また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288736 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

尾瀬を堪能その1〜無念の燧ヶ岳〜

日程 2017年10月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間59分
休憩
47分
合計
8時間46分
S大清水08:3008:39一ノ瀬休憩所08:4409:02冬路沢橋09:0309:15岩清水09:48三平峠(尾瀬峠)09:4910:08三平下(尾瀬沼山荘)10:3210:52南岸分岐(冨士見峠方面分岐)10:5311:25沼尻平11:2713:5213:5314:09ミノブチ岳14:1115:31長英新道分岐15:3215:36三本唐松15:3715:42長蔵小屋15:4815:49尾瀬沼ヒュッテ15:5016:01三平下(尾瀬沼山荘)16:13三平峠(尾瀬峠)16:32岩清水16:3316:38冬路沢橋16:44一ノ瀬休憩所17:16大清水G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部木道が腐っており危険個所ありました。また濡れて滑りやすい箇所も多々ありました。
その他周辺情報わたすげの湯(11月いっぱいで閉湯)、皇海山キャンプフォレスト

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ
共同装備 Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ
備考 岩登りは軍手、グローブがあるとよいですね。

写真

今回は大清水駐車場から小型タクシーに乗って一ノ瀬をスタート地点としました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は大清水駐車場から小型タクシーに乗って一ノ瀬をスタート地点としました。
登山口を入るとさっそく紅葉がお出迎えです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を入るとさっそく紅葉がお出迎えです。
三平峠まで登ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三平峠まで登ってきました。
尾瀬沼到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼到着です。
山小屋です。
綺麗なとこだな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋です。
綺麗なとこだな〜
おお、沼越しに燧ヶ岳が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、沼越しに燧ヶ岳が!
沼を回って麓を目指します。
紅葉が素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼を回って麓を目指します。
紅葉が素晴らしい。
これが尾瀬の草紅葉ですか。
感激です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが尾瀬の草紅葉ですか。
感激です。
小沼まできました。
それにしても遠い。笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沼まできました。
それにしても遠い。笑
山小屋建設中みたいです。
こちらで多くの方が休憩されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋建設中みたいです。
こちらで多くの方が休憩されていました。
やっと麓です。
この時点で12時近かったと思います。やばい…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと麓です。
この時点で12時近かったと思います。やばい…
ナデッ窪から真っ直ぐに頂上を目指します。
うーん、きつい!笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナデッ窪から真っ直ぐに頂上を目指します。
うーん、きつい!笑
徐々に上がってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に上がってきました。
900mを一気に駆け上がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
900mを一気に駆け上がります。
とうちゃーく…あれ?
祠のみ…
と思ったらここはどうやら頂上ではないと親切なおばさんが教えてくれました。
ここは爼ぐらと呼ばれるピークの一つで頂上は少し先の柴安ぐらというらしい。
この時点で14時を回っており帰りを考えるとここが限界でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうちゃーく…あれ?
祠のみ…
と思ったらここはどうやら頂上ではないと親切なおばさんが教えてくれました。
ここは爼ぐらと呼ばれるピークの一つで頂上は少し先の柴安ぐらというらしい。
この時点で14時を回っており帰りを考えるとここが限界でした。
急いで下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急いで下山します。
尾瀬沼まで戻ってきました。
この時点で16時、帰りのタクシーは16時半が最終です。
急ぎます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼まで戻ってきました。
この時点で16時、帰りのタクシーは16時半が最終です。
急ぎます。
次こそは真の頂上、柴安ぐらに登りたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次こそは真の頂上、柴安ぐらに登りたいです。

感想/記録
by sugipy

今回は大清水から日帰りでの計画でしたが、計画が甘かったです。合計20kmの道のりは簡単ではありませんでした。可能であれば尾瀬沼での一泊をおすすめします。或いは今回朝8時を回ってのスタートのため、日帰りの場合は少なくとも6時までには登り始めた方が良いと思います。次回こそは頂上いきたいと思います。
尾瀬沼からの燧ヶ岳は素晴らしい景色でした。
訪問者数:21人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

紅葉 木道 草紅葉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ