ヤマレコ

記録ID: 1287887 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

釈迦ヶ岳・孔雀岳 17042

日程 2017年10月10日(火) [日帰り]
メンバー
天候
風:午前 3〜5m/s、時々6m/s超、午後 0〜2m/s
気温:出発時・13℃(体感8〜9℃)、山頂・20〜22℃(体感)
   下山時・18℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:泉北 5:11 発 太尾登山口 7:45 着(立寄り7分含む)
復路:太尾登山口 16:24 発 泉北 19:13 着(立寄り13分含む)
              延走行距離:194.8

駐車場:
 太尾登山口に10数台分の無料駐車場と便所があります。

アクセス道路の通行規制:
 関電奥吉野発電所を過ぎた林道栗平線で法面保護工事のために通行規制しているところがあります。日祝を除く下記の時間はH30年2月28日まで規制しています。土曜日も規制対象なので注意して下さい。
 8:30〜10:30、10:40〜12:00、13:00〜15:00、15:10〜16:30
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:18 太尾登山口出発 ー(33分)ー 旧登山道出合 8:58 ー(28分)ー 古田ノ森 9:30 ー(20分)ー 千丈平 9:59 ー(16分)ー 釈迦ヶ岳 10:32 ー(35分)ー 掾ノ鼻 11:17 ー(24分)ー 孔雀覗 11:47 ー(10分)ー 孔雀岳 12:14 ー(8分)ー 孔雀覗 12:25 ー(22分)ー 掾ノ鼻 12:57 ー(37分)ー 釈迦ヶ岳 14:20 ー(14分)ー 千丈平 14:38 ー(20分)ー 古田ノ森 15:05 ー(22分)ー 旧登山道分岐 15:31 ー(28分)ー 太尾登山口帰着 15:59

歩行時間:5時間17分(8:18〜15:59)
歩行距離:11.7
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 太尾登山口〜釈迦ヶ岳には危険個所はありません。道標も随所にあり道迷いの心配はないと思いますが、千丈平他に3年前の行方不明者捜索のチラシが貼ってありました。
 釈迦ヶ岳〜孔雀岳は鎖・岩場・痩せ尾根・キレットほか急坂・急登が多いので慎重な歩行が要求されます。数年前には滑落死亡事故が発生したところもあるので、特に悪天時は要注意です。ミヤコザサが生い茂って足元が見え難いところも多数あります。木の根・石ころに注意が必要です。

登山ポスト:あり
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 太尾登山口周辺には当該施設はありませんが、R168沿いに大塔温泉夢乃湯他があります。

写真

登山届を提出し、熊除けのラジオを点けて出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届を提出し、熊除けのラジオを点けて出発します。
1
青空に黄葉が映えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に黄葉が映えます。
3
釈迦ヶ岳が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳が見えてきました。
4
古田ノ森から釈迦ヶ岳山頂を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古田ノ森から釈迦ヶ岳山頂を望む。
1
千丈平には3年前の行方不明者の捜索チラシが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈平には3年前の行方不明者の捜索チラシが・・・。
大日岳トラバース道分岐の水場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳トラバース道分岐の水場です。
3年振りに・・・、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3年振りに・・・、
3
お釈迦さまとご対面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お釈迦さまとご対面です。
4
弥山・八経ヶ岳方面を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山・八経ヶ岳方面を望む。
1
これから歩く予定の孔雀岳から仏生ヶ岳の尾根を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く予定の孔雀岳から仏生ヶ岳の尾根を望む。
2
馬ノ背を慎重に通過し・・・、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背を慎重に通過し・・・、
1
大岩を右から巻いて・・・、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を右から巻いて・・・、
1
空鉢岳(初めて聞く山名ですが・・・)の道標の向こうに釈迦ヶ岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空鉢岳(初めて聞く山名ですが・・・)の道標の向こうに釈迦ヶ岳を望む。
1
動物の頭のような岩の向こうには七面山や八経ヶ岳が見えていますが、足元が切れているので用心を・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物の頭のような岩の向こうには七面山や八経ヶ岳が見えていますが、足元が切れているので用心を・・・。
2
掾ノ鼻前は狭い登山路です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掾ノ鼻前は狭い登山路です。
3
両部分けの道標の向こうは切れ落ちています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両部分けの道標の向こうは切れ落ちています。
1
紅葉の向こうに釈迦ヶ岳山頂を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の向こうに釈迦ヶ岳山頂を振り返る。
3
少し開きかけています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し開きかけています。
2
孔雀岳方面を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀岳方面を望む。
2
孔雀覗の道標です。不用意に鼻先へ近付くと危険ですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀覗の道標です。不用意に鼻先へ近付くと危険ですよ。
1
孔雀岳山頂ですが、立木が邪魔して八経ヶ岳方面の眺望はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀岳山頂ですが、立木が邪魔して八経ヶ岳方面の眺望はありません。
1
仏生ヶ岳行きを断念して釈迦ヶ岳へ戻るところです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏生ヶ岳行きを断念して釈迦ヶ岳へ戻るところです。
1
両部分け・・・、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両部分け・・・、
掾ノ鼻を慎重に通過し・・・、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掾ノ鼻を慎重に通過し・・・、
1
大岩左下のコルから釈迦ヶ岳山頂までは標高差≒160mの登り返しが待っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩左下のコルから釈迦ヶ岳山頂までは標高差≒160mの登り返しが待っています。
1
馬ノ背の痩せ尾根です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背の痩せ尾根です。
1
急登を登り返すと紅葉の向こうに・・・、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登り返すと紅葉の向こうに・・・、
2
お釈迦さまが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お釈迦さまが・・・。
大日岳の鎖場や・・・、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳の鎖場や・・・、
黄葉・紅葉の釈迦ヶ岳に別れを告げて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉・紅葉の釈迦ヶ岳に別れを告げて。
1
本日出会った登山者3人の最後の方の後ろ姿です。楊子ノ宿小屋まで行って折り返してきたそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日出会った登山者3人の最後の方の後ろ姿です。楊子ノ宿小屋まで行って折り返してきたそうです。
1

感想/記録

 アクセスに時間がかかるのでしばらく遠ざかっていた釈迦ヶ岳へ紅葉狩りに出かけた。五條市役所からR168へ取付いてしばらくすると濃霧が立ち込め、車の速度を落とさざるを得なかった。関電奥吉野発電所を過ぎると相変わらずの悪路が待ち受けており、落石を踏まないように、又、路肩を踏み外さないように注意しながら運転して先客1台の太尾登山口に到着したのは予定より凡そ半時間遅れであった。前日の曇天がウソのような快晴で黄葉・紅葉が青空に映え、3年振りの釈迦ヶ岳山行を快適にスタートすることができた。当初、仏生ヶ岳ピストンを予定していたが出発が少し遅くなったこととミヤコザサの露で靴の中を濡らして歩行速度がやや落ちたために、下山時間を考慮して仏生ヶ岳行きをカットして孔雀岳から折り返すことにした。釈迦ヶ岳に戻ってから半時間ほど眺望を楽しんだり、軽食を口にしてから下山した。青空と紅葉・黄葉を満喫した山行であったが、出会った登山者は僅かに3人だけであった。
                            fukuchi36
訪問者数:151人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ