また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278966 全員に公開 講習/トレーニング丹沢

大倉〜金山谷乗越

日程 2017年10月05日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間36分
休憩
0分
合計
10時間36分
S大倉バス停09:3111:25塔ノ岳12:07丹沢山13:11鬼ヶ岩13:29蛭ヶ岳14:38神ノ川乗越15:09金山谷乗越16:40蛭ヶ岳17:37丹沢山17:55竜ヶ馬場休憩所18:26塔ノ岳20:07大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大倉〜蛭ヶ岳は整備され危険個所はほぼ無し。
蛭ヶ岳〜金山谷乗越は崩落個所や倒木などあり少々注意。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

花立の岩場に咲いていたリンドウ
2017年10月05日 11:09撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立の岩場に咲いていたリンドウ
2
塔ノ岳に着。富士山チラっ☆
2017年10月05日 11:26撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に着。富士山チラっ☆
丹沢山からの下り。秋支度が始まっていました。
2017年10月05日 12:10撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山からの下り。秋支度が始まっていました。
蛭ヶ岳方面へ進むとガスが出てきました。
2017年10月05日 13:00撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳方面へ進むとガスが出てきました。
ドウダンツツジがキレイでした。
2017年10月05日 13:09撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジがキレイでした。
1
蛭ヶ岳に到着。風が冷たいです、、
2017年10月05日 13:29撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳に到着。風が冷たいです、、
1
金山谷乗越まで来ましたが、、檜洞丸への登りを前に敗退。
2017年10月05日 15:09撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷乗越まで来ましたが、、檜洞丸への登りを前に敗退。
丹沢山に戻るころには日が暮れてました。
2017年10月05日 17:37撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山に戻るころには日が暮れてました。
塔ノ岳に到着。夜景がきれいでした
2017年10月05日 18:32撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に到着。夜景がきれいでした
やっと大倉どんぐりハウスに帰還。
2017年10月05日 20:07撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと大倉どんぐりハウスに帰還。

感想/記録
by okoze

20km越えで累積標高2500m以上のトレーニングをしようと思い丹沢へ、それと紅葉の進み具合も見たかったので蛭ヶ岳ピストントレを計画。
蛭ヶ岳に到着すると檜洞丸が気になり進めることに、、檜洞丸への最後の登りを前に大倉に戻るまでに足が売り切れそうだったのでリターン、、
まだまだ練習不足とエネルギー補給計画の甘さを感じました。
訪問者数:181人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ