ヤマレコ

記録ID: 1275048 全員に公開 フリークライミング東北

久慈市 侍浜 フリークライミング

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
 noguchik(SL)
 Mtasuku(CL)
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
展望台付近に10台程度路駐可能
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間13分
休憩
0分
合計
7時間13分
S展望台エリア到着08:1015:23ボルダリング終了G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・JFAの整備が入ったゲレンデのため、支点はしっかりとしている。

・Yerrow wave (5.9)はグレード以上に悪い印象

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン グローブ 防寒着 昼ご飯 行動食 常備薬 保険証 携帯 時計 カメラ クライミングシューズ ハーネス チョーク 確保機 ロックカラビナ セルフビレイランヤード
共同装備 トポ ロープ カラビナ クイックドロー ストッパー カム ナッツキー ボルダリングマット

写真

展望台エリアに着きました
2017年10月01日 08:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台エリアに着きました
Yerrow wave(5.9)
グレード以上に難しかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Yerrow wave(5.9)
グレード以上に難しかった
海は広いな大きいな(5.8)
これは楽チン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海は広いな大きいな(5.8)
これは楽チン
1
入学試験(5.10a)
2017年10月01日 12:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入学試験(5.10a)
懸垂下降でクイックドローを回収
2017年10月01日 13:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂下降でクイックドローを回収
1
最後はボルダリングで締めました
2017年10月01日 14:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はボルダリングで締めました
1
撮影機材:

感想/記録

今回は11月に部で侍浜へクライミングをしに行くために、侍浜のゲレンデを下見してきた。下見と言ってもガッツリ登ってきた。アルパインルートやクライミングジムでのクライミングの経験は多くあるが、ゲレンデで自分の限界グレードを突き詰めたことはなかったので、いい経験になったと思う。

【展望台下エリア】
手始めに、クライミングジムの常連さんから勧められた展望台下エリアを登った。中間支点や終了点はきっちりと整備されている。

トポを見て、グレード的に簡単そうなYerrow wave(5.9)を登ることにした。ところが、これがとても難しかった。本当に5.9なのか疑いたくなる。3ピン目からは非常に薄いカチしかなく、クリップもままならない。というか、掴むところがない。ルートを間違えたのだろうか?おまけに鋭利な岩で指がパックリと割れてしまった。これでは泣きっ面に蜂だ。仕方がないのでロワーダウンし、諦めることにする。

次に登ったのは、海は広いな大きいな(5.8)
このルートは簡単だし、もし困ったとしても左に並走するクラックを頼れば良い。2人ともオンサイトした。降りた後に左に並走するクラックもナチュプロを使って登る。これもそんなに難しくはない。5.7くらい(RCCグレードでIVくらい?)だろうか?

最後に、入学試験(5.10a)を登った。何回もテンションしてしまったが、これは何とか上まで抜けることができた。適度に難しく、いいルートだと思う。よく見れば掴めそうなところはある。Yerrow waveよりもグレード的には難しいことになっているが、体感的には入学試験の方が簡単に感じた。


【キャンプ場ボルダー】
その後はキャンプ場の方に移動し、少しだけボルダリングをした。キャンプ場から海側へ降りたところにある。「おはようモーニングボルダー」と、「俺のボルダー」を登ってみた。『日本の岩場100』に記載されているルートの中で「楽勝」と表記されているものを登ったが、我々にはなかなか難しい。誰にとって「楽勝」なのか?

今回はゲレンデでのグレード感覚など、様々な経験を得ることができて実りあるクライミングができたと思う。外の岩は屋内壁のようにテープなどは貼っていないので、その点は難しいところである。ただ、このようなゲレンデでの経験が我々の本職であるアルパインクライミングにも活きてくるのではないだろうか? アルパインルートのように山の中ではなく、道路沿いにあるので、クライミング初心者も連れてきやすい。是非とも山岳部員を連れて侍浜でクライミングをしたい。
訪問者数:53人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ