ヤマレコ

記録ID: 1285719 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

一ノ沢〜常念乗越 常念岳

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
 sanga1993(CL)
, その他メンバー2人
天候快晴微風
アクセス
利用交通機関
タクシー
穂高駐車場から一ノ沢登山口までタクシーで約5,000円。
登山口近くは路駐や違法駐車などで激混み状態。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間22分
休憩
3時間38分
合計
10時間0分
S一ノ沢登山口06:3607:51王滝ベンチ08:0309:09笠原沢09:3310:16胸突八丁10:2110:48最終水場11:1511:30第一ベンチ11:3311:50第二ベンチ11:5812:08第三ベンチ12:1312:41常念小屋幕営地14:2615:25手前常念岳2731M15:5416:36常念小屋幕営地
2日目
山行
4時間3分
休憩
3時間28分
合計
7時間31分
常念小屋幕営地04:5005:32展望ピーク06:1306:42常念小屋幕営地09:0309:25第三ベンチ09:2909:52最終水場09:5810:40笠原沢10:4611:25王滝ベンチ11:3512:21一ノ沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新たな危険箇所はありません。胸突八丁から最終水場まで最近整備されたようです。

装備

個人装備 気温計 磁気コンパス 高度計 腕時計 携帯電話 現金 健康保険証 計画書 地図 筆記具 GPSロガー デジカメ モバイルバッテリー ヘッドライト 予備バッテリー サングラス ナイフ ライター EMGシート ホイッスル レジ袋 山岳保険証の写し ローパー 日焼け止め 着替え 非常食 行動食 テルモス 水筒 カッパ 上着 帽子 手袋 手ぬぐい メインザック ザックカバー サブアタックザック 登山靴 スパッツ トレッキングポール ヘルメット 双眼鏡 虫除け 無線従事者免許証 無線局免許状 携帯トイレ シュラフ マット 食器 サンダル ※任意のアイテムもあり
共同装備 LEDランタンと予備バッテリー ポリタン First Aid Kit ストーブ ガスカートリッジ 食器類 調理器具一式 クーラーバック 食糧 無線機 テント ガスランタン

写真

笠原沢あたり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠原沢あたり
最終水場ぐらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場ぐらい
賑わうテン場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賑わうテン場
中山インゼル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山インゼル
3

感想/記録

秋合宿第二弾は今シーズンの北ア稜線最終として常念乗越をベースに両翼に展開することになった。この時期にしては非常に温暖で、昼はTシャツ一枚でも暑かった。好天にも恵まれ、綺麗な紅葉や、幻想的な雲海など素晴らしい景色に出会うことができた。今シーズン一番の入り込みということで、テン場も一杯でエリア外にも数張りの状態であった。このコースは一番苦手としているのだが、テン場は一番好きな方である。数年ぶりの訪問であったが、変わらず素晴らしい場所である。
近くで「やまびこ」によるレスキューなどあったが、今回も我々は無事下山することができたことに感謝している。またいつか苦手を克服して登りたい山である。
訪問者数:112人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 乗越 水場 紅葉 テン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ