また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278262 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

折立から黒部五郎岳

日程 2017年09月29日(金) 〜 2017年10月01日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
北陸新幹線を使うと、朝東京を出ても、その日のうちに太郎小屋に着けます。(バスの運転時期は注意)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間10分
休憩
10分
合計
3時間20分
S折立12:0513:10青淵三角点(青淵山)13:2014:50五光岩ベンチ15:25太郎兵衛平15:25太郎平小屋
2日目
山行
8時間10分
休憩
2時間0分
合計
10時間10分
太郎平小屋05:4007:30北ノ俣岳07:5009:00中俣乗越10:10黒部五郎の肩10:25黒部五郎岳11:3011:40黒部五郎の肩13:20黒部五郎小舎13:3515:00三俣蓮華岳15:2015:50三俣山荘
3日目
山行
7時間20分
休憩
3時間0分
合計
10時間20分
三俣山荘05:2006:05三俣蓮華岳06:3506:50丸山07:30双六岳08:2009:00双六小屋09:1010:00弓折乗越10:05弓折岳10:5010:55弓折乗越11:15鏡池11:4512:40秩父沢出合12:5513:20小池新道入口13:35わさび平小屋13:45笠新道登山口15:40新穂高登山指導センター15:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし
その他周辺情報電波状況
 折立:入った
 太郎小屋:小屋の中で一部入った
 黒部五郎岳:入ったり入らなかったり。微弱
 黒部五郎小屋:入らない
 三俣山荘:入らない
 双六岳:入った
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

有峰口からバスです。有峰林道はだいぶ道が良くなっていました。何か所か工事していて待たされます。
2017年09月29日 11:01撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有峰口からバスです。有峰林道はだいぶ道が良くなっていました。何か所か工事していて待たされます。
折立登山口。トイレ、水あります。
2017年09月29日 11:56撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立登山口。トイレ、水あります。
最初は樹林帯。たまに視界が開けます。たぶん鍬先山。
2017年09月29日 12:45撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は樹林帯。たまに視界が開けます。たぶん鍬先山。
三角点にて。ベンチがあるので休むのに良いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点にて。ベンチがあるので休むのに良いです。
三角点のあと、少し樹林帯に入りますが、基本草原状の気持ち良い道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点のあと、少し樹林帯に入りますが、基本草原状の気持ち良い道が続きます。
薬師岳が立派です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳が立派です。
太郎兵衛平に緩やかに道が登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎兵衛平に緩やかに道が登っていきます。
振り返ったところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ったところ。
太郎小屋が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎小屋が見えてきました。
太郎平から水晶、鷲羽、黒部五郎が一望できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平から水晶、鷲羽、黒部五郎が一望できます。
翌朝の薬師岳。雲が少し出てました。北ノ俣岳に向かいます。寒いです。氷が張ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝の薬師岳。雲が少し出てました。北ノ俣岳に向かいます。寒いです。氷が張ってました。
1
北ノ俣岳のピークが見えてきました。気持ちのいい道がずっと続きます。途中木道がありましたが、霜が降りていて滑ってちょっと危ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳のピークが見えてきました。気持ちのいい道がずっと続きます。途中木道がありましたが、霜が降りていて滑ってちょっと危ないです。
黒部源流域とその向こうの山々が良く見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部源流域とその向こうの山々が良く見えます。
チングルマがいっぱいでした。夏も見事そうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマがいっぱいでした。夏も見事そうです。
1
北ノ俣岳山頂付近でだいぶ晴れてきまいた。振り返ると薬師岳がかっこいいです。奥に剣岳が見えてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳山頂付近でだいぶ晴れてきまいた。振り返ると薬師岳がかっこいいです。奥に剣岳が見えてます。
これから向かう道もよく見えます。
黒部五郎、笠ヶ岳、乗鞍、御嶽と並んで見えるのが面白いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう道もよく見えます。
黒部五郎、笠ヶ岳、乗鞍、御嶽と並んで見えるのが面白いです。
黒部乗越到着。目前の黒部五郎岳が立派です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部乗越到着。目前の黒部五郎岳が立派です。
黒部五郎山頂。カールが良く見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎山頂。カールが良く見えます。
4
振り返って北ノ俣岳と薬師岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って北ノ俣岳と薬師岳
1
カール越しに黒部源流域の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カール越しに黒部源流域の山々。
2
槍、穂高方面もよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍、穂高方面もよく見えます。
分岐に戻って、少しカールの縁を歩きます。絵になる感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻って、少しカールの縁を歩きます。絵になる感じ。
1
そこからカールに下ります。すごい景色です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからカールに下ります。すごい景色です。
1
カールから山頂方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールから山頂方面。
1
カール内はとても景色のよい道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カール内はとても景色のよい道が続きます。
でかい岩など被写体に困りません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でかい岩など被写体に困りません。
途中少し林も抜けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中少し林も抜けます。
1
草原に立つ黒部五郎小屋到着。泊まってみたくなるところです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原に立つ黒部五郎小屋到着。泊まってみたくなるところです。
小屋からはしばらく急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からはしばらく急登。
振り返ると黒部五郎のカールが立派。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると黒部五郎のカールが立派。
しばらく登ると三俣蓮華岳方面が良く見えるようになります。丸山はこう見ると立派な山なのに、名前が平凡でかわいそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登ると三俣蓮華岳方面が良く見えるようになります。丸山はこう見ると立派な山なのに、名前が平凡でかわいそう。
三俣蓮華山頂です。槍が良く見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華山頂です。槍が良く見えます。
1
黒部源流もよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部源流もよく見えます。
雲の平もよく見えます。あそこに泊まりたい。
寒いので早々に降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の平もよく見えます。あそこに泊まりたい。
寒いので早々に降ります。
1
鷲羽岳と三俣小屋。絵になる小屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳と三俣小屋。絵になる小屋です。
2
夕暮れ。三俣山荘からの槍方面。月も見えて奇麗です。ただとても寒い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ。三俣山荘からの槍方面。月も見えて奇麗です。ただとても寒い。
1
翌朝日の出前。三俣山荘からだと、大天井と燕岳の間から登るようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝日の出前。三俣山荘からだと、大天井と燕岳の間から登るようです。
日の出前に山小屋を出て三俣蓮華岳に向かいます。山頂の少し手前で日の出。見れてよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前に山小屋を出て三俣蓮華岳に向かいます。山頂の少し手前で日の出。見れてよかった。
1
朝日に染まる山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に染まる山。
1
再び三俣山荘。今日も360度の展望です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び三俣山荘。今日も360度の展望です。
丸山あたりから双六方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山あたりから双六方面。
双六岳到着。この辺から少し人が増えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳到着。この辺から少し人が増えました。
1
双六から笠ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六から笠ヶ岳。
1
双六小屋に向かって歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋に向かって歩きます。
1
双六小屋と双六池。ここのテン場も泊まってみたい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋と双六池。ここのテン場も泊まってみたい感じです。
双六小屋付近からみる谷間はそれなりに黄葉してました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋付近からみる谷間はそれなりに黄葉してました。
1
振り返って双六小屋と鷲羽岳。このあたりの小屋はどこも絵になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って双六小屋と鷲羽岳。このあたりの小屋はどこも絵になります。
1
上から見る鏡平。この辺は特に紅葉が奇麗そうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見る鏡平。この辺は特に紅葉が奇麗そうです。
1
鏡平にて槍。水面に映ってよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平にて槍。水面に映ってよかった。
4
下りはぼちぼち紅葉しています。きれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはぼちぼち紅葉しています。きれいです。
下山方面が見えます。そんなにきつそうには見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山方面が見えます。そんなにきつそうには見えません。
秩父沢。この辺は道が整備されていてとても歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父沢。この辺は道が整備されていてとても歩きやすいです。
林道入り口。ここから林道がちょっと長いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道入り口。ここから林道がちょっと長いです。

感想/記録

行ってみたかった黒部五郎岳にようやく行けました。天気も良く、想像以上に良い山行となりました。あまり紅葉する山ではありませんが、秋の澄んだ空気と、草紅葉、ダケカンバなどの黄葉などが楽しめました。
もうだいぶ寒いので、防寒はしっかりと。氷も張ってるし、霜も降りています。
訪問者数:225人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ