ヤマレコ

記録ID: 1287641 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

硫黄岳〜東天狗岳

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
天候曇 晴
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間51分
休憩
1時間19分
合計
6時間10分
S桜平09:5210:28夏沢鉱泉10:3911:35オーレン小屋12:2013:36赤岩の頭14:04硫黄岳14:2215:10ヒュッテ夏沢15:10山びこ荘15:1515:56箕冠山16:02根石山荘
2日目
山行
2時間48分
休憩
1時間5分
合計
3時間53分
根石山荘07:2307:31根石岳07:3207:42白砂新道入口08:00東天狗岳08:1508:31白砂新道入口08:43根石岳08:4608:51根石山荘09:1809:24箕冠山09:56オーレン小屋10:0610:41夏沢鉱泉10:5011:16桜平11:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

桜平(中)駐車場
ここから登山口は徒歩10〜15分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜平(中)駐車場
ここから登山口は徒歩10〜15分
八ヶ岳って感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳って感じ
オーレン小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋
ボルシチ食べてる人が結構いた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボルシチ食べてる人が結構いた
硫黄岳方面へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳方面へ向かう
赤岩の頭
まっしろ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭
まっしろ
硫黄岳山頂
まっしろ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂
まっしろ・・・
まっしろ・・・(泣)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まっしろ・・・(泣)
爆裂火口が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口が見えてきた
元の道は崩れている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元の道は崩れている
夏沢峠から硫黄岳
爆裂火口がよく見える
今晴れてるんだよな・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠から硫黄岳
爆裂火口がよく見える
今晴れてるんだよな・・・
箕冠山
展望なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山
展望なし
根石岳山荘が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳山荘が見える
お久しぶりの夕日
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お久しぶりの夕日
根石岳が赤く染まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳が赤く染まる
右の方に槍ヶ岳が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の方に槍ヶ岳が見える
風が強くてさーっと雲というか霧というかが通り抜けていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強くてさーっと雲というか霧というかが通り抜けていく
遠くに北アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに北アルプス
雰囲気がいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気がいい
1
天狗岳は反対側よりこっち側の方の雰囲気が良い気がする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳は反対側よりこっち側の方の雰囲気が良い気がする
1
東天狗岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂
穂高、槍
右端は常念かな??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高、槍
右端は常念かな??
1
爺ヶ岳、鹿島槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳、鹿島槍
鹿島槍、五竜、唐松
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍、五竜、唐松
白馬三山
手前は蓼科山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬三山
手前は蓼科山
黒百合ヒュッテ「
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ「
中央アルプスだと思う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスだと思う
北岳、甲斐駒、仙丈ケ岳かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、甲斐駒、仙丈ケ岳かな?
赤岳、阿弥陀
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳、阿弥陀
赤岳頂上山荘が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘が見える
硫黄岳山頂も見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂も見える
硫黄岳の爆裂火口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳の爆裂火口
1
八ヶ岳は紅葉する木は少なめな気がする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳は紅葉する木は少なめな気がする

感想/記録
by shiba1

三連休初日は雨の予報だったので山行きはあきらめ、2日目から。
桜平の駐車場はかなり混雑。
遅めのスタートなので、硫黄岳へ向かうか迷うところだけど、とりあえず歩き出す。
最初の舗装された道が結構ツライ・・・
30分ほどで夏沢鉱泉に到着。
ここで登山届を出す。
そして夏沢鉱泉から1時間ほどでオーレン小屋に到着し、ランチタイム。
オーレン小屋から硫黄岳方面を見ると、真っ白・・・
登っても何も見えないかも、と思うと、行かないという選択肢が大きくなってくるけど、結局は行くことに。
小屋から赤岩の頭までの道は地味にキツくて、すぐに息があがってしまい、結構時間がかかった。
そこから硫黄岳山頂までは30分程度で到着。
真っ白・・・
でも、しばらくして爆裂火口が見えてきて、天狗岳も見えた。

さて、ここでまた行先をジャッジ。
16時くらいまでに到着できそうなら根石岳山荘、無理そうなら硫黄岳山荘。
私の足は遅いけど、道のりはきつくはなさそうなので、2時間はかからないだろうということで、根石岳山荘へ向かうことに。

まずは夏沢峠までの道はザレて浮石も多く歩きづらいところが多い。
途中から樹林帯に入り、しばらく下ると夏沢峠。
やまびこ荘、夏沢ヒュッテと2件の小屋があるが、共に営業は終了していた。
少し休憩し、箕冠山への登り。
全体にゆるい登りで歩きやすい。
どこが山頂なのかよくわからないけど、分岐となるところにここは箕冠山という標識があるので、そこか?? 展望はない。
分岐から根石岳山荘まではすぐ。
予想通り16時ごろ到着。
ちょっと遅めだけど・・・
人は少ないかなと思っていたけど、意外と多くて、寝床は本館の蚕棚の上段。
最終的には満員状態となった。
でも、ひとり1枚の布団で寝られるので山小屋としてはかなり快適。
とりあえず冷たいものを飲んで休憩していると、真っ白だった外の景色が見えているので、夕日が見えるかも、と外へ。

見えました〜!!

その後、夕食。
また自炊で今回は3連休初日が空いたこともあって、レトルトばかりではなく、ちょっとだけ手をかけた。
メニューはミネストローネとバケット、キャロットラペ。

食べ終わったくらいでお風呂の順番がまわってきた。
根石岳山荘、お風呂があって順番がまわってくるようになってるのだ。
入るつもりはなかったんだけど、食事も終わってたし、せっかくなので入る。

つかるだけで、体を洗ったりすることはできない。
お湯の入れ替えがあるわけでもないので、きれいとは言えないけど、さっぱりする。

消灯は20時。
ひとり1枚の布団で、敷布団も2枚敷かれていてやわらかくて快適。
あっというまに眠りについた・・・

朝はかなり早くから目は覚めていたけど、起きるのがちょっと遅くなり、日の出を見に外に出ると、もう太陽があがってきていた。
若干出遅れ・・・風が強くて寒い。

朝食をとり、荷物を置いて天狗岳へ向かう。
めのまえの根石岳に登るだけでも景色がいい。
根石岳からぐっと下がって東天狗へと登る。
360度大パノラマ〜♪
近い赤岳の山頂は雲で見えないけど、遠くに北アルプスも見えた。
しばらく景色を堪能して根石岳山荘へ戻る。
荷物を取って下山。

下山は早いけど、靴の履き方が悪かったか、最後の方で足が痛くなって失速・・・
登山口から車のあるところまでの林道歩きが特にきつかった。
中が滑るので滑り止めのインソール入れるとか何か考えなくちゃ。
訪問者数:60人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ