また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1286764 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

光岳(易老渡ピストン日帰り)

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅「遠山郷」で車中泊。車中泊ももう寒いかなと思い、冬用のシュラフを用意するも、夏に戻ったかのような空気で、夏用で十分でした(^_^;)。スタート地点の芝沢ゲートへは、ここから車で約1時間です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間20分
休憩
45分
合計
12時間5分
S芝沢ゲート05:0006:05易老渡06:1507:30面平09:45易老岳09:5010:40三吉平11:20静高平11:40県営光岳小屋11:5012:10光岳12:2012:30県営光岳小屋12:4014:10易老岳15:20面平16:10易老渡17:05芝沢ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

芝沢ゲートに到着。三連休の中日なので、駐車場はほぼ満車です。なお、自転車ならこの先の易老渡・便ヶ島まで通行可能です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝沢ゲートに到着。三連休の中日なので、駐車場はほぼ満車です。なお、自転車ならこの先の易老渡・便ヶ島まで通行可能です。
バイクならいけるのではと思いましたが、自動二輪、原付ともに進入禁止とのこと(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイクならいけるのではと思いましたが、自動二輪、原付ともに進入禁止とのこと(T_T)。
芝沢ゲートにはトイレはありませんが、易老渡(5.5卆茵砲畔悒島(7卆茵砲縫肇ぅ譴あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝沢ゲートにはトイレはありませんが、易老渡(5.5卆茵砲畔悒島(7卆茵砲縫肇ぅ譴あります。
明るくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきました。
光橋に到着。ここまで来たら、易老渡まであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光橋に到着。ここまで来たら、易老渡まであと少し。
橋を渡って右手に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って右手に進みます。
易老渡に到着。出発から約1時間。幌尻岳の新冠陽希コースに比べたら一瞬でした(笑)。塩見岳の鳥倉林道と似たような感じでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老渡に到着。出発から約1時間。幌尻岳の新冠陽希コースに比べたら一瞬でした(笑)。塩見岳の鳥倉林道と似たような感じでした。
1
光岳へはこの橋を渡ります。見逃してしまいがちなので注意してください。進行方向からも見えるように看板を設置してほしいところ(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳へはこの橋を渡ります。見逃してしまいがちなので注意してください。進行方向からも見えるように看板を設置してほしいところ(^_^;)。
1
ちなみに、もう少し進むと、駐車場(跡地)と公衆トイレがあります。自転車もデポされていました(うらやましい(>_<))。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに、もう少し進むと、駐車場(跡地)と公衆トイレがあります。自転車もデポされていました(うらやましい(>_<))。
いよいよ出発です。易老岳まで約6時間、光岳まで約8時間とのこと(>_<)。厳しい戦いになりそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ出発です。易老岳まで約6時間、光岳まで約8時間とのこと(>_<)。厳しい戦いになりそうです。
1
下を見たらこわいのはわかっているのですが、やっぱり見てしまいますね(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を見たらこわいのはわかっているのですが、やっぱり見てしまいますね(^_^;)。
1
ここから易老岳まで30カウントしていきます。30を刻むなんて初めてなので、精神的にやられました(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから易老岳まで30カウントしていきます。30を刻むなんて初めてなので、精神的にやられました(^_^;)。
こんな感じで標識が設置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで標識が設置されています。
めっちゃ急登です(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めっちゃ急登です(>_<)。
以後ひたすら同じような樹林帯の登りが続くので、標識の写真は省略します(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以後ひたすら同じような樹林帯の登りが続くので、標識の写真は省略します(^_^;)。
樹々の間から聖岳♪まだ快晴ですが、夏の空気なので、イザルヶ岳(展望スポット)までもつかどうか(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹々の間から聖岳♪まだ快晴ですが、夏の空気なので、イザルヶ岳(展望スポット)までもつかどうか(^_^;)。
面平に到着。しばらく急登から解放されます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面平に到着。しばらく急登から解放されます。
親切にも倒木にステップが刻まれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親切にも倒木にステップが刻まれています。
聖岳がめっちゃかっこいいのですが、あやしい雲が湧いてきました(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳がめっちゃかっこいいのですが、あやしい雲が湧いてきました(T_T)。
このコース唯一の危険箇所(ここが馬の背かな?)に突入です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコース唯一の危険箇所(ここが馬の背かな?)に突入です。
この先が核心部でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が核心部でした!
駐車場から約5時間。易老岳に到着です。展望はもちろんありません(苦笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から約5時間。易老岳に到着です。展望はもちろんありません(苦笑)。
1
こちらは茶臼岳方面。天気がいまいちなので、今日茶臼小屋に泊まって明日聖岳に行けばよかったと激しく後悔しました(ピストン前提だったので、シュラフ等はもちろん車に(T_T))。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは茶臼岳方面。天気がいまいちなので、今日茶臼小屋に泊まって明日聖岳に行けばよかったと激しく後悔しました(ピストン前提だったので、シュラフ等はもちろん車に(T_T))。
光岳はこちらへ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳はこちらへ。
一旦下ります(T_T)。光岳を恨みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下ります(T_T)。光岳を恨みます。
ついに景色が見えるようになりましたが、行く手には雲が襲いかかってきています(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに景色が見えるようになりましたが、行く手には雲が襲いかかってきています(T_T)。
山の上の方にだけ雲が湧いている残念なパターンorz。雲海パターンであってほしかった(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の上の方にだけ雲が湧いている残念なパターンorz。雲海パターンであってほしかった(>_<)。
名もなき池。水面に映るのはやっぱり樹林帯(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名もなき池。水面に映るのはやっぱり樹林帯(T_T)。
三吉平に到着。ここから山頂まで標高差約400mを登ります(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三吉平に到着。ここから山頂まで標高差約400mを登ります(T_T)。
ゴーロの登りが続きます。ここでのゴーロは意外でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロの登りが続きます。ここでのゴーロは意外でした。
静高平に到着。ようやくいい雰囲気になってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静高平に到着。ようやくいい雰囲気になってきました。
水場があります。地図には涸れていることが多いとありますが、たくさん水が流れていました。せっかくなので一杯いただきました(^_^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場があります。地図には涸れていることが多いとありますが、たくさん水が流れていました。せっかくなので一杯いただきました(^_^)。
光岳小屋に泊まる人はここで水を補給してきてくださいとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳小屋に泊まる人はここで水を補給してきてくださいとのこと。
2
ついに光岳小屋が見えてきました\(^o^)/。そして、気持ちのいい木道歩きです♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに光岳小屋が見えてきました\(^o^)/。そして、気持ちのいい木道歩きです♪
イザルヶ岳との分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルヶ岳との分岐。
こちらがイザルヶ岳ですが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらがイザルヶ岳ですが…
天気がいまいちなので、帰りに賭けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がいまいちなので、帰りに賭けます。
気持ちのいい木道歩きが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい木道歩きが続きます。
おしゃれな小屋ですね♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしゃれな小屋ですね♪
1
ついに光岳小屋に到着。すでに営業は終了していますが、今は避難小屋として利用できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに光岳小屋に到着。すでに営業は終了していますが、今は避難小屋として利用できます。
2
小屋の中へは2階から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中へは2階から。
1
中はめっちゃきれいです(^_^)。泊まりで来ればよかったと再び後悔(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中はめっちゃきれいです(^_^)。泊まりで来ればよかったと再び後悔(T_T)。
2
営業期間外のトイレはこちらの図をご参照ください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
営業期間外のトイレはこちらの図をご参照ください。
なお、こちらのトイレは使えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なお、こちらのトイレは使えません。
テン場はこちら。テント泊しやすそうな平地ですが、意外と狭いです(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場はこちら。テント泊しやすそうな平地ですが、意外と狭いです(^_^;)。
いよいよ山頂へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂へ向かいます。
再び樹林帯の中へ(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び樹林帯の中へ(T_T)。
あれが山頂みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが山頂みたい。
ついに山頂に到着\(^o^)/。ですが、見事に展望がありません。皇海山や恵那山を思い出しました(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに山頂に到着\(^o^)/。ですが、見事に展望がありません。皇海山や恵那山を思い出しました(笑)。
1
なお、この先に展望所と光石がありますが、この天気なので諦めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なお、この先に展望所と光石がありますが、この天気なので諦めます。
1
墓石にしか見えない…再び訪れる日は来るのでしょうか(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
墓石にしか見えない…再び訪れる日は来るのでしょうか(^_^;)。
3
光岳小屋まで戻ってきました。行きよりもかなりガスってきました(T_T)。ここでようやくお昼にします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳小屋まで戻ってきました。行きよりもかなりガスってきました(T_T)。ここでようやくお昼にします。
この天気なので、イザルヶ岳も諦めます(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この天気なので、イザルヶ岳も諦めます(T_T)。
易老岳に戻ってきました。登り返しがほんとしんどかった(T_T)。ここから一気に下ります。30のカウントダウン開始です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳に戻ってきました。登り返しがほんとしんどかった(T_T)。ここから一気に下ります。30のカウントダウン開始です。
面平まで下りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面平まで下りてきました。
ついに易老渡に戻ってきました\(^o^)/。のですが、喜ぶのはまだ早い(T_T)。あの林道歩きが待っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに易老渡に戻ってきました\(^o^)/。のですが、喜ぶのはまだ早い(T_T)。あの林道歩きが待っています。
ようやく駐車場まで戻ってきました\(^o^)/。半日ほんとお疲れさまでした。この後はもちろん道の駅遠山郷に併設の「かぐらの湯」に直行。そして、温泉のあとは、温泉併設のレストランで夕飯。遠山郷名物(らしい)ジンギスカン丼を食べました。食後は明日の聖岳に備えて車中泊(結局御嶽山へと変更しました)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく駐車場まで戻ってきました\(^o^)/。半日ほんとお疲れさまでした。この後はもちろん道の駅遠山郷に併設の「かぐらの湯」に直行。そして、温泉のあとは、温泉併設のレストランで夕飯。遠山郷名物(らしい)ジンギスカン丼を食べました。食後は明日の聖岳に備えて車中泊(結局御嶽山へと変更しました)。
1

感想/記録

百名山も残すところあと少しになり、ラストを飾る予定の槍穂の前に、後回しになっていた光岳を倒しに行くことにしました(笑)。
ルートは関西から近い易老渡からピストンで挑みました(この翌日には光岳に続いて聖岳をピストンする予定でしたが、天気がいまいちそうで、せっかくの苦労が水の泡になりそうだったので、御嶽山に変更しました(^_^;))。

芝沢ゲート(駐車場)から登山口の易老渡まで片道約5劼領啼司發(つい数年前までは車で易老渡まで行けたのですが(T_T))、序盤から容赦ない標高差約1,500mの急登、9割以上を占める樹林帯、そして展望のない山頂と、なぜ百名山なのかと深田久弥さんを恨みたくなりますが、晴れていれば、道中(決して山頂ではない)、富士山を筆頭に、聖岳、赤石岳、荒川岳、塩見岳といった百名山を間近に眺められるとのことで、これだけを期待して登りました。
結果は、先週の秋の空気から一転、夏の空気に逆戻りしたせいで夏のように雲が湧いてきてしまい、期待した景色は見られませんでした(T_T)。
ただの修行に終わってしまったことに深い後悔を感じ、聖岳は絶対快晴の日に登って、光岳のリベンジを果たそうと思います。

おしまい。
訪問者数:488人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ