また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276393 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

リハビリトレ唐沢山稜

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢神社(栃木県佐野市、東北道「佐野藤岡IC」から15分)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
2時間50分
合計
7時間20分
Sスタート地点07:5008:00唐沢山神社08:2009:00高鳥屋山(栃本山)09:5010:50貝吹鳥屋(梵天)11:0011:10京路戸山11:2011:30京路戸峠11:4012:00諏訪岳13:1013:40京路戸峠15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
関東ふれあいの道「松風の道」を歩くコース

写真

今日は唐沢山(地形図P241.0m)から北へ延びる山稜線の、のんびりトレッキング。まずはレストハウス裏から急登を這い上がって「天狗岩」へ。鎖場の断崖南方にはインター近くの三毳山(みかもやま)が浮かぶ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は唐沢山(地形図P241.0m)から北へ延びる山稜線の、のんびりトレッキング。まずはレストハウス裏から急登を這い上がって「天狗岩」へ。鎖場の断崖南方にはインター近くの三毳山(みかもやま)が浮かぶ。
天狗岩。巨岩の上には立派な赤松。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩。巨岩の上には立派な赤松。
岩の上からは日光連山や足下を貫通する北関東道が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上からは日光連山や足下を貫通する北関東道が見える。
唐沢城趾に立つ唐沢神社に参拝後社務所前から、車井戸前を通って縦走路となる「関東ふれあいの道」に出る。黒い実の草は何だろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢城趾に立つ唐沢神社に参拝後社務所前から、車井戸前を通って縦走路となる「関東ふれあいの道」に出る。黒い実の草は何だろう?
ひんやりとした早朝の山道は気持ちが良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひんやりとした早朝の山道は気持ちが良い。
程なく林道左に急登口が現れる。看板はないが地形図P290.4mピークに続く道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なく林道左に急登口が現れる。看板はないが地形図P290.4mピークに続く道だ。
九十九折の急登を登って俗称「高鳥屋山」と呼ばれるP290.4m山頂。西方に眺望がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折の急登を登って俗称「高鳥屋山」と呼ばれるP290.4m山頂。西方に眺望がある。
誰も居ない山頂。ガスを点けて目覚めのモーニングコーヒー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も居ない山頂。ガスを点けて目覚めのモーニングコーヒー。
1
目の前にはヤマハギが揺れる。今日からもう10月か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前にはヤマハギが揺れる。今日からもう10月か。
1
一旦林道に出た後再び左踏み跡を辿ると電波塔(280m)の立つ「展望休息所」が現れる。が、展望はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦林道に出た後再び左踏み跡を辿ると電波塔(280m)の立つ「展望休息所」が現れる。が、展望はない。
ベンチ横には栃木安蘇の山に見られる啓蒙標識。「熊」った、ではなく「態った」はこちらも読解に困ったが、愛嬌か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチ横には栃木安蘇の山に見られる啓蒙標識。「熊」った、ではなく「態った」はこちらも読解に困ったが、愛嬌か。
2
やはり林道を左に外れて地形図P292.0mのピーク。桜の木が生え、「貝吹鳥屋山」の俗称が付いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり林道を左に外れて地形図P292.0mのピーク。桜の木が生え、「貝吹鳥屋山」の俗称が付いている。
林道へ降りて最初の小ピーク「南見明岳」(230m)。前回は見掛けなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道へ降りて最初の小ピーク「南見明岳」(230m)。前回は見掛けなかった。
続く「北見明岳」(220m)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続く「北見明岳」(220m)。
更に先で左の踏み跡に入り注連縄の張られたピーク(241m)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に先で左の踏み跡に入り注連縄の張られたピーク(241m)。
手造りの「京路戸山」(きょうろど)とあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手造りの「京路戸山」(きょうろど)とあった。
樹間北西には仙波奥の砕石場の山肌が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間北西には仙波奥の砕石場の山肌が見える。
稜線の小ピークを繋ぐトレッキングを続ける。蜘蛛の巣が架かる京路戸山先の無名ピーク(210m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の小ピークを繋ぐトレッキングを続ける。蜘蛛の巣が架かる京路戸山先の無名ピーク(210m)
林内の「カシワバハグマ」。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林内の「カシワバハグマ」。
ピークを右に降りればベンチのある「京路土峠」。田沼と栃木市村檜神社を結ぶ道が稜線を越える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを右に降りればベンチのある「京路土峠」。田沼と栃木市村檜神社を結ぶ道が稜線を越える。
三叉路地点が峠。田沼の多田駅(東武佐野線)まで2.5kmと近い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路地点が峠。田沼の多田駅(東武佐野線)まで2.5kmと近い。
木漏れ日の稜線をなおも北上する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日の稜線をなおも北上する。
小さな唇弁花、恐らくミヤマヒキオコシかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな唇弁花、恐らくミヤマヒキオコシかな。
終わりかけの野菊。ヨメナかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わりかけの野菊。ヨメナかな。
急登を登って今日の最高峰「諏訪岳」(323.7m)に到着。日曜日というのにここも誰も居ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登って今日の最高峰「諏訪岳」(323.7m)に到着。日曜日というのにここも誰も居ない。
山頂は南西方向にのみ眺望がある。ガスを点けてのんびり山頂ランチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は南西方向にのみ眺望がある。ガスを点けてのんびり山頂ランチ。
ここにも季節の花。東北の紅葉はどうかなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも季節の花。東北の紅葉はどうかなぁ。
諏訪岳山頂で1時間も休憩。帰路は林道脇の花を探しながらゆっくりと下山しよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪岳山頂で1時間も休憩。帰路は林道脇の花を探しながらゆっくりと下山しよう。
林道法面に下がるおおきなシダ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道法面に下がるおおきなシダ。
秋の花キンミズヒキ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の花キンミズヒキ。
ヒヨドリジョウゴ。やがて赤い実となり野鳥のエサとなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒヨドリジョウゴ。やがて赤い実となり野鳥のエサとなる。
残り花ノアザミ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残り花ノアザミ。
昆虫の名は疎い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昆虫の名は疎い。
オクモミジハグマ。螺旋状の花弁が特色だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オクモミジハグマ。螺旋状の花弁が特色だ。
この手の花名も難しい。アキノノゲシ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この手の花名も難しい。アキノノゲシ?
ご存知ミズヒキ。撮影方法が難しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご存知ミズヒキ。撮影方法が難しい。

感想/記録

◯9月の三毳山(みかもやま)に続くリハビリ第2弾は、近郊の「唐沢山稜」
 ののんびりトレッキング。
◯スタート地点の唐沢城趾に建つ唐沢神社は、この日奉納中学剣道大会で駐
 車場は満杯でした。ちなみに11月にはここが「全国山城サミット」の会
 場になる様です。
◯ルートはまずレストハウス(工事閉鎖中)裏の天狗岩に上がり、そこから
 神社境内を抜けて山稜線を北上し、最高峰の「諏訪岳」(323.7m)まで
 の往復です。
◯晴天の下、秋のさわやかな空気を胸一杯すいながら、稜線上の小ピーク約
 10ケ所を忠実に繋いでみました。
◯休日にも拘らずトレッカーは思いの外すくなく、山頂の(ガス)バーナー
 タイムも延び延びと楽しむことが出来ました。(登山靴を修理中のためウ
 ォ−キングシューズで出掛けましたが、少し足爪を傷めました。後日軽ト
 レシューズの新調も必要かな?)
◯間もなく本格化する東北の紅葉登山の遠征に向け、少しだけ自信が付いた
 一日でした。
訪問者数:140人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/4/7
投稿数: 175
2017/10/3 15:07
 くすくす
tonkaraさん こんにちは〜

リハビリ兼ねてのトレッキングですね。リハビリにはいいルートのようですね。街中のルートみたいですけど熊いるんですか。熊りますね。ほんと。
本格始動に向けて順調に進んでいるようで安心しました。
ではまた。
登録日: 2011/1/23
投稿数: 383
2017/10/3 18:32
 Re: くすくす
myoukohiuti さんへ

こんばんわ、早速にコメ戴き有り難うございます。

安蘇近郊の里山にも熊棚を見掛けますし、出没情報もあります。
またイノシシは雪国ではないため沢山おり、登山路や山肌があちこちで掘り起こされ(ミミズの摂取)荒れています。

個人的には薮山を徘徊するため、熊やイノシシそのものではなく、狩猟期(11月〜2月)の “誤射リスク”に注意しています。

下越や東北の高山は既に紅葉が始まっているようですね。
もう少しリハビリを重ねて、何とか今秋中に出掛けたいです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ