ヤマレコ

記録ID: 1279417 全員に公開 ハイキング白神山地・岩木山

相馬林道 長慶峠

日程 2017年10月06日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間41分
休憩
17分
合計
6時間58分
Sスタート地点07:2211:06長慶峠11:2314:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

起点の看板
モチベーション上がります
2017年10月06日 07:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
起点の看板
モチベーション上がります
警告の多さにモチベーションが持ってかれます
帰ろかな
2017年10月06日 07:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
警告の多さにモチベーションが持ってかれます
帰ろかな
立派な標柱
2017年10月06日 07:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な標柱
右は沢への入渓・退渓ポイント
2017年10月06日 07:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は沢への入渓・退渓ポイント
沢へのアクセスは楽
2017年10月06日 07:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢へのアクセスは楽
ガリガリやってます
これ以外にもケモノ痕たっぷり
2017年10月06日 07:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガリガリやってます
これ以外にもケモノ痕たっぷり
堰堤があり水量豊富
2017年10月06日 07:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤があり水量豊富
物置などが点在していますが放置されてる訳でなく使われている様子
2017年10月06日 07:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物置などが点在していますが放置されてる訳でなく使われている様子
東に洪水森の尾根
2017年10月06日 08:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に洪水森の尾根
野球場くらい拓けた場所が
2017年10月06日 08:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野球場くらい拓けた場所が
キャンプできそうなくらい人工的な平地
2017年10月06日 08:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプできそうなくらい人工的な平地
新しめな斜面の補強
2017年10月06日 08:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しめな斜面の補強
我らがお岩木山が百沢までよく見えます
2017年10月06日 08:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我らがお岩木山が百沢までよく見えます
平成18年
それ以前に土砂崩れでもあった箇所でしょうか
2017年10月06日 08:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平成18年
それ以前に土砂崩れでもあった箇所でしょうか
おかげで岩木山ビューのポイントとなったようです
2017年10月06日 08:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おかげで岩木山ビューのポイントとなったようです
この堰堤は林道から落差もあり退渓するにはかなり沢下る必要あり
2017年10月06日 08:20撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この堰堤は林道から落差もあり退渓するにはかなり沢下る必要あり
ここからしばらく林道と沢が離れます
2017年10月06日 08:20撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらく林道と沢が離れます
二本の木柱のゲート?
2017年10月06日 08:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本の木柱のゲート?
鉄製ワイヤーが垂れ下がる
映画「悪の法則」のアレではないよね…
2017年10月06日 08:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄製ワイヤーが垂れ下がる
映画「悪の法則」のアレではないよね…
沢の分岐直後にある橋
分岐そのものは確認できず
2017年10月06日 08:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の分岐直後にある橋
分岐そのものは確認できず
直後に林道も分岐
2017年10月06日 08:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直後に林道も分岐
弘前営林署ということは平成11年以前?
2017年10月06日 08:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘前営林署ということは平成11年以前?
地図上では沢沿いへ
さらに南から洪水森の稜線まで続く林道
2017年10月06日 08:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図上では沢沿いへ
さらに南から洪水森の稜線まで続く林道
沢に架かる橋はどれも安全に通過可能
2017年10月06日 08:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に架かる橋はどれも安全に通過可能
何時間でも見ていられる渓流もあれば
2017年10月06日 08:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時間でも見ていられる渓流もあれば
こちらの橋からは
2017年10月06日 09:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの橋からは
荒々しい崩落跡も
2017年10月06日 09:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しい崩落跡も
林道が少し崩落している箇所から沢が見晴らせます
2017年10月06日 09:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が少し崩落している箇所から沢が見晴らせます
こしじ橋まで銘のある橋はありませんでした
2017年10月06日 09:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こしじ橋まで銘のある橋はありませんでした
橋から渓流を眺め放題
こんな景観を大して苦労もなく近場で眺められていいのだろうか
2017年10月06日 09:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋から渓流を眺め放題
こんな景観を大して苦労もなく近場で眺められていいのだろうか
この景観も先人の努力の賜物
2017年10月06日 09:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景観も先人の努力の賜物
最も荒れた橋で
2017年10月06日 09:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最も荒れた橋で
ガードレールが脱落
2017年10月06日 09:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードレールが脱落
東と南への分岐点
2017年10月06日 09:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東と南への分岐点
東への林道は道幅がまだ維持されています
2017年10月06日 09:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東への林道は道幅がまだ維持されています
対して南への林道と潰れた通行止め
2017年10月06日 09:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対して南への林道と潰れた通行止め
踏み跡もグッと狭まりました
2017年10月06日 09:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡もグッと狭まりました
西方へ東西の川の間の尾根への道?
地図上にはないけど目印となるタオルが
2017年10月06日 09:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方へ東西の川の間の尾根への道?
地図上にはないけど目印となるタオルが
この荒れた林道に妙に新しい青看板
弘前市長の記載があるということは平成18年以降で補強工事と同時期か
2017年10月06日 09:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この荒れた林道に妙に新しい青看板
弘前市長の記載があるということは平成18年以降で補強工事と同時期か
標柱は判別できません
2017年10月06日 09:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱は判別できません
渓谷に跨るこしじ橋
アーチ部分がよく見ると直線で構成されている
2017年10月06日 10:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓谷に跨るこしじ橋
アーチ部分がよく見ると直線で構成されている
漢字表記は「越路」沢
(この瞬間まで「こじし」橋と読んでましたので無駄に驚きました)
だって、子・獅子、子供ライオンって名前の橋ってかわいいなぁって
2017年10月06日 10:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漢字表記は「越路」沢
(この瞬間まで「こじし」橋と読んでましたので無駄に驚きました)
だって、子・獅子、子供ライオンって名前の橋ってかわいいなぁって
アーチ部が直線で構成され
それぞれの繋ぎ目を上から支柱で抑え
さらにその上に補剛桁が載っかってる
残念ながら基部は確認できず
2017年10月06日 10:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アーチ部が直線で構成され
それぞれの繋ぎ目を上から支柱で抑え
さらにその上に補剛桁が載っかってる
残念ながら基部は確認できず
路面はそれほど荒れていない
ここで向こうからスクーターおじさんが
2017年10月06日 10:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路面はそれほど荒れていない
ここで向こうからスクーターおじさんが
こんな奥地にこの高さの橋を40年以上前に
2017年10月06日 10:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな奥地にこの高さの橋を40年以上前に
絶景渓谷ビュー過ぎて
帰りに橋の上で昼飯食べました
2017年10月06日 10:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景渓谷ビュー過ぎて
帰りに橋の上で昼飯食べました
上流側
ビューが過ぎる
2017年10月06日 10:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流側
ビューが過ぎる
対岸側はひらがな表記
これが地図に載ってる訳だ
2017年10月06日 10:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸側はひらがな表記
これが地図に載ってる訳だ
渓谷ビューからの岩木山ビュー
ビューが過ぎる
2017年10月06日 10:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓谷ビューからの岩木山ビュー
ビューが過ぎる
1
撮影ポイントですよ
と言わんばかりに綺麗な小滝と清水
2017年10月06日 10:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮影ポイントですよ
と言わんばかりに綺麗な小滝と清水
林道沿いで逆に人為的な香り
とか言うのは野暮です
2017年10月06日 10:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道沿いで逆に人為的な香り
とか言うのは野暮です

カモシカが あらわれた!
2017年10月06日 10:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す

カモシカが あらわれた!
1
なんと カモシカが こちらをみている!
2017年10月06日 10:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと カモシカが こちらをみている!
1
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ
2017年10月06日 10:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ
1
行ってくれるかな…
2017年10月06日 10:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ってくれるかな…
1
「立ち去ると言ったな
あれは嘘だ」

藪へ消えていきました
2017年10月06日 10:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「立ち去ると言ったな
あれは嘘だ」

藪へ消えていきました
1
倒木が林道へ突き出て
妨げになってた部分がカットされたもの
2017年10月06日 10:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が林道へ突き出て
妨げになってた部分がカットされたもの
道から見上げたところ
これ何なんだ?
これまで同じようなものは無かった気が
2017年10月06日 11:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道から見上げたところ
これ何なんだ?
これまで同じようなものは無かった気が
ついに到達
県境・長慶峠
2017年10月06日 11:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに到達
県境・長慶峠
標柱は判別不可
2017年10月06日 11:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱は判別不可
反対側には立派な碑
これを拝むために来たと言っても過言ではない
2017年10月06日 11:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側には立派な碑
これを拝むために来たと言っても過言ではない
撮影機材:

感想/記録

アップルマラソン出場の為、休日をトレーニングに充てていたので、しばらく山行から遠ざかっておりました。地図を眺めながら、どこへ行こうか妄想しつつ走る毎日でしたが、ようやく赴くことができました。
某ブログ様にて相馬の林道・山林を探索する過程の克明な記録に、激しく感銘を受け、自分も同じ道程を歩みたいと地図で確認していたところ、その林道が秋田との県境を越え、田代岳まで続いているではありませんか。
これだ、と。 行くしかない、と。

もちろん日帰りで田代岳は厳しいとしても、県境である長慶峠はどうなっているのか、徒歩でたどり着けるのか、地図上にあるこしじ橋って名前がなんかかわいいな、などを確認すべく、目的地を長慶峠と定め今回の起点たる相馬・藍内へ。

林道は途中崩落している箇所があり、四輪での通行は不可ですが、二輪での通行は可能でした。というのも、林道内でスクーターおじさんに二度、それぞれ別の方にお会いしました。その内の一人にいたっては、こしじ橋を秋田方面から下っていらっしゃいました。
橋から峠まではかなり路面が荒れた場所もあるのですが、そこを通過してきたとすれば、スクーターの走破性が尋常じゃないのか、おじさんの運転テクが神業級であるかのどちらかと思われます。

林道が大きく分岐している箇所が、栩内川まで続く東方向と、秋田方面への南方向の二又。どうやら東方の林道がメジャーな様で、南方の道は荒れ気味でしたが見失う程ではありませんでした。

こしじ橋を過ぎて間もなく、小径を曲がった先でカモシカが通せんぼしていました。
そこまで熊鈴を鳴らしまくってきたはずでしたが、先方は全く意に返さずといった趣き。互いに相手の出方を伺いつつ、こちらはすぐさま逃げをうてる体勢に。へっぴり腰で写メを撮り、鈴をガラガラ鳴らす無様な人間に恐れをなしたのか、先方は不意に藪の中へ。
実時間は1分程度で距離も20メートルは離れていましたが、非常に濃密な空間を過ごしました。

目的地の長慶峠は林道の荒れ具合とは相反した立派な石碑があり、県境ここにありと感じられる場でした。景観こそなかったですが、この先に田代岳があると思うと達成感とともに、また山行へと駆り立てられる意欲を想起させられました。
訪問者数:55人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ