また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1281287 全員に公開 フリークライミング奥秩父

二子山中央稜

日程 2017年09月25日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

コースタイム [注]

中央稜取付き10:30-頂上16:00-16:30股峠
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

中央稜取付きから見た1P目。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜取付きから見た1P目。
またこの景色を見に来たい。次はトップかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またこの景色を見に来たい。次はトップかな?
1
ガイドの要望で写真を撮るも高度感が上手く表現できず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガイドの要望で写真を撮るも高度感が上手く表現できず。
二子山は標高1,100mちょっとの山とは思えない迫力あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山は標高1,100mちょっとの山とは思えない迫力あり。
1

感想/記録

※過去日記に書いた記録を登録。

◯◯塾で二子山中央稜へ。

ガイドから二子山中央稜へのお誘いが。
受講生の一人がマルチの勉強をしたいとの事で、ならば一人より二人の方がガイドも収入が良い。私も一度は行って見たかったので、月曜日休みをとり参加。

西武秩父駅に8:30に集合、ガイドの車で股峠へ。
参加者とは一度河又でお会いしている方で11クライマー。
という事で、ガイド-私-11クライマーの順に登攀。
3ピッチ目が核心でクラックにチムニー。
チムニーは狭いので苦手で嫌い。
一度登るが行き詰まり、これ以上行くとテンションがかかるのが判っていたので、安定した所までクライムダウン。

「登れないのか」という思いが頭をよぎり二度目の登攀。
手を突っ込みハンドジャムで登るしかない!
手が抜けたらテンションかかるので、しっかり手を決めて体を持ち上げると右手上にガバのホールドが。これを掴んで実質終了した。

広いテラスで昼食後、再度登攀開始。
ロープの流れやルートどり、浮石に注意しながら慎重に味わいながら登る。
4P目か5P目から見た二子山の山肌が絶景で「二子山すげえぇ〜!」と叫んでいた。

二子山は5年前に上級者コースを歩いていて西岳稜線から見た二子山も凄かったが、壁から見る二子山は迫力があり、子持山の獅子岩や越沢バットレスに比べ、スケール感が全く違う。
来年、またこの景色を見に来たい!

下山は上級者コースを降りた。

5年前に来た時に見た西岳の絶壁を見て「俺には関係なく一生登る事はない」と思っていたが、今回一番易しいルートとは言え壁を登る事ができ、また上級者コースを降りるという何とも感慨深い登攀となった。

股峠でガイド、参加者とグータッチ!
西武秩父駅に向かう車の中、ガイドとの会話は尽きる事が無かった。
訪問者数:64人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

テン 登攀 バットレス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ