また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278893 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

シニアにもおすすめ燕岳

日程 2017年10月04日(水) 〜 2017年10月05日(木)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目  昼・・・小雨→晴れ→曇り(ガス)
     夜・・・晴天(東の空は雲海の上に中秋の名月、西の空は満点
     の星)    
2日目  晴れ(この秋一番の冷え込みで澄みきった空)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場・・・地元を2時に出発、駐車場には7時到着。
      第一駐車場は満車、半分近く空の第二駐車場に無事駐車。
      駐車できるか否かが一番の心配事だったのでホッと一安心。
      ※満車の場合は安曇野市内で誘導員の案内ありとのこと。
      ※時間とお財布に余裕のある方は中房温泉への前泊も?
マイカー・・燕登山口までの12劼了各擦亙涸してあるが道幅が狭くカー
      ブ多し。対向車に要注意。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間10分
休憩
1時間20分
合計
7時間30分
S中房温泉登山口07:3008:15第1ベンチ08:40第2ベンチ08:4509:25第3ベンチ09:3009:30富士見ベンチ10:05合戦小屋10:2510:25合戦山(合戦沢ノ頭)10:25ベンチ12:30燕山荘13:0013:15いるか岩13:2013:45燕岳14:0014:50いるか岩15:00燕山荘
2日目
山行
5時間30分
休憩
1時間0分
合計
6時間30分
燕山荘06:2007:10蛙岩07:35大下りの頭07:4508:10蛙岩08:50燕山荘09:0010:00合戦小屋10:2010:40富士見ベンチ10:4511:20第3ベンチ11:2511:50第2ベンチ11:5512:15第1ベンチ12:2012:50中房温泉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○歩きやすく、よく整備されたコースです。
 ・北アルプス三大急登ということで覚悟をしてましたが、予想以上に歩
  きやすかったです。
 ・急な登りには階段や丸太がありましたので歩幅も小さく歩けます。小
  柄で足の短い私も全てのコースを一人で歩けました。
 ・花崗岩の砂礫は粘土質の土壌より滑りにくいです。
 ・案内板も多く迷うことはありません。
○シニアにおすすめコースです。
 ・コース途上にはベンチがいくつも設けられています。
 ・燕岳は絵になる面白い山です。
 ・燕山荘に一泊すれば表銀座コースも気ままに歩けます。
 ・槍ヶ岳の眺めが素晴らしいです。
 ・9月四阿山根子岳、蓼科山で下山時に出た膝痛も出ませんでした。
 
その他周辺情報下山後・・・中房温泉、露天風呂のみ(700円)
      熱湯と温湯の2種類あり。
      ※ぬる湯好きにはたまりませんが、何分温まっても出ると寒
       いです。山は冬ですね。

写真

アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
雨に濡れる登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に濡れる登山道
雨なので第一ベンチは通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨なので第一ベンチは通過
第二ベンチで休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二ベンチで休憩
ゆっくりゆっくり進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりゆっくり進む
思ったほど滑らない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったほど滑らない
着いた〜!合戦小屋
雨と汗でびっしょり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた〜!合戦小屋
雨と汗でびっしょり
歩けども歩けども何も見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩けども歩けども何も見えず
うっすら燕山荘も見えた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすら燕山荘も見えた!
燕岳がどんどん見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳がどんどん見えてくる
着いた〜!燕山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた〜!燕山荘
1
「槍ヶ岳が見えてる!」の声・声・声
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「槍ヶ岳が見えてる!」の声・声・声
1
これが、有名なイルカ岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが、有名なイルカ岩
1
色づくイワカガミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色づくイワカガミ
花崗岩の山、燕岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩の山、燕岳
1
山頂にはBS朝日クルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはBS朝日クルー
1
何度立ち止まって眺めたことか!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度立ち止まって眺めたことか!
ガスがどんどん出てくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがどんどん出てくる
二日目、浅間山からご来光
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目、浅間山からご来光
本日は晴天なり!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は晴天なり!
表銀座散策に出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座散策に出発
まさに銀ブラ!最高の贅沢!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに銀ブラ!最高の贅沢!
1
秋色の燕岳と燕山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋色の燕岳と燕山荘
燕山荘を往復するヘリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘を往復するヘリ
霜柱、寒くて耳が痛い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱、寒くて耳が痛い
槍ヶ岳が大きくなってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が大きくなってくる
大天井岳までは5.6
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳までは5.6
ガンコウランの群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンコウランの群落
雲も空も山も爽やか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲も空も山も爽やか
トウヤクリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ
子槍に孫槍もよく見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子槍に孫槍もよく見える
1
砂礫とハイマツの稜線歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫とハイマツの稜線歩き
大下りの頭(2678叩砲Uタウン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大下りの頭(2678叩砲Uタウン
高く澄み切った空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高く澄み切った空
振り向けば槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向けば槍ヶ岳
目の前には燕岳と燕山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前には燕岳と燕山荘
燕岳中腹のカラマツの黄葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳中腹のカラマツの黄葉
燕岳の右側に鹿島槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳の右側に鹿島槍
シャクナゲとハイマツ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲとハイマツ
2時間あまりの銀ブラ終了
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間あまりの銀ブラ終了
また来たい燕山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また来たい燕山荘
登山道からも槍が岳が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道からも槍が岳が見えた
ナナカマドの紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの紅葉
合戦小屋のおしるこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋のおしるこ
2
紅葉の向こうに富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の向こうに富士山

感想/記録

ゝ淌个六廚辰討い燭茲衒發やすかった。
 ・北アルプス三大急登ということで覚悟していたが、思ったほどではな
  かった。それは登山コースがよく整備されているからである。急な道
  には階段や丸太や大きな石が置かれていた。小柄で足の短い私でも全
  コース、足が届いた。小幅で無理せず歩けるようにとの配慮がそここ
  こに感じられた。
 ・コースがよく整備された登山者に優しい山である。
燕山荘は楽しい山小屋だった。
 ・食事がおいしかった。同じテーブルの男性諸君は夫も含めて全員ご飯
  のお代わり。カラになれば新しいお櫃で熱々のご飯が直ぐに届く。
 ・夜の赤沼代表のお話にガッテン、ガッテン!
  (1)自然の偉大さとはかなさ
  (2)水分補給の大切さ
  (3)北アルプスの素晴らしさ
 ・ホルンの演奏は心地よくてこっくりこっくり
 ・今回購入したグッズはストラップ2つ、中袋1つ、山里寿男氏のスケッ
  チ紀行
 ・受付でキャンセル空きの個室をお願いしようとしたら「仕切りのある
  2畳部屋なら料金は大部屋と同じですが・・」との親切なアドバイス
 ・燕岳山頂で撮影中にも関わらず気持ちよくシャッターを押してくだ
  さった撮影班の放送日は11月16日BS朝日とのこと。必ず見ます。
  もちろん録画もします。
 
1躋戮漏┐砲覆觧魁
 ・燕岳は今まで見たことのない山だった。花崗岩の白とハイマツの緑と
  クロマメノキの赤が見事なコントラストを生み出していた。絵に描い
  てみたいと強く思わせる山だった。
ち筌岳の眺めが素晴らしい。
 ・槍が岳がこんなに近くに見えるとは驚きだった。とにかく美しい。表
  銀座コースを槍が岳に向かって歩く。槍が岳がだんだん大きくなって
  くる。この稜線歩きがなんとも贅沢で素晴らしい。目の前には槍が
  岳、振り向けば燕岳。山の神様に感謝である。
ゥ轡縫△砲海修すすめ北アルプス燕岳。
 ・北アルプス三大急登の触れ込みだがゆっくり歩けば、60代半ばの私で
  も大丈夫。大丈夫どころかよく整備された歩きやすいコースであっ
  た。
  
  次は「燕岳から大天井岳、常念岳の縦走コースにチャレンジ!」と
  元気とやる気をくれる山であった。
訪問者数:264人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ