また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288815 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

のんびり仙丈小屋泊まりの仙丈ヶ岳登山(2日間)

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間53分
休憩
1時間54分
合計
5時間47分
S大平山荘07:0908:01薮沢大滝08:0209:43馬の背ヒュッテ09:5810:47仙丈小屋11:4111:56仙丈ヶ岳12:4012:56仙丈小屋
2日目
山行
2時間53分
休憩
51分
合計
3時間44分
仙丈小屋07:0407:26仙丈ヶ岳07:3408:31小仙丈ヶ岳08:4909:23薮沢大滝ノ頭09:4510:44北沢峠10:4710:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

切符売り場は早朝から多くの人が並びました
2017年10月08日 05:20撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切符売り場は早朝から多くの人が並びました
北アルプス(槍、穂高)がはっきりと
2017年10月08日 06:52撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス(槍、穂高)がはっきりと
大平山荘
2017年10月08日 06:53撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山荘
藪沢ルートの登山口は大平山荘に横から
2017年10月08日 07:04撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪沢ルートの登山口は大平山荘に横から
1
歩き始めてすぐは樹林帯です
2017年10月08日 07:13撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めてすぐは樹林帯です
1
馬の背ヒュッテ
2017年10月08日 09:44撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背ヒュッテ
生ビール飲みたかった。でもここではグッと我慢
2017年10月08日 09:47撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生ビール飲みたかった。でもここではグッと我慢
藪沢カール、仙丈小屋が見えてきました。あと少し
2017年10月08日 10:29撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪沢カール、仙丈小屋が見えてきました。あと少し
2
予約の時には、水場が枯れているとのことでしたが、復活です
2017年10月08日 10:44撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予約の時には、水場が枯れているとのことでしたが、復活です
2
仙丈小屋到着(本日のお宿)
2017年10月08日 10:47撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋到着(本日のお宿)
2
雲ひとつない仙丈ケ岳山頂
2017年10月08日 11:07撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ひとつない仙丈ケ岳山頂
3
山頂に登ればガスが 大仙丈ケ岳へ続く尾根
2017年10月08日 12:06撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に登ればガスが 大仙丈ケ岳へ続く尾根
2
富士山の頭、北岳、間ノ岳
2017年10月08日 12:38撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の頭、北岳、間ノ岳
3
小屋の戻り生ビール@900 山で飲む生ビールは最高の贅沢
2017年10月08日 13:13撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の戻り生ビール@900 山で飲む生ビールは最高の贅沢
1
山のお水でウイスキーの水割りとおつまみの炙りもの
2017年10月08日 14:13撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山のお水でウイスキーの水割りとおつまみの炙りもの
3
仙丈小屋の夕食
2017年10月08日 16:45撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋の夕食
3
夕日に焼ける甲斐駒ヶ岳
2017年10月08日 17:15撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日に焼ける甲斐駒ヶ岳
4
小屋前にライチョウが出てきてくれました
2017年10月08日 17:21撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前にライチョウが出てきてくれました
4
日の出まえの富士山、北岳、間ノ岳(ワン、ツー、スリー)のシルエット
2017年10月09日 05:20撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出まえの富士山、北岳、間ノ岳(ワン、ツー、スリー)のシルエット
6
ご来光です
2017年10月09日 05:44撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光です
3
お父さんと記念撮影
2017年10月09日 06:59撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お父さんと記念撮影
3

感想/記録

仙流荘前の駐車場へは夕方6時過ぎに到着し、駐車場の空きスペースで軽くお酒を飲みながら食事をとり、車中泊。
このときの駐車場はまだガラガラな状態でしたが、目が覚めると、駐車場はすでに満車状態。
準備をすませ、5時前にチケット購入とバス待ちの列に分かれて並び順番を待ちますが、自分たちの少し前で、バス10台が全て出てしまって、バスが帰ってくるのを待つことに。
6時過ぎに最初のバスが帰ってきて、このバスに乗ることができました。
(1日目)
仙流荘から南アルプス林道バスに乗り、北沢峠へ
戸台大橋から北沢峠の間はフリー乗車区間のため、大平山荘前で下車しました。
ここで下車したのは、僕と相方の2名のみ。
前日までの天気と違い、晴天で大平山荘前から、北アルプス(槍ヶ岳、穂高)が綺麗に見えます。
大平山荘前で準備を整え、藪沢ルートから仙丈ヶ岳を目指します。
7時過ぎに大平山荘をスタートして、すぐは樹林帯を歩き、約1時間で樹林帯を抜け、丸木橋を渡ると、ここから藪沢筋を登っていきます。
振り返ると甲斐駒ケ岳の雄姿を時々眺めながら、馬の背ヒュッテまで登り、ここで少し休憩。
生ビールの案内があったがここは、グッと我慢して仙丈小屋をめざし、藪沢カールに出てから山頂を見上げると、雲ひとつない青空で、山頂からの眺めを期待しながら、11時前に仙丈小屋へ到着、宿泊の受付を済ませ、相方を待ちます。
仙丈小屋の予約時には、水場が枯れているとの情報でしたが、復活していました。(この水で割ったウイスキーの水割りは格別です)
小屋に荷物を置いて仙丈ヶ岳山頂へ(小屋から約20分で到着)
山頂に着いた頃には、少しガスや雲が出てきていて、富士山、北岳、間ノ岳の姿は雲の中。
連休で天気もいいことから山頂はすごい人で賑わっていて、写真を撮るのも順番待ちの状態。
少し待っていると、少しずつ雲が切れて北岳、間の岳、富士山の山頂が見えたので、下山して、昼食にします。天気が良く、風もないので、小屋の前で食事しながら、生ビール(@900)、山の冷たい水で割ったウイスキーを飲みながら、贅沢な時間をすごしました。
5時から夕食をいただいた後、小屋前で景色を眺めているとライチョウが姿を見せてくれました。
今年はじめてみるライチョウでした。(8月に登った剱岳では出会えず)
日が沈んでからは天の川もはっきりと見え、綺麗でした。写真を撮りたかったが、カメラがスマホしかなく撮れませんでした。
7時30分に消灯で明日の御来光に備え就寝。

(2日目)
日の出が5時40分のため、小屋を5時に出発して山頂へ、
山頂からは、富士山、北岳、間ノ岳のシルエットがはっきりと見え、少しずつ雲海がオレンジ色に輝きだし、今年一番の感動的な御来光を見ることができました。
小屋に戻り、朝食を頂き、お父さんと記念写真を撮り、7時過ぎに出発し、山頂(今回の行程で3回目の山頂)から尾根道を進み富士山を眺めながら小仙丈ヶ岳を目指し小仙丈ヶ岳で小休止し、尾根ルートを下山します。
北沢峠には10時45分に到着し、バスは定員になり次第出発するとのことで、臨時のバスを待ちます。
11時30分頃に定員となって臨時バスで仙流荘へ下山し、温泉で汗を流し帰宅です。

無理をすれば日帰りが可能な山ですが、山頂近い小屋に泊まり、すばらしい景色を眺めながら、のんびりする、非常に贅沢な登山となりました。
訪問者数:144人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ