ヤマレコ

記録ID: 1287061 全員に公開 沢登り大台ケ原・大杉谷・高見山

銚子川 左股下降 右股遡行

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
天候10/8(曇)  
10/9(雨後曇) 
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間10分
休憩
0分
合計
8時間10分
S大台ケ原駐車場08:4509:56堂倉山12:54コブシ嶺13:40光谷左股下降点16:55宿泊地 光谷二股
2日目
山行
11時間0分
休憩
0分
合計
11時間0分
宿泊地 光谷二股06:3007:45三段F40m08:53末広F30m10:25多段F100m14:4014:40尾鷲道17:30大台17:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

堂倉山巻道分岐
2017年10月08日 09:47撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉山巻道分岐
堂倉山 下降ルートを外しアルバイト
2017年10月08日 09:56撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉山 下降ルートを外しアルバイト
左股下降点
2017年10月08日 13:43撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左股下降点
雨の右股入渓
2017年10月09日 06:27撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の右股入渓
左ルンから大岩の上に
2017年10月09日 07:45撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左ルンから大岩の上に
1
クラックが登れずに結局高巻き
2017年10月09日 08:07撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラックが登れずに結局高巻き
F30m 左巻
2017年10月09日 08:53撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F30m 左巻
1
多段多条100m
2017年10月09日 10:25撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多段多条100m
1
シャワー
2017年10月09日 10:35撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャワー
1
落口より下まで見えない
2017年10月09日 10:49撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落口より下まで見えない
1
最後のゴルジュ右巻き
2017年10月09日 11:42撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のゴルジュ右巻き
2

感想/記録
by natame

白山書房 関西の谷で100mの光大滝を快適に直登とある谷。 随分以前から温めていたが体力が衰え行けなくなるとの思いで妻には行先は大台とだけ言って晴天気狙いで出かけることに。大台駐車場は満車で手前の路肩に駐車、雲海は見れたが曇り空、尾鷲辻までは整備道を何組かの登山者と出会う、尾鷲道からは登山道を堂倉山に登り下りルートを間違えて随分のアルバイトしてしまう。 コブシ峰、光谷左股下降点に はじめは緩い下りから徐々に険しくなり沢靴にはき替える。 3時間強で二股csに着。 まだ少し明るかったので竿をだすが当はなく期待の肴なしで焚火をする。ズボンを乾かしながらトリスを、生乾きながら20:30にツエルトに
24:00に目覚め ラジオ深夜便を聞きながらうつらうつら5:00ツエルトに当たる雨音が 尾鷲に下ることも考えたがもう来ることはないと遡行を開始。 傾斜の岩盤、行合、三段F40mに一段めは左ルンゼから取付き大岩の上に、二段めは右を巻き気味に、最上段は右のクラックが登れずに結局高巻きして末広F30m前に降りる右を巻く、多段多条末広F100m関西の谷では快適に直登とあるが、シャワーで息ができないし高度感で足が震えどうしようと何度も戸惑う、ザイルにハンマーを付け上部に投げて何とか乗り越える事も。上の斜瀑は左を巻き気味に登り、最後のゴルジュは右を巻く、奥の二股に着き平流となりホッとする。右股に入り1350の尾根より尾鷲道に、濡れたザイルやハーネスが重くヨタヨタで3時間で大台に無事山行を終える。
光谷は想像以上に厳しい谷で、滝の直登や巻きが手ごわく、遡行を終えた達成感は充分にあった。
訪問者数:67人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ