また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288462 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

◆奥多摩マイナーハイキング◆ ↑曲ヶ谷沢左岸尾根〜川苔山〜↓曲り尾根

日程 2017年10月12日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大丹波林道駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
30分
合計
3時間47分
Sスタート地点08:4309:3447号鉄塔09:4510:35曲ヶ谷北峰10:43川苔山10:5911:05曲ヶ谷北峰11:08曲ヶ谷南峰11:14狼住所11:19真名井沢ノ峰11:2011:25馬乗石(真名井北稜)11:31雁掛ノ峰(馬乗石山)11:3312:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<登りの曲ヶ谷沢左岸尾根>
末端部から取り付けば特に問題なく登れます。
ピンクテープ等目印も多いです。
<下りの曲り尾根>
46号鉄塔から下部は黄色の道標が充実しているので下りでは迷いません。
上部は真名井沢ノ峰近く広い尾根が迷い注意ですがその他は尾根がしっかりしているので迷いません。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

今回は大丹波林道。林道はもう少し先まで続きますが走行困難になるし今回のルート的にはここがベストです。ここに2台の駐車スペース。
2017年10月12日 08:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は大丹波林道。林道はもう少し先まで続きますが走行困難になるし今回のルート的にはここがベストです。ここに2台の駐車スペース。
停めた真向側にも車が停められるスペースがあり2〜3台停められます。
2017年10月12日 08:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
停めた真向側にも車が停められるスペースがあり2〜3台停められます。
林道の先にちょっとだけ進むと道標あり。
2017年10月12日 08:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の先にちょっとだけ進むと道標あり。
ここから沢へ下ります。
2017年10月12日 08:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから沢へ下ります。
1
沢まで来ると分岐があり右側上流方面は橋を渡って獅子口小屋方面。今回は左側、下流方面へ進みます。
2017年10月12日 08:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢まで来ると分岐があり右側上流方面は橋を渡って獅子口小屋方面。今回は左側、下流方面へ進みます。
すでに沢の対岸がお目当ての曲ヶ谷沢左岸尾根。一つ目の木橋の先あたりから踏み石で渡れそうなところ探して対岸へ移動。
2017年10月12日 08:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに沢の対岸がお目当ての曲ヶ谷沢左岸尾根。一つ目の木橋の先あたりから踏み石で渡れそうなところ探して対岸へ移動。
とても足場が悪く藪っぽい急斜面をひたすら上ります。写真ではなかなかお伝えしにくいですが急です!
2017年10月12日 08:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても足場が悪く藪っぽい急斜面をひたすら上ります。写真ではなかなかお伝えしにくいですが急です!
渡渉などせず道をそのまま進むと橋で対岸に渡れ、尾根の末端部へ付きます。岩っぽいのがちょっとスリリングな感じですが渡渉の必要もなく、取り付くにはこちらのほうが楽そうです。後で知りました。
2017年10月12日 12:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉などせず道をそのまま進むと橋で対岸に渡れ、尾根の末端部へ付きます。岩っぽいのがちょっとスリリングな感じですが渡渉の必要もなく、取り付くにはこちらのほうが楽そうです。後で知りました。
尾根上付きました。
2017年10月12日 09:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上付きました。
登ってきたルートを見下ろしましたが下りで使いたくはなりません。
2017年10月12日 09:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたルートを見下ろしましたが下りで使いたくはなりません。
最初は植林帯。
2017年10月12日 09:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は植林帯。
900m過ぎたあたりからやっと植林と雑木半々な尾根となります。
2017年10月12日 09:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
900m過ぎたあたりからやっと植林と雑木半々な尾根となります。
47号鉄塔が見えてきました。左手、曲ヶ谷沢からの分岐ルートと合流します。
2017年10月12日 09:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
47号鉄塔が見えてきました。左手、曲ヶ谷沢からの分岐ルートと合流します。
ここは眺望がいいです。
2017年10月12日 09:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは眺望がいいです。
お決まりの一枚。
2017年10月12日 09:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お決まりの一枚。
ちょっとだけ紅葉。
2017年10月12日 09:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ紅葉。
尾根上には定期的にピンクテープが巻かれているので迷うことはありません。
2017年10月12日 10:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上には定期的にピンクテープが巻かれているので迷うことはありません。
所々は雰囲気のある痩せた尾根となります。
2017年10月12日 10:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々は雰囲気のある痩せた尾根となります。
途中はっきりした道型もあります。
2017年10月12日 10:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中はっきりした道型もあります。
1200m付近からトラバース道になりますのでそちらへ進みます。尾根上をすすむと狼平のピークで結局下って同じルートへ出ます。
2017年10月12日 10:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200m付近からトラバース道になりますのでそちらへ進みます。尾根上をすすむと狼平のピークで結局下って同じルートへ出ます。
進路上に崩壊した小屋跡があり跨いで通ります。
2017年10月12日 10:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進路上に崩壊した小屋跡があり跨いで通ります。
登りのバリエーションルートも終わり狼平下の分岐へ合流。
2017年10月12日 10:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りのバリエーションルートも終わり狼平下の分岐へ合流。
写真正面が狼平。
2017年10月12日 10:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真正面が狼平。
1
登り方面が川苔山です。
2017年10月12日 10:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り方面が川苔山です。
ちらほら色つきはじめました。
2017年10月12日 10:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちらほら色つきはじめました。
2
曲ヶ谷北峰分岐。
2017年10月12日 10:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲ヶ谷北峰分岐。
山頂直下の分岐。もう少し。
2017年10月12日 10:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の分岐。もう少し。
山頂着!ちょっと早いがランチタイム。
2017年10月12日 10:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着!ちょっと早いがランチタイム。
2
石尾根方面かな?
2017年10月12日 10:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根方面かな?
1
帰路は曲ヶ谷北峰分岐を右。
2017年10月12日 11:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は曲ヶ谷北峰分岐を右。
狼住所の道標を赤杭、古里駅方面へ。
2017年10月12日 11:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼住所の道標を赤杭、古里駅方面へ。
道標からちょっと降った白テープが曲ヶ谷沢ルートへの入口ですが今回はスルー。
2017年10月12日 11:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標からちょっと降った白テープが曲ヶ谷沢ルートへの入口ですが今回はスルー。
白テープから500m弱ほど下ると再び道標。今度はこちらを登ります。
2017年10月12日 11:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白テープから500m弱ほど下ると再び道標。今度はこちらを登ります。
登った先、お手製の真名井沢ノ峰、山名標。
2017年10月12日 11:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った先、お手製の真名井沢ノ峰、山名標。
1
ここから真名井北稜ルートとなります。
2017年10月12日 11:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから真名井北稜ルートとなります。
すぐに尾根が広くなりますので右側の尾根を進んでください。
2017年10月12日 11:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに尾根が広くなりますので右側の尾根を進んでください。
広い尾根はすぐに細くなります。
2017年10月12日 11:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い尾根はすぐに細くなります。
尾根はどんどん痩せていきます。
2017年10月12日 11:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根はどんどん痩せていきます。
両側切立った痩せ尾根の先に、、、
2017年10月12日 11:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両側切立った痩せ尾根の先に、、、
雁掛ノ峰。ピークです。
2017年10月12日 11:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁掛ノ峰。ピークです。
1
山名標隣、ピンクテープがありその先を見てみると、、
2017年10月12日 11:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名標隣、ピンクテープがありその先を見てみると、、
曲がり尾根降りのスタートです。
2017年10月12日 11:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲がり尾根降りのスタートです。
急斜面ですがなかなか雰囲気がいい尾根歩きです。
2017年10月12日 11:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面ですがなかなか雰囲気がいい尾根歩きです。
突然鉄塔!46号。
2017年10月12日 11:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然鉄塔!46号。
お決まりの一枚。
2017年10月12日 11:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お決まりの一枚。
尾根上崩落注意!!
2017年10月12日 11:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上崩落注意!!
振り向いた一枚。随分えぐれています。
2017年10月12日 11:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向いた一枚。随分えぐれています。
ヒノキ林が登場
2017年10月12日 11:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒノキ林が登場
ここから下部は鉄塔への道しるべと黄色テープが定期的にありますので迷うことありません。
2017年10月12日 11:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下部は鉄塔への道しるべと黄色テープが定期的にありますので迷うことありません。
黄色テープをまっすぐ。
2017年10月12日 11:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色テープをまっすぐ。
道しるべを順路に降ります。
2017年10月12日 11:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道しるべを順路に降ります。
道しるべを順路に降ります。
2017年10月12日 12:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道しるべを順路に降ります。
道しるべを順路に降ります。
2017年10月12日 12:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道しるべを順路に降ります。
ここ結構急です。
2017年10月12日 12:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ結構急です。
振り向いて一枚。
2017年10月12日 12:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向いて一枚。
ピンクテープの右手を進むと、、
2017年10月12日 12:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクテープの右手を進むと、、
橋が見えます。橋まで降れば曲り尾根は終了となります。
2017年10月12日 12:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋が見えます。橋まで降れば曲り尾根は終了となります。
曲ヶ谷沢ルートと合流。橋は渡らず反対側が帰路。
2017年10月12日 12:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲ヶ谷沢ルートと合流。橋は渡らず反対側が帰路。
1
橋の上から一枚。
2017年10月12日 12:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上から一枚。
1
曲ヶ谷沢との分岐。左折が帰路です。
2017年10月12日 12:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲ヶ谷沢との分岐。左折が帰路です。
よく滑る木橋を慎重に帰ります。
2017年10月12日 12:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく滑る木橋を慎重に帰ります。
広場側に出る道がありました。
2017年10月12日 12:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場側に出る道がありました。
林道途中にはヘリポートがあります。
2017年10月12日 12:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中にはヘリポートがあります。
撮影機材:

感想/記録

林道奥駐車スペースまで車でいければ短時間でいけるバリエーション川苔山が楽しめます。
バリエーションルートといっても人が入っている感じは強く目印等安心感はあります。曲ヶ谷沢左岸尾根より曲り尾根のほうがヒノキ植林部が少なく雰囲気がいいです。今度登りでも使ってみたいルートです。
曲ヶ谷沢左岸尾根を下りで使う場合は尾根分岐も多く末端部への下り方も注意したほうがいいでしょう。
訪問者数:365人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ