。そもそも等高線の間隔が違う様でなかなか行けず、最後は紙地図から読んだ標高値をGPSの標高値と照らし合わせて探すとあった。直径は3m余りの穴だが近くに行かないと見えなかった。
3
見える範囲の底を写してみた。見える底の深さは10m程か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見える範囲の底を写してみた。見える底の深さは10m程か?
反対側から穴の壁を見る。怖いので余り近付けない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側から穴の壁を見る。怖いので余り近付けない。
1
怖い所を離れ、気持ちの良い尾根を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怖い所を離れ、気持ちの良い尾根を歩く。
尾根の池。発見したかっての山仲間の人は霊仙三蔵にちなんで三蔵池と名付けた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の池。発見したかっての山仲間の人は霊仙三蔵にちなんで三蔵池と名付けた。
1
もう一つの縦穴(都合三つ目)もなかなか怖そうである。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つの縦穴(都合三つ目)もなかなか怖そうである。
1
この縦穴は7〜8年前に関東のケービングクラブの人達が調査したはずなので帰りに多賀町立博物館に寄って聞いてみよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この縦穴は7〜8年前に関東のケービングクラブの人達が調査したはずなので帰りに多賀町立博物館に寄って聞いてみよう。
1
四つ目の縦穴(これも小さいので人が入れるかどうか?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四つ目の縦穴(これも小さいので人が入れるかどうか?)
フラッシュで見える方向だけを写してみる。これだけなら極めて浅いんだが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フラッシュで見える方向だけを写してみる。これだけなら極めて浅いんだが。
1
実を付けたこの辺りに沢山あるエビネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実を付けたこの辺りに沢山あるエビネ。
取り敢えず縦走路まで出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り敢えず縦走路まで出てきた。
避難小屋を目指す。この辺から笹峠に降りるまで強風に悩まされる。寒くはあるが長袖シャツを着なくても我慢は出来る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋を目指す。この辺から笹峠に降りるまで強風に悩まされる。寒くはあるが長袖シャツを着なくても我慢は出来る。
谷山の三角点を望む(今日は行かない)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷山の三角点を望む(今日は行かない)
2
阿弥陀ヶ峰を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀ヶ峰を望む。
2
避難小屋と霊仙三角点峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋と霊仙三角点峰。
2
石灰岩の風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灰岩の風景。
2
これから行く経塚山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く経塚山。
2
霊仙最高点を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙最高点を望む。
2
経塚山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山山頂。
5
最高点への分岐点と霊仙三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点への分岐点と霊仙三角点。
1
最高点の分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点の分岐。
三角点の北側のピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の北側のピーク。
1
三角点のある山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点のある山頂。
4
北のピーク手前はこの辺で一番大きなドリーネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北のピーク手前はこの辺で一番大きなドリーネ。
1
これから行く南霊仙山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く南霊仙山。
2
降りる途中にある池。山頂の池と呼ばれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りる途中にある池。山頂の池と呼ばれる。
所々に見られる赤い木はこの実のせいだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に見られる赤い木はこの実のせいだった。
確かこの辺りの石灰岩にウミユリの化石があった筈なんだが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かこの辺りの石灰岩にウミユリの化石があった筈なんだが。
一つ見つかったがもっと大きかった様な記憶がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ見つかったがもっと大きかった様な記憶がある。
3
結構こんな小さな穴が其処此処にある。気を付けて歩かねば。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構こんな小さな穴が其処此処にある。気を付けて歩かねば。
1
一番下に降りた。ここは大きな水溜まりだったがいつの間にか砂で埋まってしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番下に降りた。ここは大きな水溜まりだったがいつの間にか砂で埋まってしまった。
南霊仙山へ登り返す途中の穴。また少し大きくなった気がする。現在深さは4m程か。落ちたら出るのに苦労しそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南霊仙山へ登り返す途中の穴。また少し大きくなった気がする。現在深さは4m程か。落ちたら出るのに苦労しそうだ。
1
霊仙三角点峰を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙三角点峰を振り返る。
2
南霊仙の池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南霊仙の池。
3
三角点峰と最高点を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点峰と最高点を振り返る。
2
南霊仙ピーク辺り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南霊仙ピーク辺り。
1
藤原と御池。御池は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原と御池。御池は雲の中。
1
ヒメフウロ。稜線は吹き飛ばされそうな強い風が吹き花の写真など撮れない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメフウロ。稜線は吹き飛ばされそうな強い風が吹き花の写真など撮れない。
1
近江展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近江展望台。
2
展望台から近江の眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から近江の眺め。
1
稜線は風が吹き荒れるせいかトリカブトもせいざい10cm程の高さだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は風が吹き荒れるせいかトリカブトもせいざい10cm程の高さだった。
風の合間にパチリ。ここまで花の写真は殆ど撮れなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の合間にパチリ。ここまで花の写真は殆ど撮れなかった。
急斜面をやっと降りてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面をやっと降りてきた。
矢張り下の方の花の茎は十分長かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢張り下の方の花の茎は十分長かった。
笹峠。道形の残っているのはこの辺だけだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹峠。道形の残っているのはこの辺だけだった。
道のようでもあるが判然としない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道のようでもあるが判然としない。
谷に水が流れる様になっても道は見つけられない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷に水が流れる様になっても道は見つけられない。
ひょっとして谷の向こうの石垣は道跡なのか?でも石垣は映っている範囲だけだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひょっとして谷の向こうの石垣は道跡なのか?でも石垣は映っている範囲だけだった。
ここまで降りてくると何となく踏み跡はある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで降りてくると何となく踏み跡はある。
見覚えのある水槽まで降りてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見覚えのある水槽まで降りてきた。
今日初めて見たアケボノソウは花びらが4枚だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日初めて見たアケボノソウは花びらが4枚だった。
3
初めて見る堰堤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて見る堰堤。
1
去年のものだ。そうすれば1年は来てないと言う事か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年のものだ。そうすれば1年は来てないと言う事か。
向こう岸にヒラヒラするものが沢山有った。字の書いて有りそうなのを拡大すると。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こう岸にヒラヒラするものが沢山有った。字の書いて有りそうなのを拡大すると。
落合神社まで帰って来た。以前壊れたものは修復されたのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合神社まで帰って来た。以前壊れたものは修復されたのだろうか。
1

感想/記録
by yjin

久し振りに霊仙に行く事にした。ついでに以前調査された縦穴について情報を仕入れに多賀町立博物館に寄ってみた。しかし担当された方は別の施設に転勤されていた。そして調査は博物館として関わって無いらしく記録はそこには無いらしい。この件は機会を見つけてまた連絡を取ってみよう。

取り敢えず現地を確認出来たが季節が違ったりルートが微妙に違ったりで10m20mの範囲で行き着くのがこんなに難しいとは思わなかった。
そして標高値の利用がこんなに重要だと初めて解った。これは今日最大の収穫であった。
訪問者数:213人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ