また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278053 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷〜ガンドカコバ道(アケビをいただきました)

日程 2017年10月04日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り〜晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
バス停横の駐車場(10台可)に停めました。平日で半分空き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
1時間2分
合計
5時間35分
S水越峠バス停09:1409:20水越峠10:11もみじ谷入り口11:05第6堰堤11:14本流ルート分岐11:38山頂広場12:4012:49大日岳12:59六道の辻13:09太尾塞跡13:54カヤンボ14:44水越峠14:49水越峠バス停14:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

【注意】第6堰堤上部の崖状道が、倒木流れてきて通行注意。新しい道ができています。ロープをつかんで、踏み跡をたどって下さい。

・ガンドカコバ道
危険なところはありません。道は整備されています。山頂から途中までは太尾道を歩きます。太尾塞跡で太尾道と別れ、右に下るのがガンドカコバ道です。途中から林道になって、カヤンボでダイトレ道に合流します。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。

写真

水越峠からスタート。
2017年10月04日 09:20撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠からスタート。
大阪方面。青空に薄い雲。
2017年10月04日 09:24撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面。青空に薄い雲。
1
金剛山方面。雲は厚いが天気は回復傾向。
2017年10月04日 09:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山方面。雲は厚いが天気は回復傾向。
ミゾソバ。気温が下がってきて花は少なくなってきた。
2017年10月04日 09:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミゾソバ。気温が下がってきて花は少なくなってきた。
2
見上げるとアケビがたわわ。ただ、はるか木の上で手が届かない。
2017年10月04日 09:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるとアケビがたわわ。ただ、はるか木の上で手が届かない。
4
ツリフネソウも頑張っている。
2017年10月04日 09:42撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリフネソウも頑張っている。
2
アキチョウジも終盤。
2017年10月04日 09:49撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキチョウジも終盤。
1
一株だけのアケボノソウ。5枚弁。
2017年10月04日 10:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一株だけのアケボノソウ。5枚弁。
4
6枚弁もありました。
2017年10月04日 10:01撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6枚弁もありました。
5
一つの株に、4・5・6枚弁が一緒に咲いています。
2017年10月04日 10:04撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つの株に、4・5・6枚弁が一緒に咲いています。
3
シラネセンキュウもたくさん。
2017年10月04日 10:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネセンキュウもたくさん。
1
もみじ谷に入ります。
2017年10月04日 10:11撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみじ谷に入ります。
ここにもアケビがたくさん。今年は豊作?
2017年10月04日 10:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもアケビがたくさん。今年は豊作?
4
第4堰堤上部にはオタカラコウの群落。
2017年10月04日 10:43撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第4堰堤上部にはオタカラコウの群落。
1
こちらにはミカエリソウ の群落。
2017年10月04日 10:46撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらにはミカエリソウ の群落。
2
第5堰堤で小休止。
2017年10月04日 10:48撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第5堰堤で小休止。
V字谷。まだまだ緑色。紅葉が待ち遠しい。
2017年10月04日 11:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
V字谷。まだまだ緑色。紅葉が待ち遠しい。
1
トリカブト。既に実が成っていました。
2017年10月04日 11:03撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト。既に実が成っていました。
分岐は右の本流ルートへ。
2017年10月04日 11:14撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐は右の本流ルートへ。
ドングリ尾根には、あちこちにドングリが転がっていました。
2017年10月04日 11:23撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドングリ尾根には、あちこちにドングリが転がっていました。
尾根なのにサワガニがいました。動きが鈍い。
2017年10月04日 11:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根なのにサワガニがいました。動きが鈍い。
2
転法輪寺に到着。
2017年10月04日 11:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺に到着。
2
山頂は10℃と涼しい。
2017年10月04日 11:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は10℃と涼しい。
5
六甲山、淡路島、関空などが見えています。視界は良好。
2017年10月04日 12:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山、淡路島、関空などが見えています。視界は良好。
1
12時のライブカメラ。標識の右端でストック振ってます。
2017年10月04日 12:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時のライブカメラ。標識の右端でストック振ってます。
4
ついでに12時半のライブカメラにも。ぐっと人が減って二人だけ。
2017年10月04日 12:30撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついでに12時半のライブカメラにも。ぐっと人が減って二人だけ。
4
捺印所前でミルクちゃんに会いました。涼しくなって元気が出てきたかな。
2017年10月04日 12:33撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
捺印所前でミルクちゃんに会いました。涼しくなって元気が出てきたかな。
6
売店前のモミジはまだ緑。
2017年10月04日 12:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
売店前のモミジはまだ緑。
ノコンギク(野紺菊)かヨメナ(嫁菜)。どちらも野菊の一種。
【追記】ノコンギクでした。
2017年10月04日 12:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギク(野紺菊)かヨメナ(嫁菜)。どちらも野菊の一種。
【追記】ノコンギクでした。
下りはガンドカコバ道で。大日岳には何故かヒガンバナが一輪。どこからきたのでしょう。
2017年10月04日 12:49撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはガンドカコバ道で。大日岳には何故かヒガンバナが一輪。どこからきたのでしょう。
六道の辻。直進。
2017年10月04日 12:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六道の辻。直進。
太尾塞分岐。ここで太尾道と分かれて、右へ。
2017年10月04日 13:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太尾塞分岐。ここで太尾道と分かれて、右へ。
クサギ(臭木)。花は綺麗。
2017年10月04日 13:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサギ(臭木)。花は綺麗。
白のノコンギクかヨメナ。野菊の一種としか判らない。

【追記】イナカギクでした。
2017年10月04日 13:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白のノコンギクかヨメナ。野菊の一種としか判らない。

【追記】イナカギクでした。
どこを見上げても手の届かないアケビ。
2017年10月04日 13:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを見上げても手の届かないアケビ。
ところが一つだけ目の前にぶら下がっていました。ラッキー。さっそく頂きます。上品な甘さです。種が多く、見た目ほどボリュームはありません。
2017年10月04日 13:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが一つだけ目の前にぶら下がっていました。ラッキー。さっそく頂きます。上品な甘さです。種が多く、見た目ほどボリュームはありません。
6
向かいの葛城山はクッキリ。
2017年10月04日 13:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいの葛城山はクッキリ。
1
大阪方面は晴れ。こちらもクッキリ。
2017年10月04日 14:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面は晴れ。こちらもクッキリ。
水越峠へ無事帰着。
2017年10月04日 14:44撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠へ無事帰着。
2

感想/記録
by abek3

 いつもの金剛山もみじ谷へ。平日ですが3名と出会いました。山頂は10℃。風もあって涼しいを通り越して寒いくらい。

 花の季節も終わりをつげ、次は紅葉の季節。待ち遠しい。この時期は見るべき物が少ないが、目についたのはあちこちにぶら下がるアケビ。それはもうたくさん。しかし、いずれも遠く手の届かない高所ばかり。
 それでも帰りのガンドカコバ道の途中で、目の前にぶら下がる大き目のアケビを発見。他の登山者に見つからず、よく残っていたものだ。さっそく頂きました。ほんのり甘くて美味しいです。ただ、種が多いので実の部分は少し。それでも秋の味覚をいただいて満足しました。 
訪問者数:169人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ