また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1287753 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳でゆったり贅沢なテント泊(黒菱駐車場からピストン)

日程 2017年10月09日(月) 〜 2017年10月10日(火)
メンバー , その他メンバー1人
天候日中は晴れ、夕方から雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黒菱駐車場にマイカーを停車。朝4時の時点でまだまだ空きがありました。
出発する7時台でも空きがありました。
黒菱駐車場までの林道は舗装されているものの狭くてすれ違いに苦労します。
込み合う時間帯は避けるのが無難です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間54分
休憩
1時間24分
合計
5時間18分
S八方池山荘08:2808:49石神井ケルン08:5008:57第2ケルン09:03八方ケルン09:0509:15第三ケルン09:19八方池09:2010:13扇雪渓10:1510:35丸山10:3611:25唐松岳頂上山荘12:3113:20唐松岳13:3113:46唐松岳頂上山荘
2日目
山行
2時間14分
休憩
19分
合計
2時間33分
唐松岳頂上山荘07:0507:13牛首07:2607:33唐松岳頂上山荘07:3408:07丸山08:0808:24扇雪渓08:57第三ケルン08:5809:05八方ケルン09:0609:10第2ケルン09:35八方池山荘09:3709:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登り3時間、下り2時間でした。
コース状況/
危険箇所等
とてもよく整備された登山道で、危険と感じる場所は皆無です。
特に八方池までは観光地となっているので歩きやすいです。
その他周辺情報黒菱駐車場から車で20分ほどのところの「白馬八方温泉」の温泉\800に行きました。
透明で少しぬるぬるの泉質、ゆっくり入るにはちょっと熱い、清潔な施設、という感じでなかなか良かったです。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

4時過ぎに黒菱駐車場に到着し、仮眠して6時頃に起床。
リフトが7:45からなのでまだ時間がありますが、外が明るくなってきたので散策。
2017年10月09日 06:04撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時過ぎに黒菱駐車場に到着し、仮眠して6時頃に起床。
リフトが7:45からなのでまだ時間がありますが、外が明るくなってきたので散策。
魚の形の雲が発生。私には熱帯魚に見えます。
2017年10月09日 06:04撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚の形の雲が発生。私には熱帯魚に見えます。
2
下界が見えてきました。
2017年10月09日 06:06撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界が見えてきました。
駐車場には自販機があります。
あとトイレもあります。
2017年10月09日 06:11撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場には自販機があります。
あとトイレもあります。
時間になったのでリフトを2つ乗り継いで八方池山荘を目指します。
2017年10月09日 08:01撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間になったのでリフトを2つ乗り継いで八方池山荘を目指します。
雲を抜けたらこんなに晴天!!
2017年10月09日 08:04撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲を抜けたらこんなに晴天!!
10
一つ目のリフトを降りるとこんなに天気が良くなっていました。
2017年10月09日 08:08撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ目のリフトを降りるとこんなに天気が良くなっていました。
4
雲海デッキと言われるだけあって、この日も雲海がありました。
2017年10月09日 08:09撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海デッキと言われるだけあって、この日も雲海がありました。
2
別の場所から上がってくるリフト。これを素通りします。
2017年10月09日 08:12撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の場所から上がってくるリフト。これを素通りします。
1
この奥に2つ目のリフトがありますのでそこから八方池山荘まで上がります。
2017年10月09日 08:13撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この奥に2つ目のリフトがありますのでそこから八方池山荘まで上がります。
1
登る山が見えてきてテンションアップ。
2017年10月09日 08:18撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る山が見えてきてテンションアップ。
1
歩き始めます。人が多いな〜。
今日は贅沢装備なのでザックは25kg。
軽い登山のつもりが苦行になってしまった。
2017年10月09日 08:53撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めます。人が多いな〜。
今日は贅沢装備なのでザックは25kg。
軽い登山のつもりが苦行になってしまった。
4
道中にトイレがあります。さすが観光地。
2017年10月09日 08:55撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中にトイレがあります。さすが観光地。
1
八方ケルンはなかなかの大きさでした。
2017年10月09日 09:03撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方ケルンはなかなかの大きさでした。
1
すごい景色。撮影が止まりません。
2017年10月09日 09:06撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい景色。撮影が止まりません。
2
これが有名な八方池!人が多いのであまり長居せず通り過ぎました。
2017年10月09日 09:13撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが有名な八方池!人が多いのであまり長居せず通り過ぎました。
2
西側は雲海!素晴らしい!
それにしても日が強くて日焼けしそう。
2017年10月09日 09:30撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側は雲海!素晴らしい!
それにしても日が強くて日焼けしそう。
3
どんどん登る。
2017年10月09日 09:31撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん登る。
1
白馬岳方面。
北アルプスってどの山も見応えがあって本当に楽しい。
2017年10月09日 10:37撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳方面。
北アルプスってどの山も見応えがあって本当に楽しい。
1
友人も写真撮影で大忙し。
2017年10月09日 10:54撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
友人も写真撮影で大忙し。
よくこんな場所にこんなものを作るな〜。
おかげで安心して通れます。
2017年10月09日 11:10撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくこんな場所にこんなものを作るな〜。
おかげで安心して通れます。
唯一険しく見える場所。
ただしとても歩きやすい。
2017年10月09日 11:10撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一険しく見える場所。
ただしとても歩きやすい。
1
ここを過ぎるとすぐに唐松山荘がお目見えします。
2017年10月09日 11:06撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを過ぎるとすぐに唐松山荘がお目見えします。
唐松山荘に到着!
唐松山荘から見た唐松岳、いいね!
2017年10月09日 11:21撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松山荘に到着!
唐松山荘から見た唐松岳、いいね!
11
11時過ぎの時点ではテント場は選び放題。だって明日は平日。
今回はゆったりテント泊が目的なので贅沢してヘリノックス系チェアを持ってきました。
重かったけど、思っていた以上に便利です。
2017年10月09日 11:57撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時過ぎの時点ではテント場は選び放題。だって明日は平日。
今回はゆったりテント泊が目的なので贅沢してヘリノックス系チェアを持ってきました。
重かったけど、思っていた以上に便利です。
7
テント内から見た景色。このテント場は素晴らしすぎる。
2017年10月09日 12:00撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント内から見た景色。このテント場は素晴らしすぎる。
7
友人が海外で買ってきてくれたカロリーバー。食べやすくて良い!ただ、高い。
2017年10月09日 12:13撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
友人が海外で買ってきてくれたカロリーバー。食べやすくて良い!ただ、高い。
4
さて、テントでまったりしたら荷物をデポして唐松岳山頂を目指します。
2017年10月09日 12:57撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、テントでまったりしたら荷物をデポして唐松岳山頂を目指します。
フォントが良いね!
2017年10月09日 13:03撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォントが良いね!
20分ほどで唐松岳に登頂。撮影の準備。
2017年10月09日 13:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほどで唐松岳に登頂。撮影の準備。
景色良すぎ!!
2017年10月09日 13:25撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色良すぎ!!
5
唐松山荘は整った建物の印象でした。
2017年10月09日 13:33撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松山荘は整った建物の印象でした。
6
戻ってきました。
2017年10月09日 13:44撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
3
黄色いのが我々のテント。最高の場所ですが、それでも山荘のトイレまでは5分ほどかかります。
2017年10月09日 13:53撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色いのが我々のテント。最高の場所ですが、それでも山荘のトイレまでは5分ほどかかります。
2
テントに戻ってきました。天気が良い!
2017年10月09日 14:00撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントに戻ってきました。天気が良い!
2
さあ、お腹が空いたのでかなり早い夕飯にします。
今夜はすき焼き!!!!
玉子も持ってきているしお米も炊きます。贅沢!
2017年10月09日 14:42撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、お腹が空いたのでかなり早い夕飯にします。
今夜はすき焼き!!!!
玉子も持ってきているしお米も炊きます。贅沢!
4
実は少し失敗しましたが、「山で食べる分には美味しかったでしょ?」と友人には言い訳しました。
2017年10月09日 14:50撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は少し失敗しましたが、「山で食べる分には美味しかったでしょ?」と友人には言い訳しました。
4
朝、歯磨きしながら天気が好天するのを待ちましたが、日の出は見られず。
2017年10月10日 05:40撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、歯磨きしながら天気が好天するのを待ちましたが、日の出は見られず。
テントの片付けを終えたので下山します。
ザックが昨日より6キロくらい軽くなってる・・・。
2017年10月10日 06:49撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの片付けを終えたので下山します。
ザックが昨日より6キロくらい軽くなってる・・・。
2
五竜方面に牛首まで行ってみましたが、風が強くて危険を感じました。
2017年10月10日 07:07撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜方面に牛首まで行ってみましたが、風が強くて危険を感じました。
バタバタと激しく動いています。
2017年10月10日 07:30撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バタバタと激しく動いています。
さあ、どんどん下ろう。
2017年10月10日 08:01撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、どんどん下ろう。
1
少し下ると晴れ!
2017年10月10日 08:41撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ると晴れ!
3
山頂はガスガスでしたが、このあたりまで来ると良い天気でした!
2017年10月10日 08:51撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はガスガスでしたが、このあたりまで来ると良い天気でした!
1
九時前ですが八方池はすでに人が数名いました。
2017年10月10日 08:52撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九時前ですが八方池はすでに人が数名いました。
昨日は通らなかった木道を選択。
2017年10月10日 09:19撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は通らなかった木道を選択。
ゆっくり下山したつもりでしたが、約2時間で八方池山荘まで来てしまいました。後はリフトを2つ乗り継いで黒菱駐車場に向かってこの旅は終了です。お疲れさまでした!
2017年10月10日 09:58撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくり下山したつもりでしたが、約2時間で八方池山荘まで来てしまいました。後はリフトを2つ乗り継いで黒菱駐車場に向かってこの旅は終了です。お疲れさまでした!
3

感想/記録

【本コース選択の経緯】
友人とテント泊登山でどの山に行くか物色していましたが、友人の膝の調子が悪いということで、リフトを使って気楽に行ける唐松岳を選択。
本来は日帰りで行けますが、テント泊でゆったり登山としました。



【山、コースについて】
リフトのある黒菱駐車場に着いたら仮眠。ここから2つのリフトを乗り継いで登山口である八方池山荘を目指します。ちなみに待ちきれない人はここから歩き始めていました。
「黒菱第3ペアリフト(黒菱駐車場 ー 黒菱平)」が7:15に動き始めたので準備して乗り込み、着いたら今度は「グラートクワッドリフト(黒菱平 − 八方池山荘)」に乗って8:30頃に八方池山荘に到着。
観光地ということでかなりの人の数。こんなに人が多いのは富士山以来初めてでしたので驚きました。
ここからいくつか分岐がありますが、いずれも唐松岳に向かっているのでその時の気分で選択しながら登っていきました。
特に危険個所や難しい箇所もなく淡々と登っていきますが、全体を通して景色が良いため全く飽きずに歩き続けることができます。
11:30、登り始めて約3時間ほどで唐松岳頂上山荘に到着。
テントの受付(\1000/1人)を済ませ、テント場に向かうとなんと選び放題。時間が早いのもありますが、最終的にも混雑しませんでした。
明日が平日って素晴らしい!!
テントを張ったら唐松岳山頂へ。普通の速度でも唐松岳頂上山荘から20分ほどで着きます。
八方池山荘から標高差860mと低く、全体を通して危険個所も無いのでラクな部類に入るのは確かです。
山頂からは360度の大パノラマが!こんなに景色の素晴らしい山だったのか!今までの登山でもベスト3に入るかも。これが手軽に登れるんだから人気になるのもうなずけました。
テント場に戻って食事を済ませたら4時過ぎに雨になってしまい、仕方なく寝始めました。
夜、何度か起きてみましたが雲が晴れることはなく、朝までテントの中で過ごしました。
それにしてもこの日は夜も暖かく、テント内は7℃ほどありました。
朝も日の出が見込めない状況だったのでテント場で食事と撤収を済ませ、下山開始。
2時間ほどで登山口である八方池山荘に到着。
とても平和でゆったりな登山でした。
普段は時間に追われる登山が多いので、たまにはこういう登山もいいですね!




【服装・装備について】
薄手のベースレイヤーに半袖Tシャツ、薄手のトレッキングパンツ、3シーズン用登山靴で挑みました。
全体を通して行動中はこれで問題無しでした。
山頂に着いたらすぐにフリースを着て調度いいくらい。
水は1人あたま合計2.5Lほど消費しました。



【反省点】
・ゆったり登山ということで少し気が抜けていたのか、私も友人も装備忘れが少しありました。今後、どんな登山でも装備の再確認は徹底しようと思います。
・寒くなるのを恐れてマットを2重に用意したり、貼るカイロを用意したりしましたが、とても暖かくて全く使用しませんでした。さすがに過剰だったなと反省。この辺の加減というのは難しいところですが、もう少し精度を上げていきたいです。
・登りの後半、気付かないうちにシャリバテになってしまいペースが落ちていました。経験上、ザックが重たい時は想像以上にカロリーを消費しているので、行動食は小まめに取る必要があると再認識しました。
訪問者数:368人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ