ヤマレコ

記録ID: 1275977 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

尾瀬ヶ原・燧ヶ岳

日程 2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間21分
休憩
34分
合計
3時間55分
S鳩待峠10:1511:10山ノ鼻11:3512:11上ノ大堀橋13:08ヨッピ吊橋13:1013:25東電小屋13:3213:43東電尾瀬橋14:10見晴(下田代十字路)14:10見晴キャンプ場
2日目
山行
7時間14分
休憩
46分
合計
8時間0分
見晴キャンプ場06:2009:20燧ヶ岳09:3309:5210:0010:24ミノブチ岳11:53長英新道分岐12:00三本唐松12:05長蔵小屋12:3012:48三平下(尾瀬沼山荘)13:03三平峠(尾瀬峠)13:45一ノ瀬休憩所14:20大清水G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9/29:自宅〜高崎(ホテルサンコー高崎泊)
9/30:高崎〜沼田〜戸倉〜鳩待峠(入山)
10/1:大清水(下山)〜戸倉〜沼田〜高崎〜自宅
コース状況/
危険箇所等
燧ヶ岳の見晴新道はぬかるみ多く非常に歩きにくい。靴は泥だらけになるし、ぬかるんだ急斜面ではスリップすることも有る。今回は上りだったが、下りでは絶対使いたくない道。
長英新道は一部ぬかるみが有るが、見晴新道と比べたら全然大したことなく、歩きやすい登山道。
その他周辺情報登山後の温泉:ぷらり館(戸倉バス停となり)

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

赤く色づいたモウセンゴケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く色づいたモウセンゴケ
見晴新道下部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴新道下部
柴安瑤釆挌締
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柴安瑤釆挌締
燧ケ岳からの尾瀬ヶ原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳からの尾瀬ヶ原
苗場山と北アルプス(立山〜白馬岳)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山と北アルプス(立山〜白馬岳)
尾瀬沼と日光(女峰、太郎、男体、白根)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼と日光(女峰、太郎、男体、白根)
赤城山と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城山と富士山
武尊山と南アルプス・八ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山と南アルプス・八ケ岳
尾瀬沼と燧ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼と燧ケ岳
一ノ瀬近くの滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ瀬近くの滝

感想/記録

9/30
朝は曇っていたが鳩待に着く頃には晴れた。鳩待峠から山ノ鼻までは長蛇の列が出来ていて、テーマパークにでも来たかのようだった。山ノ鼻はお洒落なカフェも有り、そこで昼食を食べた。昼食後は尾瀬ヶ原縦断。草紅葉はベストシーズンよりは少し早かったかもしれないが8割くらい色づいていた。池塘に浮かぶヒツジグサの紅葉もきれいだった。ヨッピ川吊橋経由で見晴に向かい、夜はテント泊した。

10/1
朝は物凄い寒さで尾瀬ヶ原の方は霜が降りていた。テントの水滴はまだ凍ってはなかった。燧ヶ岳へは見晴新道を使ったが、中腹あたりは道が物凄く悪かった。ルートの半分は泥道。上りだったし、なんとか上手く歩いて泥まみれになることは避けられたが、下りだったら膝くらいまで泥だらけになりそう。泥の急斜面もあってかなりハードだった。そんな道を三時間も歩いて九時半にようやく燧ヶ岳山頂にたどり着いた。山頂は風が冷たかったが天気もよく最高の見晴だった。下りは長英新道を使ったが、思ったより長く、飽きてくる道だった。長英新道の途中では岩に躓いて転んでしまうこともあった。怪我は大した事ないが服に穴が空いてしまってショックだった。下山後、一ノ瀬から大清水まではシャトルバスが有るが、時間に余裕も有ったので700円をケチって歩くことにした。
訪問者数:36人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ